パーパスとは?注目背景やメリット、企業事例をご紹介 |HR NOTE

パーパスとは?注目背景やメリット、企業事例をご紹介 |HR NOTE

パーパスとは?注目背景やメリット、企業事例をご紹介

  • 組織
  • 企業文化・組織風土

最近注目されている「パーパス」という言葉。耳にされた方も多いと思います。Purposeを英語に訳すと「目的」、「意図」と訳すことができますが、ビジネス用語としてはどのように使われているのでしょうか。

この記事ではパーパスの定義や注目される背景、メリットや事例について詳しく説明します。

1.パーパスとは何か

この章ではパーパスの定義やMVVモデルとの違いについて説明します。

1-1.パーパスの定義

パーパス(purpose)とは先ほど申し上げた通り一般的には「意図」、「目的」を意味します。

しかし、ビジネス用語では「社会において、企業は何のために存在しているのか」と、「社会に貢献するために」どのような事業が展開されているのかを明確に示すものでもあり企業の存在意義を表します。

1-2.パーパスとMVVとの違い

「パーパス」に似ている言葉で、MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)があります。MVVは以下の3つの要素から構成されています。

・ミッション:企業の存在意義。恒久的で変わらないもの。

・ビジョン:ミッションをもとにした中長期的な目標。多くの場合3~10年の間に達成できるように設定する。状況に応じて変更可能。

・バリュー:ミッション・ビジョンをもとに生まれた具体的な行動指針。

「ミッションとパーパスは同じ意味なのではないか」と考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、社会とのつながりという面で大きく異なります。

ミッションは、社会とのつながりはあまり意識されてはいません。どちらかというと、ミッションは企業が掲げる目標に向けてどのように行動をしていくか(what)という概念を表しています。

それに対し、パーパスはその企業がなぜこの社会に存在しているのか(why)という概念を表しています。

関連記事:MVVとは?重要視される背景や策定方法、浸透方法・注意点、成功事例を解説

1-3.パーパスと経営理念との違い

また、「パーパス」に似ている言葉で「経営理念」が挙げられます。「パーパス」と「経営理念」は非常に似た概念ですが、「社会とのつながりを意識している度合い」が異なります。

「経営理念」はあくまで「その企業の方向性」を示したものであるため、会社によっては「社会とのつながり」が不明瞭な場合も多いです。それに対し、「パーパス」は「社会とのつながり」を強く意識したものです。そのため、パーパスは「社会において、企業は何のために存在しているのか」と、「社会に貢献するために」どのような事業が展開されているのかを明確に示すものでもあり企業の存在意義を表します。

関連記事:5分でわかる経営理念の作り方|定義や企業事例まで分かりやすく解説!

2.なぜパーパスが求められているのか

ここではパーパスが求められている背景について説明します。

2-1.z世代の労働目的の変化

z世代と呼ばれる、現代の若者たちの労働目的は、従来の労働の目的とは異なっています。

ある調査によると若い世代の労働のモチベーションは「より高い賃金を得たい」や、「仕事を通じて社会的地位や名声を得たい」という考え方から仕事を通じて達成感や生きがいを得るため」、というような労働を通じて社会貢献を行うことも重視され始めていることがわかります。

パーパスを設定することでミレニアム世代やz世代の「共感」を得ることができます。パーパスを設定することは企業のブランディングにもなり、それに共感した若く優秀な人材の獲得にもつながると考えられています。

2-2.持続可能性がある社会が求められている

近年、森林破壊や地球温暖化などの環境破壊が問題視されています。企業は以前、高度成長期に収益をあげることを第一とし、環境を顧みずに開発を進めたことが、現代の私たちの社会を圧迫しています。

このような背景を踏まえて、現代では持続可能な開発が重要視されています。企業が形だけの社会的責任(CSR)を負うだけではなく、行っている事業自体がESG(環境、社会、ガバナンス)やSDGsにいかに貢献しているかが求められているのです。

