KPIツリーとは?作成方法や作成上の注意点を詳しく解説 |HR NOTE

KPIツリーとは?作成方法や作成上の注意点を詳しく解説 |HR NOTE

KPIツリーとは?作成方法や作成上の注意点を詳しく解説

  • 組織
  • 人事評価

KPIを設定している様子企業が自社の成長や発展を目指すためには、KPIの達成が欠かせません。
KPIは掲げる目標が大きくなるほど数も多くなるため、着実にこなすためにはKPIツリーを作成し、全体像を可視化することが大切です。

今回はKPIツリーの基礎知識や、具体的な作成方法、KPIツリーを作成するときに気を付けたいポイントについて解説します。

【従業員の評価、適切におこなえていますか?】

人事評価制度は、健全な組織体制を作り上げるうえで必要不可欠なものです。
制度を適切に運用することで、従業員のモチベーションや生産性が向上するため、最終的には企業全体の成長にもつながります。

しかし、「しっかりとした人事評価制度を作りたいが、やり方が分からない…」という方もいらっしゃるでしょう。そのような企業のご担当者にご覧いただきたいのが、「人事評価の手引き」です。

本資料では、制度の種類や導入手順、注意点まで詳しくご紹介しています。
組織マネジメントに課題感をお持ちの方は、ぜひこちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

1. KPIツリーとは?

ツリー構造を作成している人

KPIツリーとは、KGIとKPIの関係性をツリー状にして可視化したものです。
KPIとはKey Performance Indicatorの略称で、日本語では重要業績評価指標といいます。具体的には、企業が掲げた目標を達成するために必要な各プロセスをどのくらい達成できているか計測し、評価するための指標となります。
一方のKGIはKey Goal Indicatorの略称で、日本語では重要目標達成指標を意味します。企業が設定した目標ををどのくらい達成しているか計測するための指標となります。

つまり、KGIは目標全体の達成度合いを計測するための指標で、KPIはKGIを達成するために必要なプロセスの達成度合いを計測、評価するための指標ということになります。

このKGIとKPIの関係をツリーにして表したものがKPIツリーです。

KPIツリーを作成すれば、何をすればKGI達成につながるのか、そのプロセスを可視化することが可能となります。可視化したプロセスを一つずつ着実にこなしていけば、より効率的にKGI達成を目指せるようになります。
また、KGI達成には各KPIの達成が必要不可欠ですが、そのすべてが順調に進行していくとは限りません。あるKPIが計画通りに進んでいない場合、KGIの達成に支障を来すのはもちろん、他のKPIにも影響や支障を来すおそれがあります。
KPIツリーを作成していれば、各KPIの達成度を明確にできるため、進行に問題のあるKPIをいち早く把握できるようになります。必要に応じてプロセスを見直したり、改善を加えたりすれば、問題のあるKPIの達成につながり、KGI達成に近づきやすくなります。

2. KPIツリーの作成方法

積木を虫眼鏡で見ている

KPIツリーの基本的な作成方法を4つのステップに分けて解説します。

2-1. KGIを設定する

KPIツリーは先にゴールを決め、そこから必要なプロセスを逆算して設定していくのが基本です。
そのため、KPIツリーを作成する際は、まず起点となるKGIの設定を行います。達成度を正確に計測できるよう、KGIは数値で成果を表せるものにするのがポイントです。
たとえば、単純に「売上をアップする」というのではなく、「売上を前年比20%アップする」と設定すれば、前年に比べてどのくらいの売上を達成できたかを評価の基準にすることができます。

2-2. KGIを構成する要素をピックアップする

KGIを設定したら、それを構成する要素をピックアップします。
例えばKGIが「売上」なら、売上を求めるために必要な要素、すなわち「商品の購入者数」や「平均購入額」が構成要素に挙げられます。「購入者数」はさらに「ECサイト訪問者数」や「商品購入率」に分散することができ、「ECサイト訪問者数」は「自然検索流入」「SNSからの流入」などに細分化できます。
このように、KGIを構成する要素を細かく分散させていくと、複数の要素を洗い出すことができます。

