ダイレクトリクルーティングを徹底解説!メリットや導入のポイントをご紹介 |人事部から企業成長を応援するメディアHR NOTE

ダイレクトリクルーティングを徹底解説!メリットや導入のポイントをご紹介 |人事部から企業成長を応援するメディアHR NOTE

ダイレクトリクルーティングを徹底解説!メリットや導入のポイントをご紹介

  • 採用
  • 採用・その他

※本記事で紹介しているサービスの一部は、サービス提供企業様の広告として掲載しております。

「企業認知にコストをかけられず、母集団形成が難しい…」

このような課題を感じている中小企業の人事担当者の方は多いのではないでしょうか。というのも、採用において中小企業は大企業に比べて、応募数を獲得するだけでもコストがかかります。

そこで今、コストを抑えた新しい人材獲得手段「ダイレクトリクルーティング」が注目されています。

本記事では、中小企業がダイレクトリクルーティングするメリット・デメリットと、ダイレクトリクルーティングのサービスについて具体的に解説します。

自社での導入を考えている人事担当者の方の参考になりますと幸いです。

1.ダイレクトリクルーティングとは

ダイレクトリクルーティングは、人材を獲得するために、採用担当者が人材に直接アプローチする採用手法です。

アプローチする人材は、ダイレクトリクルーティングサービスのデータベースから探す、もしくはSNS上で探す、などといった方法があげられます。

基本的に、ダイレクトリクルーティングには応募者からのエントリーはありません。

むしろ、企業は転職を検討している人材に対して自社を売り込まなければいけません。そのため、「攻めの採用」「オファー型採用」「ヘッドハンティング採用」と表現されることもあります。

1-1.ダイレクトリクルーティングが注目されている背景

ダイレクトリクルーティングが注目される背景は、「採用コストの高騰」と、「従来の採用手法の見直し」があります。

終身雇用制度がなくなりつつある影響で、今後も人材の流動は活発になると見込まれています。企業はこれまで以上に短いサイクルで人材採用をしなければいけません。

そのため、企業の採用にかける費用は増え続けているのです。

同時に、少子高齢化によって採用市場は売り手市場の雰囲気が続いており、人材紹介・求人広告にかかるコストも増加しています。

しかし、採用コストが限られている企業は、できるだけ採用手段を減らさずにコストを抑えなければいけません。

そこで、従来の採用方法と比較してコストを抑えられる採用手段であるダイレクトリクルーティングが注目されているのです。

また、これまでは求人広告や人材紹介を中心に、採用活動を進める流れが一般的でした。

しかし、こういった「守りの採用」は、売り手市場の今、求めるターゲットにアプローチすることが難しくなっています。

従来の採用手法が見直され、自ら候補者にアプローチしていく「攻めの採用」を模索するようになったことも、ダイレクトリクルーティングがおこなわれるようになった背景にあります。

1-2.ダイレクトリクルーティングと従来の採用方法の違い

ダイレクトリクルーティングが求人サイトや人材紹介といった従来の採用方法と違うポイントは、3つあります。

【従来の採用方法との違い】

  • 採用コスト
  • 採用までのスピード
  • 担当者の業務負担

前述したように、従来の採用方法に比べてダイレクトリクルーティングは金銭的なコストを抑えることが可能です。

しかしその代わりに、担当者の裁量が従来の採用に比べて大きいという特徴があります。

ダイレクトリクルーティングには、担当者が採用にかける工数、行動力、ノウハウが問われるのです。

2.ダイレクトリクルーティングのメリット・デメリット

採用コストを削減できるダイレクトリクルーティングですが、本章ではより具体的なダイレクトリクルーティングのメリットとデメリットを解説します。

2-1.ダイレクトリクルーティングのメリット

ダイレクトリクルーティングの一番のメリットは、採用コストが抑えられる点にあるでしょう。

求人広告は、掲載期間の延長や上位表示によってコストの相場が長期間上がり続け、上限がない状況に陥りかねません。

しかし、ダイレクトリクルーティングはそれらと比較して総コストが安く収まることが多いです。

たとえば、SNS上で転職したい人材を探してダイレクトメッセージを送れば金銭コストは発生しません。また、ダイレクトリクルーティングサービスは成功報酬が多いため、入社するまで費用がかかりません。

