【2020年8月リリース】13のHR Techサービス・プロダクトまとめ

9月になり、夏休みが明けて出勤している読者の皆さんも多いでしょう。

直近では、安倍元首相が体調不良による辞任により、官房長官であった菅 義偉氏が新首相になるという大きなニュースもありました。

菅首相はデジタル庁の創設を構想していることもあり、よりデジタル化の波が加速しそうです。

本記事では、2020年8月にリリースされた13のHR Techサービス・プロダクトをご紹介します。

HR NOTE編集部による独自のリサーチとなります。この他に、2020年8月にリリースされたHR関連のサービス・プロダクトがございましたら、こちらまでご連絡いただけますと随時追加してまいります。

【HR NOTE編集部 問い合わせ窓口】
info_hrnote@neo-career.co.jp

1. 採用支援に関するサービス・プロダクト

01
Hajimari エグゼクティブエージェント
「地方」の優良企業と「幹部」人材に特化したエージェントサービス

サービスの特徴
  • 創業時より「フリーランス」「経営者」「新卒学生」「若手エース人材」向けのキャリア支援サービスを提供してきたHajimari社が提供する、新しいエグゼクティブエージェントサービス
  • 地方での就業は収入面がネックになることが多いが、Hajimariエグゼクティブエージェントでは平均募集年収が1000万円超
  • 地方優良企業に、都市部で経験を積んだ優秀な人材を紹介し、日本経済の発展を目指す
サービス名:Hajimari エグゼクティブエージェント
提供会社:株式会社Hajimari

02
Career Meet(キャリアミート)
単発で日にち限定のスカウトし、候補者のスキルベースでスカウト

サービスの特徴
  • 労働契約・給料計算・支払い業務までのワンストップ管理をスマホアプリ1つで完結することが可能
  • 即日採用ができるスピード感がありながら、スキル・キャリアの見極めもできる
  • 大学生・フリーター・資格者・子育て世代・副業者など様々なユーザーが登録しているので応募に合った即戦力採用が可能
サービス名:Career Meet(キャリアミート)
提供会社:株式会社Career Meet

03
TalentClip
採用ページ作成からプロセス管理までワンストップで管理できる採用管理システム

サービスの特徴
  • 誰でも採用ページ制作ができるよう、豊富なテンプレートを用意
  • 応募データの管理、面接日程の調整、求職者とのやり取りまで一括管理が可能
  • 求人メディア「Workin.jp(ワーキン)」との自動連携
サービス名:TalentClip
提供会社:株式会社廣済堂

04
Direct type
企業が直接求職者にアプローチを行うための転職アプリ

サービスの特徴
  • 候補者の行動履歴をもとに、毎日求人をピックアップして提供
  • 相性診断機能を設けて、マッチ度の高い求人がレコメンド
  • わずらわしい登録作業を省き、シンプルデザインで直感的な操作感
サービス名:Direct type
提供会社:株式会社キャリアデザインセンター

05
corner works(β版)
プロ人事と出会えるオンラインマッチングサービス

サービスの特徴
  • 人事・採用経験のあるフリーランスや副業人材とダイレクトにかつ、オンライン上でコンタクトをとることが可能
  • 2,000名を超える副業希望者・フリーランサーが登録しており、紹介料は無料
  • 人材会社のマネージャークラスやキャリアアドバイザーなど多様な人事と出会うことが可能
サービス名:corner works(β版)
提供会社:株式会社コーナー

06
HeaRing
未経験職への転職支援サービス

サービスの特徴
  • 希望職種に関する「知識」を身につけるプログラムを用意
  • Twitterを積極的に活用し、知識・発信力・影響力の向上を目指す
  • 未経験のキャリアチェンジに関するコンテンツ・情報を多数展開予定
サービス名:HeaRing
提供会社:HeaR株式会社

07
Start Support
新入社員の離職防止、即戦力化を実現し、職場課題を可視化するオンボーディングサービス

サービスの特徴
  • サポーターによるオンライン1on1を通じて、職場環境の課題や悩みをいち早く察知してフィードバック
  • 弊社独自のアンケートを通じて、新しい職場での定着度合いを可視化し、改善点を洗い出す
  • 定期オンライン1on1やアンケートをもとに離職防止やエンゲージメント向上にむけてレポーティング
サービス名:Start Support
提供会社:株式会社エージェント

2. 組織開発に関するサービス・プロダクト

08
We. for Remote Work
リモートワーク特有の課題解決のために開発された生産性向上ツール

サービスの特徴
  • Slack解析で、組織のチャットコミュニケーションの状況を見える化
  • 解析結果を元に、チーム全体のコミュニケーション改善アクションを提案
  • 「心理的安全性が低い社員」を可視化して1on1ミーティングをサジェストをする機能を搭載
サービス名:We. for Remote Work
提供会社:Laboratik Inc.

09
CLUTCH(クラッチ)
学生ビジネス教育プラットフォーム

サービスの特徴
  • 関西・関東の学生を対象にオンラインの講義を実施し、独自の教育プログラムを受けた学生を企業に輩出
  • インプットラーニング、アウトプットラーニング、コーチングによるキャリアデザインの3講義を通して学生を育成
  • CLUTCHで育成した学生は、セールス即戦力として企業に提供予定
サービス名:CLUTCH(クラッチ)
提供会社:株式会社アスナロ

10
LearningSpace
企業内の自律的で自発的な学びを支援する定額制学び放題

サービスの特徴
  • 約250コースのネットラーニング制作オリジナルeラーニングコースより各社自由に選択可能
  • 定額制学び放題プランのためコストを気にせず使いやすい
  • 1つのクラウドベースのオンライン研修プラットフォームですべて実施可能
サービス名:LearningSpace
提供会社:株式会社ネットラーニング

3. 労務管理に関するサービス・プロダクト

11
BC Submit(ビーシーサブミット)
派遣先企業と派遣会社のやり取りに特化したビジネスチャットツール

サービスの特徴
  • 人材派遣の依頼や派遣契約の更新に関するやり取りをすべてチャットでまとめて負担を軽減
  • Web会議やWebでの職場見学にも対応
  • ボタン回答や一括送信機能、進捗管理機能でタスク管理がスムーズに
サービス名:BC Submit(ビーシーサブミット)
提供会社:パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

12
HRzine
デジタル活用を中心に据えた人事向け専門メディア

サービスの特徴
  • IT人材の採用・育成・活用・評価を支援するメディア「IT人材ラボ」の後継メディア
  • HRTech・人事システム、育成、労務・健康経営まで、人事が必要とする情報を網羅
  • 採用や育成、評価などの人事・人材担当者の本音や実態を知ることのできる調査レポートを掲載
サービス名:HRzine
提供会社:株式会社翔泳社

13
最適給与クラウド
新規採用や残業削減など給与に関するコストをシミュレート

サービスの特徴
  • 現状分析・給与体系の変更し、自社にマッチした「働き方改革」を実現
  • 業務の合理化ではなく、何人採用するのがベストなのかをシミュレート
  • 行政の統計資料を利用して自社の賃金構造を比較して自社の課題を明確化
サービス名:最適給与クラウド
提供会社:株式会社Celles

4. まとめ

2020年8月のHR Techサービス・プロダクトは、採用に関するものが7個、組織に関するものが3個、労務に関するものが3個となりました。

オンラインで採用活動ができるツールの登場が多く見られるため、コロナの影響を受けて、採用手法も変化しています。

次回は、2020年9月リリースのHR Techサービス・プロダクトをご紹介いたします。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!