割増賃金の基礎となる賃金について割増や労働基準法から解説 |HR NOTE

割増賃金の基礎となる賃金について割増や労働基準法から解説 |HR NOTE

割増賃金の基礎となる賃金について割増や労働基準法から解説

  • 労務
  • 勤怠管理

時計の周りにお金

休日出勤や時間外労働などを行った場合、使用者は従業員に対して、割増賃金の支払いを行う必要があります。
今回は、割増賃金の基礎となる賃金について、割増賃金の基礎となる1時間あたりの賃金の計算方法や法定外労働が発生した場合に支給する割増賃金を中心に紹介します。

関連記事:割増賃金の基本的な部分や計算方法を詳しく紹介

1. 割増賃金の基礎となる賃金(割増賃金算定基礎)について

お金と砂時計

割増賃金の基礎となる賃金(割増賃金算定基礎)とは、所定の労働時間におこなった労働対して支払われる「1時間あたりの基礎賃金」を指します。
「1時間あたりの基礎賃金」は、従業員に休日出勤や残業などの法定外労働(をおこなわせた際に対価として支払う必要のある、割増賃金を計算する場合に必要な賃金です。
この「1時間あたりの基礎賃金」の計算が正確にされていないと、割増賃金の計算に誤りが生じ、支払いトラブルにもつながりかねないため注意が必要です。
時給制の場合はそのまま時給が1時間あたりの基礎賃金となりますが、月給制の場合などは少々複雑な計算が必要になります。次の章で詳しく解説していきます。

2. 割増賃金の基礎となる1時間あたりの賃金の計算方法

計算で使う符号

ここでは、割増賃金の基礎となる1時間あたりの賃金の計算方法と、計算時に除外される各種手当てについて紹介します。

2-1. 月給制の場合の1時間あたりの賃金の計算方法

月給制の場合、従業員の1時間あたりの基礎賃金は、以下の計算式で算出できます。

1時間あたりの基礎賃金=1ヵ月の給与総支給額÷1ヵ月平均の所定労働時間

1ヵ月平均の所定労働時間は、1年間で考えた場合の月平均の所定労働時間を指します。こちらについては、以下の計算式で求められます。

1ヵ月平均の所定労働時間=(365日−年間の休日数)×1日の所定労働時間÷12か月

例えば、月給30万円で所定労働時間を1日7.5時間とし、年間休日125日の従業員を例にとると、1ヵ月平均の所定労働時間および1時間あたりの基礎賃金は以下の通りです。

1ヵ月平均の所定労働時間は、

(365日−125日)×7.5時間÷12か月=150時間

となり、150時間となります。

また、1時間あたりの基礎賃金については、

300,000÷150=2,000円

となりますので、2,000円と算出されます。

2-2. 割増賃金の基礎となる賃金から除外される手当

割増賃金の基礎賃金を計算する場合、従業員個人の事情により支給されている手当については、労働基準法第37条第5項、もしくは、労働基準法施⾏規則第21条により、基礎賃金算出の対象外となります。

◇基礎賃金の対象外となる手当

  1. 家族手当
  2. 通勤手当
  3. 別居⼿当
  4. ⼦⼥教育⼿当
  5. 住宅⼿当
  6. 臨時で⽀払われた賃⾦
  7. 1ヵ月を超えた期間ごとに⽀払われる賃金

原則、これら7つの手当に該当するものは、割増賃金の基礎賃金を計算する際に、算入の対象となります。

なお、家族手当・通勤手当・住宅手当については、1時間あたりの基礎賃金を計算する際に対象外としない場合もありますので注意しましょう。

具体的には、以下のような場合となります。

*家族手当

扶養家族の有無や家族の人数に関係なく、一律に支払っているもの

*通勤手当

通勤に要する費用や距離に関係なく、一律に支払っているもの

*住宅手当

住宅の形態によって、一律で支払っているもの

2-3. 割増賃金の基礎となる賃金に含める手当

支給されている手当のうち、割増賃金の基礎となる賃金を算出する際に除外しない手当もあります。下記のような手当は算定基礎額に含めて計算します。

  • 資格手当
  • 皆勤手当
  • 役職手当 
  • 営業手当  

ただし各手当の名称と内容は明確に定義はなく、企業によって呼び方が異なります。

役職手当という名前で固定残業代を定めている企業もあるため、安易に手当の名称で判断せず、何に対しての手当であるのかという内容に注意し判断する必要があります。

3. 法定外労働が発生した場合に支給する割増賃金

積みあがっているお金

法定外労働が発生した場合には、割増賃金の支払いが必要です。

ここでは、法定外労働が発生した際に支給する割増賃金の計算方法を、時間外労働と休日労働、深夜労働の3つのパターンに分けて紹介します。

3-1. 時間外労働発生時の割増賃金

通常、時間外労働で割増賃金を算定する場合、以下の計算式となります。

時間外労働での割増賃金=従業員の1時間あたりの基礎賃金(残業単価)×時間外労働時間数×1.25

労働基準法では、所定労働時間の範囲の上限を1日8時間に指定しています。この時間を超えて従業員に労働をさせた場合には、25%以上の割増賃金を支払いましょう。

また、時間外労働が月60時間を超えた場合には、割増率が50%以上の割増賃金を支払う必要があります。ただしこの規定は2023年4月1日まで中小企業には適用の猶予期間が設けられています。*時間外労働が月60時間を超えた場合

