雇用契約とは何か?必要な書類や労働契約・業務委託契約との違いを解説 |HR NOTE

雇用契約とは何か?必要な書類や労働契約・業務委託契約との違いを解説 |HR NOTE

雇用契約とは何か?必要な書類や労働契約・業務委託契約との違いを解説

  • 労務
  • 労務・その他

トラブルを防止している企業は従業員を雇ったとき、労働条件を示して雇用契約を結ぶ必要があります。しかし、雇用契約で示された労働条件と実態に違いがあると、企業と従業員の間で問題が生じる可能性があります。

この記事では、雇用契約とは何か、雇用契約締結時に必要となる「雇用契約書」「労働条件通知書」、雇用契約の締結方法についてわかりやすく解説します。

自社の雇用契約対応や内容に不安がある方へ

雇用契約は法律に則った方法で対応しなければ、従業員とのトラブルになりかねません。

当サイトでは、「自社の対応が適切か確認したい」という人事担当者様に向け、雇用契約の方法から、雇用契約についてよくある質問までをまとめた資料「雇用契約手続きマニュアル」を無料で配布しております。

雇用契約業務を適切に進めるための参考としてご利用いただけますので、気になった方はこちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

雇用契約のebookダウンロード

【社労士監修】HR関連法改正トレンドBOOK 2024年版

2023年は一部企業を対象に人的資本開示が義務化されたほか、HR関連での法改正に動きが見られました。
2024年では新たな制度の適用や既存のルールの変更・拡大がおこなわれます。
人事担当者として知っておきたいHR関連の法改正に関する情報ですが、その範囲は幅広く、忙しい業務の中でなかなか網羅的に把握することは難しいのではないでしょうか。

  • 忙しい中でも要点をまとめて情報収集をしたい
  • 社労士が監修した正確な情報を知りたい
  • HR関連の法改正を把握しておきたい

という方はぜひご確認ください!

\4月24日限定開催!/
人事×ChatGPTの具体的な活用術術を紹介!

ChatGPTをはじめとする生成AIを業務に取り入れることで、業務時間の圧縮や業務量の削減が期待されます。今回は、人事の方が今日から使えるChatGPT活用術として、実際に使えるプロンプトを交えた実践的なノウハウもご紹介します。

▷こんな方におすすめ!

  • 人事業務の担当者の人手が足りず困っていて業務効率を上げたい
  • ChatGPTに興味はあるけれど、どんなことに使えばよいか分からない
  • 業務にChatGPTを取り入れたいが、イメージしているような回答が出てこない
  • ▼当日の視聴予約はこちらから!▼
    https://seminar.hrnote.jp/post/95

1.  雇用契約とは

雇用契約とは民法第623条より「雇用」は、下記のように定義されています。

(雇用)
第六百二十三条 雇用は、当事者の一方が相手方に対して労働に従事することを約し、相手方がこれに対してその報酬を与えることを約することによって、その効力を生ずる。

引用:民法623条|e-Gov

つまり、雇用契約とは、労働者が労働を提供し、それに対して使用者が報酬を支払うことを約束した契約を指します。ここでは、雇用契約と労働契約の違い、雇用契約と業務委託契約の違いについて詳しく紹介します。

1-1. 雇用契約と労働契約の違い

雇用契約と似た言葉に「労働契約」があります。雇用契約は「民法」における概念ですが、労働契約は「労働契約法」における概念です。労働契約法第6条によると、労働契約は下記のように定義されています。

(労働契約の成立)
第六条 労働契約は、労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことについて、労働者及び使用者が合意することによって成立する。

引用:労働契約法第6条|e-Gov

労働契約では「使用者に使用される」という表現で定義されているため、雇用契約との定義に少しの違いがあります。しかし、雇用契約と労働契約はほとんど同じ意味で使われています。

1-2. 雇用契約と業務委託契約の違い

雇用契約と業務委託契約の違いについて気になる人もいるかもしれません。雇用契約と業務委託契約の主な違いは、下記の表の通りです。

項目

雇用契約

業務委託契約

雇用主

会社(主従関係)

