タレントマネジメントの項目完全ガイド!人事戦略を強化するための活用方法 |HR NOTE

タレントマネジメントの項目完全ガイド!人事戦略を強化するための活用方法 |HR NOTE

タレントマネジメントの項目完全ガイド!人事戦略を強化するための活用方法

  • 組織
  • タレントマネジメント

タレントマネジメントの項目を網羅的に理解し、人事担当者が企業成長に貢献するための管理と活用方法を解説。効果的な人材情報の一元化とシステム選定のポイントをご紹介します。

1.タレントマネジメントの基本理解

タレントマネジメントとは、従業員のスキルや能力を最大限に活かし、企業の成長につなげるための戦略を指します。ここでは、タレントマネジメントに関する基礎知識を身に着けるために、タレントマネジメントの目的や重要性について詳しく紹介します。

1-1.タレントマネジメントの目的と重要性とは

近年では少子高齢化による労働人口の減少により、人材確保に課題を抱えている企業も少なくないでしょう。

また、IT技術の発展に伴い、ビジネス市場の移り変わりは激しく、環境にあわせて人材も変化する必要があります。さらに、ダイバーシティ&インクルージョンの推進により、多様化した人材をどのように活用するかも注目されています。
このような背景もあり、企業におけるタレントマネジメントの重要性が高まっています。タレントマネジメントの目的は、個々の従業員のスキルや能力を発揮するための人事戦略を実行し、組織のパフォーマンスを向上させることです。効果的なタレントマネジメントは、従業員の満足度とエンゲージメントを高め、結果として企業の競争力を強化します。

関連記事:タレントマネジメントとは?導入事例やメリット、効果的な運用方法を紹介!

1-2.企業成長への貢献

タレントマネジメントは、企業成長に直接的に貢献します。適切な人材配置と育成により、従業員は自身のスキルを最大限に活かすことができるようになります。結果として、組織全体の生産性向上につながります。

また、従業員のキャリアパスをサポートすることで、長期的な従業員のロイヤルティとモチベーションを確保し、組織の知識とスキルの基盤を強化することが可能です。これにより、企業は市場での競争優位を獲得し、持続可能な成長を達成することができます。

2.タレントマネジメントの必須項目

タレントマネジメントを成功させるためには、必須となる項目の理解と適切な管理が不可欠です。ここでは、その核となる項目を詳しく見ていきましょう。

2-1.基本情報の収集

タレントマネジメントにおいて最初に行うべきは、従業員の基本情報の収集です。これには氏名や年齢、性別、職歴、教育背景、所属部署、役職などが含まれます。
これらの情報は社員を検索したり、データ結合させたりする際に不可欠です。また、従業員の能力とポテンシャルを理解する基盤となり、適切な人材配置や育成計画の策定にも役立ちます。基本情報は変化することも多いので、アップデートしやすい環境を整備しておくことが大切です。

2-2.能力・スキル情報の管理

タレントマネジメントでは、従業員の能力やスキルに関する情報も管理します。これには専門技術・資格だけでなく言語能力やリーダーシップ能力などのヒューマンスキルも含まれます。
これらの情報を適切に管理することで、従業員の強みを活かし、弱点を補強することができます。

また、能力とスキルの評価は、従業員の育成計画や昇進、報酬の決定にも影響を与えます。社内における従業員の能力・スキルを正しく評価するためには、部署やチームにあわせて能力評価基準表を作成し、一目で把握できるようにランク付けすることが大切です。

2-3.キャリア情報の活用

従業員のキャリア情報の活用もタレントマネジメントにおいて重要です。これには学歴や職務経験、達成したプロジェクト、受賞歴などが含まれます。
キャリア情報を活用することで、従業員の経験と能力を適切に評価し、将来のキャリアパスを計画することができます。また、従業員の目指すキャリアと、企業が従業員に求めるキャリアを一致させれば、従業員のモチベーション向上につなげることが可能です。

