Skype面接の悩みを解決|繋がらない原因をご紹介【人事必見】

近年、Web上でおこなう「オンライン面接」に注目が集まっています。

さまざまなオンライン面接をおこなうツールがある中で、無料で利用することのできるSkypeを活用している企業も多いのではないでしょうか。

今回は、Skypeを活用した面接で人事担当者が抱える悩みや、その解決方法についてご紹介します。

1. 「Skype面接」の悩み

Skype面接で、悩みを抱えている方も多くいるのではないでしょうか。

まずは、Skypeを活用したオンライン面接でよくある悩みについてご紹介します。

悩み①『Skypeが繋がらない・・・』

Skypeの繋がりにくさに嫌気が差し、「Skype 繋がらない 原因」とGoogleで検索した経験がある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

Skypeが繋がりにくい原因の一つが「データ通信量」です。Skypeはデータ通信量が大きいため、求職者側の通信状況によって繋がりにくくなってしまいます。

Skypeと似たコミュニケーションサービスとしてオンライン面接ツールがありますが、オンライン面接ツールは、面接以外にも大人数の会議を想定して設計されているので、データ通信量がSkypeの1/10です。

悩み②『求職者から「Skypeの使い方がわからない」といわれる・・・』

ビジネスの場で使われることの多いSkypeですが、求職者(学生)の中には一度も使ったことがない人もいることでしょう。

Skypeで面接をおこなうためには、「Skypeをダウンロードし、アカウントを作成し、最後に企業アカウントに申請をおこなう」といった手順を踏む必要がありますが、はじめてSkypeを利用する求職者の中には、この作業に戸惑ってしまう人も多いことが考えられます。

また、「面接時にPCのマイクが上手く機能せず、面接を開始するまでに10分以上掛かってしまった」というように操作方法がわからずに無駄な手間や時間が掛かってしまうケースもあるかもしれません。

悩み③『面接に緊張感が生まれない・・・』

先述したようにSkypeは繋がりにくいことも多いため、面接を始める前に「声は聞こえていますか?」「顔は見えますか?」といった確認をする必要があります。

しかし、この確認作業があることで求職者の緊張感がなくなり、素の求職者の反応を見たり、面接官の言葉に重みを持たせたりすることができなくなってしまう可能性があります。

通常の面接では、求職者を面接室に案内した後、少し経ってから面接官が入室することで「もうすぐ面接官がくる」と緊張感を与えることができます。

これはSkypeに限らず、オンライン面接ツール全体に言えることですが、面接官ではない人が確認作業をするなどの工夫が必要となるかもしれません。

2. 「オンライン面接ツール」を活用して悩みを解決!

以上のような悩みや課題を解決するために、最近ではskypeよりも接続の安定性が高く、求職者が簡単に利用することのできるオンライン面接ツールに注目が集まっています。

2-1. 「オンライン面接ツール」がSkypeより優れている点は?

オンライン面接ツールがSkypeよりも優れている点として、以下3点が挙げられます。

  • Skypeより繋がりやすい
    オンライン面接ツールは、データ通信量をSkypeの1/10に抑えているので、Skypeみたいな繋がりにくさはありません。求職者側の通信状況にも左右されにくいです。
  • アカウント登録などの面倒な作業が必要ない
    オンライン面接ツールは、Skypeのようにアカウント登録は必要ありません。企業が送ったURLに4桁の番号を入力するだけで簡単に面接をおこなうことができるツールもあります。
  • 大人数に対応しているので、研修にも利用できる
    遠隔の内定者もオンライン面接ツールで繋いで、本社でおこなわれている研修を受けることができます。また、面談などによって、定期的にコミュニケーションを取ることで、内定辞退防止にも繋がります。

2-2. わざわざ有料のオンライン面接ツールを利用するメリットはあるのか?

「経費削減のため、無料のSkypeを使ってほしい・・・」と考える経営者と、「有料でもいいから、接続安定性の高いツールを使いたい!」と考える人事で意見が分かれるところでしょう。各々の立場があるため、意見が交わらないケースもあるかもしれません。

オンライン面接ツールは、採用以外にも活用することができます。本社と支社の距離がある場合、電話でコミュニケーションを取っているのではないでしょうか。そのような社内会議も、オンライン面接ツールを活用すると、お互いの顔を見ながらコミュニケーションを取ることができます。

このように、オンライン面接ツールは面接以外の活用方法もあるので、その部分も含めて考えてみてはいかがでしょうか。

3. オンライン面接ツール『Calling』をご紹介

Callingは、Skypeより簡単に求職者と面接することができるオンライン面接ツールです。

◆Callingが提供する3つの『簡単』

  • 求職者にとって、面接を受けることが簡単
    東京や大阪に来なくても面接をおこなうことができます。Callingは、手持ちのスマホから使えます。
  • アカウント発行が簡単
    URLをワンクリックするだけで、誰とでも繋がることができます。そのため、アカウント発行が必要ありません。
  • 操作が簡単
    システムに不慣れな方でも直感的に操作できます。はじめてオンライン面接をおこなう求職者も操作に迷うことがありません。
Callingのメリット
  • Calling上で画面共有できるので、一緒にESを確認しながら質問できる
  • オンライン面接中にCalling上にメモを保存できるので、面接中に求職者の面接記録を残すことができる
  • 面接だけではなく、面談や研修にも使えるので、内定者フォローにも繋がる

\「1分で解説!Calling活用法【Web面接編】」資料を無料ダウンロード/

Callingの詳細はこちら:https://www.calling.fun/meeting/interview01/

4. まとめ

Skype面接で、「Skypeが繋がらない」「求職者が操作に戸惑う」「面接に緊張感が生まれない」といった悩みを抱えている人事の方がいれば、オンライン面接ツールで解決することを検討してみてください。

オンライン面接ツールは、Skypeより繋がりやすく、URLをワンクリックするだけで面接をおこなうことができます。一度試してみてはいかがでしょうか。

オンライン面接で、歩留まりを改善!

オンライン面接ツールは、
母集団の拡大から、内定者フォローまで役立ちます。

これから母集団の拡大や内定者フォローを強化していくのであれば、
オンライン面接ツールを活用するとよいでしょう。

数あるオンライン面接ツールの中でも、
サポートが充実している「Calling」の導入をおすすめします。

Callingの特徴としては、
  • 就活生はURLとパスワードを入力するだけで視聴が可能です
  • Web説明会、面接、オンライン研修などにも活用でき、採用を一貫してサポートします
  • クラウドサービスであるため、導入後にソフトをインストールするような面倒な作業がありません
Callingの詳細はこちら

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!