そのため、社会との連携を意識したパーパスを設定することは時代に即していると言えます。

2-3.時代の変化が加速している

現代では時代の変化が加速しています。コロナ禍になりリモートワークが促進され、DX化によりハンコ文化が消失し始めるなどが挙げられます。

このように、変化が激しい現代において、企業にとって変わらない軸となる「パーパス」の重要性が高まっています。

3.パーパスを設定することのメリット

3-1.従業員のモチベーションへつながる

パーパスを設定することは従業員と企業の共通目標ができることを意味します。

従業員が働く際に、ただお金の対価としてだけの仕事から、「自分が行っている仕事は間接的に○○に貢献している」と実感することができます。

このような仕事に対する理由付けが従業員のモチベーションアップや会社に対するエンゲージメント向上につながります。さらに、企業のために行動できる人材がふえ、イノベーションの創出も期待できます。

3-2.ステークホルダーへのアピールになる

パーパスを設定することで企業外部のアピールにつながります。

社会問題に積極的に関与している姿勢を見せることで投資家や顧客などのステークホルダーから信頼を得ることにつながります。またパーパスを様々な人々に認知してもらい、パーパスに基づいたブランディングを行うことで企業自体のイメージを向上させることができます。

4.パーパスウオッシュを防ぐために

4-1.パーパスウオッシュとは何なのか

パーパスウォッシュとはパーパスを設定をしたが、実際にはパーパスに即した行動が伴っていないことです。パーパスの実現可能性が低かったり、共感しづらい内容であるとステークホルダーに対して不信感を与えてしまう恐れがあります。これはパーパスのデメリットに該当するので注意が必要です。

4-2.パーパスウォッシュを防ぐためには

パーパスを設定する際、注意すべき点は以下の通りです。

・社会とのつながりが意識されているものか。

・会社の事業内容とパーパスが合致しているか。

・実現可能性はあるか。

・ステークホルダーにとってわかりやすく共感しやすい内容であるか

パーパスはまずステークホルダーに認知してもらう必要があります。そのためにはできるだけ短く、簡潔な内容であることが重要です。

これらは従業員のモチベーションに深くかかわってきます。前述した通り、パーパスと実際の行動が伴っていないとパーパスウオッシュを起こしてしまい、パーパスを設定した意味がありません。

そのため、実現可能でありなおかつ自社の事業とマッチしていることも必要です。また、前提としてパーパスは社会的連携を重要視しているのでどの社会問題なら自社が貢献できるか熟考しましょう。

パーパスは「企業の在り方を示すもの」です。そのため、パーパスを作成する際は社員全員が納得できるようなものにしましょう。

5-1.花王の例

花王は「豊かな共生文化の実現」というパーパスを策定しました。そのパーパスに基づき、2019年にESG(環境・社会・ガバナンス)戦略「Kirei Lifestyle Plan」を発表しました。

この戦略では様々なステークホルダーと協力し、フィルム容器のリサイクルやインドネシアの小規模パームの生産向上を援助し、持続可能なパーム油の認証を援助するプログラムなどを行っています。

5-2.ピジョンの例

ピジョンは2019年に「赤ちゃんをいつも真に見つめ続け、この世界をもっと赤ちゃんにやさしい場所にします」というパーパスを設定しました。

そのパーパスをもとピジョンにっこり授乳期研究会という「より多くの赤ちゃんが健康に育ち、より多くのママ・パパが子育てに幸せを実感できることを大切にする社会を目指す」を理念とし、授乳期のママと赤ちゃんの専門家とともに、授乳期の課題を見つけ、ソリューションを提供するプロジェクトを立ち上げました。

そこでは後期早産で生まれた赤ちゃん(後期早産児)やご家族のケアを無償で行っています。ほかにも風疹をゼロにするための講演会やワクチンの費用負担、募金活動などパーパスに即した社会活動を精力的に行っています。