2-3. KPIを定める

2で洗い出した構成要素の中から、KGI達成に向けて特に重要な指標(KPI)を定めていきます。
上記の例なら、購入者数を構成するECサイト訪問者数や商品購入率をKPIに設定すると、「ECサイトの訪問者数を増やすにはどうすればよいか」「商品購入率を高めるには何をしたらよいか」など、KGIに至るまでのより具体的なプロセスを把握しやすくなります。

KPIに設定する要素を選ぶときは、四則演算(足す、引くなど)できる要素かどうかを基準にするのがポイントです。
また、KPIを設定するときはSMARTを意識するのが基本とされています。
SMARTとは、KPI設定の基準となる以下の5項目の頭文字を取った造語です。

  • Specific(明確)
  • Measurable(測定可能)
  • Achievable(達成可能)
  • Result-oriented or Relevant(結果指向または関連性)
  • Time-bound(期限設定)

上記のSMARTをもとに、誰にでもわかる内容になっているか、数量として計測できるか、達成できる見込みはあるのか。KGIの達成に関係しているか、期限は設定されているか、などを意識してKPIを設定しましょう。

2-4. KPIツリーを作成する

設定したKPIを使って、KPIツリーを作成します。KGIから逆算し、枝分かれする形でKPIを配置していけば、KGIに至るまでのプロセスをわかりやすく可視化できます。
KPIツリーはExcelやPowerPointなどを使って作成するのが一般的です。

3. KPIツリーを作成するときの注意点

注意点

KPIツリーを作成するときに気を付けたいポイントを3つご紹介します。

3-1. KGIとKPIに明確な関連性があるか

KPIはKGIを達成するための中間目標であり、KGIを構成する要素でもあります。そのため、KPIとKGIの間には密接な関係があるべきですが、KGIの分散の仕方を誤ると、あまり関連性のないKPIが出来上がってしまう可能性があります。
KGIとの関係が薄いKPIがツリーの中に存在していると、無駄な手間がかかってしまうだけでなく、ツリー全体の整合性がとれなくなる原因にもなります。
KPIツリーを作成する際は、KGIとKPIの間に明確かつ密接な関連性があるかどうかを確認しながら作業を進めていきましょう。

3-2. KPIにならない要素は省く

KPIに設定できるのは、SMARTの要素に該当するものに限定されます。定量化できないものや、KGIとの関連性がないもの、達成の見込みがないもの、期限を設定できないものなどは、KPIとして設定することができません。
設定不能のKPIをツリーに採り入れてしまうと、途中でプロセスが滞る原因となります。
KPIツリーを作成したら、KPIにならない要素が入っていないかどうか確認し、不要なものは省くようにしましょう。

3-3. 作成後の振り返りを忘れない

準備万端でKPIツリーを作成したつもりでも、計画通りに進まなかったり、予想外のアクシデントでプロセスが滞ったりすることは多々あります。
KPIツリーは作成して終わりというものではなく、KGI達成までのプロセス全体をチェックし、効率的に目標を達成するための指標となるものですので、定期的に振り返ることを忘れないようにしましょう。

また、振り返りだけでなく、実行した行動に対して適切な評価をしなければ、達成したことを実感する機会が減り従業員のモチベーション低下へとつながってしまいます。目標や行動計画の立案と同時に、体系だった人事評価制度の運用は切っても切り離せないものです。

しかし、そもそも現状、体系だった人事評価制度がなく導入を検討されている方もいらっしゃるかもしれません。人事評価制度を整えると言っても何から手をつければ良いか分からずお困りの方へ向けて、本サイトでは「人事評価の手引き」を無料で配布しています。 自社にとって適切な人事評価制度を検討するために、まずは人事評価制度について網羅的に理解したいという方は、こちらから資料をダウンロードしてご活用ください。

4. KPIツリーはポイントを押さえて効率よく作成しよう

タイピングする女性

KPIツリーは、KPIおよびKGIの達成を目指すためのプロセスを可視化できる便利なツールです。
KPIツリーを作成すれば、全体のプロセスを把握しやすくなり、目標達成まで順調に進んでいるかどうか、問題が起こっていないかどうかなどを手軽にチェックできるようになります。

