社会保険料の改定タイミング!いつの給与から控除するのかも解説 |HR NOTE

社会保険料の改定タイミング!いつの給与から控除するのかも解説 |HR NOTE

社会保険料の改定タイミング!いつの給与から控除するのかも解説

  • 労務
  • 給与計算

社会保険料改定のタイミング

社会保険料は定期的に見直しされるため、従業員の給料から正しく控除・納付するには、社会保険料の改定タイミングに関して理解を深めておくことが大切です。

本記事では社会保険料の改定時期について解説します。また、社会保険料率を調べる方法や社会保険料の改定に関する注意点、いつの給与から控除されるのかも紹介します。

保険料計算の手間とミスから解放されたい方へ

給与計算業務でミスが起きやすい社会保険料。
保険料率の見直しが毎年あるため、更新をし損ねてしまうと支払いの過不足が生じ、従業員の信頼を損なうことにもつながります。

当サイトでは、社会保険4種類の概要や計算方法から、ミス低減と効率化が期待できる方法までを解説した資料を、無料で配布しております。

「保険料率変更の対応を自動化したい」
「保険料の計算が合っているか不安」
「給与計算をミスする不安から解放されたい」
という担当の方は、「社会保険料の給与計算マニュアル」をご覧ください。

社会保険料ebok

ダウンロード

【社労士監修】HR関連法改正トレンドBOOK 2024年版

2023年は一部企業を対象に人的資本開示が義務化されたほか、HR関連での法改正に動きが見られました。
2024年では新たな制度の適用や既存のルールの変更・拡大がおこなわれます。
人事担当者として知っておきたいHR関連の法改正に関する情報ですが、その範囲は幅広く、忙しい業務の中でなかなか網羅的に把握することは難しいのではないでしょうか。

  • 忙しい中でも要点をまとめて情報収集をしたい
  • 社労士が監修した正確な情報を知りたい
  • HR関連の法改正を把握しておきたい

という方はぜひご確認ください!

1. 社会保険料とは?決定される仕組みをおさらい

カレンダーと青い砂時計

そもそも社会保険料には、以下のように広義と狭義の意味があります。今回は、狭義の意味の社会保険について解説します。

  • 広義:厚生年金保険、健康保険、介護保険、雇用保険、労災保険の総称
  • 狭義:厚生年金保険、健康保険、介護保険の総称

まず社会保険の厚生年金保険と健康保険の保険料は、後述する「標準報酬月額」の等級で区分されています。

関連記事:社会保険料とは?|社会保険料の種類と計算方法を徹底解説

1-1. 標準報酬月額とは?

標準報酬月額とは、毎月の給料などの報酬の月額を区切りの良い幅で区分したもので、社会保険料を算定する基準となります。標準報酬月額には、基本給だけでなく、残業手当や各種手当なども含まれます。

標準報酬月額の区分は、健康保険と厚生年金保険で異なります。健康保険は50等級、厚生年金保険は32等級に区分されています。なお、介護保険料を計算する際は、健康保険の標準報酬月額を適用します。

標準報酬月額は、原則として、4月から6月までの給与を3カ月で割ったものから決められます。ただし、4月、5月、6月のうち支払基礎日数(給与対象の日数)が17日に満たない月がある場合、その月は計算に除かれます。また、パートやアルバイトなどの短時間労働者の計算方法も異なるので、正しい算出方法を把握しておきましょう。

関連記事:標準報酬月額とは?計算に含むもの・調べ方をわかりやすく解説!

1-2. 社会保険料はどのように計算する?

社会保険料は保険の種類によって計算方法が異なります。健康保険、厚生年金保険、介護保険については、下記の計算式により、社会保険料を計算することができます。

  • 健康保険料 = 標準報酬月額 × 健康保険料率
  • 厚生年金保険料 = 標準報酬月額 × 厚生年金保険料率
  • 介護保険料 = 標準報酬月額 × 介護保険料率

なお、社会保険料は、従業員と会社で折半して支払います。ただし、雇用保険料や労災保険料の負担割合は異なるので注意が必要です。

関連記事:社会保険料とは?|計算方法や注意点、法改正の内容などを徹底解説

1-3. 社会保険料はいつの給与から控除する?