なし(対等な関係)

提供

労働力

成果物もしくは業務の遂行

指揮命令

不可

勤務時間

制約あり(労基法適用)

制約なし

賃金

給料

外注費

対象者

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣社員など

個人事業主・フリーランス・自営業・副業など

このほかにも、雇用契約の場合、対象要件に該当する従業員は、社会保険に加入させなければなりません。一方、業務委託契約の場合、原則として社会保険に加入できないので、自ら国民年金や国民健康保険に加入する必要があります。また、企業と雇用関係にある副業の場合、業務委託契約ではなく、雇用関係にあてはまります。

なお、業務委託契約には「請負契約」「委任契約」「準委任契約」の3種類があります。それぞれの違いは、下記の通りです。

項目

請負契約

委任契約

準委任契約

報酬対象

成果物

業務遂行

業務遂行

成果物の完成責任

あり

なし

なし

受託者の責任

瑕疵担保責任

善管注意責任

善管注意責任

法律行為の依頼

×

成果物の完成責任があるかどうかで「請負契約」と「委任・準委任契約」に区分することができます。また、法律行為を依頼する場合は「委任契約」、法律行為でない依頼の場合は「準委任契約」となります。

このように、雇用契約と業務委託契約には大きな違いがあるので、状況に応じて適切な契約を締結することが大切です。

2. 雇用契約を成立させる方法

トラブルを防止する

雇用契約は、一般的に雇用契約書を作成して従業員に労働条件を確認してもらい、合意を得て、署名捺印をしてもらうことで締結します。口頭だけでの雇用契約は、後々「そのような労働条件は聞いていない」といったトラブルに発展する恐れがあります。また、会社は労働者に対して「労働条件通知書」も交付する必要があります。

ここでは、雇用契約を成立させる方法について詳しく紹介します。

2-1. 労働条件通知書と雇用契約書を交付する 

雇用契約を成立させる際、労働者条件通知書と雇用契約書を交付しましょう。口約束でも契約は成立しますが、従業員の合意を得た証拠を残すために契約を結ぶ際は、書面での契約書を交わすことをおすすめします。

労働条件通知書と雇用契約書は内容が同じになる場合もあるため、「労働条件通知書兼雇用契約書」として兼用することも可能です。ただし、労働条件通知書と雇用契約書をそれぞれ発行する場合、雇用契約書には同意を得たことの確認のため、署名・捺印欄を設けるようにしましょう。

関連記事:雇用契約期間とは?契約する期間や書類の保存方法についても解説

2-2. 労働条件通知書と雇用契約書がないのは違法?

労働基準法第15条「労働条件の明示義務」により、労働条件通知書の交付は義務付けられいます。また、記載事項も明確に定められているので、法律に従ってきちんと作成・交付することが大切です。

(労働条件の明示)
第十五条 使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。

引用:労働基準法第15条一部抜粋|e-Gov

一方、雇用契約書の交付については、法律で定められていません。そのため、発行しなくても違法とはなりません。しかし、雇用契約書は使用者と労働者の双方が労働条件に合意したことを示す書類であり、トラブルを未然に防止するため作成・交付するのが望ましいです。

関連記事:雇用契約書と労働条件通知書の違いについて電子化の可否もあわせて徹底解説

2-3. 2024年4月より記載事項が追加される

2024年4月から、法改正により、労働条件通知書の記載事項が追加されます。すべての労働者が対象となる項目もあるので、新しく追加される記載事項をきちんと確認しておくことが大切です。

関連記事:雇用契約書が持つ法的効力とは?労働条件通知書との違いを詳しく紹介

2-4. 労働条件通知書・雇用契約書のひな形・テンプレート

労働条件通知書のひな形・テンプレートは、厚生労働省のホームページで公開されています。

引用:労働条件通知書(2024年4月~)|厚生労働省

雇用契約書は作成が義務付けられていないため、決まったテンプレートはありませんが、労働条件通知書と兼用して作成を簡略化することができます。

労働条件通知書・雇用契約書は、雇用形態などによって最適な書式のひな形・テンプレートがあります。ただし、テンプレートをそのまま使用するのでなく、就業規則などと照らし合わせながら、誤った内容のない労働条件通知書・雇用契約書を作成することが大切です。

参考:様式集|厚生労働省 東京労働局

2-5. 労働条件通知書・雇用契約書は電子化できる!