ただ、適切な方法で作成しないとツリーの整合性が取れなくなり、KGI達成までのプロセスに支障を来す原因になることがあります。
KPIツリーを作成する際は、正しい手順とポイントを把握し、効率よく作業を進めていきましょう。

【従業員の評価、適切におこなえていますか?】

人事評価制度は、健全な組織体制を作り上げるうえで必要不可欠なものです。
制度を適切に運用することで、従業員のモチベーションや生産性が向上するため、最終的には企業全体の成長にもつながります。

しかし、「しっかりとした人事評価制度を作りたいが、やり方が分からない…」という方もいらっしゃるでしょう。そのような企業のご担当者にご覧いただきたいのが、「人事評価の手引き」です。

本資料では、制度の種類や導入手順、注意点まで詳しくご紹介しています。
組織マネジメントに課題感をお持ちの方は、ぜひこちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

--------------------

\4月24日限定開催!/
人事×ChatGPTの具体的な活用術術を紹介!

ChatGPTをはじめとする生成AIを業務に取り入れることで、業務時間の圧縮や業務量の削減が期待されます。

今回は、人事担当者の方が今日から使えるChatGPT活用術として、

組織開発に関するChatGPT活用を株式会社リーディングマークのプロダクト企画室副室長/AIエバンジェリストの今村健一郎氏に、

労務領域の業務に関するChatGPT活用を社会保険労務士の加藤秀幸先生にお話いただきます。

実際に使えるプロンプトを交えた実践的なノウハウもご紹介しますのでこちらから視聴予約をして、是非ご参加ください。

 

▷こんな方におすすめ!
・人事業務の担当者の人手が足りず困っていて業務効率を上げた

・ChatGPTに興味はあるけれど、どんなことに使えばよいか分からない

・業務にChatGPTを取り入れたいが、イメージしているような回答が出てこない

 

▼当日の視聴予約はこちらから!▼
https://seminar.hrnote.jp/post/95

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

「チーム愛媛」のデジタル人材育成「高度デジタル人材シェアリング事業」に密着!

「チーム愛媛」のデジタル人材育成「高度デジタル人材シェアリング事業」に密着!

愛媛県では、県・市町による協働事業「チーム愛媛」高度デジタル人材シェアリング事業の一環として、職員を対象とした各種研修・勉強会が開催されています。 今回編集部はその中の「BIツール勉強会」に参加させていただき、実際の勉強 […]

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.04.15
HR NOTE 編集部
「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【後編】

「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【後編】

上場企業における人的資本の情報開示が義務化されたことを背景に、自社の人事データを正しく管理し活用することの重要性が高まっています。 しかし、人事データをとりあえず集めたが、その後の効果的な分析ができずにいる企業がとても多 […]

  • 組織
  • 組織・その他
2024.04.15
金井一真
「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【前編】

「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【前編】

上場企業における人的資本の情報開示が義務化されたことを背景に、自社の人事データを正しく管理し活用することの重要性が高まっています。 しかし、人事データをとりあえず集めたが、その後の効果的な分析ができずにいる企業がとても多 […]

  • 組織
  • 組織・その他
2024.04.15
金井一真
ミドルシニア層のリスキリングで大事なこと|WE戸田

ミドルシニア層のリスキリングで大事なこと|WE戸田

皆様ご無沙汰しております。株式会社WEの戸田です。 本記事が公開される頃には、桜が咲いてもう新シーズンがスタートしていると思います。良いスタートになっているといいですね! 今回は「ミドルシニア層のリスキリングで大事なこと […]

  • 組織
  • キャリア開発
2024.04.12
松野天音
ザ・プラントCHRO「社内でフラフラしています!」グローバル人材が活躍する組織作りのファーストステップ

ザ・プラントCHRO「社内でフラフラしています!」グローバル人材が活躍する組織作りのファーストステップ

社員の多くが外国籍社員で構成されているザ・プラント株式会社。2030年までに「日本一幸福な働く場所にする」という人事目標を掲げ、バックグラウンドの異なる方々が活躍できる職場環境を作るために、これまでに数多くの人事施策を推 […]

  • 組織
  • ダイバーシティ&インクルージョン
2024.04.10
金井一真

人事注目のタグ