労働基準法による災害補償とは?補償金額や労災保険との関係について解説 |HR NOTE

労働基準法による災害補償とは?補償金額や労災保険との関係について解説 |HR NOTE

労働基準法による災害補償とは?補償金額や労災保険との関係について解説

診察

日本では、労働者が仕事中にケガや病気に見舞われた際に備えた、「災害補償」があります。

災害補償は退職金と違い、企業が自由に決定するものではなく、国の法律によって決められています。よって、企業は必ず対応しなければなりません。

本記事では、労働基準法による災害補償の内容、補償の対象範囲、補償額や労災保険との関係についてわかりやすく解説します。

法改正から基本的な内容まで分かりやすく解説!
労働基準法総まとめBOOK

労働基準法の内容を詳細に把握していますか?

人事担当者など従業員を管理する役割に就いている場合、雇用に関する法律への理解は大変重要です。
例外や特例なども含めて法律の内容を理解しておくと、従業員に何かあったときに、人事担当者として適切な対応を取ることができます。

今回は、労働基準法の改正から基本的な内容までを解説した「労働基準法総まとめBOOK」をご用意しました。

労働基準法の改正から基本的な内容まで、分かりやすく解説しています。より良い職場環境を目指すためにも、ぜひご一読ください。

労働基準法のebook


1. 労働基準法の災害補償とは?

法律 木槌 天秤

労働者が仕事中にケガをしたり、仕事が原因で病気になったりした場合、労働基準法第8章に記載されている各補償内容に基づき、労働者は法令に定められた補償を受けることができます。

労働基準法8章の災害補償は、第75条から第88条の13条にわたって、細かく補償内容が決められています。労働基準監督署が労働災害として認定した場合は、企業側の責任となり、法令に沿って対応しなければなりません。[注1]

[注1]労働基準法 第八章 災害補償(第七十五条-第八十八条)|中央労働災害防止協会 安全衛生情報センター

2. 災害補償の種類と補償金額

労災

労働基準法8章で定める災害補償の種類と補償金額は、以下のとおりです。[注1]

名称 労働基準法 8章 補償対象の事柄 災害補償の支給額
療養補償 第75条第一項 仕事中にケガをしたり、病気にかかったりしたとき 治療・療養に必要な費用
休業補償 第76条第一項 労働者が労働基準法8章第75条により、療養中で就労できず賃金を受けられないとき 労働者の平均賃金の100分の60
障害補償 第77条 労働者が仕事中に負傷、または病気にかかり、身体に障害が残ったとき 障害の等級により補償日数が上乗せされる。
最高で平均賃金の1,340日分
遺族補償 第79条 労働者が仕事中に死亡したとき
※災害補償は遺族に支給
平均賃金の1,000日分
葬祭料 第80条 労働者が仕事中に死亡したとき
※葬祭を行う人に支給
平均賃金の60日分

なお、労働基準法8章には「打切」・「分割」という補償も定められています。
打切補償とは、第75条の療養補償を受けている労働者が、療養開始から3年経過してもケガや病気が治らない場合、労働者に対して平均賃金の1,200日分の「打切補償」を支払い、その後は補償を行わなくても良い、とされています。
 分割補償は、第77条・第79条の「障害補償」・「遺族補償」が対象です。企業側が労働者または遺族に対し、支給する能力があることを証明し、補償対象者の同意が得られれば、6年の期間をかけて補償をすることが可能となる法律です。[注1][注2]

[注1]労働基準法 第八章 災害補償(第七十五条-第八十八条)|中央労働災害防止協会 安全衛生情報センター

[注2]別表第二 身体障害等級及び災害補償表(第七十七条関係)|中央労働災害防止協会 安全衛生情報センター

3. 労働基準法の災害補償の対象となるケース

仕事中のケガ

 労働基準法で定めている「災害」とは、以下の3点です。

  • 仕事中に発生したケガ
  • 仕事中に発生した病気
  • 通勤中・勤務時間内で外出したときの事故(例外あり)

仕事時間外の通勤時の事故も、会社で仕事をするために出かけているので、労働災害と認められるでしょう。
労働災害=建設現場での事故をイメージしがちですが、最近では長時間残業による過労死や劣悪な職場環境、人間関係による精神疾患なども災害として認められるケースが増えています。

3-1. 労働基準法の災害補償の対象となるケース【例外】

従業員が通勤中・勤務時間内で外出したときの事故が補償対象外となる場合があります。補償対象かどうかの判断は労働基準監督署が行うため、認められない場合もあるでしょう。
ここでは災害補償の対象外となるケースを紹介していきます。

①仕事帰りにスーパーに寄った際の事故

仕事帰りに夕飯の買い物をするためにスーパーに寄った場合は、通勤経路から外れているので、その際に起きた事故は災害補償とは認められません。

②忘れ物を取りに自宅に戻った際の事故

職場に到着する前後で、忘れ物を家まで取りに戻る際に事故が発生した場合は、災害補償されない可能性が高くなります。
忘れ物が仕事に関する物なのか、単なる私物なのかによっても、補償対象となるかどうかの判断は分かれるところです。

4. 労働基準法の災害補償の対象とならないケース

腰痛もちの男性

災害補償の対象か否かは「業務遂行性」と「業務起因性」に該当するかしないかで決まります。
それぞれの意味とどのような場面が該当しないかを解説します。

4-1. 業務遂行性

「ケガをしたとき、仕事に携わっていたか」が判断基準です。職場で仕事をしているときはもちろん、会社の施設内で休憩中にケガをした場合でも会社の管理下にあるため、業務遂行性が認められます。

