月額変更届の書き方や提出方法をわかりやすく紹介 |HR NOTE

月額変更届の書き方や提出方法をわかりやすく紹介 |HR NOTE

月額変更届の書き方や提出方法をわかりやすく紹介

会社でミーティングをしている様子

会社は従業員に給与を支給する際、社会保険料をあらかじめ天引きし、保険者(協会けんぽなど)に支払う義務があります。

社会保険料を計算する際のベースとなる標準報酬月額は、被保険者の資格を取得後は、毎年1回行われる定時決定によって決まります。

ただ、年の途中で標準報酬月額が著しく変化した場合は、定時決定を待たずに月額変更届を提出し、改定を行う必要があります。

今回は、月額変更届の基礎知識と、基本的な書き方、提出方法、電子申請のやり方について解説します。

保険料計算の手間とミスから解放されたい方へ

給与計算業務でミスが起きやすい社会保険料。
保険料率の見直しが毎年あるため、更新をし損ねてしまうと支払いの過不足が生じ、従業員の信頼を損なうことにもつながります。

当サイトでは、社会保険4種類の概要や計算方法から、ミス低減と効率化が期待できる方法までを解説した資料を、無料で配布しております。

「保険料率変更の対応を自動化したい」
「保険料の計算が合っているか不安」
「給与計算をミスする不安から解放されたい」
という担当の方は、「社会保険料の給与計算マニュアル」をご覧ください。

社会保険料ebok

\【人事担当者様必見!】豪華ゲスト多数登壇、大規模HRイベント /
大好評につき、今だけ見逃し配信受付中!

社員のワークライフバランスについて考え考え、より働きやすい環境を整備することが求められる時代になりました。そのような背景もあり、身体的・精神的・社会的に良好な状態にあることを意味する「ウェルビーイング」が重視されるようになっています。

本セッションでは、「ウェルビーイング」実現の課題と、それらを解決するための人事施策をご紹介します。

  • 社員のウェルビーイング実現に取り組んでいきたいとお考えの方
  • 今のところ、実施は考えていないが、最近よく聞く「ウェルビーイング」について理解を深めたい方

どちらの方にもお役立ちできる内容となっておりますので、是非お申込みください!

1. 月額変更届とは?

女性が悩んでいる様子

月額変更届とは、標準報酬月額を改定する際に必要となる届出のことです。

標準報酬月額は、資格を取得した年以後、毎年4月、5月、6月の3ヶ月間の報酬の平均額を算出し、それをもとにした定時決定によって決まる仕組みになっています。

ただ、定時決定は年に1回しか行われないため、途中で標準報酬月額のベースとなる報酬に変化があった場合、実際に支給されている額と標準報酬月額との間に大きな差が生じる可能性があります。

そのため、以下3つすべての要件を満たす場合は、定時決定を待たず、速やかに随時改定を行う決まりになっています。(※注1)

  • 固定的賃金に変動があったとき
  • 従前の標準報酬月額と、改定後の標準報酬月額に2等級以上の差が生じるとき
  • 固定的賃金が変動した日以後、連続した3ヶ月における報酬の支払われたすべての月の支払基礎日数が17日(特定適用事業所に勤務する短時間労働者は11日)以上であること

以上の条件を満たす場合は、月額変更届を保険者に提出することで、変更後の報酬を初めて受けた月から起算して4ヶ月目の標準報酬月額から改定が反映されます。
※注1:「健康保険・厚生年金保険 被保険者報酬月額変更届 厚生年金保険 70 歳以上被用者月額変更届」|日本年金機構

月額変更届を提出するほかにも、人事労務担当の方が対応すべき社会保険料の手続きや計算業務は多岐にわたります。
とはいえ、社会保険料におけるすべての計算方法や、想定する年間スケジュールが明確でなく、不安を感じている人事労務担当の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方に向けて、本サイトでは社会保険料の概要・計算方法や、社会保険料の計算について把握しておくべき年間スケジュールについて解説した資料を無料で配布しています。
社会保険料において、ミスなく業務を遂行したい人事労務担当の方は、こちらからダウンロードしてご活用ください。

1-1. 月額変更届の提出が不要なケース

以下の要件に当てはまる場合は、随時改定の要件に該当しないため、月額変更届の提出は不要となります。(※注1)