そして、ダイレクトリクルーティングは担当者みずから動かなければ採用につながりません。

担当者がダイレクトリクルーティングをしながらPDCAを回していくことで、求職者へのアプローチがブラッシュアップされ、自社の採用力が向上する可能性が高いでしょう。

【ダイレクトリクルーティングのメリット】

 

  • 1人当たりの採用コストを抑えることができる
  • 人材データベースから自社に合った人材を選んでアプローチできる
  • 転職を検討していない人材にも接触できる
  • 自社の採用力が鍛えられる

2-2.ダイレクトリクルーティングのデメリット

ダイレクトリクルーティングの場合、求職者へのアプローチは広告が勝手にやってくれるのではなく採用担当者がしなければなりません。

そのため、担当者の作業量は求人広告よりも必然的に増えます。その分採用ノウハウを蓄積できますが、逆に言えばノウハウをしっかり身につけなければ、ダイレクトリクルーティングをおこなう競合他社に負けてしまう可能性があります。

そして、ダイレクトリクルーティングは自由度が高いのが魅力ですが、裁量も大きいです。

コストはかかりませんが、効果的な自社アプローチを確立できずに成果を出せない会社が存在することも事実です。

ダイレクトリクルーティングを検討している場合は、人材へのアプローチに時間を確保する準備が必要です。

【ダイレクトリクルーティングのデメリット】

  • 採用にかかる時間は増える
  • ノウハウがなければ成果が出ない可能性がある
  • 利用するサービスによっては求人広告と料金が変わらない場合がある

3.ダイレクトリクルーティングサービス導入の際に知っておきたいこと

ダイレクトリクルーティングの基礎知識を知ったところで、今度は実際に導入を検討する際に知っておきたいポイントをご紹介します。

3-1.ダイレクトリクルーティングに向いている会社

ダイレクトリクルーティングは、現在大手企業から老舗の中小企業やベンチャー企業も導入しています。

自社が求める人物像を明確にすることができ、それに沿った選考をおこないたい会社にとって、ダイレクトリクルーティングは適していると言えます。

反対に、経営の方針や採用方針を明確に立てておらず、求める人物像が定まっていない会社がダイレクトリクルーティングを導入すると、候補者を見極めることが困難になり、母集団形成が上手くいかないことが予想されます。

3-2.費用形態

ダイレクトリクルーティングサービスの料金形態は、大きく分けて2種類あります。

先行投資型

人材データベースの利用料を前もって払い、期間中自由にスカウトをおこなうことができるシステムです。

スカウト数に上限があるサービスもありますが、基本的には採用人数に関係なく一定の料金で採用活動ができます。

相場は、年間100万円から400万円程度です。

成果報酬型

入社(場合によっては、応募や内定)が決まったら都度成果報酬を支払うシステムです。

初期費用がかからないため、気軽に利用し始めやすく、採用人数が少ない場合はコストパフォーマンスが高いと言えます。

相場は、採用した人材の理論年収の15%程度です。

3-3.導入のポイント

それでは、実際にダイレクトリクルーティングを導入する際には、どのようなステップを踏めばより効果的な採用活動が実現するのか、導入のステップをご紹介します。

①採用課題を明確にする ②専任の担当を決める ③経営陣を含め、全社に協力してもらう ④母集団を形成する ⑤ノウハウを蓄積する

①採用課題や採用要件を明確にする

まずは自社の採用課題を洗い出し、共有しましょう。

その課題に対してどのようなアプローチが有効か、どのような人材が欲しいのかを考え、ダイレクトリクルーティングが適していると判断した場合、②に進みます。

②専任の担当を決める

先ほどデメリットとしても触れたように、ダイレクトリクルーティングは従来のナビサイトでの採用活動に比べて工数がかかります。

そのため、可能な限り専任の担当者を設けることをおすすめします。

スカウトの送信、候補者とのやり取りや面談・面接の日程調整など、ダイレクトリクルーティングに特化した採用担当をつけることによって、採用までのフローをスピーディーに漏れなくおこなうことができ、候補者にとってもストレスなく就職活動ができることでしょう。

