年末調整の納付書とは?記入方法や提出先を詳しく解説 |HR NOTE

年末調整の納付書とは?記入方法や提出先を詳しく解説 |HR NOTE

年末調整の納付書とは?記入方法や提出先を詳しく解説

  • 労務
  • 給与計算

税

会社(事業者)は年末調整によって、従業員から源泉徴収した税金の過不足分を計算した後、還付または徴収を行った上で、源泉所得税を国に納めなければなりません。
その際、必要となるのが納付書です。
納付書の提出には期限がありますので、あらかじめ入手方法や提出先、記入方法などをチェックしておきましょう。
今回は、年末調整の納付書の概要や、記入方法、提出先・提出期限について解説します。

関連記事:年末調整とは|確定申告との違い、対応方法、注意点など基礎からわかりやすく解説!

\年末調整業務をわかりやすく図解/
「年末調整のガイドブック」を無料配布中!

「年末調整が複雑で、いまいちよく理解できていない」「対応しているが、抜け漏れがないか不安」というお悩みをおもちではありませんか?

当サイトでは、そのような方に向け、年末調整に必要な書類から記載例、計算のやり方・提出方法まで、年末調整業務を図解でわかりやすくまとめた資料を無料で配布しております。

年末調整業務に不安のある方や、抜け漏れなく対応したい方は、こちらから資料をダウンロードしてご活用ください。

ダウンロード

【社労士監修】HR関連法改正トレンドBOOK 2024年版

2023年は一部企業を対象に人的資本開示が義務化されたほか、HR関連での法改正に動きが見られました。
2024年では新たな制度の適用や既存のルールの変更・拡大がおこなわれます。
人事担当者として知っておきたいHR関連の法改正に関する情報ですが、その範囲は幅広く、忙しい業務の中でなかなか網羅的に把握することは難しいのではないでしょうか。

  • 忙しい中でも要点をまとめて情報収集をしたい
  • 社労士が監修した正確な情報を知りたい
  • HR関連の法改正を把握しておきたい

という方はぜひご確認ください!

1. 年末調整の納付書とは?

計算する女性年末調整の納付書とは、事業者が源泉所得税を納める際に使用する書類のことです。
正式名称を「所得税徴収高計算書」といい、主に以下2種類の様式があります。

  1. 給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書
  2. 納期特例分の所得税徴収高計算書

このうち、一般的に用いられるのは1の「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書」です。
2の納期特例分の所得税徴収高計算書は、従業員が10人未満の会社で、かつ税務署に「源泉所得税の納期の特特例の承認に関する申請書」を提出した場合のみ使用できます。
1の納付書は原則として源泉徴収した月の翌月10日までに提出しますが、2の納付書は1~6月分を7月10日までに、7から12月分を翌年1月20日までに、それぞれ年2回に分けて使用できます。

1-1. 納付書の入手方法

年末調整に必要な納付書は、会社を立ち上げた際、税務署から郵送されてきます。
その後も、年末調整の時期が近づくと税務署から事業者宛に郵送されますので、わざわざ自分で書類を取りに行く必要はありません。
何らかの事情で新たな納付書が必要になった場合は、管轄の税務署の窓口で入手するか、あるいは郵送で請求することもできます。
なお、年末調整の納付書は3枚綴りの複写式になっているため、自作した用紙を使って提出することはできません。
国税庁のHPなどから書式をダウンロードすることもできませんので、原本を入手する必要があります。

1-2. 電子申告・電子納税を利用する方法もあり

源泉所得税の納付は電子申告・電子納税に対応しています。
国税庁の電子申告システム(e-Tax)を使用すれば、紙の納付書を使う必要はなく、すべてオンライン上で手続きすることができます。
納税のためにわざわざ金融機関に足を運ぶ手間も省けますので、環境が整っているのならe-Taxの利用も検討してみましょう。