社会保険料の納付期限は、翌月の末日です。そのため、その月の社会保険料は、原則として、その月の翌月の給与から控除されます。

たとえば、5月分の社会保険料は、6月に支払われる給与から控除されます。ただし、退職月や締め日・支給日の関係で、控除されるタイミングが変わるケースもあります。また、その月の社会保険料を負担するかどうかは、原則として、その月の末日に在籍しているかどうかで判断します。

前月から引き続き被保険者である者がその資格を喪失した場合においては、その月分の保険料は、算定しない
引用:健康保険法第156条一部抜粋|e-Gov

事業主は、被保険者に対して通貨をもって報酬を支払う場合においては、被保険者の負担すべき前月の標準報酬月額に係る保険料(被保険者がその事業所に使用されなくなった場合においては、前月及びその月の標準報酬月額に係る保険料)を報酬から控除することができる

引用:健康保険法第167条一部抜粋|e-Gov

関連記事:退職月の社会保険料はどう計算する?月中、月末などパターン別に解説

2. 社会保険料の改定タイミングはいつ?

一般的な従業員における社会保険料の改定時期は原則として9月です。ただし、例外もあるため、社会保険料の改定タイミングについてきちんと押さえておくことが大切です。

ここでは、社会保険料の改定タイミングについて、ケース別に解説します。

2-1. 資格取得時決定(被保険者資格取得届を提出した場合)

資格取得時決定とは、新卒社員や中途社員など、新たに従業員を雇用する場合に標準報酬月額を決定する方法を指します。新しく従業員を雇う際、報酬の支給実績がないため、就業規則や労働契約の内容に基づき、標準報酬月額は決定されます。

標準報酬月額は「被保険者資格取得届」を日本年金機構に提出することで、計算してもらうことが可能です。提出期限は、被保険者を雇用した日から5日以内です。

関連記事:標準報酬月額とは?決め方や計算方法を解説!等級表も紹介!

2-2. 定時決定(算定基礎届を提出した場合)

定時決定とは、毎年1回決められた時期(7月1日時点)に、被保険者としての資格を取得しているすべての従業員の標準報酬月額を見直したうえで改定をおこなうことです。定時決定における標準報酬月額は、原則として3カ月間(4月、5月、6月)の平均報酬を基に決定されます。

標準報酬月額は「算定基礎届」を日本年金機構に提出することで、計算してもらうことができます。提出期限は毎年7月10日です。

関連記事:算定基礎届とは?書き方・提出期限などのポイントを一から解説!

2-3. 随時改定(月額変更届を提出した場合)

社会保険料はあくまでも標準報酬月額を参考にしているので、4月から6月までの給与と他の月の給与に大きな差がある場合は、適切な社会保険料を徴収できていないことになります。そのため、以下の全ての条件を満たした場合は、「随時改定」といって定時決定の時期以外で社会保険料の標準報酬月額を変更する手続きをおこないます。

  • 基本給、家族手当、通勤手当など、支給率・支給額が決まった固定的賃金に変動がある
  • 支払基礎日数が17日以上ある
  • 変動した月から計算した3カ月の平均に該当する標準報酬月額と、変動前の標準報酬月額に2等級以上の差がある

これらの条件を満たした場合は、「月額変更届」を日本年金機構に提出して随時改定をおこなわなくてはいけません。

なお、賞与が支払われる月は月額の給与が増えますが、賞与は標準報酬月額としては計算をせずに、標準賞与額として別に計算をして保険料を納めることになっています。そのため、賞与を受け取った結果、月の収入が大幅に増えたとしても随時改定をおこなう必要はありません。

関連記事:社会保険の随時改定はいつから必要?おこなうための条件や手続き方法を紹介

2-4. 改定内容はいつからいつまで反映される?