4-2. 業務起因性

「ケガや病気をしたとき、仕事に起因して起きたどうか」が判断基準です。
争論になる問題としては、仕事と過労死や精神疾患などの関連性が挙げられます。
これらの仕事と病気を考えるには、労働時間や仕事内容、治療を受ける機会があったかどうか、会社との相談により負担の少ない仕事への部署変更が可能だったかどうかなど、さまざまな状況を踏まえて判断することになります。

業務起因性を具体的な事象で伝えると、労働者が病気を患った際、長時間残業をしていた事実や日勤夜勤の交代制のような不規則な勤務実態があれば、仕事と病気の関連性がより認められやすくなります。
また、物流や建築関係の仕事に多い「腰痛」に関しても業務起因性で争論になりやすい事案といえます。
入社前から「持病」として腰痛を持っていた場合、仕事との関連性は認められない可能性が高いでしょう。
なぜなら、仕事中に起きたかどうかではなく、もともとの持病として腰痛があったと紐づけられるからです。[注3]

[注3]業務遂行性・業務起因性|社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所

5. 労働基準法(災害補償)と労災保険の関係について

2つの違い

労災保険は、以下の2つの役割があります。

  • 労働基準法(企業)による災害補償の代行
  • 社会保障(保険独自保障)

1つずつ説明していきます。

5-1. 労災保険は労働基準法の災害補償を代行している

労働基準法第8章に「使用者の災害補償責任」が定められています。
仕事中に起きたケガや病気については、企業側が労働者に災害補償をしなければなりません。
しかし、企業側が労働者に対して支払う災害補償は、経営状況によって支給ができない可能性があります。
そのため、労災保険法は企業側による災害補償の責任を確実にするために、労働基準法による企業の個別責任を代行する役割があるのです。
なお、労働基準法第84条に「労働基準法で規定している災害保障について、労災保険法に基づいた給付が行われるときは、使用者は災害補償責任を免れる」と定められています。[注4]
この規定でも、労災保険が災害補償責任を代行しているのがわかります。

[注4]労働災害が発生したとき|厚生労働省

5-2. 労災保険は社会保障的な役割がある

労災保険法の設立当初、労災保険法は労働基準法の災害補償代行だけでした。
そして、時代が進む中で労災保険制度は大きく発展していきました。

現在の労働災害における保障は、労災保険が中心になっているといえるでしょう。

6. 災害補償は企業が責任を果たすべき義務

労災のお金を受け取る男性

仕事中のケガや病気は、企業が労働者に対し責任を負う必要があります。
その責任というのが「災害補償」です。

災害補償は、項目ごとに内容や負担額が分かれています。丁寧に対応し、企業としての責任を果たしましょう。

法改正から基本的な内容まで分かりやすく解説!
労働基準法総まとめBOOK

労働基準法の内容を詳細に把握していますか?

人事担当者など従業員を管理する役割に就いている場合、雇用に関する法律への理解は大変重要です。
例外や特例なども含めて法律の内容を理解しておくと、従業員に何かあったときに、人事担当者として適切な対応を取ることができます。

今回は、労働基準法の改正から基本的な内容までを解説した「労働基準法総まとめBOOK」をご用意しました。

労働基準法の改正から基本的な内容まで、分かりやすく解説しています。より良い職場環境を目指すためにも、ぜひご一読ください。

労働基準法のebook

\メールマガジン登録無料/
人事/HR業界の最新情報を毎週チェック!

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRに関する事例やサービスリリース情報など、最新Newsから今すぐ使える他社実践ノウハウまでが簡単にわかるインタビュー記事やセミナー情報をコンテンツとして配信しています。

「他社が実施している施策を自社でも活かしたい」「人事/HR業界の最新動向やトレンドを知りたい」とお考えの方は、ぜひHRNOTEメールマガジンをご活用ください。

診察

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

関連記事

通勤手当に所得税が課税されるケース・されないケースを紹介

通勤手当に所得税が課税されるケース・されないケースを紹介

2023.02.01
HR NOTE編集部
賞与に対する所得税率の求め方や計算方法を詳しく解説

賞与に対する所得税率の求め方や計算方法を詳しく解説

2023.02.01
HR NOTE編集部
所得税は毎月変わる?仕組みやチェック項目を詳しく紹介

所得税は毎月変わる?仕組みやチェック項目を詳しく紹介

2023.02.01
HR NOTE編集部
賃金支払いの5原則とは?違反したときの罰則や例外を詳しく紹介

賃金支払いの5原則とは?違反したときの罰則や例外を詳しく紹介

2023.01.31
HR NOTE編集部
労働基準法の第33条による「災害時の時間外労働等」を徹底解説

労働基準法の第33条による「災害時の時間外労働等」を徹底解説

2023.01.30
HR NOTE編集部
労働基準法第41条の内容は?対象項目や対象となる労働者を紹介

労働基準法第41条の内容は?対象項目や対象となる労働者を紹介

2023.01.30
HR NOTE編集部
労働基準法第41条第2号の「管理監督者」の意味や特徴を詳しく解説

労働基準法第41条第2号の「管理監督者」の意味や特徴を詳しく解説

2023.01.29
HR NOTE編集部
労働基準法による年間休日とは?規定や最低ラインを徹底解説

労働基準法による年間休日とは?規定や最低ラインを徹底解説

2023.01.28
HR NOTE編集部
労働基準法における「退職の自由」とは?意味や注意点を紹介

労働基準法における「退職の自由」とは?意味や注意点を紹介

2023.01.28
HR NOTE編集部