就労ビザ申請事例|行政書士が取得した事例をご紹介|小売り・販売編① | 人事部から企業成長を応援するメディアHR NOTE

就労ビザ申請事例|行政書士が取得した事例をご紹介|小売り・販売編① | 人事部から企業成長を応援するメディアHR NOTE

就労ビザ申請事例|行政書士が取得した事例をご紹介|小売り・販売編①

  • 労務
  • 労務・その他

監修 行政書士 細田 加苗

大人気、現役行政書士の解説付き「就労ビザ申請成功事例」シリーズ第3弾です!

今回は【小売り・販売業】の就労ビザ取得事例について、2回に分けて詳しく解説していただきました。

本記事では、就労ビザの申請で今人気が高い「携帯電話販売ショップ」におけるビザ取得成功事例を集めています。

小売り・販売業での外国人採用をご検討中の企業担当者様、そして、これから日本の小売り・販売系の企業で働くことを考えている外国人の方々の参考になりましたら幸いです。

※注意点※(必ずご確認ください)

前提として、「小売り・販売業務」自体は、この記事でご紹介する就労ビザ(日本で働くことができる在留資格)である「技術・人文・国際業務」にとして認められることは難しいです。

しかしながら、例外的に「技術・人文・国際業務」として認められる事例もあります。

今回は、そのような事例についていくつかご紹介しています。

 

・今回ご回答いただいた行政書士・

【監修】細田 加苗 東京都行政書士会新宿支部所属 

埼玉県出身。2018年慶應義塾大学法学部政治学科卒。2019年行政書士試験合格。外国人の方のビザ取得支援業務について、日々勉強中。夢は多文化共生社会の実現。

所属機関カテゴリー分類
カテゴリー1
上場企業や、政府の様々な認定を受けている企業(参考 ※2020年1月現在)

カテゴリー2
「前年分の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」の給与所得の源泉徴収票合計表の源泉徴収税額が1,000万円以上ある団体・個人

カテゴリー3
「前年分の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」の給与所得の源泉徴収票合計表の源泉徴収税額が1,000万円未満の団体・個人

カテゴリー4
「前年分の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」がない団体・個人 

就労ビザ取得の事例紹介

 

早速、就労ビザの取得に成功した携帯電話販売ショップの事例4つをご紹介します。

CASE01|九州地方の携帯電話販売ショップ/台湾人2名のビザ取得に成功

携帯電話販売ショップでの業務内容で、十分な業務量があることを立証する資料を提出したことが決め手となった事例をご紹介します。

企業情報

所在地 九州地方
企業カテゴリー カテゴリー2
外国人従業員数 初採用

就労ビザ申請スタッフ情報

国籍 台湾
ビザの種類 技術・人文知識・国際業務
学歴(学位)・専攻 大学:日本語学部/工学部
日本語能力

JLPT N1:1名

JLPT N1、TOEIC820点:1名

申請詳細

  • 業務内容:翻訳・通訳/在留外国人に向けた販売促進
  • 申請してから結果が出るまでの期間:1週間

行政書士からの一言

携帯電話販売ショップで外国人を採用する場合、「外国人に向けての翻訳・通訳業務」「語学を活かした販売促進業務」などの業務内容が、今回ご紹介する「技術・人文知識・国際業務」という就労ビザ(日本で働くことができる在留資格)の範囲内です。

翻訳・通訳や顧客となる外国人客がある程度の数来店していて、十分な業務量があることを証明するために、店舗の発券機から外国人客数のデータを出力し、参考資料として提出しました。

外国人スタッフの日本語の語学力が高かったことや、しっかりと上記の業務量についての立証ができたことから、1週間という早さで有効期間5年のビザの許可がおりました。

CASE02|九州地方の携帯電話販売ショップ/台湾人2名のビザ取得に成功

ビザ申請時に入管へ提出する企業のデータ(店舗への来客者データ)の補足として、企業の所在する地域全体としてインバウンド需要が増加する見通しを強調することで、ビザ取得に成功した事例をご紹介します。