③経営陣を含め、全社に協力してもらう

担当者が決まったら、いよいよ実際に導入に移ります。

ダイレクトリクルーティングによる採用では、集団での面談・面接よりも対個人での面談・面接が適しています。そのため、面談相手や面接官を必然的に増やす必要があります。

このように、これまでよりも多くの社員に協力を仰ぐ必要が生まれる可能性が高いので、全社的にダイレクトリクルーティング導入に対する理解を深めてもらいましょう。

例えば、社員への説明を丁寧に行ったり、採用活動の際にSNS等での拡散をお願いしたりといった方法が挙げられます。

④母集団を形成する

リクルーティングサイトに登録している候補者に対し、やみくもにスカウトを送っても効果は見込めません。

質の高い母集団形成のためには、①で明確化した採用要件に合致するような人材に対しアプローチする必要があります。

しかし、その際設定要件が細かすぎると、そもそも合致する人材が少なすぎてしまうおそれもあります。どうしても譲れない条件をよく考えて候補者を探しましょう。

⑤ノウハウを蓄積する

ダイレクトリクルーティングに限った話ではありませんが、優秀な候補者には複数の企業からオファーが届いている可能性が高いです。その中で、自社に魅力を感じてもらい採用するためには、自社独自の採用ノウハウが必要です。

ダイレクトリクルーティングは適切に活用すれば効果を生み出せるはずですが、すぐに採用が上手くいく魔法のツールではありませんので、PDCAを回してノウハウを蓄積していきましょう。

4.ダイレクトリクルーティングのサービス一覧

本章では、実際にダイレクトリクルーティングをおこなう際に活用できる15のサービスをご紹介します。

4-1.新卒採用向けダイレクトリクルーティング

まずは、新卒採用に特化したサービスをご紹介します。

キャリアチケットスカウト

【サービスの特徴】

  • 条件や資格ではなく価値観でマッチングするため、自社に合う学生にピンポイントで接点を持てる
  • 企業ページの作成、オファー文書の添削、定期お打ち合わせ、レポートの共有など企業ごとのサポートが充実
  • 企業の知名度に左右されない採用活動が可能で、平均オファー承諾率が20%と高いのが特徴
サービス名:キャリアチケットスカウト
運用会社:レバレジーズ株式会社
URL:https://careerticket.jp/partner/lp/200aa/00/00/00/

LabBase就職

【サービスの特徴】

  • 採用市場に出てきにくい優秀な理系学生へのダイレクトリクルーティングをおこなうスカウト型サービス。
  • 企業ページの掲載で知名度アップ。充実した検索機能で自社のペルソナに合った学生とのマッチングが可能に。
  • 徹底した伴走体制でコンサルタントがサポート。
運営会社:株式会社LabBase

ビズリーチ・キャンパス|出会いたい学生に出会える

【サービスの特徴】
  • スカウト機能・イベント開催・社員訪問受付機能など、新卒採用ツールとして必要になる機能を網羅
  • 企業が出会いたい優秀な学生のデータベースに直接アプローチ可能
  • ダイレクトリクルーティングに関する確かな実績で、これまでにKDDIやアサヒビールなどの導入実績

TECH OFFER

【サービスの特徴】

  • 40,000件の大学研究室、独自に構築した1,000,000件の技術キーワードの強力なデータベース
  • ターゲットに向けたオファー文を自動で生成
  • 理工系・計算科学生に特化
サービス名:TECH OFFER
運用会社:株式会社テックオーシャン
URL:https://biz.techoffer.jp/

 

BLITZCAREER

【サービスの特徴】

  • 知名度関係なく優秀な学生とマッチングが可能
  • 業界最多の詳細なプロフィールで「今まさに欲しい」人材に直接アプローチできる
  • 学生と企業の双方の魅力が伝わるプロフィールにより、入社後のミスマッチを軽減
サービス名:BLITZCAREER
運用会社:株式会社BLITZ Marketing
URL:https://blitzcareer.jp/company/

dodaキャンパス

【サービスの特徴】

  • 総登録学生数約67万人を擁する国内最大規模の新卒採用向けダイレクト・リクルーティングサービス
  • 早い時期から活動している優秀な学生に会うことができる
  • 採用が難しい理系学生や、なかなか接点が持ちづらい地方学生などピンポイント採用に活用することができる
サービス名:dodaキャンパス
運用会社:株式会社ベネッセi-キャリア
URL:https://campus.doda.jp/enterprise/business

