残業時間の適切な管理方法を企業が抱える課題と併せて解説 |HR NOTE

残業時間の適切な管理方法を企業が抱える課題と併せて解説 |HR NOTE

残業時間の適切な管理方法を企業が抱える課題と併せて解説

従業員が残業をおこなった場合、会社は従業員に対して、残業時間に応じた残業代を支払う必要があります。

適切に残業代を支払うためには、それぞれの従業員がどれくらい残業をしているかを、会社が正確に把握しなければなりません。

本記事では、従業員の労働時間と残業時間を管理する方法、残業時間管理をする際の課題などについて説明すると同時に、残業時間管理の具体例もいくつか紹介します。

残業時間の上限規制をいつでも確認したい方へ

この記事を読まれている方は、「法改正によって定められた残業時間の上限規制を確認しておきたい」という方が多いでしょう。

そのような方のため、いつでも残業時間の上限規制を確認でき、上限規制を超えないための残業管理方法も紹介した資料を無料で配布しております。

法律は一度読んだだけではなかなか頭に入りにくいものですが、この資料を手元に置いておけば、「残業の上限時間ってどうなっていたっけ?」という時にすぐ確認することができます。

働き方改革による法改正に則った勤怠管理をしたい方は、ぜひ「【2021年法改正】残業管理の法律と効率的な管理方法徹底解説ガイド」をダウンロードしてご覧ください。

\【人事担当者様必見】豪華ゲストが多数登壇、大規模HRイベント開催/

1. 残業時間管理をする際の課題

残業時間の管理をする際の課題や残業時間の管理によって発覚する残業の問題点としては、主に以下のようなことが挙げられます。

  • タイムカード・出勤簿の不正打刻や記入漏れがある
  • 従業員の生活残業
  • 定時で帰りにくい空気がある
  • そもそもの業務量が適切ではない

それぞれの課題について、説明します。

1-1. タイムカード・出勤簿の不正打刻や記入漏れがある

タイムカードや出勤簿で残業時間の管理をしている場合、不正打刻や記入漏れなどがあると、当然ながら従業員の業務時間を適切に管理をすることは難しくなります。

勤怠管理システムを利用すれば不正打刻などは減らすことができますが、システムを導入したばかりのタイミングでは、システムの使い方が分からずに適切に管理できないということが起こり得ます。

適切に管理するためのツールが揃っていても、それらのツールを使いこなせていなければ、残業時間の管理をおこなうのは難しいでしょう。システム導入による効率化の効果をしっかりと得るためにも、ツールを導入した際は従業員に対して使用方法の指導や導入意図の共有をおこないましょう。

1-2. 従業員の生活残業

従業員の中には固定給に満足していないなどの理由で、残業代で稼ごうという意識を持っている方もいます。このような生活費を増やすことを目的とした残業を「生活残業」といいます。

生活残業の多くは、不要に業務を引き伸ばすことで発生しているため、このような残業は企業の人件費を圧迫する要因にもなります。

1-3. 定時で帰りにくい空気がある

会社は従業員を早めに帰らせたい、従業員自身も早めに退社したいと思っているにも関わらず、会社全体として残業時間が減らないような場合もあります。

それは、部署や職場全体に定時で帰りにくいような空気がある場合です。

上司が「残業=熱意」という古い価値観をもっていたり、上司が残業をしている場合に部下が先に帰宅することを好ましく思わない人であったりすると、部下が評価や体裁を気にして不要に残業をするという現象が発生することがあります。

このような場合は、そういった社内環境を払拭するために、トップダウンで抜本的な手を打つことが望ましいでしょう。

1-4. 業務量が適切ではない可能性

従業員の残業時間が長い原因として、従業員のスキルに見合わない難易度の業務が割り振られていたり、工数に見合わない膨大な業務が与えられていたりする場合があります。

このような場合は、従業員本人よりも、上司のマネジメントに問題があるといえます。

2. 労働時間と残業時間を管理する方法

労働時間や残業時間を管理するためには、タイムカードや出勤簿・勤怠管理システムなどを用いるのが一般的です。

会社としては、従業員の労働時間をなるべく法定労働時間の範囲内におさえることで、支払うべき残業代を少なくしたいところです。

そのためにも、労働時間および残業時間は適切に管理しなければなりません。

2-1. 各従業員が自分の勤務実績を閲覧できるようにする

従業員の残業時間を減らすためには、従業員自身にどれくらい残業しているかを把握してもらうというのも、効果的な方法のひとつです。

そこで金融業を営むA社では、各従業員が自分の勤務実績や残業時間を、自分の勤務実績を入力する画面で確認できるようにしています。

これにより、残業時間を減らそうという意識が従業員の中に芽生えやすくなります。

残業時間の合計時間の把握は勤怠管理システムなどをもちいると簡単におこなえます。

当サイトでお配りしている「【残業ルールBOOK】残業時間の管理ルールと効果的な管理方法を解説!」では、残業時間を効果的に削減する方法や、各種管理の効率化について紹介しています。

また、労働基準法による残業に関する規制も図表を用いながら解説しています。こちらから【残業ルールBOOK】を無料でダウンロードしていただけますので、適切な残業管理の方法をもっと詳しく知りたいという方はぜひご覧ください。

2-2. 評価・報酬制度や社内環境を見直す

帰りにくい環境や、残業が評価されるような状態が発生している場合には、従業員に対して研修をおこない社内環境を一新する必要があるでしょう。

残業で仕事の熱意が図られるような評価制度になってしまっている場合、上司の主観で評価基準が変わる人事評価制度になっている可能性もあるため、評価項目を見直すことも効果的です。