上記で解説した通り、様々な企業がパーパスを設定し、それに即した社会貢献活動をおこなっています。

6.まとめ

変化が激しい現代において、企業のあり方を示す「パーパス」の重要性は高まっています。

パーパスはここ数年で注目され始めたキーワードであり、すべての企業が行っているわけではありません。パーパスを設定することは企業内で従業員のモチベーションの向上につながるだけではなく、顧客や他企業、投資家からの信頼につながります。

パーパスウォッシュに注意しながら、パーパスを設定してみてはいかがでしょうか。

--------------------

\4月24日限定開催!/
人事×ChatGPTの具体的な活用術術を紹介!

ChatGPTをはじめとする生成AIを業務に取り入れることで、業務時間の圧縮や業務量の削減が期待されます。

今回は、人事担当者の方が今日から使えるChatGPT活用術として、

組織開発に関するChatGPT活用を株式会社リーディングマークのプロダクト企画室副室長/AIエバンジェリストの今村健一郎氏に、

労務領域の業務に関するChatGPT活用を社会保険労務士の加藤秀幸先生にお話いただきます。

実際に使えるプロンプトを交えた実践的なノウハウもご紹介しますのでこちらから視聴予約をして、是非ご参加ください。

 

▷こんな方におすすめ!
・人事業務の担当者の人手が足りず困っていて業務効率を上げた

・ChatGPTに興味はあるけれど、どんなことに使えばよいか分からない

・業務にChatGPTを取り入れたいが、イメージしているような回答が出てこない

 

▼当日の視聴予約はこちらから!▼
https://seminar.hrnote.jp/post/95

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

次世代の人材育成とは〜発信と共有の場がもたらす組織変革とモチベーション向上〜

次世代の人材育成とは〜発信と共有の場がもたらす組織変革とモチベーション向上〜

ビジネス環境の変化も早く、人口減少、多様化する価値観など、人事部の方にとってこれほど人材育成が複雑で高度化している時代は今まで類をみないのではないでしょうか? たとえば、これまでのような画一的な研修、強制的な異動や転勤を […]

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.04.17
松野天音
「キャリアの壁(女性社員本人の壁)」を乗り越えるための意識変革|本人・上司・全社で実現する女性活躍推進

「キャリアの壁(女性社員本人の壁)」を乗り越えるための意識変革|本人・上司・全社で実現する女性活躍推進

2023年3月期の有価証券報告書から女性管理職比率の開示が義務付けられるなど、女性活躍を推進する気運が一層高まっています。一方で、「なかなか女性の管理職が増えない」とお悩みの企業は少なくありません。 本連載では「本人・管 […]

  • 組織
  • キャリア開発
2024.04.17
根本 慎吾
「チーム愛媛」のデジタル人材育成「高度デジタル人材シェアリング事業」に密着!

「チーム愛媛」のデジタル人材育成「高度デジタル人材シェアリング事業」に密着!

愛媛県では、県・市町による協働事業「チーム愛媛」高度デジタル人材シェアリング事業の一環として、職員を対象とした各種研修・勉強会が開催されています。 今回編集部はその中の「BIツール勉強会」に参加させていただき、実際の勉強 […]

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.04.15
HR NOTE 編集部
「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【後編】

「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【後編】

上場企業における人的資本の情報開示が義務化されたことを背景に、自社の人事データを正しく管理し活用することの重要性が高まっています。 しかし、人事データをとりあえず集めたが、その後の効果的な分析ができずにいる企業がとても多 […]

  • 組織
  • 組織・その他
2024.04.15
金井一真
「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【前編】

「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【前編】

上場企業における人的資本の情報開示が義務化されたことを背景に、自社の人事データを正しく管理し活用することの重要性が高まっています。 しかし、人事データをとりあえず集めたが、その後の効果的な分析ができずにいる企業がとても多 […]

  • 組織
  • 組織・その他
2024.04.15
金井一真

人事注目のタグ