2019年4月より労働条件通知書・雇用契約書は電子化して交付ができるようになりました。ただし、手続きを電子化する場合、労働基準法第5条に則り、下記の要件を満たす必要があります。

  • 労働者が電子化を希望している
  • プリントアウトできる形で送付する
  • 第三者に情報が漏れないようにする

これらの要件から、SMSやSNSによる送付は不適切なケースもあります。要件を満たした電子メールやチャットツールを使用するようにしましょう。

法第十五条第一項後段の厚生労働省令で定める方法は、労働者に対する前項に規定する事項が明らかとなる書面の交付とする。ただし、当該労働者が同項に規定する事項が明らかとなる次のいずれかの方法によることを希望した場合には、当該方法とすることができる。
一 ファクシミリを利用してする送信の方法
二 電子メールその他のその受信をする者を特定して情報を伝達するために用いられる電気通信(電気通信事業法(昭和五十九年法律第八十六号)第二条第一号に規定する電気通信をいう。以下この号において「電子メール等」という。)の送信の方法(当該労働者が当該電子メール等の記録を出力することにより書面を作成することができるものに限る。)

引用:労働基準法施行規則第5条一部抜粋|e-Gov

関連記事:労働条件通知書を電子化するメリットと具体的な手順を解説

3. 雇用契約を締結する際の対応手順

ここでは、雇用契約を結ぶ際にどのような対応手順を踏めばよいかを詳しく紹介します。

3-1. 入社手続きに必要な書類を回収する

まずは労働条件通知書・雇用契約書を交付して、雇用契約を成立させましょう。その後、入社手続きに必要な書類を回収します。主な入社手続きに必要な書類は、次の通りです。

  • 年金手帳(基礎年金番号)
  • 給与振込先の届書
  • 雇用保険被保険者証
  • 源泉徴収票
  • マイナンバー

ただし、入社手続きに必要な書類は、会社によって異なります。また、新卒入社なのか、中途入社なのかで提出する書類も変わってきます。内定者の情報をきちんと確認したうえで、必要書類に漏れがないようにしましょう。

関連記事:入社手続きに必要な書類一覧!手続きの流れや覚えておきたいポイント

3-2. 税金・保険関係の手続きをする

従業員が年末調整を受ける場合「扶養控除等(異動)申告書」を、その年の最初の給与受け取る前日までに会社へ提出する必要があります。そのため、入社手続きの必要な書類に含めるケースもよくあります。また、中途入社の場合、前職の源泉徴収票が必要になる場合もあるので注意が必要です。

社会保険加入要件を満たす場合、会社は従業員を社会保険に加入させなければなりません。「雇用保険」と「健康保険」「厚生年金保険」で加入条件が異なるため注意しましょう。

関連記事:社会保険とは?代表的な4つの保険と今さら聞けない基礎知識

3-3. 法定三帳簿を準備する

従業員の税金・保険手続きと並行で、法定三帳簿を準備しましょう。法定三帳簿とは、労働基準法により作成・保存が義務付けられている「労働者名簿」「賃金台帳」「出勤簿」の3種類の帳簿を指します。従業員1人につき、1セットの法定三帳簿を管理する必要があります。保存期間も定められているので、違反しないよう適切に管理することが大切です。