企業情報

所在地 九州地方
企業カテゴリー カテゴリー3
外国人従業員数 初採用

就労ビザ申請スタッフ情報

国籍 台湾
ビザの種類 技術・人文知識・国際業務
学歴(学位)・専攻 大学:日本語学部
日本語能力

JLPT N2、BULATS 20点:1名

JLPT N1、TOEIC 715点:1名

申請詳細

  • 業務内容:翻訳・通訳/在留外国人に向けた販売促進
  • 申請してから結果が出るまでの期間:2カ月弱

行政書士からの一言

外国人来客者数が分かるデータはきちんとありましたが、出入国在留管理庁(以下:入管)から、来客数が十分な業務量を確保するには少なすぎると思われてしまう可能性がありました。

そのため、「県全体として観光客が増加してきていることから、レンタルwi-fiやレンタルタブレットの貸し出し需要も増加していく」と説明文に記載することで、業務量が十分に確保されていることをアピールしました。

また、申請人である外国人は2名とも英語が堪能であったため、対応できる業務の幅が広いということも前面に押し出して申請をしました。

その結果、2カ月弱で無事2名ともビザを取得することができました。

CASE03|関東地方の携帯電話販売ショップ/台湾人3名のビザ取得に成功

企業の所在地域に留学生が多いことを示す具体例を記載することで、短期間で就労ビザ取得に成功した事例をご紹介します。

企業情報

所在地 関東地方
企業カテゴリー カテゴリー2
外国人従業員数

1名/33名(A店)

初採用(B店)

就労ビザ申請スタッフ情報

国籍 台湾
ビザの種類 技術・人文知識・国際業務
学歴(学位)・専攻 大学:情報専攻1名/日本語専攻2名
日本語能力 JLPT N1:3名

申請詳細

  • 業務内容:外国人客対応のための翻訳・通訳業務/長期的には法人営業
  • 申請してから結果が出るまでの期間:1週間程度

行政書士からの一言

千葉県内に2店舗を構える携帯電話販売ショップの事例です。

「翻訳・通訳」を必要とする顧客が一定数いることを示すために、「県内に留学生が多い」という事実を立証するための資料を添付しました。

さらに、留学生が多数在籍している専門学校名を具体的に挙げて、情報の信ぴょう性が伝わるように工夫しました。

その結果、申請から1~2週間という短期間で就労ビザの取得に成功しました。

CASE04四国地方の携帯電話販売ショップ/ベトナム人1名のビザ取得に成功

入管職員に疑問を持たれそうな点を考慮にいれ、業務内容や来客数の情報をしっかりと出すことで、ビザ取得に成功した事例をご紹介します。

企業情報

所在地 四国地方
企業カテゴリー カテゴリー3
外国人従業員数 初採用

就労ビザ申請スタッフ情報

国籍 ベトナム
ビザの種類 技術・人文知識・国際業務
学歴(学位)・専攻 大学:日本語学部
日本語能力

JLPT N2、TOEIC 655点:1名

JLPT N2:1名

申請詳細

  • 業務内容:日本人従業員とベトナム人のお客様との間の通訳
    (1)ベトナム人のお客様に対するベトナム語での商品や契約内容の説明
    (2)契約書、案内書、説明書などのベトナム語への翻訳
    (3)チラシ・ポップなどの販売促進ツールの翻訳、ベトナム語版の企画・制作
    (4)ベトナム人の来店客数を増加させるためのマーケティング施策の企画立案
  • 申請してから結果が出るまでの期間:1カ月

行政書士からの一言

複数ある店舗のうち、一番店舗面積が広く外国人来客数も多い店舗が外国人スタッフの内定先でした。

しかし、こちらの企業がある県はベトナム人が数多くいる、という印象を持つ審査官が少ないのではないかという懸念がありました。

そのため、「電話などを使用して他店舗についてもベトナム人客の対応をする」ということも申請書類に強調して記載しました。

さらに、外国人スタッフの配属店舗では外国人が月間100名以上来ることを示す来客数データなども提出して、接客時間が2~3時間/人と計算したときに十分な業務量がある、というように定量的に説明しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

携帯ショップで翻訳・通訳として外国人を雇うためには、「外国人向けの翻訳・通訳業務/販売促進業務など、技術・人文知識・国際業務ビザに該当する業務内容であることの説明」「十分な業務量が担保できることの立証」がポイントといえそうですね。

HR NOTEでは、実際に就労ビザ申請代行を実施している行政書士法人に監修いただき、記事を展開しております。

本記事だけでなく、外国人採用に関するさまざまな記事を展開しておりますので、ぜひご覧ください!