  • 固定的賃金は上がった一方、変動後の連続した3ヶ月分の報酬の平均額による標準報酬月額が従前より下がり、2等級以上の差が生じた場合
  • 固定的賃金は下がった一方、変動後の連続した3ヶ月分の報酬の平均額による標準報酬月額が従前より上がり、2等級以上の差が生じた場合

2. 月額変更届の書き方

月額変更届の書き方

随時改定に該当する従業員がいる場合、事業主は速やかに月額変更届に必要事項を記入し、提出する必要があります。

月額変更届では、以下18の事項を記載します。

2-1. 健康保険事業所記号

健康保険事業所ごとに割り振られた数字を記入します。

2-2. 事業所の名称・所在地・電話番号、事業主氏名

事業所の名称、所在地、電話番号とともに、事業主の氏名を記入します。

2-3. 被保険者証の番号

資格取得時に交付された被保険者証の番号を記入します。

2-4. 被保険者氏名

随時改定の対象となる被保険者の氏名を記入します。

2-5. 生年月日

随時改定の対象となる被保険者の生年月日を記入します。

2-6. 改定年月

随時改定が行われる年月を記入します。

具体的には、後述する給与支給月で記入した3ヶ月目の翌月となります。

2-7. 従前の標準報酬月額

変更前の標準報酬月額を千円単位で記入します。

2-8. 従前改定月

変更前の標準報酬月額が適用された年月を記入します。

2-9. 昇(降)給

随時改定の原因となった昇給・降給があった月の支払月を記入します。

昇給・降給は該当する項目に◯をつけます。

2-10. 遡及支払額

遡及分の支払があった月と、支払われた遡及差額分を記入します。

遡及分は、計算ミスや額の決定が遅れるなどして支給が遅延した場合や、後から遡及することが決まった場合などに発生します。

2-11. 給与支払月

固定的賃金の変動が反映された月から3ヶ月分の月を記入します。

2-12. 給与計算の基礎日数

正社員や契約社員など月給・週給者の場合は暦日数を、パートやアルバイトなど日給・時給者は出勤日数等報酬支払の基礎になった日数をそれぞれ記入します。

月給・週給者のうち、欠勤日数分の給与を差し引く場合は、就業規則などで定められた日数から欠勤日数を除いて記入します。

2-13. 通貨によるもの

労働の対償として得た金銭(通過)の合計金額を記入します。

名称は問わず、支給された給料や手当等のすべてが含まれます。

2-14. 現物によるもの

報酬のうち、金銭ではなく現物で支給されたものを記入します。

たとえば、食事や住宅、被覆、定期券などが該当します。

2-15. 総計

3ヶ月分の通過によるものと現物によるものの総計を記入します。

2-16. 平均額

総計を3(ヶ月)で割った数値を記入します。1円未満は切り捨て処理します。

2-17. 修正平均額

昇給が遡ったために対象月中に差額分が含まれている場合は、差額分を除いた平均額を記入します。

2-18. 備考

当該従業員について、当てはまる項目があれば◯を付けます。

備考欄には以下のような項目があります。

  • 二以上勤務
  • 短時間労働者(特定適用事業所等)
  • 昇給・降給の理由
  • 昇(降)給差の月額
  • その他

3. 月額変更届の提出方法

月額変更届の提出

月額変更届の提出方法は、窓口持参・郵送・電子申請の3パターンあります。

窓口持参の場合、事務所の所在地を管轄する年金事務所に、月額変更届を持参します。

なお、改定後の標準報酬月額が改定前と比較して等級が下がる場合、以下の添付書類が必要になります。(※注1)

  • 昇降級のあった支払月の前月以降4ヶ月分の賃金台帳の写し
  • 昇降級のあった支払月以降の3ヶ月分の出勤簿の写し
  • 取締役会の議事録等の写し(被保険者が役員の場合)

また、年間報酬の平均で算定することを申し立てる場合は、以下の添付書類が必要になります。

  • (様式1)年間報酬の平均で算定することの申立書(随時改定用)
  • (様式2)健康保険 厚生年金保険 被保険者報酬月額変更届・保険者算定申立に係る例年の状況、標準報酬月額の比較及び被保険者の同意等(随時改定用)