関連記事:年末調整の電子化とは?メリット・デメリットを徹底解説

2. 年末調整の納付書の書き方

年末調整の納付書に記載する項目と、それぞれの書き方のポイントをご説明します。
一般的な「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書」と、「納期特例分の所得税徴収高計算書」では、記載する内容が異なる部分がありますので注意しましょう。

関連記事:年末調整の書き方や注意点を書類ごとにわかりやすく解説

2-1. 年度

会計年度を記載します。年号表記なので、たとえば令和4年度なら「04」と記入します。

2-2. 税務署名

管轄の税務署名を記入します。すでに印字されている場合、記入は不要です。
隣に税務署番号の欄がありますが、こちらは未記入のままでかまいません。

2-3. 整理番号

確定申告書等に記載されている整理番号を記載します。既に印字されている場合、記入は不要です。

2-4. 納期等の区分

給与や退職手当などを支払った年月を記載します。
たとえば令和4年12月の給与支払後に年末調整を行い、納付する場合は「0412」と記載します。
なお、納期の特例分に関しては、納期の特例の期間の最初と、最後の支払い年月の2つを記入します。
たとえば令和4年7月分から12月分の給与を、同年の7月25日~12月25日に支給した場合は、「自」の部分に「0407」、「至」の部分に「0412」と記入します。

2-5. 俸給、給料等

俸給、給料、賃金といった通常の給与のほか、財産形成給付金等のうち給与等の金額とみなされるものについて記載します。
各項目は以下の通りです。

①支払年月日

通常の給与を実際に支払った年月日を記載します。
たとえば令和4年12月25日なら「041225」と記入します。
納期の特例が適用されている場合は、「納期等の区分」に記載した期間内に支払った最初と最後の支払い年月日を記載します。
たとえば令和4年7月25日~同年12月25日までを納期の区分とする場合は、「040725~1225」と記入します。

②人員

俸給、給料等を支給した実人員を記載します。
たとえば100人であれば「100」と記載します。
納期の特例を受けている場合は、納期の区分に支給した実人員の延べ人数を記載します。
たとえば従業員8人に対して、6ヶ月分(7月~12月)の給料を支払った場合、8人×6ヶ月=48人ですので、「48」と記載します。

③支給額

従業員に支給した俸給、給料等の総額を記載します。
ここでいう支給額とは、社会保険料等控除を適用する前の金額です。

④税額

支給額に記載した俸給、給料等について源泉徴収した税額の合計を記載します。

2-6. 概要

所得税法第9条第1項第3号では、恩給、年金その他これらに準ずる給付のうち、以下のものは非課税にすることと定めています。(※注1)

  • 増加恩給や傷病賜金、それらに準ずる給付
  • 遺族の受ける恩給および年金
  • 地方公共団体が精神または身体に障害のある者に関して実施する共済制度による給付

これらの給付を受けている場合、給付の種類に応じて「恩」や「在」に丸を付けた上で、その人員と支給額を記載します。
また、財産形成給付金等のうち、給与の金額とみなされる金額を記載した場合は、「財」に丸を付けた上で、その人員と支給額、税額を記載します。

※注1:所得税法|e-Gov法令検索

2-7. 賞与(役員賞与を除く)

賞与の記載方法は、法人か個人かによって異なります。
法人の場合は、役員に対して支払った賞与以外の賞与を記載します。
個人の場合は、必要経費に算入した賞与を記載します。
なお、各項目(支払年月日等)については、俸給、給料等の各項目と記載方法は同じです。

2-8. 税理士等の報酬

弁護士や税理士、公認会計士といった士業の業務に関して支払う報酬・料金について記載します。
俸給、給料と同じように、控除前の支給額と源泉徴収した税額を記載します。

2-9. 本税

納付書に記載した税額の合計額を記載します。

2-10. 合計額

延滞税がなければ、本税の額をそのまま記載します。
合計額の数値の前には、必ず「¥」のマークを入れます。

このように、年末調整の納付書を正しく記載するためには、年末調整の計算を正しくおこなっておかなければなりません。一方で、中には年末調整の計算が合っているかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方に向けて、当サイトでは年末調整の計算方法から書類の記入方法までを1冊にまとめた資料を無料でお配りしています。年末調整の計算に不安のある方は、こちらから「年末調整ガイドブック」をダウンロードして確認してみてください。