OfferBox

【サービスの特徴】

  • 就活生の4人に1人が利用
  • オファー開封率が89%と高く、アクティブユーザーが多い
  • 大学生協が推奨している
サービス名:OfferBox
運用会社:株式会社i-plug (アイプラグ)
URL:https://offerbox.jp/company/

キミスカ

【サービスの特徴】

  • 国公立大・MARCHクラスの学生の登録率が高い
  • 学生の他社選考状況がわかるので、アプローチするタイミングをつかみやすい
  • スカウト代行サービスオプションあり
サービス名:キミスカ
運用会社:株式会社 グローアップ
URL:https://kimisuka.com/contents/LP/alp2/

iroots

【サービスの特徴】

  • 主体性のある人材の登録が多い
  • 学生プロフィールの情報量が多く、自社に合っているか見極めやすい
  • 企業の参画に一定の基準があり厳選されている
サービス名:iroots
運用会社:エン・ジャパン株式会社
URL:https://iroots.jp/

JOBRASS新卒

【サービスの特徴】

  • 理系学生の登録率25%以上
  • 関西圏の大学生も利用率が高い
  • 登録学生の4割以上が上位校
サービス名:JOBRASS新卒
運用会社:株式会社アイデム
URL:https://www.saiyo-jobrass.com/

4-2.中途採用向けのダイレクトリクルーティング

次に、中途採用向けのダイレクトリクルーティングサービスを紹介します。

PRO SCOUT(スカウト代行)

【サービスの特徴】

  • SONYやラクスル、パーソルキャリアなど大手・メガベンチャーのスカウト実績豊富
  • ダイレクトリクルーティング専⽤の体制を構築し 「⾼品質」×「低価格」なサービス提供
  • ABテストなど返信率向上のための PDCAを回し、効率的な運⽤を⾏う
  • スカウト代行サービスであり、スカウトを送る工数や効果に課題がある企業におすすめ
サービス名:PRO SCOUT
運用会社:株式会社VOLLECT
URL:https://vollect.net/proscout/

offer Brain

【サービスの特徴】

  • スカウト送信業務をすべて代行。スカウト送信にかかっていた工数を0に!
  • 人材紹介と比べ採用単価の安いスカウト媒体での採用数を増やすことが可能(スカウト1通あたり300円から)
  • 申し込みから最短1週間でスカウト開始が可能
    サービス名:offer Brain
    運用会社:イノープ株式会社
    URL:https://offerbrain.jp/

    doda Recruiters

    【サービスの特徴】

    • 転職サイトdodaと連携しているので登録者が豊富
    • 成功報酬型ではなく定額制
    • 無料で1週間トライアルが受けられる
    サービス名:doda Recruiters
    運用会社:パーソルキャリア株式会社
    URL:https://www.saiyo-doda.jp/service/recruiters

    Green

    【サービスの特徴】

    • IT・Web業界の求人が非常に多い
    • 成功報酬費用は勤務地によって一律で低コスト(30~90万円)
    • 求職者へのアプローチが無制限でできる
    サービス名:Green
    運用会社:株式会社アトラエ
    URL:https://www.green-japan.com/

    BIZREACH(ビズリーチ)

    【サービスの特徴】

    • 登録者は138万人以上で業界トップクラス。幅広い登録者に出会える
    • 独自の審査基準をクリアした優秀な人材が集まっている
    • 最短5営業日!すぐにサービスの利用が開始できる
    サービス名:BIZREACH(ビズリーチ)
    運用会社:株式会社ビズリーチ
    URL:https://www.bizreach.jp/

    ミイダス

    【サービスの特徴】

    • 定額プランで圧倒的低価格を売りにしている
    • 登録者の内面的ビジネススキルや思考で検索できる
    • 自動オファーで担当者の負荷軽減
    サービス名:ミイダス
    運用会社:ミイダス株式会社
    URL:https://corp.miidas.jp/

    Wantedly

    【サービスの特徴】

    • 登録ユーザーのほとんどが20代~30代
    • ブログ機能があり自社アピールの自由度が高い
    • 無料トライアル期間1か月、低コストから始めやすい
    サービス名:Wantedly
    運用会社:ウォンテッドリー株式会社
    URL:https://www.wantedly.com/about/list