郵送の場合も、上記の書類を管轄の年金事務所宛に送付すればOKです。

4. 月額変更届の電子申請

電子申請をする男性

月額変更届は、電子申請を利用して提出することも可能です。

電子申請の利用方法には複数のパターンがありますが、ここでは最もスタンダードなやり方をご紹介します。

4-1. GビズIDのアカウントを取得する

GビズIDとは、1つのアカウントで複数の行政サービスにアクセスすることができる認証システムです。

GビズIDのホームページから、法人代表者用のgBizIDプライムの申請書を作成し、必要項目を入力してから印刷します。

手書きで作成日を記入し、押印したら、申請書と印鑑証明書を同封し、GビスID運用センター宛で郵送します。

書類に不備がなければ原則2週間以内にメールが届き、記載された手順に沿って手続きすれば、アカウントを取得できます。

4-2. 届書作成プログラムを利用して届署を作成する

届書作成プログラムとは、届書のデータを簡単に作成・申請できるプログラムのことです。

日本年金機構のホームページからダウンロードすることが可能です。

パソコンへのインストールが終わったら、各種初期設定を行った後、被保険者情報を登録します。

なお、管轄の年金事務所に問い合わせれば、被保険者のデータが収録されたターンアラウンドCDが送付されるため、CDのデータを読み込めば被保険者のデータを簡単にインプットできます。

登録が完了したら、プログラムを起動し、「届書一覧入力」から月額変更届を選択します。

画面に表示された項目に必要事項を記入したら、届書データを保存し、電子申請用ボタンを押下した電子申請用ファイル、CSV形式届書総括票を作成します。

4-3. 申請を行う

プログラムにある「届書の申請・申請状況の照会」から、作成した電子申請用ファイルを送信します。

初回はGビズIDアカウントの登録が必要です。

あとは作成した届書データを選択し、申請情報を入力して「申請」ボタンを押下すれば、電子申請は完了です。

5. 標準報酬月額に変更がある場合は、月額変更届を忘れずに提出しよう

案内をする女性

昇降給などで標準報酬月額に著しい変更があった場合は、年の途中でも月額変更届を提出する必要があります。

月額変更届は窓口に持参するか、郵送で送付することも可能ですが、電子申請を利用すれば24時間いつでも会社などから申請できます。

初回はアカウントの取得などで手間はかかりますが、一度登録すれば次回以降の手続きはぐっと楽になりますので、積極的に利用することをおすすめします。

保険料計算の手間とミスから解放されたい方へ

給与計算業務でミスが起きやすい社会保険料。
保険料率の見直しが毎年あるため、更新をし損ねてしまうと支払いの過不足が生じ、従業員の信頼を損なうことにもつながります。

当サイトでは、社会保険4種類の概要や計算方法から、ミス低減と効率化が期待できる方法までを解説した資料を、無料で配布しております。

「保険料率変更の対応を自動化したい」
「保険料の計算が合っているか不安」
「給与計算をミスする不安から解放されたい」
という担当の方は、「社会保険料の給与計算マニュアル」をご覧ください。

社会保険料ebok

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

関連記事

法定調書の提出期限はいつまで?出し忘れたときの対応も紹介

法定調書の提出期限はいつまで?出し忘れたときの対応も紹介

2022.11.01
HR NOTE編集部
法定調書合計表とは?提出先や電子申告について徹底解説

法定調書合計表とは?提出先や電子申告について徹底解説

2022.11.01
HR NOTE編集部
法定調書の書き方を6つの種類ごとに詳しく解説

法定調書の書き方を6つの種類ごとに詳しく解説

2022.11.01
HR NOTE編集部
配偶者控除等申告書の作成方法や注意点をわかりやすく解説

配偶者控除等申告書の作成方法や注意点をわかりやすく解説

2022.11.01
HR NOTE編集部
給与支払報告書を電子申請するには?手順を詳しく解説

給与支払報告書を電子申請するには?手順を詳しく解説

2022.11.01
HR NOTE編集部
扶養控除等(異動)申告書とは?書き方を項目別に紹介

扶養控除等(異動)申告書とは?書き方を項目別に紹介

2022.11.01
HR NOTE編集部
給与支払報告書と源泉徴収票はどう違う?4つの違いを紹介

給与支払報告書と源泉徴収票はどう違う?4つの違いを紹介

2022.11.01
HR NOTE編集部
退職者の給与支払報告書は提出すべき?必要性や作成方法を紹介

退職者の給与支払報告書は提出すべき?必要性や作成方法を紹介

2022.11.01
HR NOTE編集部
給与支払報告書の書き方や訂正方法をわかりやすく解説

給与支払報告書の書き方や訂正方法をわかりやすく解説

2022.11.01
HR NOTE編集部