組織開発の手法とは?効果的な人材配置と生産性向上の秘訣 |HR NOTE

組織開発の手法とは?効果的な人材配置と生産性向上の秘訣 |HR NOTE

組織開発の手法とは?効果的な人材配置と生産性向上の秘訣

  • 組織
  • タレントマネジメント

組織開発の手法とその実践について、人事担当者向けに詳しく解説。組織と人材開発の違い、効果的な研修やワークショップの方法、成功事例から学ぶポイントまで、組織の生産性を高めるための実践的なガイドです。

1.組織開発とは

組織開発(OD:Organization Development)とは、企業や団体が直面する様々な課題に対応し、組織のパフォーマンス向上を目指すための戦略的アプローチを指します。ここでは、組織開発の具体的な手法を説明する前に、事前知識として組織開発の目的・重要性や、組織開発と人材開発の違いについて詳しく紹介します。

1-1.組織開発の目的と重要性

近年では少子高齢化により人材確保に課題を感じている企業は少なくないでしょう。また、IT技術の進歩や働き方改革の影響も受け、従来よりも市場の変化は激しくなっています。さらに、グローバル化やダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の推進により、人材の多様化も進んでいます。

このような時代において、環境変化へ柔軟に対応できる組織を構築するためにも、組織開発の重要性は高まっています。組織開発の目的は、組織全体のパフォーマンスを最大化し、持続可能な成長を実現することです。これにより、組織は変化する市場環境に迅速に対応し、競争優位を確立することができます。

1-2.組織開発と人材開発の違い

組織開発と人材開発は、下記の3つのポイントにおいて違いがあります。また、組織開発と人材開発それぞれの具体例についても紹介しています。

項目

人材開発

組織開発

1. 対象

個人

人と人との関係性や相互作用

2. 目標

個人の能力・スキル向上

組織の生産性向上や持続的成長

3. アプローチ

・研修

・セミナー

・キャリア開発

・OJT

など

・業務フローの変更

・コミュニケーション改善

・従業員同士の関係性の見直し

など

具体例

業務遂行に必要なスキルを養うため実施する新卒社員に対する研修

上司と部下の関係性を見直すために行われるミーティング

このように、組織開発と人材開発では「対象」「目標」「アプローチ」において違いがあります。課題や目的にあわせて適切な施策を行うことが大切です。

2.組織開発手法の種類

組織開発を成功させるためには、適切な手法の選定が重要です。ここでは、組織開発の具体的な手法について詳しく紹介します。

2-1.ワークショップや研修

ワークショップや研修は、従業員のスキル向上やチームビルディングに効果的です。これらの活動を通じて、従業員は新たな知識・能力を習得し、チーム内でのコミュニケーションや協力を深めることができます。

2-2. サーベイフィードバックとEAPの活用

サーベイフィードバックとは、従業員の意見や感想を収集し、組織の改善点を見つける手法です。また、EAP(Employee Assistance Program)とは、従業員のメンタルヘルスやワークライフバランスをサポートするプログラムを指します。サーベイフィードバックやEAPの手法を用いることで、従業員の悩みや課題を解消し、組織の生産性向上につなげることができます。

2-3.コーチングとメンタリングの強化

コーチングとメンタリングを行うことで、対話を通じてコミュニケーションを活性化させ、従業員の主体的な成長とキャリア開発を支援することができます。また、指導者・助言者と指導・助言を受ける人の間の信頼性を強化できるので、組織の関係性の向上にもつながります。

2-4.オンボーディングプロセスの確立

新入社員の迅速な組織への適応を助けるオンボーディングプロセスは、組織の効率性と従業員の満足度を高めるための手法です。オンボーディングプロセスを整えることで、新しく入社した従業員の早期戦力化が期待でき、組織のパフォーマンス向上につながります。

2-5.エンゲージメントの強化

従業員のエンゲージメントを高めることは、組織のパフォーマンス向上に直結します。エンゲージメントを強化することでモチベーションが高まると、組織の売上向上や業務改善に意欲的に取り組んでくれる従業員が増えることが期待できます。エンゲージメント強化のための取り組みとしては、企業のビジョンやミッションを共有する機会を設けたり、時短勤務やテレワークといった働きやすい環境を整備したりすることが挙げられます。

3.組織開発手法実践の流れ

組織開発手法を効果的に実践するためには、計画的なアプローチが必要です。ここでは、組織開発の手法を実践する際の流れについて詳しく紹介します。

3-1.手法の選定とカスタマイズ

組織の特性や目指す目標に合わせて、適切な組織開発の手法を選定することが重要です。また、選定した手法は、組織の現状やニーズに合わせてカスタマイズする必要があります。たとえば、従業員のエンゲージメントを高めたい場合、対話型のワークショップやエンゲージメント調査を組み合わせることが効果的です。