2-4.勤務態度・勤怠情報の分析

従業員の勤務態度や勤怠情報の分析も、タレントマネジメントにおいて重要です。これには出勤状況や残業時間、有給休暇取得日数、チーム内での協力性などが含まれます。
これらの情報を分析することで、従業員の働き方を理解し、必要に応じて支援や改善策を講じることができます。また、労働時間と成果を結びつけることで、従業員の生産性を測定することが可能です。

2-5.価値観・志向性の把握

タレントマネジメントでは、従業員の価値観や志向性の把握も重要です。これには仕事に対する姿勢や個人的な興味・関心などが含まれます。
従業員のマインドや考え方をきちんと把握していないと、会社に対する不満から離職につながる恐れがあります。価値観・志向性の情報を管理することで、従業員に合った育成計画やモチベーション向上策を適切に設計することができます。

3.タレントマネジメントの効果的な活用法

タレントマネジメントを効果的に活用するためには、戦略的なアプローチが必要です。ここでは、その具体的な方法について詳しく紹介します。

3-1.人材情報を一元管理する

人材情報が散らばっていると、最新の正しいデータを把握できず、間違った情報を基に人材配置・人材育成を行ってしまう恐れがあります。

そのため、タレントマネジメントを効果的に実現するためには、人材情報を一元管理することが重要です。
一つの場所に人材データが集約されることで、従業員の情報を迅速かつ正確に把握し、適切な人材配置や育成計画を策定することができます。また、一元化されたデータベースは、人事評価やキャリア開発の意思決定においても重要な役割を果たします。

3-2.スキルマップの作成

タレントマネジメントを実現するために、スキルマップの作成は有効な手段の一つです。スキルマップとは、従業員一人ひとりのスキルや能力を客観的な基準によって数値化・可視化した評価を指します。
スキルマップを作成することで、従業員の能力やスキルを視覚的に把握し、最適な人材配置・人材育成を行うことが可能です。また、スキルマップは従業員自身の自己評価やキャリア開発にも役立ちます。

3-3.人事評価の最適化

タレントマネジメントにおける人事評価の最適化は、従業員のモチベーションとパフォーマンス向上に直結します。人事評価システムを活用することで、従業員の成果と貢献を公平かつ客観的に評価することが可能です。

これにより、従業員は自身の成長を実感し、より高いパフォーマンスを目指すことができます。

3-4.目標管理の実施

目標管理の実施は、タレントマネジメントの重要な側面です。明確な目標設定と適切なフィードバックにより、従業員は自身の業務に対する方向性と目的を明確にし、モチベーションを高めることができます。
また、企業と従業員の目標を結びつけることで、従業員の目標達成は企業の目標達成にもつながり、業績アップが期待できます。タレントマネジメントシステムを利用すれば、個人単位だけでなく、部署単位・組織単位でも目標管理を行うことが可能です。

4.タレントマネジメントシステムの選定と活用

タレントマネジメントを効果的に実現するには、タレントマネジメントシステムを活用するのがおすすめです。

しかし、タレントマネジメントシステムにはさまざまな種類があります。

ここでは、タレントマネジメントシステムの選定と活用の方法について詳しく紹介します。

4-1.タレントマネジメントシステムの比較ポイント

タレントマネジメントシステムを選定する際には、下記の項目を考慮して、複数のシステムを比較・検討することが大切です。

比較項目

ポイント

料金

自社の規模・業種にあっているか

提供形態

クラウド型とオンプレミス型のどちらがよいか

機能

目的にあった機能が搭載されているか

拡張性

後からでも機能をカスタマイズできるか

操作性

従業員のITリテラシーにあっているか

サポート体制

導入時と運用時のサポートが十分か

セキュリティ

自社の期待するセキュリティ強度を実現できるか

外部連携

既存システム(労務管理システムや採用管理システムなど)と連携できるか

無料トライアルの有無

使用感を確かめたい場合は必要

また、タレントマネジメントシステムを使って、自社のニーズにあわせて管理したい項目を自由に設定できるかも重要なポイントです。

このように、あらゆる観点からシステムを比較・検討することで、最適なタレントマネジメントシステムを選定することができます。

関連記事:タレントマネジメントシステムの特徴・料金を徹底比較!2023年完全版

4-2.システム導入のメリット

タレントマネジメントシステムの導入には多くのメリットがあります。タレントマネジメントシステムを利用すれば、基本情報や能力情報、キャリア情報などの必要項目を一元管理して、スピーディーにデータ活用することができます。