社会保険料は「資格取得時決定」「定時決定」「随時改定」により改定されます。しかし、改定内容はいつからいつまで反映されるのか疑問に感じている人もいるかもしれません。ここでは、ケース別に例を紹介します。

まずは「資格取得時決定」について考えてみましょう。決定した標準報酬月額は、被保険者の資格取得月からその年の8月まで適用されます。ただし、6月1日から12月31日までの間に資格を取得した場合は、資格取得月から翌年の8月まで適用されることになります。

資格取得時決定

入社日

いつから反映

いつまで反映

ケース1

4月1日

その年の4月分

その年の8月分

ケース2

6月1日

その年の6月分

翌年8月分

ケース3

10月15日

その年の10月分

翌年8月分

次に「定時決定」について見てみましょう。定時決定による標準報酬月額は、その年の9月から翌年8月まで適用されます。

定時決定

入社日

いつから反映

いつまで反映

ケース1

4月1日

その年の9月分

翌年8月分

ケース2

6月15日

その年の9月分

翌年8月分

最後に「随時改定」についてです。随時改定による標準報酬月額は、その年の8月まで適用されます。また、7月以降に随時改定をおこなった場合は、翌年8月まで適用されます。

随時決定

固定的賃金が大きく変動した月

いつから反映

いつまで反映

ケース1

3月

その年の7月分

翌年8月分

ケース2

5月

その年の9月分

翌年8月分

ケース3

10月

その年の2月分

その年の8月分

随時改定による標準報酬月額の改定タイミングは、変動後の賃金が支給される月から起算して4カ月目です。ケース3で考えてみると、10月に昇給・降格などで大きな報酬の変動があったとします。11月、12月、1月の3カ月の報酬から算出した標準報酬月額を確認したうえで、随時改定をおこなうか検討します。条件を満たす場合、2月から社会保険料は改定されます。

社会保険においては、定期改定や賞与等により随時改定で変動する場合があり、正確に把握しておかなければ、計算ミスが生じやすい項目です。

とはいえ、社会保険料の法律知識や変動タイミングがいまひとつ理解しきれていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方に向けて、当サイトでは社会保険料が変動するタイミングを、図式でさらにわかりやすく解説した資料を無料で配布しています。

「文字だけだと分かりにくい」「計算ミスを減らすために、社会保険手続きの年間スケジュールを押さえたい」という人は、こちらから資料をダウンロードしてご活用ください。

3. 令和6年度社会保険料率の改定・調べ方

虫眼鏡を持つ男性

令和6年度の健康保険料率は「10%前後」、介護保険料率は「1.82%」です。

健康保険料率は、都道府県ごとに異なるため該当する都道府県の保険料率を確認する必要があります。介護保険料率は、満40歳から64歳の従業員のみ適用されます。

健康保険・介護保険の保険料率は、協会けんぽのサイトで確認することができます。ただし、健康保険組合に加入している場合、協会けんぽの保険料額表を利用することはできません。その場合、各健康保険組合のサイトで確認するようにしましょう。

参考:令和6年度都道府県単位保険料率|全国健康保険協会

令和6年度の厚生年金保険料率は「18.3%」です。

厚生年金保険料率は、平成29年から改定されておらず現在も料率が固定されています。詳しく確認したい人は、下記の日本年金機構のサイトを確認してみてください。

参考:厚生年金保険料額表|日本年金機構

4. 社会保険料の改定に関する注意点

社会保険料の改定に関する注意点

ここからは、社会保険料の改定に関してあらかじめ押さえておくべきポイントを紹介します。社会保険料の改定や改定通知、月額変更届の必要性などについて詳しく解説していきます。

4-1. 社会保険料の改定は義務

まず社会保険の改定は義務です。定時改定は毎年おこなうことなので忘れることはほぼないでしょう。しかし、随時改定については要件を満たしていることに気づかずに対応を失念してしまう場合があります。