    Daijob.com

    【サービスの特徴】

    • グローバル人材特化で英語レベルが高い人材に会える
    • 登録者の3人に1人が年収500万円以上の即戦力人材
    • 運用代行サービスがある
    サービス名:Daijob.com
    運用会社:ヒューマングローバルタレント株式会社
    URL:https://www.daijob.com/

    LiBz CARRER

    【サービスの特徴】

    • 成果報酬のみのため、月額料金や代行業務はすべて無料
    • 採用の状況を可視化したシステムでPDCAを回しやすい
    • 活躍する人材かどうかを独自のシステムで評価、採用前から人材像を掴める
    サービス名:LiBz CARRER
    運用会社:株式会社リブ
    URL:https://libzcareer.biz/

    転職ドラフト

    【サービスの特徴】

    • ITエンジニアに特化したサイト
    • スカウト時に年収を提示する必要がある
    • 月1回開催のイベント形式のサービス
    サービス名:転職ドラフト
    運用会社:株式会社リブセンス
    URL:https://job-draft.jp/company_service_inquiry

    5.まとめ

    今回は、ダイレクトリクルーティングについてご紹介しました。

    ダイレクトリクルーティングは人手不足の現状から生まれた採用手法で、従来の採用とは性質が異なります。

    ダイレクトリクルーティングのメリットとしては、低コストで採用できる可能性が高い点ががえられます。また、デメリットとして企業の採用ノウハウが求められることがあげられます。

    自社のリソース・求人の応募状況をよく確認し、ダイレクトリクルーティングの導入が本当に自社にとって本当に良いのかを判断しましょう。

    人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

    HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

    メルマガのイメージ

    関連記事

    社員も役員も懐疑的、果たして親は来たのか!?「アシストご家族総会」

    社員も役員も懐疑的、果たして親は来たのか!?「アシストご家族総会」

    世界中から優れたソフトウェアを発掘し、国内6,400社の大手企業を中心に提供している株式会社アシスト。 これまでに、 OpenWork「働きがいのある企業ランキング2020」で10位にランクイン 「新卒社員が評価する『チ […]

    • 採用
    • 新卒採用手法
    2024.05.29
    金井一真
    CxO採用は今後激化するー 人事がハイレイヤー採用のために知っておくべき採用方法

    CxO採用は今後激化するー 人事がハイレイヤー採用のために知っておくべき採用方法

    現在の採用市場では、人材不足による激しい競争が起きています。特にCxOやハイレイヤーポジションの優秀な人材確保は、企業にとって大きな課題となっています。 米国の採用コミュニティESIX(Executive Search […]

    • 採用
    • 採用・その他
    2024.05.21
    松野天音
    月800件以上の応募が殺到!?アルサーガパートナーズが優秀なDX人材を採用し続けるワケ

    月800件以上の応募が殺到!?アルサーガパートナーズが優秀なDX人材を採用し続けるワケ

    アルサーガパートナーズ株式会社(以下「アルサーガパートナーズ」)は、「日本のDXを世界で誇れる産業へ」をビジョンに掲げ、日本全国のDX事業の成功を支援する純国産ワンストップ・DXソリューションパートナーです。自社内にコン […]

    • 採用
    • エンジニア採用手法
    2024.04.16
    金井一真
    採用DXとは?重要性や得られるメリットと新卒採用のDX化ポイントを解説

    採用DXとは?重要性や得られるメリットと新卒採用のDX化ポイントを解説

    新卒・中途採用などにおいて、優秀な人材を確保することは、今後の組織の成長・発展を左右する重要な要素の一つです。テレワークの導入により働き方が多様化した今、ITツールを効果的に導入するなど、採用DXの推進が優秀な人材の採用に欠かせない取り組みとなっています。今回は、採用DXの必要性とメリット、推進するための方法、成功事例をわかりやすく解説します。

    • 採用
    • 採用・その他
    2024.04.12
    HR NOTE 編集部
    【採用側】Web面接の始め方は?事前準備から当日の流れまでを解説

    【採用側】Web面接の始め方は?事前準備から当日の流れまでを解説

    多くの企業がWeb面接を採用活動に使っています。Web面接の導入を検討している採用担当者も多いでしょう。そこで今回は、Web面接を導入する段取りや準備の手順、面接当日の流れまでを具体的に解説しました。

    • 採用
    2024.04.12
    HR NOTE 編集部

    人事注目のタグ