また、人事評価や目標管理、データ分析といった便利な機能も数多く搭載されているので、効果的なタレントマネジメントを実現することが可能です。

5. 適切な項目設定でタレントマネジメントの効果を最大化しよう

タレントマネジメントの効果を最大化するためには、適切な項目設定が不可欠です。従業員の基本情報、能力・スキル、キャリア、行動・勤怠、価値観・志向性などの情報を適切に収集・管理することで、効果的な人材配置や育成計画を策定することができます。

また、タレントマネジメントシステムを導入することで、人材情報の一元管理やデータ活用が可能になります。これにより、従業員のモチベーションとパフォーマンスを向上させ、組織全体の成長につなげることができます。

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

リスキリングの第3段階〜経験を言語化し、仕事に紐づける〜|仕事旅行社 田中 翼

リスキリングの第3段階〜経験を言語化し、仕事に紐づける〜|仕事旅行社 田中 翼

HR NOTE読者のみなさん、こんにちは。仕事旅行社 代表取締役の田中です。 前回は、リスキリングの第2段階として、「自分探しと拡散のフェーズ」の重要性についてお話ししました。多様な価値観に触れることで視野を広げ、自分軸 […]

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.06.13
根本 慎吾
テレワークでのコミュニケーション活性化に!オンライン懇親会おすすめ10企画

テレワークでのコミュニケーション活性化に!オンライン懇親会おすすめ10企画

テレワークを実施していると、社員同士のコミュニケーションが少なくなりがちです。テレワークでも社員同士がコミュニケーションをとりやすくするための施策として、オンラインでの懇親会を開催する企業もあります。この記事では、オンライン懇親会で盛り上がる企画とその方法について紹介します。

  • 組織
  • エンゲージメント
2024.06.12
HR NOTE 編集部
「明治維新のような感覚だった」CARTA HD経営統合から5年、イチから再構築した人事制度のウラ側

「明治維新のような感覚だった」CARTA HD経営統合から5年、イチから再構築した人事制度のウラ側

2019年にアドテクノロジーやメディア事業等を運営するVOYAGE GROUPと、電通100%子会社でデジタルマーケティング支援を手掛けるサイバー・コミュニケーションズが経営統合し、CARTA HOLDINGSが誕生。 […]

  • 組織
  • 人事評価
2024.06.11
根本 慎吾
在宅勤務でも交通費支給は必要?経費削減をする方法について解説

在宅勤務でも交通費支給は必要?経費削減をする方法について解説

在宅勤務を導入する企業が増えてきましたが、導入する際は交通費の扱いを決める必要があります。在宅勤務でも交通費が発生する可能性はありますが、従来の支給を続けるか実費支給にするかを決めなければなりません。就業規則の変更や社会保険料の変更など法的な問題もあるので、慎重に交通費の支給方法を考慮しましょう。

  • 組織
2024.06.07
HR NOTE 編集部
在宅勤務を就業規則でどう定めるべき?具体例を紹介

在宅勤務を就業規則でどう定めるべき?具体例を紹介

在宅勤務を導入する場合、必要に応じて就業規則の変更をしなければなりません。どのようなケースで就業規則の変更が必要なのか確認しましょう。本記事では、在宅勤務に関する就業規則の内容や具体例、在宅勤務を導入するにあたって就業規則に記載すべき項目と記載例を解説します。

  • 組織
2024.06.07
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