(記録の保存)
第百九条 使用者は、労働者名簿、賃金台帳及び雇入れ、解雇、災害補償、賃金その他労働関係に関する重要な書類を五年間保存しなければならない。

引用:労働基準法第109条|e-Gov

関連記事:出勤簿の保存期間は7年?5年?法改正の内容・適切な保存方法も解説

3-4. 業務に必要な備品を貸与する

入社手続きが一通り完了したら、実際に業務をおこなってもらうために必要な備品を貸与しましょう。事前に備品の使い方についても正しく周知しておくことが大切です。

このように雇用契約を結ぶ際には、適切な手続きを理解しておくことでトラブルを防ぐことができます。当サイトでは、雇用契約を結ぶ際の適切な手続きと違法になるケースを解説した資料を無料で配布しています。雇用契約のQ&Aもまとめているので、雇用契約において疑問をお持ちの方はこちらからダウンロードしてご活用ください。

4. 雇用契約を結ぶ際のポイント

雇用契約を結ぶ時のポイント

労働者に雇用契約書を渡して署名をもらうことで契約は成立しますが、より丁寧な対応をおこなうことで、企業側のリスクを軽減できます。

ここでは、雇用契約を結ぶ際のポイントについて詳しく紹介します。

4-1. 書面を交付するだけでなく説明もおこなう

契約時は書面を取り交わすだけでなく、企業担当者が労働者に説明をおこなうことも大切です。文字だけでは理解しにくいような制度もあるかもしれないため、労働条件について何か質問はないか、労働者に確認しましょう。

特に給与体系や手当に関することは質問しづらい内容なので、企業側からわかりやすく説明すると親切です。説明にしっかり時間をかけ、労働条件をすり合わせておくことで、トラブルや早期離職の防止につながります。

4-2. 契約内容が法律に違反していないか確認する 

雇用契約書や労働条件通知書の内容が法律に違反していると、大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。労働基準法第15条により、内容が事実と異なる場合、労働者は労働契約を即時解約できるとされています。

(省略)
② 前項の規定によつて明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。
③ 前項の場合、就業のために住居を変更した労働者が、契約解除の日から十四日以内に帰郷する場合においては、使用者は、必要な旅費を負担しなければならない。

引用:労働基準法第15条一部抜粋|e-Gov

労働者とのトラブルだけでなく、労働基準法違反として罰則を受けたり、行政から指導されたりする恐れもあります。そのため、雇用契約書や労働条件通知書の内容が間違っていないかよく確認することが大切です。

関連記事:雇用契約に違反すると罰則がある|違反やトラブルを回避するためにできることを解説

4-3. パート・アルバイトにも雇用契約が必要

パート・アルバイトを雇用する場合も、雇用契約が必要になります。そのため、正社員・契約社員などと同様で、パート・アルバイトにも「労働条件通知書」「雇用契約書」を交付する必要があります。なお、パートタイム労働法第6条により、パート・アルバイトと雇用契約を結ぶ場合は、下記のような項目の追記が必要なケースもあるので注意が必要です。

  • 昇給の有無
  • 退職手当の有無
  • 賞与の有無

(労働条件に関する文書の交付等)
第六条 事業主は、短時間・有期雇用労働者を雇い入れたときは、速やかに、当該短時間・有期雇用労働者に対して、労働条件に関する事項のうち労働基準法(昭和二十二年法律第四十九号)第十五条第一項に規定する厚生労働省令で定める事項以外のものであって厚生労働省令で定めるもの(次項及び第十四条第一項において「特定事項」という。)を文書の交付その他厚生労働省令で定める方法(次項において「文書の交付等」という。)により明示しなければならない。
2 事業主は、前項の規定に基づき特定事項を明示するときは、労働条件に関する事項のうち特定事項及び労働基準法第十五条第一項に規定する厚生労働省令で定める事項以外のものについても、文書の交付等により明示するように努めるものとする。

引用:短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律(パートタイム労働法)第6条|e-Gov

4-4. 派遣社員と雇用関係にあるのは派遣元企業

派遣社員に対しても「雇用契約」が必要です。ただし、派遣社員と雇用関係にあるのは「派遣元企業(派遣会社)」です。そのため、派遣会社が労働者に対して「労働条件通知書」「雇用契約書」を交付して、雇用契約を締結する必要があります。派遣先企業は、派遣社員にこれらの書類の交付は不要です。

