【お願い|年末企画2018】勝手に選出|2018年に注目されたHR Techサービスはどれだ!? |HR NOTE

【お願い|年末企画2018】勝手に選出|2018年に注目されたHR Techサービスはどれだ!? |HR NOTE

【お願い|年末企画2018】勝手に選出|2018年に注目されたHR Techサービスはどれだ!?

  • 編集部より

みなさん、こんにちは!

2018年も残すところラスト1ヶ月を切りました。みなさんのお役に立てる記事をお届けできるように、ラストスパートをかけているHR NOTE編集部です。

2018年もHR NOTEを見ていただきまして、ありがとうございました!

ちょうど1年前の2017年12月。みなさまのご協力のもと、【勝手に人事流行語大賞2018】を決めさせていただきました。

そして、12月に近づくにつれ、「今年はHR NOTEで何かするの?」というお声を多数いただき、HR NOTE編集部で議論した結果、、、今年は、以下を企画させていただきました。

【いま注目のHR Techサービス2018】

みなさまが現在活用されているHRTechツールは何か。注目しているHRTechサービスは何か。

そのようなことをアンケートで投票していただき、HR NOTEにて勝手に注目のHRTechサービスを選出させていただければと考えております。

『いま注目のHR Techサービス2018』の概要詳細

HR Techとは、クラウドやビッグデータ解析、人工知能(AI)など最先端のIT関連技術を使って、採用・育成・評価・配置などの人事関連業務をおこなう手法のことです。

近年では、HR Techサービスが多くリリースされており、大きな盛り上がりを見せています。

HR Techサービスは、業務効率化システム・管理システム・採用支援システムなどさまざまなものがあります。

本企画はその中から、今年リリースされたサービス、取材で名前がよくあがったサービスなど、あらゆる観点から議論し、事前に14カテゴリーのHR Techサービスを選定させていただきました。

2018年に注目されたHR Techサービスを決定できればと思っております。

そこで、みなさんにご協力のお願いがあります

以下、投票フォームより、

  • 今使っているHR Techサービス(複数選択可)
  • 注目しているHR Techサービス(3つのみ選択)
  • オススメしたいHR Techサービス(3つのみ選択)

を選んで投票していただけないでしょうか。

みなさんが注目したHR Techサービスを、私たちに教えてください!


投票について

以下の期間にて、投票受付をしております。是非、奮ってご投票くださいませ!

  • 有効投票期間:2018年12月13日(木)~12月24日(月)23:59
  • 対象:人事領域に携わっている方であればどなたでも!
  • 結果発表:12月25日(火)を予定しております!

HR NOTE編集部で選出した14のHR Techサービスをご紹介!

ここではHR NOTE編集部で選出した14のHRTechサービスについて、リンクをつけて説明させていただきます。

1. 採用管理システム(新卒・中途・アルバイト)

採用管理システムとは、「応募管理」「日程調整」「選考情報管理」など採用に関わる業務を一括で管理できます。

【メリット】

  • 紹介会社の担当者とのやり取りを一括管理できる
  • 求職者情報が見える化されているので、情報共有がしやすい
  • 日程調整などの人為的ミスを防止できる

2. リファラルに特化した採用管理システム

一度接触した求職者と関係を維持し続け、転職意欲が湧いたタイミングで、再度アプローチするために、情報を管理するシステムです。

【メリット】

  • 一度接触した求職者と関係性を維持し続けられる
  • 企業の良い噂が拡散されやすい
  • 長期間コミュニケーションを取るため、ミスマッチを防ぐことができる

3. AIによる人材マッチングサービス

AIが求職者が見ている求人情報や過去の経歴データをもとに、企業が求めている条件に合った人材を紹介してくれるサービスです。

【メリット】

  • 人が介入するケースと違い、精度が高い
  • 活用すれば、活用するほど精度が上がっていく
  • 条件に合っている求職者は何人でも紹介できる

4. オンライン面接/チャットボットツール

Web会議システムを活用して、遠隔の求職者と面接をおこなうことができます。また、チャットボットは、よくあるお問い合わせを自動化することができます。

【メリット】

  • 地方に出向く「時間」と「お金」の負担を削減できる
  • 地方の求職者と面談ができ、その結果志望度を上げることができる
  • 動画で面接を録画し、その動画を面接官の育成に活用することができる