随時改定をしなかった場合は、正しい額の社会保険料を納めていないことになってしまいます。その結果、過払いや過不足の状況が生まれてしまい、精算をしなくてはいけません。社会保険料が不足している場合は、納税するべきお金が遅れていることになるので、延滞料が課せられてしまう可能性もあります。

また、虚偽の随時改定をおこなった場合は、6カ月以下の懲役または50万円以下の罰金が課される可能性があります。随時改定をおこなう際は、本当に正しい内容かをきちんと確認することが大切です。

関連記事:社会保険の定時決定とは?算定基礎届の作成手順も紹介

4-2. 従業員には社会保険料の改定通知をする

社会保険料の改定業務は、従業員それぞれがおこなうわけではありません。人事担当者がおこなうことが一般的です。その際に改定したことを従業員に伝えておかないと、急に社会保険料が増えて困惑させてしまうかもしれません。社会保険料が変化し、等級が変更になったような場合は、給与明細の備考欄にその旨を記載して通知することをおすすめします。

4-3. 正社員以外も社会保険料改定の対象

パートやアルバイトのような正社員以外の従業員についても社会保険に加入しているのであれば、社会保険料の改定対象となります。しかし、以下の条件のいずれか一つでも満たしていない場合、社会保険の加入対象外となるので、社会保険を改定する必要はありません。

  • 従業員数101人以上
  • 週の所定労働時間が20時間以上
  • 2カ月以上の雇用が見込まれている
  • 1カ月の給与が8.8万円以上
  • 学業の傍らでないこと

2024年10月より社会保険の適用範囲が拡大されます。従業員数51人以上100人以下の事業所で働いている人も、適用対象になるので注意が必要です。

関連記事:パート・アルバイトに社会保険は適用される?|令和4年10月~の法改正に向けて徹底解説!

4-4. 月額変更届の提出期限

月額変更届の提出期限は明確に定められていません。しかし。月額変更届は事実があったら速やかに提出しなくてはいけません。所轄の日本年金機構又は社会保険事務センターへ提出する必要があり、方法は持参、郵送、電子申請のいずれかです。

関連記事:月額変更届を提出を忘れた場合の対応方法を解説

5. 社会保険料の管理を効率化するには?

社会保険料の改定を実施するには、さまざまな書類の作成・提出が必要になり、時間や手間がかかることもあります。ここでは、社会保険料の管理を効率化するための方法について詳しく紹介します。

5-1. 電子申請を推進する

社会保険に関する書類を紙で作成して、窓口に出向いて提出する場合、時間やコストがかかります。また、計算ミスや書き間違いがあったら、最初からやり直さなければならず、業務負担につながります。

社会保険の手続きについては、電子申請ができるケースもあります。電子申請であれば、窓口に出向く必要がなく、容易に申請することができます。また、時間を問わず提出できたり、修正・訂正を簡単にできたりするメリットもあります。

なお、2020年4月より、特定の法人において、一部の社会保険の手続きの電子申請が義務化されています。対象となる法人と手続きは、下記の通りです。

(対象となる法人)

  • 資本金、出資金または銀行等保有株式取得機構に納付する拠出金の額が1億円を超える法人
  • 相互会社
  • 投資法人
  • 特定目的会社

(対象となる手続き※健康保険と厚生年金保険)

  • 報酬月額算定基礎届
  • 報酬月額変更届
  • 賞与支払届

引用:2020年4月から特定の法人について電子申請の義務化が始まっています|日本年金機構

義務化対象の法人でなくても、電子申請をおこなうことは可能です。社会保険手続きの負担を削減するため、この機会に電子申請を推進してみるのがおすすめです。

関連記事:社会保険手続きの電子申請のやり方を徹底解説!義務化の対象者とは?

