有給は期限切れにより消滅する?気をつけたい未消化分の扱いについて |HR NOTE

有給は期限切れにより消滅する?気をつけたい未消化分の扱いについて |HR NOTE

有給は期限切れにより消滅する?気をつけたい未消化分の扱いについて

入社後、一定期間勤務している従業員には有給休暇が付与されます。有給休暇は取得義務があるため、年5日以上は必ず消化する必要がありますが、余った有給はどのように扱われるのでしょうか。

 

この記事では、有給休暇の期限が切れたことにより、消滅してしまうケースについて詳しく解説します。未消化分の有給の注意点や取得義務についても理解しておきましょう。

自社の有休管理に不安はありませんか?

3分でわかる徹底解説BOOK「有給付与ルール」

「自社の年次有給休暇の付与や管理は正しく行われているのか確認したい」という方に向け、当サイトでは有給休暇の付与ルールから義務化、管理の方法まで年次有給休暇の法律について包括的にまとめた資料を無料で配布しております。

「自社の有休管理が法律的に問題ないか確認したい」「有給管理をもっと楽にしたい」という方は、ぜひこちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

\【人事担当者様必見】豪華ゲストが多数登壇、大規模HRイベント開催/

1. 有給休暇期限切れの仕組みを解説

有給休暇の消滅を解説している人有給休暇とは、一定期間勤務した従業員に付与される休暇です。有給休暇を使用して休んだ場合は賃金が支払われるため、何かあったときのためにと使わず残しておく人もいるかもしれません。しかし、有給休暇には期限があります。

期限が切れてしまうと、せっかくの有給休暇が消滅してしまうため、計画的に取得することが大切です。まずは、有給休暇の期限や繰り越しについて詳しく解説します。

1-1. 有給休暇の期限

労働基準法第115条では、有給休暇の期限は2年としています。付与日数は、労働日数や勤続年数に応じて異なりますが、最大で20日付与されるケースもあるでしょう。

しかし、付与日数にかかわらず、消化しなければ2年で消滅してしまいます。

なお、2020年から賃金の消滅時効が2年から5年に延長されましたが、有給休暇の期限は2年で変わりません。

積極的に有給休暇を取得してもらうのが働き方改革の目指すところですが、期限を伸ばしてしまうと取得の妨げになってしまう可能性があるため、有給休暇の期限は変更されませんでした。

ただし、例えば「有給休暇として休んだ分の賃金が支払われていない」など未払いのトラブルは、5年を期限として請求できます。

また、有給休暇の2年という期限は労働基準法が定める最低限の水準なので、2年以上であれば企業のルールとして定めても問題ありません。

1-2. 有給休暇は繰り越しも可能

有給休暇は20日を上限として繰り越し可能です。使いきらなかった分は、翌年に繰り越して使用でき、繰り越し分から消化されていく仕組みとなっています。

また、繰り越し分を合わせると、最大保有日数は40日です。例えば、勤続年数6年半以上の従業員は通常20日付与されるので、前年の繰り越し分が20日の場合、合わせて40日になります。

しかし、実際は年5日の取得義務があるため、繰り越しは多くても15日分になるはずです。そのため、最大保有日数は35日であると言えるでしょう。

また、有給休暇の付与日数の上限は法律における最低基準です。法律を上回る有給休暇として、法定外休暇を与えても良いのです。その場合の最大保有日数は35日以上になります。

2. 有給休暇の未消化分の扱いの注意点

未消化の有給休暇の注意点従業員の有給休暇に未消化分がある場合は、いくつか注意しなければならない点があります。知らないと違法になるケースもあるので、注意点はしっかり把握しておきましょう。

2-1. 企業が未消化分を従業員の同意なしで消化することは違法

有給休暇の取得は労働者の権利であり、基本的に従業員が自分の意思で自由に取得できなければなりません。

そのため、企業が勝手に指定して従業員の有給を消化させることは違法になります。例えば、閑散期にシフトを減らし、従業員に知らせることなく有給休暇として消化するケースなどです。

しかし、年5回の有給休暇が取得できそうにない従業員において、企業は本人の希望を聞いた上で有給休暇を指定する「時季指定」をおこなわなければなりません。

時季指定は、従業員本人からの申し出による取得と計画的付与の日数の合計が、5日以上の場合は不要です。5日に満たない場合のみ時季指定をおこなう必要があります。

また、有給休暇の期限は2年間と法律で決められているため、就業規則で定めたとしても2年以下に短縮することはできません。

期限を短くして取得を促進させる方法は違法になりますので注意しましょう。

2-2. 未消化分の有給休暇は原則買い取り不可

有給の未消化分は買い取りできるのか疑問に思う人もいるかもしれませんが、買い取りは基本的に認められていません。

有給休暇制度は、従業員が心身を回復するための休暇であるため、買い取りが認められてしまうと、本来の目的から逸脱してしまうのです。

買い取りは従業員にとって金銭面でプラスになるので不利益にはあたりませんが、このような理由から原則禁止されているため注意してくだい。

しかし、例外として買い取りが認められるケースもあります。以下は、有給休暇の買い取りが認められる3つのケースです。

  • 法律で定める日数を上回る分の有給休暇
  • 退職時に残っている有給休暇
  • 期限が切れてしまう有給休暇

前述のとおり、有給休暇は法律で定める日数以上に付与することもできます。その分に関してはインセンティブのような位置付けなので、買い取りが可能です。

退職時に残っている分や、期限が切れてしまう分の買い取りは、有給休暇制度の本来の趣旨に反しないので、買い取っても良いとされています。

しかし、これらに当てはまるケースにおいても、会社は有給休暇の買い上げを必ずしもおこなう必要はありません。買い上げるをするかしないかは会社が選択でき、仮に買い上げをする場合であっても、額は自由に決められます。