少ない残業で成果を挙げた従業員に対してインセンティブを支給するなど、報酬制度を改める方法もあります。

 2-3. 勤怠管理システムの導入

勤怠管理システムでは、部署やチームごとの残業時間の把握も容易におこなえます。

基本的な勤怠状況だけではなく、休日出勤や残業時間といったデータを即時に集計することができるため、管理者側は従業員の勤務時間をいつでも確認することができます。

勤怠管理システムの中には、残業時間が多くなるとアラートを出してくれるシステムもあります。部下の勤務時間を把握しやすくなることで、残業が起きている原因の特定や従業員に対する是正の指導をおこないやすくなります。

3. 定めるべき有効な残業ルールとは

白黒 ルール 5つのブロック

残業時間を適切に管理するために定めるべき有効なルールとしては、主に以下のようなことが挙げられます。

  • 残業申請制を導入する
  • ノー残業デーを設ける
  • 朝方勤務を推奨する

それぞれのルールについて、説明します。

3-1. 残業申請制を導入する

残業申請制を導入することで、不要な残業を排除したり、従業員がどのくらい残業をおこなっているかの把握がしやすくなります。

残業申請制を導入する場合は、誰にどのように申請をあげて、誰が承認するのかといった運用方法や残業申請をいつおこなうのか、申請・承認の期限などのタイミングをきちんと決めておきましょう。

規定を定めたら従業員に周知します。運用ルールを徹底してもらうことで、残業時間の管理をおこないやすくなるでしょう。

3-2. ノー残業デーを設ける

1週間のうちのどこかに、絶対に残業せずに帰るいわゆる「ノー残業デー」を設けることも、効果的です。

ノー残業デーでは必ず定時までに仕事を終えなければなりませんから、その中で自然と業務の工夫などが見られることで、結果としてノー残業デー以外の日の残業時間も減るでしょう。PCを強制的にシャットダウンしたり、オフィスの消灯をおこなう企業もあります。

3-3. 朝方勤務を推奨する

残業が常態化しているのであれば、始業前に少し早く来てもらう朝方勤務を推進するというのも、ひとつの方法です。

本来の業務時間の前に仕事をするか後に仕事をするかの違いではありますが、朝はまだ頭がフレッシュな状態なので、仕事も捗りやすいです。

結果的に、残業で同じ時間働くよりも仕事を効率的にこなせるケースが多いです。

ただし、始業時間前の勤務に対しても時間外労働の規定は適用されます。朝の勤務時間を含めた労働時間が法定労働時間を超過した場合は、該当時間に対して割増賃金を支払う必要があるので注意しましょう。

4. 残業時間を適切に管理して従業員のエンゲージメントを高めよう

残業時間を管理するためには、タイムカードや出勤簿・勤怠管理システムなどのツールが用いられるのが一般的です。

ただし、そのようなツールがあったとしても適切に運用することができなければ、残業時間の管理が正確におこなわれずに、残業代がきちんと支払われないということも考えられます。

残業時間を適切に管理するためのルールを制定して、会社に対する従業員からのエンゲージメントを高められるように意識しましょう。

残業時間の上限規制をいつでも確認したい方へ

この記事を読まれている方は、「法改正によって定められた残業時間の上限規制を確認しておきたい」という方が多いでしょう。

そのような方のため、いつでも残業時間の上限規制を確認でき、上限規制を超えないための残業管理方法も紹介した資料を無料で配布しております。

法律は一度読んだだけではなかなか頭に入りにくいものですが、この資料を手元に置いておけば、「残業の上限時間ってどうなっていたっけ?」という時にすぐ確認することができます。

働き方改革による法改正に則った勤怠管理をしたい方は、ぜひ「【2021年法改正】残業管理の法律と効率的な管理方法徹底解説ガイド」をダウンロードしてご覧ください。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

関連記事

雇用主が女性のメンタルヘルスをサポートすべき5つの理由|Mental-Fit

雇用主が女性のメンタルヘルスをサポートすべき5つの理由|Mental-Fit

2022.07.22
八島美音
法定内残業と法定外残業の違いを具体例から詳しく解説

法定内残業と法定外残業の違いを具体例から詳しく解説

2022.06.21
HR NOTE編集部
残業代の相殺について代休やボーナスとあわせて詳しく紹介

残業代の相殺について代休やボーナスとあわせて詳しく紹介

2022.06.21
HR NOTE編集部
残業の割増賃金とは?割増率の一覧を用いて割増計算方法も詳しく解説

残業の割増賃金とは?割増率の一覧を用いて割増計算方法も詳しく解説

2022.06.21
HR NOTE編集部
変形労働時間制における残業の扱いについて計算方法や注意点を解説

変形労働時間制における残業の扱いについて計算方法や注意点を解説

2022.06.20
HR NOTE編集部
1年単位の変形労働時間制についてメリット・デメリットを徹底解説

1年単位の変形労働時間制についてメリット・デメリットを徹底解説

2022.06.20
HR NOTE編集部
変形労働時間制を採用するデメリット・メリットをわかりやすく解説

変形労働時間制を採用するデメリット・メリットをわかりやすく解説

2022.06.20
HR NOTE編集部
1ヶ月単位の変形労働時間制を採用事例で具体的に詳しく紹介

1ヶ月単位の変形労働時間制を採用事例で具体的に詳しく紹介

2022.06.20
HR NOTE編集部
休憩時間が取れなかった場合に生じる問題とは?必要な対応をわかりやすく紹介

休憩時間が取れなかった場合に生じる問題とは?必要な対応をわかりやすく紹介

2022.06.20
HR NOTE編集部