時間外労働での割増賃金=従業員の1時間あたりの賃金×時間外労働時間数×1.5

3-2. 休日労働発生時の割増賃金

従業員に休日労働をさせた場合には、従業員の1時間あたりの基礎賃金を基にして35%以上の割増賃金の計算をおこないます。

この場合の計算式は、以下の通りです。

休日労働での割増賃金=従業員の1時間あたりの基礎賃金×時間外労働時間数×1.35

なお、この割増賃金が適用されるのは、あくまでも法定休日に出勤した場合ですので、注意しましょう。法定休日にあたらない会社独自の休日で時間外労働・深夜労働にあたらない場合は、割増率を適用した計算はおこなわれず、以下の計算式で賃金の計算をおこないます。

会社独自の休日の賃金=従業員の1時間あたりの賃金×休日の労働時間数×1.0

3-3. 深夜労働発生時の割増賃金

従業員に22時~翌5時までの時間に労働をおこなわせた場合には、従業員の1時間あたりの基礎賃金を基にして25%以上の割増賃金を支払います。

この場合の計算式は、以下の通りです。

深夜労働での割増賃金=従業員の1時間あたりの基礎賃金×深夜労働時間数×1.25

3-4. 割増条件が重複した場合

ここまでの3つの割増条件が重複して発生している場合には、各割増率を加算して計算をおこないます。ここでは、「時間外労働で深夜労働をおこなった場合」「休日に深夜労働をおこなった場合」の2パターンの割増率の計算を紹介します。

3-3-1. 時間外労働で深夜労働をおこなった場合

通常の時間外労働では、25%以上の割増率で計算をおこないますが、深夜労働で時間外労働をさせた場合には、さらに25%以上の割増率で賃金を計算します。

そのため、時間外で深夜労働をおこなった場合には、50%以上の割増率で計算します。

時間外労働で深夜労働をおこなった場合の割増賃金=従業員の1時間あたりの賃金×深夜残業時間数×1.5

3-3-2. 休日に深夜労働をおこなった場合

休日に深夜労働をおこなった場合には、休日労働の割増率35%以上で計算をおこなった後、さらに深夜労働の割増率25%での賃金計算をおこないます。

そのため、休日に深夜労働をおこなった場合には、60%以上の割増率で計算をおこないます。

休日に深夜労働をおこなった場合の割増賃金=従業員の1時間あたりの賃金×法定休日の深夜労働時間数×1.6

ただし、休日出勤の際に、時間外労働にあたる1日8時間、週40時間を超える労働をおこなわせたとしても、割増率は60%にはなりません。時間外労働は労働義務のある日に対して発生する割増賃金であり、休日労働は法定休日と呼ばれるもともと労働義務がない日に労働をおこなわせることを指すためです。

関連記事:割増賃金の計算方法を徹底解説!基礎賃金算出時の注意点とは?

4. 計算の際に必要な労働基準法の知識

PCを持っている眼鏡の女性

時間外労働や休日出勤などの割増賃金における計算では、関連する規定が定められた労働基準法第37条に関する知識が必要です。
労働基準法第37条では、従業員の法定労働時間を超える時間外労働や法定休日の労働、深夜労働について割増賃金を支払うことを定めています。
それぞれの割増賃金の計算方法についても示していますので、従業員の割増賃金を計算する際には、労働基準法37条の内容を改めて確認しておくようにしましょう。

5. 正しい割増賃金の計算のためにも労働基準法の正しい理解が重要

指をさしている男性

正確な割増賃金の計算を行い、的確な労働対価を支払うことが、従業員の健康を守り、労使トラブルを防ぐことにもつながります。
従業員の行った法定外労働に関する割増賃金の計算を行う際には、労働基準法、特に第37条の内容を正しく理解しておきましょう。

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

労働時間の把握の義務化とは?労働基準法の改正内容や対応方法を解説

労働時間の把握の義務化とは?労働基準法の改正内容や対応方法を解説

労働安全衛生法の改正により、企業は労働時間を客観的な記録で把握するよう義務付けられています。今回は、労働時間の把握の義務化とは具体的にどのようなことなのか、対象や労働時間について解説します。また、適正な労働時間を把握する方法も紹介していますので、システム導入を考えている方は参考にしてみてください。

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.05.24
HR NOTE 編集部
有給休暇を就業規則に定める際のポイントや変更すべきケースを解説

有給休暇を就業規則に定める際のポイントや変更すべきケースを解説

有給休暇についてのルールは就業規則に定めなければいけません。有給休暇の5日取得義務化によって就業規則を変更しなければならないケースもあります。罰則を受けないためにも労働基準法に沿った内容になっているかどうかを確認しましょう。

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.05.24
HR NOTE 編集部
労働保険の加入手続きの流れや必要書類を詳しく紹介

労働保険の加入手続きの流れや必要書類を詳しく紹介

労働保険(労災保険・雇用保険)は、従業員をひとりでも雇用する事業所で加入手続きが必要です。管轄の労働基準監督署で労災保険、ハローワークで雇用保険、それぞれ手続きが必要です。本記事では、労働保険の加入手続きの方法と必要書類を解説します。

  • 労務
  • 社会保険
2024.05.23
HR NOTE 編集部
有給消化が義務化された理由や背景とは?注意点についても解説

有給消化が義務化された理由や背景とは?注意点についても解説

労働者に付与される有給休暇の消化が、企業に義務付けられました。年間10日以上の有給休暇が与えられる労働者に対し、企業側は最低でも5日間の有給休暇を消化させなければなりません。有給を消化しにくい風土を変えることなどが目的となっているので、労使間で相談しながら有給休暇の消化方法を考えていく必要があります。

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.05.23
HR NOTE 編集部
36協定書の正しい書き方や新様式での変更点を解説

36協定書の正しい書き方や新様式での変更点を解説

36協定を正しく結び、適用させるには、適切な書き方の協定書と協定届が必要です。協定書について解説し、新様式に変更された36協定届の書き方を解説します。36協定の適用外や適用猶予がある業種もございますので、人事関係者様はぜひご一読ください。

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.05.22
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