また、労働者派遣法第34条により、派遣会社は派遣社員に「就業条件明示書」を交付して、派遣先企業での労働条件を明示しなければなりません。なお、「労働条件通知書」「雇用契約書」「就業条件明示書」については兼用して作成しても問題ありません。

(就業条件等の明示)
第三十四条 派遣元事業主は、労働者派遣をしようとするときは、あらかじめ、当該労働者派遣に係る派遣労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、次に掲げる事項(当該労働者派遣が第四十条の二第一項各号のいずれかに該当する場合にあつては、第三号及び第四号に掲げる事項を除く。)を明示しなければならない。

引用:労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律(労働者派遣法)第34条一部抜粋|e-Gov

5. 雇用契約の状況別における締結方法

雇用契約をストップする

雇用契約は変更するケース・更新しないケース・終了するケースそれぞれで企業が取るべき対応や可能かどうかが異なります。

企業はいつでも理由なしに変更・更新・終了できるわけではないので、それぞれのケースを確認しておきましょう。

5-1. 雇用契約を変更するケース

雇用契約の内容は、使用者と労働者の双方の合意があれば変更をすることが可能です(労働契約法第8条)。変更する際は、現在の雇用契約を解除して再度雇用契約を結ぶか、変更内容について覚書を作成して合意を得れば問題ありません。ただし、就業規則を下回るような労働条件に変更することや、労働者の不利益になる条件へ使用者が一方的に変更することはできないため、注意しましょう。

関連記事:雇用契約は途中で変更可能?変更する方法や注意点を解説

5-2. 雇用契約を更新しないケース

雇用契約を更新しない場合は、労働者が次の就職先を探すなどの準備をしなければならないこともあるため、遅くとも契約期間が満了する30日以上前には伝えるようにしましょう。雇用契約を更新するかどうかは使用者の判断に委ねられていますが、契約更新をするか否かの基準がある場合は、労働条件通知書や雇用契約書などに記載し、あらかじめ周知しておく必要があります。

ただし、有期雇用には「無期転換ルール」があり、通算5年以上反復して雇用契約が更新された場合、労働者は無期雇用契約を締結することが可能になるので、企業は雇用契約を更新しなければなりません。また、「契約が更新されるもの」と期待を抱くような扱いを企業がしている場合、雇止めが解雇として扱われ、客観的かつ合理的な理由がなければ雇止めをすることができないケースもあるので、注意しましょう。

関連記事:雇用契約を更新しない場合に必要な事前の通知

5-3. 雇用契約を終了するケース

雇用契約が終了するケースとして、使用者が一方的におこなう解雇と従業員からの申し出による退職などがあります。退職については従業員が退職の2週間前に申し出れば成立しますが、解雇をする場合は解雇する30日前までに従業員へ解雇予告をするか、解雇予告手当を支払う必要があります。

さらに、解雇は客観的にみて合理的な理由があり、社会通念上相当である理由がない限りはできないため、注意しましょう。また、有期雇用である場合、契約期間中の解雇は原則できません。

関連記事:解雇予告とは|概要と会社の原則・対処法を解説

5-4. 派遣社員の労働契約申込みみなし制度

派遣社員の雇用契約は雇用元である派遣元と締結します。ただし、場合によっては派遣先が雇用契約を締結するケースがあります。それは、派遣先の企業が派遣法に違反して、違法派遣をおこなっていた場合です。

派遣先の企業が労働者派遣法に違反していると知りながら派遣労働者を受け入れた場合、「労働契約申込みみなし制度」が認められます。「労働契約申込みみなし制度」とは、派遣先が違法と知りながら、違法対象となる派遣をしていた場合に、労働者が希望すれば派遣先と雇用契約を結び、派遣先は派遣社員を直接雇用しなければならないという決まりです。