5. 人材管理(タレントマネジメント)システム

タレントマネジメントとは、従業員がどのようなスキルを持っているかを把握し、パフォーマンスを最大限発揮してもらうために、最適な人材配置や教育をおこなうことです。

【メリット】

  • プロジェクトを開始するとき、誰をアサインしたらいいかわかる
  • 配置シミュレーションができるので、戦略的な人材配置が可能
  • 従業員一人ひとりに合った育成プログラムを届けられる

6. 人事評価システム

人事評価システムとは、従業員の評価を一括管理でき、その結果を人材配置などに活用できるシステムのことです。

【メリット】

  • 評価軸を明確にした客観的な人事評価を実現
  • 人事評価を可視化できる
  • 評価データを人材配置に活用することができる

7. モチベーション管理システム

モチベーション管理システムとは、定期的に従業員のモチベーションを確認でき、モチベーションの変化を把握できるシステムです。

【メリット】

  • 従業員の生産性が上がる
  • 離職防止につながる
  • データにもとづいた従業員モチベーションの管理ができる

8. クラウド型の勤怠管理システム

クラウド型勤怠管理システムは、従業員の正確な勤怠データを把握することができ、集計作業などの業務を効率化できます。

【メリット】

  • 集計作業を効率化できる
  • 直行直帰に対応した打刻が可能
  • 打刻修正などの申請業務がPCやスマホアプリからできる

9. 労務管理システム

労務管理システムとは、Web上で簡単に入社・退社の手続きができたり、面倒な書類を自動作成できるシステムです。

【メリット】

  • 書類での手続きが煩雑な入退社の手続きも簡単にできる
  • 面倒な書類策も簡単に自動作成
  • 作成した書類はそのままWeb上で申請完了

10. 経費精算システム

経費精算システムとは、従業員が営業活動をする中でかかった出張費・通勤費などをWeb上で精算するシステムのことです。

【メリット】

  • ペーパーレス化で、従業員も管理者も作業が楽になる
  • データの処理の自動化により、ほかの業務に時間を使える
  • 知識がなくても、サポートが充実しているので簡単に使える

11. クラウド型の給与計算・管理システム

給与計算システムとは、従業員の勤怠データと連携して、給与計算をおこなうシステムです。

【メリット】

  • 煩雑な給与計算業務を効率化
  • 勤怠データと連携しているので、計算ミスがない
  • 給与明細書や各種帳票を簡単に印刷できる

12. 学習支援サービス(LMS)

学習新絵サービス(LMS)とは、eラーニングの教材コンテンツの配信や、確認テストの点数などを管理できるシステムのことです。

【メリット】

  • 受講者はいつでもどこでもeラーニングの受講が可能
  • 試験結果や進捗率を簡単に確認することができる
  • 個人ごとに成績を管理することができるので、一人ひとりに合ったフォローが可能

13. 健康管理システム

健康管理システムとは、従業員の健康データを一元管理でき、さまざまな健康管理業務を効率化するシステムです。

【メリット】

  • 健康関係の報告書作成の工数削減
  • 従業員の健康課題を把握することができる
  • 健康リスクを予防でき、安定して働けるので、生産性が向上する

14. ピアボーナスサービス

ピアボーナスサービスとは、表面化しにくい仕事による成果や貢献に対して、従業員同士で成果給を送り合えるサービスのことです。

【メリット】

  • 周りの従業員から表面化しにくい仕事を認められるので、従業員のモチベーションが向上する
  • 内部的モチベーションを刺激するため、従業員エンゲージメントが向上する
  • 定性的な従業員の成果を評価することができる

是非、投票・拡散のご協力よろしくお願いいたします!