5-2. 労務管理システムを導入する

紙やExcelで労務管理をおこなっている場合、従業員が入社・退社したり、情報が更新されたりすると、人の手で作業しなければならず、時間や手間がかかります。

労務管理システムを導入すれば、従業員の情報をシステムで一元管理することができます。そのため、情報の修正・更新作業を効率化することが可能です。また、社会保険の書類作成・提出の業務を自動化し、人事労務担当者の負担を削減することもできます。

労務管理システムには、さまざまな種類があるので、料金や機能、サポート、セキュリティなどを比較して、自社のニーズにあうツールを選定することが大切です。

関連記事:労務管理システムおすすめ20選!メリットや選び方を徹底解説【2024年完全版】

6. 社会保険料の改定時期を正しく理解しよう

申請の方法

社会保険料は毎年改定がおこなわれます。月収が増えれば社会保険料も増えていきます。適切な社会保険料を納付するために毎年の改定は欠かせません。しかし、社会保険料の改定業務は非常に複雑で時間がかかります。

そこでおすすめなのが労務管理システムの導入です。労務管理システムを導入することでテレワークでも仕事の進捗を簡単に共有することができるようになり、人事担当者の業務を大幅に効率化することが可能です。人事担当者の業務量が多くて困っている、労働環境を改善したいと考えている人は、ぜひシステムの導入を検討してみてください。

保険料計算の手間とミスから解放されたい方へ

給与計算業務でミスが起きやすい社会保険料。
保険料率の見直しが毎年あるため、更新をし損ねてしまうと支払いの過不足が生じ、従業員の信頼を損なうことにもつながります。

当サイトでは、社会保険4種類の概要や計算方法から、ミス低減と効率化が期待できる方法までを解説した資料を、無料で配布しております。

「保険料率変更の対応を自動化したい」
「保険料の計算が合っているか不安」
「給与計算をミスする不安から解放されたい」
という担当の方は、「社会保険料の給与計算マニュアル」をご覧ください。

社会保険料ebok

ダウンロード

--------------------

\【2024年最新版】HR関連法改正トレンドBOOK/

▼無料ダウンロードはこちら▼
https://hrnote.jp/document/?did=148030

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

退職金は年末調整の対象に含まれる?退職所得の計算方法や確定申告が必要なケースを解説

退職金は年末調整の対象に含まれる?退職所得の計算方法や確定申告が必要なケースを解説

退職金は年末調整の対象となる所得には含まれませんが、所得税の課税対象ではあります。当記事では、なぜ退職金が年末調整の対象にならないのか、退職金に対する所得税の課税金額の計算方法、そして、退職金に対して確定申告が必要になる […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
サイレント退職、なぜ起こる?仕組みと予防策を解説|Smart相談室 伊禮 武彦

サイレント退職、なぜ起こる?仕組みと予防策を解説|Smart相談室 伊禮 武彦

こんにちは。株式会社Smart相談室の伊禮武彦と申します。法人向けオンラインカウンセリングサービス「Smart相談室」の運営、ビジネス部門の統括責任者を担当しています。 今回はクライアント様よりよくご相談を頂くサイレント […]

  • 労務
  • リスクマネジメント
2024.04.19
金井一真
ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

近年では、ワークフローシステムが注目されています。システムを導入することで、紙の申請書を使うデメリットが解消できるため、業務負担の軽減が期待できます。ワークフローシステムには、さまざまな機能があります。当記事では、ワークフローシステムの機能について詳しく紹介します。ワークフローシステムの機能について興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.04.08
HR NOTE 編集部
法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間とは1日8時間、週40時間であり、これを超える労働時間数に対しては割増賃金の支給が必要です。ただし、近年導入が進むフレックス制度をはじめとする複数の労働制度では、上記の条件とは少し異なる場合もあります。本記事 […]

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.03.29
HR NOTE 編集部
通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

稟議書が通りやすい人と、通りにくい人では書き方に大きな違いがあります。 どうしても通したい稟議がある場合は、読み手のことを考えた構成や文章にすることが大切です。本記事では通らない稟議書に共通する原因や、稟議書が通すコツな […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.28
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