3-2.実践のステップとプロセス

組織開発の手法を実践する場合、明確なステップとプロセスが必要です。計画の立案、実施、評価、改善という一連のプロセスを通じて、手法の効果を最大化します。実践の各ステージで、関係者のフィードバックを取り入れ、必要に応じて手法を調整することで、施策を最適化することができます。

3-3.成功事例の分析と応用

自社でゼロから組織開発の手法を選定して、計画を立案・実行するのはハードルが高いと感じる場合もあるかもしれません。その場合、他の組織での成功事例を分析し、自組織に応用することも有効です。

成功事例からは、どのようなアプローチが効果的だったか、どのような課題があったかなどの学びを得ることができます。成功事例を参考にスモールスタートで組織開発を進めると、リスクを最小限に抑えながら効率よく施策を実施することが可能です。

4.組織開発手法の効果測定

よりよい組織開発を実現するためには、組織開発手法の効果を測定し、継続的な改善を図ることが重要です。ここでは、組織開発の効果測定に関して詳しく紹介します。

4-1.効果測定の方法

組織開発の手法の効果を測定を行うためには、あらかじめ具体的な指標を設定することが必要です。たとえば、アンケート結果に基づく従業員満足度や、労働時間と成果に基づいた生産性などが測定の指標になります。これらの指標を定期的に測定し、手法の効果を評価します。

4-2.継続的な改善とフィードバック

効果測定の結果を基に、手法の改善を行います。また、従業員や関係者からのフィードバックを積極的に取り入れることで、手法の有効性を高めることができます。

5.自社に合う手法を選定して組織開発の効果を高めよう

組織開発を実施する場合、1つの手法がすべての組織に適用できるわけではありません。自社の文化や目標、従業員のニーズに合った手法を選定し、計画的に実践することが重要です。適切な手法を選定し、効果的に実践することで、組織の生産性を高め、持続可能な成長を実現することができます。

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

テレワークに必要なものとは?快適な環境を準備しよう!

テレワークに必要なものとは?快適な環境を準備しよう!

近年では、働き方改革の影響も受け、従業員の柔軟な働き方を推進するために、テレワークの普及が拡大しています。これからテレワークを初めて実施しようと考えているけれど、必要なものについて具体的に把握しておきたい方は多いのではないでしょうか。当記事では、テレワークをおこなううえで必要なものについて徹底解説します。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.25
HR NOTE 編集部
テレワークでVPNは必要?リモートデスクトップとの違いやメリットを解説

テレワークでVPNは必要?リモートデスクトップとの違いやメリットを解説

テレワークを推進するにあたって、セキュリティリスクの観点から導入を躊躇している方は多いのではないでしょうか。VPNはセキュリティ強度を高められるソリューションの一つです。

当記事では、VPNの具体的な意味や導入するメリット、注意点について紹介します。また、テレワークにおけるVPNの構築方法についても解説します

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.25
HR NOTE 編集部
リスキリングの第一歩「違和感・危機感」が挑戦のスタートとなる|仕事旅行社 田中 翼

リスキリングの第一歩「違和感・危機感」が挑戦のスタートとなる|仕事旅行社 田中 翼

HR NOTE読者のみなさん、こんにちは。仕事旅行社 代表取締役の田中です。 私は、リスキリングには4つのフェーズがあると考えており、別記事で『リスキリング4つのフェーズと、従業員成長のための4段階』についてお話させてい […]

  • 組織
  • キャリア開発
2024.04.25
HR NOTE 編集部
テレワークとは?意味やリモートワークとの違い、目的などを解説!

テレワークとは?意味やリモートワークとの違い、目的などを解説!

近年では、働き方改革や労働生産性の向上、コストの削減など、さまざまな目的でテレワークを導入する企業が増加しています。自社でもテレワークの導入を検討しており、知識を深めたいと考えている方は多いのではないのでしょうか。当記事では、テレワークの意味や目的、導入方法について解説します。テレワークに関する深い知識を身に付けたいと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.24
HR NOTE 編集部
テレワーク導入のステップとは?

テレワーク導入のステップとは?

近年では、新型コロナウイルス感染症の対応や、働き方改革の影響を受け、テレワークという働き方が身近なものとなりつつあります。自社でもテレワークを導入したいけれど、事前に準備すべきことを明確にしておきたいと考えている方は多いのではないでしょうか。当記事では、テレワークの目的や導入率を紹介し、導入方法についてステップを踏んでわかりやすく解説します。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.24
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