雇用保険料の意味や会社負担割合について詳しく解説 |HR NOTE

雇用保険料の意味や会社負担割合について詳しく解説 |HR NOTE

雇用保険料の意味や会社負担割合について詳しく解説

手の上にのる人影 男性

雇用保険とはどのようなものか知っていますか。会社で働いていると耳にしたことはあるのではないでしょうか。加入する意思に関わらず、会社で働いている以上は雇用保険に加入しなくてはいけません。なぜ、このような保険が運用されているのでしょうか。

本記事では雇用保険について解説しております。雇用保険料がどのような負担割合になっているかについても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

保険料計算の手間とミスから解放されたい方へ

給与計算業務でミスが起きやすい社会保険料。
保険料率の見直しが毎年あるため、更新をし損ねてしまうと支払いの過不足が生じ、従業員の信頼を損なうことにもつながります。

当サイトでは、社会保険4種類の概要や計算方法から、ミス低減と効率化が期待できる方法までを解説した資料を、無料で配布しております。

「保険料率変更の対応を自動化したい」
「保険料の計算が合っているか不安」
「給与計算をミスする不安から解放されたい」
という担当の方は、「社会保険料の給与計算マニュアル」をご覧ください。

社会保険料ebok

\【人事担当者様必見!】豪華ゲスト多数登壇、大規模HRイベント /
大好評につき、今だけ見逃し配信受付中!

社員のワークライフバランスについて考え考え、より働きやすい環境を整備することが求められる時代になりました。そのような背景もあり、身体的・精神的・社会的に良好な状態にあることを意味する「ウェルビーイング」が重視されるようになっています。

本セッションでは、「ウェルビーイング」実現の課題と、それらを解決するための人事施策をご紹介します。

  • 社員のウェルビーイング実現に取り組んでいきたいとお考えの方
  • 今のところ、実施は考えていないが、最近よく聞く「ウェルビーイング」について理解を深めたい方

どちらの方にもお役立ちできる内容となっておりますので、是非お申込みください!

1. 雇用保険・雇用保険料とは?

考える 男性

雇用保険とは労働者を守るための保険のことであり、雇用保険料は雇用保険を適用するために支払わなければならないお金のことです。

労働者を守るとは具体的にどのような内容になっているのでしょうか。まず、雇用保険における労働者とは、会社の従業員として働いている人を対象にしています。そのため、会社の社長や個人事業主が雇用保険に入ることはできません。

逆に加入条件を満たしていれば、本人の意思に関わらず雇用保険に入らなくてはいけないので注意してください。加入条件には以下の2つがあります。

  • 31日以上引き続き雇用されることが見込まれる者であること
  • 1週間の所定労働時間が20時間以上であること

これらを満たしていれば必ず雇用保険料を支払って、雇用保険に入らなくてはいけません。そんな雇用保険の内容について紹介いたします。

1-1. 失業給付

会社を退職すると収入がなくなってしまいます。スムーズに別の会社に就職できればいいですが、うまくいかないケースもあります。その際の生活を安定させるために失業給付を行っているのです。

失業給付は失業すればもらえるものではなく、ハローワークに登録して再就職の意思を見せなくてはいけません。再就職するつもりがないのに失業保険を受け取ることはできないので注意してください。

1-2. 育児休業・介護休業

育児や介護が発生すると、満足に働くことができなくなってしまいます。その際に収入がなくなってしまうと、育児や介護にも影響がでてしまいます。それを防ぐために育児休業や介護休業を取得した際に、賃金が支払われるようになっているのです。

会社に勤めていると当たり前のように感じるかもしれませんが、この制度が成立しているのは雇用保険があるからこそなのです。

1-3. 教育訓練

就職するためには教育訓練を受けなくてはいけない人もいます。その際に受講料が発生するのですが、雇用保険に加入していればその一部が補助されるという制度があります。

このように雇用保険は労働者に万が一のことがあったときに助けてくれる保険となっています。

2. 業種ごとの雇用保険料

社会保険料 お金と建物

雇用保険料は業種によって異なります。なぜ、業種によって異なるのかというと、失業する可能性が違うからです。具体的には、一般の事業、農林水産・清酒製造の事業、建設の事業の3つで雇用保険料は分けられています。

建設の事業が最も保険料が高く、一般の事業が最も保険料が低いです。このように設定されている理由は、建設の事業が現場ごとに雇用契約を結ぶケースがあるからです。現場ごとに雇用契約を結ぶということは、工事を行っていない間は失業するということになります。つまり、他の業種と比べて失業率が高く、失業手当を受け取る可能性が高いのでその財源を確保するために雇用保険料が高く設定されているのです。

また、農林水産・清酒製造の事業に関しては、季節によって収入が大きく変化します。季節によっては収入が全くないという事態にもなりかねません。そのため、建設業と比べると安いですが、一般の事業と比べて雇用保険料が高くなっています。

また、他にも雇用保険料が異なる理由があります。それが助成金です。建築業は支給される助成金の種類が非常に多いのですが、その助成金の財源は雇用保険料となっています。つまり、より多くの助成金を受け取ることができる建築業の雇用保険料が高いので、ある意味で必然といえるのです。

最も助成金を多く受け取っている建築業の雇用保険料が他と同じだと、公平性が保たれなくなってしまいます。業種による差を生まないためには、雇用保険料を調整することが欠かせないのです。

3. 雇用保険料の会社負担割合

社会保険 人と歯車

最後に雇用保険料の計算方法について紹介します。雇用保険料は労働者が支払うものと思いがちですが、実は労働者だけではなく会社も雇用保険料を支払っています。どのような負担割合になっているのかをここでは解説いたします。