--------------------

\7月26日(金)開催!豪華ゲスト登壇!/
今こそ知っておきたい「人事データ活用」の具体的なノウハウをご紹介!

組織改善に必要な人事データを収集・活用して組織変革を促す「HRDX(人事DX)」。しかし、多くの企業が「具体的にどうやって人事データを活用していけば良いかわからない」といった悩みを抱えているのではないでしょうか?

今回のHRDX CAMPでは、人事データ活用に関する有識者3名をお招きし、人事データ活用の具体的な方法や実践事例を解説します。無料で視聴できますので、この機会にぜひご参加ください。

【こんな方におすすめ!】

  • 人事データ活用が重要だとは思っているが、具体的な進め方のイメージができない
  • 既に人事システムを導入はしているが、使いこなせていないように感じている
  • 「戦略人事」や「ピープルアナリティクス」といった内容に興味がある

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

労働時間に休憩は含む?休憩時間の計算方法やルールを解説

労働時間に休憩は含む?休憩時間の計算方法やルールを解説

労働基準法では一定の時間働く従業員に対し、休憩時間を与えなくてはならないとされています。法律によって義務付けられている休憩時間は、労働時間に含めてカウントするものでしょうか。本記事で、休憩時間に関する正しい知識や計算方法について学びましょう。

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.07.23
HR NOTE 編集部
労働時間の把握のために管理職の勤怠管理が義務化?厚生労働省も注意喚起!

労働時間の把握のために管理職の勤怠管理が義務化?厚生労働省も注意喚起!

労働安全衛生法の改正で、管理監督者の勤怠管理が義務付けられたことにより、これまで以上に労働時間の把握が重要視されるようになりました。管理監督者と認められるには基準があるため、混同されやすい管理者と管理監督者の違いを理解することが大切です。本記事では、労働時間の定義から、厚生労働省ガイドラインを元に労働時間把握のためにおこなうべき事項7つまで、わかりやすく解説します。

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.07.22
HR NOTE 編集部
試用期間中の給料設定のルールを徹底解説!最低賃金以下の設定も可能なの?

試用期間中の給料設定のルールを徹底解説!最低賃金以下の設定も可能なの?

労働者を本採用するかを見極めるために試用期間を設ける企業は多いでしょう。試用期間中の給与は、本採用時よりも低く設定することも可能です。とはいえ、規定ルールがあるため順守することが求められます。本記事では、試用期間における給料・残業代の設定ルールや、よくある質問について解説します。

  • 労務
  • 就業規則
2024.07.19
HR NOTE 編集部
フレックスタイム制導入のための就業規則の例と作成後のステップを解説

フレックスタイム制導入のための就業規則の例と作成後のステップを解説

フレックスタイム制の導入には就業規則への記載が不可欠です。作成時には、労働基準法に違反のないよう適切な規則を設ける必要があります。本記事では、フレックスタイム制の就業規則の規定例、就業規則作成後から導入までのフロー、注意点などをわかりやすく解説します。

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.07.18
HR NOTE 編集部
労働保険加入手続きの方法を一から解説!必要書類・更新手続きも確認

労働保険加入手続きの方法を一から解説!必要書類・更新手続きも確認

労働保険(労災保険・雇用保険)は、従業員をひとりでも雇用する事業所で加入手続きが必要です。管轄の労働基準監督署で労災保険、ハローワークで雇用保険の加入手続きが必要です。本記事では、労働保険加入手続きの方法や必要書類、よくある質問もあわせて解説します。

  • 労務
  • 社会保険
2024.07.17
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