有給の買い取りをおこなうのであれば、就業規則で規定しておかなければなりません。また、労使間のトラブルを防ぐために、書面に記載してあらかじめ同意を得ておくことをおすすめします。

3. 有給休暇の消化義務化について

有給休暇の取得義務化本来、有給休暇は従業員が取得したいときに自由に消化できるものです。しかし日本では職場への配慮や取りづらい雰囲気があることから、取得率の低さが問題となっていました。

このような背景から、2019年に改正された労働基準法では、10日の有給休暇を与える従業員において、年5日以上の取得を義務付けています。

企業は従業員に取得推進を呼びかけるだけでなく、時季指定をするなどして、必ず年5日は取得させなければなりません。

もし、年5日以上の取得ができなかった場合は、企業に対して30万以下の罰金が科せられる可能性があります。注意すべきは、取得できなかった従業員一人あたりにつき30万円という点です。

会社の規模が大きく、対象従業員の数が多いほど企業の負担は大きくなるため、違反することのないよう、日頃から有給休暇の管理はしっかりおこないましょう。

時季指定以外にも、企業は計画的付与制度を利用するなどして、計画的に取得できるような対策をおこなうことが大切です。計画的付与をおこなう場合は、就業規則で定め、労使協定を締結する必要があります。

年5日取得していれば法的には問題ありませんが、従業員の健康状態や仕事とプライベートとのバランスを保つためにも、積極的に消化できる環境を作っていくことが望ましいでしょう。
有給休暇の取得義務化のように、有給休暇に関する守るべきルールはいくつかあります。知らずに違反していた場合でも、罰則が科される可能性があるため、有給休暇のルールを正確に把握しておきましょう。当サイトでは、有給休暇の基本的なルールについてわかりやすく解説した資料を無料でお配りしています。有給休暇のルール理解に不安のある方は、こちらからダウンロードして、法違反のリスク回避にご活用ください。

4. 有給休暇は消滅する前に取得しよう

有給休暇を取得しよう有給休暇は付与されてから2年で期限切れにより消滅してしまうことに注意しましょう。

10日以上の有給休暇が付与されている従業員は、年5日以上取得することが義務付けられています。そのため、1年が経過する前に計画的に取得できるよう時季指定をおこなうなど、企業はさまざまな対策をおこなわなければなりません。

未消化分の有給休暇は基本的に買い取りは認められていませんが、退職時や期限切れの休暇に関しては、会社が買い取りルールを定めていれば可能なケースも存在します。

しかし、本来の目的である心身のリフレッシュを図るためにも、消滅する前に取得できる取り組みをおこなうことが大切です。

自社の有休管理に不安はありませんか?

3分でわかる徹底解説BOOK「有給付与ルール」

「自社の年次有給休暇の付与や管理は正しく行われているのか確認したい」という方に向け、当サイトでは有給休暇の付与ルールから義務化、管理の方法まで年次有給休暇の法律について包括的にまとめた資料を無料で配布しております。

「自社の有休管理が法律的に問題ないか確認したい」「有給管理をもっと楽にしたい」という方は、ぜひこちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

有給休暇が消滅している様子

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

関連記事

雇用主が女性のメンタルヘルスをサポートすべき5つの理由|Mental-Fit

雇用主が女性のメンタルヘルスをサポートすべき5つの理由|Mental-Fit

2022.07.22
八島美音
法定内残業と法定外残業の違いを具体例から詳しく解説

法定内残業と法定外残業の違いを具体例から詳しく解説

2022.06.21
HR NOTE編集部
残業代の相殺について代休やボーナスとあわせて詳しく紹介

残業代の相殺について代休やボーナスとあわせて詳しく紹介

2022.06.21
HR NOTE編集部
残業時間の適切な管理方法を企業が抱える課題と併せて解説

残業時間の適切な管理方法を企業が抱える課題と併せて解説

2022.06.21
HR NOTE編集部
残業の割増賃金とは?割増率の一覧を用いて割増計算方法も詳しく解説

残業の割増賃金とは?割増率の一覧を用いて割増計算方法も詳しく解説

2022.06.21
HR NOTE編集部
変形労働時間制における残業の扱いについて計算方法や注意点を解説

変形労働時間制における残業の扱いについて計算方法や注意点を解説

2022.06.20
HR NOTE編集部
1年単位の変形労働時間制についてメリット・デメリットを徹底解説

1年単位の変形労働時間制についてメリット・デメリットを徹底解説

2022.06.20
HR NOTE編集部
変形労働時間制を採用するデメリット・メリットをわかりやすく解説

変形労働時間制を採用するデメリット・メリットをわかりやすく解説

2022.06.20
HR NOTE編集部
1ヶ月単位の変形労働時間制を採用事例で具体的に詳しく紹介

1ヶ月単位の変形労働時間制を採用事例で具体的に詳しく紹介

2022.06.20
HR NOTE編集部