HR NOTE(ジンジャー)のtwitter、facebookアカウントにて、本キャンペーンのことを投稿したものをリツイート、いいね、シェアをしていただく、などなど。

是非、一緒に盛り上げていただけますと幸いでございます。

▶ハッシュタグ|#勝手にHRTechサービス大賞2018

みなさまのご投票、心よりおまちしております。

何卒、よろしくお願いします。

HR NOTE編集部 一同

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

【HR NOTE8周年】昨年の取材記事やイベントレポート、寄稿いただいた記事を一挙にご紹介!

【HR NOTE8周年】昨年の取材記事やイベントレポート、寄稿いただいた記事を一挙にご紹介!

いつもHR NOTEをご覧いただき、誠にありがとうございます。HR NOTE編集部です。 2024年2月1日、HR NOTEはサイト開設から8周年を迎えることができました!この1年は、とても多くの取材や寄稿をさせていだき […]

  • 編集部より
2024.02.01
金井一真
【事業に付加価値を】営業から人事へ。現場に寄り添うPayPayのHRBPとは|PayPay株式会社 HR本部 HRBP部 藤本絢子 後編|人事のウラ側Vol.3

【事業に付加価値を】営業から人事へ。現場に寄り添うPayPayのHRBPとは|PayPay株式会社 HR本部 HRBP部 藤本絢子 後編|人事のウラ側Vol.3

 概要 キャッシュレス決済の普及を目標に2018年に設立されたPayPay株式会社。同社ではHRBP部が設立され、事業部に寄り添うパートナーとして人事施策に取り組んでいます。 事業部と人事の連動を実現するには、事業部 […]

  • 編集部より
2023.11.30
北条 美海
【データ活用で離職を防止!】「PayPayが目指す全体像」から徹底逆算した人事DX|PayPay株式会社 HR本部 HRBP部 部長 萩原佑一 前編|人事のウラ側Vol.3

【データ活用で離職を防止!】「PayPayが目指す全体像」から徹底逆算した人事DX|PayPay株式会社 HR本部 HRBP部 部長 萩原佑一 前編|人事のウラ側Vol.3

 概要 キャッシュレス決済の普及を目標に2018年に設立されたPayPay株式会社。同社では、 「Work From Anywhere at Anytime(WFA)」という場所や時間にとらわれない働き方を採用するほ […]

  • 編集部より
2023.11.30
北条 美海
【戦略人事】事業部出身、現HR責任者が目指す「経営と人事の連動」|株式会社イトーキ 常務執行役員 山村善仁 後編|人事のウラ側Vol.2

【戦略人事】事業部出身、現HR責任者が目指す「経営と人事の連動」|株式会社イトーキ 常務執行役員 山村善仁 後編|人事のウラ側Vol.2

 概要 オフィス家具の提供をメインに、オフィスの空間デザインや働き方の提案までを手がける株式会社イトーキ。創業133年を迎える同社では、社内の構造改革がおこなわれ、事業部出身者が人事責任者となりました。 近年、人的資 […]

  • 編集部より
2023.08.29
北条 美海
【ポジティブ文化!?】従来の企業文化を刷新!創業133年 イトーキが挑む組織改革|株式会社イトーキ 常務執行役員 山村善仁 前編|人事のウラ側Vol.2

【ポジティブ文化!?】従来の企業文化を刷新!創業133年 イトーキが挑む組織改革|株式会社イトーキ 常務執行役員 山村善仁 前編|人事のウラ側Vol.2

 概要 オフィス家具の提供をメインに、オフィスの空間デザインや働き方の提案までを手がける株式会社イトーキ。創業133年を迎える同社では、創業以来初の外部社長である湊社長を中心に企業変革への取り組みに注力されています。 […]

  • 編集部より
2023.08.29
北条 美海

人事注目のタグ