3-1. 賃金を基準にして考える

まず雇用保険料は賃金が基準となって決定されます。例えば賃金が20万円だとしましょう。その場合の労働者が負担する雇用保険料は、20万円に労働者負担保険率を掛け合わせて算出されます。式にすると次のようになります。

  • 労働者負担雇用保険料 = 賃金 × 労働者負担保険料率 

また、会社側が負担する保険料は次の式で算出されます。

  • 事業主負担雇用保険料 = 賃金 × 事業主負担保険料率

この2つの雇用保険料を合計したものが、国に支払っている雇用保険料ということになります。

3-2. 負担保険料率は見直されることがある

先ほど、業種によって保険料が違うと説明しました。それをより詳しく説明すると、労働者負担保険料率や事業主負担保険料率が高く設定されているということになります。例えば一般の事業の負担保険料率は、労働者負担が3/1000、事業主負担が6/1000となっています。

それに対して建築業の負担保険料率は、労働者負担が4/1000、事業主負担が8/1000となっており、どちらも高めに設定されています。それぞれの業種で給料が20万円だったとすると、一般の事業の労働者負担雇用保険料は600円、建築業は800円となり、雇用保険料は建築業の方が高くなるのです。

この負担保険料率ですが、見直しが定期的に行われています。雇用保険はあくまでも労働者を守るために存在しています。農林水産・清酒製造の事業や建設の事業の他にも、時期によって収入が大きく少なくなったり、失業する可能性が高い業種が存在するのであれば、そういった業種で働いている人たちを守るために雇用保険料が見直されることはあるでしょう。

現在は先ほど紹介した負担保険料率を算出されていますが、ずっとこのままという訳ではないので注意してください。

このように会社負担の保険料をはじめとする社会保険料は、改定される場合があるため、人事労務担当の方は随時確認し計算業務に反映することが求められます。 とはいえ、「社会保険料率を都度確認する手間が煩わしい」「保険料率の見直しのたびに給与計算ソフトへの反映がおこなわれているか不安」などと感じられる方も多いでしょう。

そのような方に向けて、当サイトでは社会保険料の概要や全計算方法のおさらい、保険料率変更に応じた効率的な管理方法をわかりやすく解説した資料を配布しています。 社会保険料率の手続き業務を、法律に沿って効率化されたい方は、こちらからダウンロードしてご活用ください。

4. システム導入で雇用保険料算出をスムーズに

システムの導入 操作

従業員は条件を満たしている限り、雇用保険に加入する必要があります。しかし、従業員が多くなればなるほど、それぞれの従業員の雇用保険料を計算するのに時間がかかってしまいます。賃金が変化するたびに雇用保険料を算出し直すというのは非常に手間がかかります。

そこでおすすめなのがシステムの導入です。雇用保険料を自動で計算できるので業務効率が向上するのはもちろん、ヒューマンエラーによる計算ミスなどもなくなります。雇用保険料の算出以外にも色んな業務があるでしょう。雇用保険だけに時間をかけてはいられません。少しでも業務効率を高めるために、アナログな方法で雇用保険料を算出している方は、システムの導入を検討してみてください。

保険料計算の手間とミスから解放されたい方へ

給与計算業務でミスが起きやすい社会保険料。
保険料率の見直しが毎年あるため、更新をし損ねてしまうと支払いの過不足が生じ、従業員の信頼を損なうことにもつながります。

当サイトでは、社会保険4種類の概要や計算方法から、ミス低減と効率化が期待できる方法までを解説した資料を、無料で配布しております。

「保険料率変更の対応を自動化したい」
「保険料の計算が合っているか不安」
「給与計算をミスする不安から解放されたい」
という担当の方は、「社会保険料の給与計算マニュアル」をご覧ください。

社会保険料ebok

手の上にのる人影 男性

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

関連記事

法定調書の提出期限はいつまで?出し忘れたときの対応も紹介

法定調書の提出期限はいつまで?出し忘れたときの対応も紹介

2022.11.01
HR NOTE編集部
法定調書合計表とは?提出先や電子申告について徹底解説

法定調書合計表とは?提出先や電子申告について徹底解説

2022.11.01
HR NOTE編集部
法定調書の書き方を6つの種類ごとに詳しく解説

法定調書の書き方を6つの種類ごとに詳しく解説

2022.11.01
HR NOTE編集部
配偶者控除等申告書の作成方法や注意点をわかりやすく解説

配偶者控除等申告書の作成方法や注意点をわかりやすく解説

2022.11.01
HR NOTE編集部
給与支払報告書を電子申請するには?手順を詳しく解説

給与支払報告書を電子申請するには?手順を詳しく解説

2022.11.01
HR NOTE編集部
扶養控除等(異動)申告書とは?書き方を項目別に紹介

扶養控除等(異動)申告書とは?書き方を項目別に紹介

2022.11.01
HR NOTE編集部
給与支払報告書と源泉徴収票はどう違う?4つの違いを紹介

給与支払報告書と源泉徴収票はどう違う?4つの違いを紹介

2022.11.01
HR NOTE編集部
退職者の給与支払報告書は提出すべき?必要性や作成方法を紹介

退職者の給与支払報告書は提出すべき?必要性や作成方法を紹介

2022.11.01
HR NOTE編集部
給与支払報告書の書き方や訂正方法をわかりやすく解説

給与支払報告書の書き方や訂正方法をわかりやすく解説

2022.11.01
HR NOTE編集部