3. 年末調整の納付書の提出先・提出期限

時間年末調整の納付書の提出先は、年末調整の結果によって異なります。
年末調整で源泉徴収額の過不足に対する還付や徴収を行った結果、納付すべき源泉所得税が発生した場合は、金融機関や管轄の税務署にて、納付書の提出と税の納付を行います。
一方、年末調整の結果、納付額が0だった場合は、管轄の税務署窓口に直接持参するか、郵送によって提出します。
どちらの場合も提出期限は同じで、翌年の1月10日(納期の特例を受けている場合は翌年1月20日)までです。(※注2)

※注2:納付書の記載の仕方|国税庁

関連記事:年末調整はいつまでに提出すべき?提出期限を過ぎたときの対応も紹介

4. 年末調整の納付書は、種類によって書き方が異なるので注意

注意点 赤色ビックリマーク年末調整を行ったら、その結果に基づいて納付書に必要事項を記載し、提出する必要があります。
納付書は納付額の有無にかかわらず、必ず提出しなければならないものですので、正しい書き方のポイントを押さえて、不備のないよう手続きを済ませましょう。

\年末調整業務をわかりやすく図解/
「年末調整のガイドブック」を無料配布中!

「年末調整が複雑で、いまいちよく理解できていない」「対応しているが、抜け漏れがないか不安」というお悩みをおもちではありませんか?

当サイトでは、そのような方に向け、年末調整に必要な書類から記載例、計算のやり方・提出方法まで、年末調整業務を図解でわかりやすくまとめた資料を無料で配布しております。

年末調整業務に不安のある方や、抜け漏れなく対応したい方は、こちらから資料をダウンロードしてご活用ください。

ダウンロード

--------------------

\【2024年最新版】HR関連法改正トレンドBOOK/

▼無料ダウンロードはこちら▼
https://hrnote.jp/document/?did=148030

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

近年では、ワークフローシステムが注目されています。システムを導入することで、紙の申請書を使うデメリットが解消できるため、業務負担の軽減が期待できます。ワークフローシステムには、さまざまな機能があります。当記事では、ワークフローシステムの機能について詳しく紹介します。ワークフローシステムの機能について興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.04.08
HR NOTE 編集部
法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間とは1日8時間、週40時間であり、これを超える労働時間数に対しては割増賃金の支給が必要です。ただし、近年導入が進むフレックス制度をはじめとする複数の労働制度では、上記の条件とは少し異なる場合もあります。本記事 […]

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.03.29
HR NOTE 編集部
通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

稟議書が通りやすい人と、通りにくい人では書き方に大きな違いがあります。 どうしても通したい稟議がある場合は、読み手のことを考えた構成や文章にすることが大切です。本記事では通らない稟議書に共通する原因や、稟議書が通すコツな […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.28
HR NOTE 編集部
雇用契約とは?雇用契約書作成時の注意点・業務委託との違いも解説!

雇用契約とは?雇用契約書作成時の注意点・業務委託との違いも解説!

雇用契約とは、労働の対価として賃金を与えることを約束した契約のことです。本記事では、雇用契約の定義から、雇用契約書と労働条件通知書との違い、違反やトラブルを防いで雇用契約を締結するための注意点について解説します。労使トラ […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.27
HR NOTE 編集部
ワークフローを効率化するには?システム導入やフロー改善のポイントも!

ワークフローを効率化するには?システム導入やフロー改善のポイントも!

ワークフローに無駄がなければ、業務を効率的かつスムーズにおこなうことが可能です。本記事では、ワークフロー改善のポイントから、ワークフローシステムを見直すことによって効率化が図れる理由、ワークフローシステム導入のメリットま […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.26
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