違法対象となる派遣の例は以下の通りです。

  • 派遣禁止業務へ派遣する
  • 無許可事業主から派遣の役務の提供を受ける
  • 偽装請負をおこなう
  • 派遣受け入れ可能期間制限に違反する

派遣先の企業が違法派遣をしていた場合、派遣社員が申し出れば直接雇用しなければならなくなる場合があるので注意しましょう。労働者の雇用形態が派遣社員から直接雇用になる場合、社会保険料の負担や雇用し続けなければならない点から、コストの増加など、負担が増える可能性があります。

6. 雇用契約はトラブル防止に役立つ重要なもの

雇用契約は重要

今回は、雇用契約の基本的なところについて詳しく解説しました。雇用契約とは、労働に対して賃金を支払うことを約束したものであり、一般的に雇い入れの際に書面を交わして結ぶものです。契約は口頭でも可能ですが、労使間のトラブルが発生するケースもあるため、雇用契約書を交わして契約合意を示すものを残しておきましょう。

実際の労働内容が雇用契約で定める条件と違う場合や、法律に違反している場合はトラブルになりますので、契約書の内容は定期的に見直すことが大切です。なるべく企業の担当者が雇用契約の内容について労働者に直接説明をして、労働条件を理解してもらったうえで契約を結ぶようにしましょう。

自社の雇用契約対応や内容に不安がある方へ

雇用契約は法律に則った方法で対応しなければ、従業員とのトラブルになりかねません。

当サイトでは、「自社の対応が適切か確認したい」という人事担当者様に向け、雇用契約の方法から、雇用契約についてよくある質問までをまとめた資料「雇用契約手続きマニュアル」を無料で配布しております。

雇用契約業務を適切に進めるための参考としてご利用いただけますので、気になった方はこちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

雇用契約のebook ダウンロード

--------------------

\【2024年最新版】HR関連法改正トレンドBOOK/

▼無料ダウンロードはこちら▼
https://hrnote.jp/document/?did=148030

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

ボーナスは年末調整の対象になる?税金や還付金について解説

ボーナスは年末調整の対象になる?税金や還付金について解説

年末調整は、1年間の給与総額に基づいて所得税額を再計算し、毎月の源泉徴収税額との過不足分を再計算する手続きです。年末調整の対象は毎月の給料だけではありません。賞与やボーナスも年末調整の対象となるため、正しい手続き方法を知 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
年末調整に交通費や通勤手当は含まれる?注意点を徹底解説

年末調整に交通費や通勤手当は含まれる?注意点を徹底解説

企業は毎年度末、従業員から源泉徴収した所得税額に過不足がないかどうか確認する年末調整をおこないます。 所得税は給与収入をベースに算出した課税所得額に基づいて計算されるため、毎月従業員に支払っている交通費や通勤手当を給与収 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
年末調整のひとり親控除を徹底解説!対象者や書き方、寡婦控除との違いも解説

年末調整のひとり親控除を徹底解説!対象者や書き方、寡婦控除との違いも解説

会社勤めをしているひとり親の人は、年末調整でひとり親控除を受けることができます。ひとり親控除には、所定の手続きが必要なため、要件や書類の書き方などをしっかりチェックしておきましょう。今回は、年末調整のひとり親控除の対象者 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
退職金は年末調整の対象に含まれる?退職所得の計算方法や確定申告が必要なケースを解説

退職金は年末調整の対象に含まれる?退職所得の計算方法や確定申告が必要なケースを解説

退職金は年末調整の対象となる所得には含まれませんが、所得税の課税対象ではあります。当記事では、なぜ退職金が年末調整の対象にならないのか、退職金に対する所得税の課税金額の計算方法、そして、退職金に対して確定申告が必要になる […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
年末調整の続柄の書き方一覧!世帯主との関係や確定申告の場合の書き方も解説

年末調整の続柄の書き方一覧!世帯主との関係や確定申告の場合の書き方も解説

年末調整の書類には「あなたとの続柄」を記載する箇所がいくつかあります。続柄の意味や書き方を正しく理解していないと、間違った申告をおこなってしまう可能性があります。また、確定申告での続柄の記載方法は少々異なるため注意が必要 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