賞与に対する所得税率の求め方や計算方法を詳しく解説 |HR NOTE

賞与に対する所得税率の求め方や計算方法を詳しく解説 |HR NOTE

賞与に対する所得税率の求め方や計算方法を詳しく解説

  • 労務
  • 給与計算

ボーナスのカード賞与は臨時の支給金であり、毎月の給与とは違った方法で所得税を計算します。天引きする項目や所得税率の求め方も異なるため、計算の際には注意しましょう。

今回は、賞与から天引きされる項目や所得税率の求め方、所得税の計算方法について詳しく解説します。

関連記事:給与計算時の所得税の計算方法とは?源泉所得税や控除についても解説

【税金計算のミスという不安から解放されたい方へ】

給与計算業務は税務リスクや労務リスクと隣り合わせであるため、

・税額が合っているか不安
・税率を正しく計上できているか不安
・自社に合った税金計算方法(システム導入?代行依頼?)がわからない

というような悩みをお持ちのご担当者様は多いと思います。

そのような方に向け、当サイトでは所得税と住民税の正しい計算方法、税金計算時によく起きるミスとその対策をまとめた資料を無料で配布しております。

本資料にて、税金計算のミスを減らしたり、効率化が図れる給与計算システムの解説もあるので、税金計算をミスなく効率的に行いたいという方は、「所得・住民税 給与計算マニュアル」をダウンロードしてご覧ください。

税金計算ebook

ダウンロード

【社労士監修】HR関連法改正トレンドBOOK 2024年版

2023年は一部企業を対象に人的資本開示が義務化されたほか、HR関連での法改正に動きが見られました。
2024年では新たな制度の適用や既存のルールの変更・拡大がおこなわれます。
人事担当者として知っておきたいHR関連の法改正に関する情報ですが、その範囲は幅広く、忙しい業務の中でなかなか網羅的に把握することは難しいのではないでしょうか。

  • 忙しい中でも要点をまとめて情報収集をしたい
  • 社労士が監修した正確な情報を知りたい
  • HR関連の法改正を把握しておきたい

という方はぜひご確認ください!

\4月24日限定開催!/
人事×ChatGPTの具体的な活用術術を紹介!

ChatGPTをはじめとする生成AIを業務に取り入れることで、業務時間の圧縮や業務量の削減が期待されます。今回は、人事の方が今日から使えるChatGPT活用術として、実際に使えるプロンプトを交えた実践的なノウハウもご紹介します。

▷こんな方におすすめ!

  • 人事業務の担当者の人手が足りず困っていて業務効率を上げたい
  • ChatGPTに興味はあるけれど、どんなことに使えばよいか分からない
  • 業務にChatGPTを取り入れたいが、イメージしているような回答が出てこない
  • ▼当日の視聴予約はこちらから!▼
    https://seminar.hrnote.jp/post/95

1. 賞与から天引きされる所得税や保険料

積み木のTAX

賞与から天引きされる所得税や保険料は、以下のとおりです。

  • 健康保険料
  • 厚生年金保険料
  • 雇用保険料
  • 介護保険料(40歳以上の場合)
  • 所得税および復興特別所得税

なお、住民税は前年の総所得から算出した税額を、月々の給与から天引きします。賞与からは天引きしないと覚えておきましょう。次よりそれぞれの保険料の計算方法について解説します。

1-1. 健康保険料

医療保険の財源となる健康保険料の計算式は「標準賞与額×健康保険料率÷2」です。標準賞与額とは、賞与支給額から1,000円未満を切り捨てした金額のことです。[注1]
たとえば賞与支給額が60万8,320円の場合、標準賞与額は60万8,000円です。

標準賞与額がわかったら、健康保険料率を確認します。健康保険料率は「協会けんぽ」のホームページに記載されています。都道府県によって利率が異なるので、ホームページ内にある保険料額表を確認してから計算してください。

なお、健康保険料は会社と折半するため、最後に2で割る必要があります。

[注1]厚生年金保険の保険料(3.標準賞与額)|日本年金機構

1-2. 介護保険料(40歳以上の場合)

40歳以上の方の場合は、介護保険料の天引きが必要です。「標準賞与額×介護保険料率÷2」で求められ、介護保険料率は毎年変動します。健康保険料と同様、協会けんぽで介護保険料率を確認してから計算しましょう。

1-3. 厚生年金保険料

厚生年金保険料は、老齢年金や障害年金などの財源になるものです。「標準賞与額×厚生年金保険料率÷2」で計算します。健康保険料と同様、負担額は会社と折半のため、最後に2で割ります。厚生年金保険料率は一律18.3%です。[注2]

[注2]厚生年金保険料額表|日本年金機構

1-3. 雇用保険料

失業手当を始めとした給付金の財源となる雇用保険料は「賞与支給額×雇用保険料率」で算出します。これまでの保険料と異なり、賞与支給額そのものを計算に利用するので、誤らないよう気をつけてください。

雇用保険料率は年度や事業内容によって異なります。令和5年度(令和5年4月1日〜令和6年3月31日)の雇用保険料率は以下のとおりです。[注3]

事業の種類 4月1日〜3月31日の労働者負担率
一般事業 0.6%
農林水産業・清酒製造事業 0.7%
建設業 0.7%

[注3]令和5年度雇用保険料率のご案内|厚生労働省

関連記事:雇用保険料の計算方法は?雇用保険の目的や最新の会社負担額を解説

2. 賞与に対する所得税率

パーセントを浮かべる

賞与に対する所得税率を確定するには「賞与に対する源泉徴収税額の算出率表」を使用します。表を使用するには、以下2つの情報が必要です。

  • 前月の給与総支給額から社会保険料(健康保険料や介護保険料などの総称)を差し引いた金額
  • 扶養人数

まずは、前月の給与総支給額から社会保険料を差し引いてください。たとえば前月の給与総支給額が30万円、社会保険料が5万円の場合「30万円-5万円=25万円」です。扶養人数が1人だと仮定して、25万円の数値と重なる位置を算出率表で確認します。今回の場合、所得税率は「4.084%」だとわかります。

以下は賞与に対する源泉徴収税額の算出率表の一部です。[注4]

所得税率 扶養人数0人 扶養人数1人 扶養人数2人 扶養人数3人
0.000% 6万8,000円未満 9万4,000円未満 13万3,000円未満 17万1,000円未満
2.042% 6万8,000円以上7万9,000円未満 9万4,000円以上
24万3,000円未満
13万3,000円以上26万9,000円未満 17万1,000円以上29万5,000円未満
4.084% 7万9,000円以上25万2,000円未満 24万3,000円以上28万2,000円未満 26万9,000円以上31万2,000円未満 29万5,000円以上34万5,000円未満
6.126% 25万2,000円以上30万円未満 28万2,000円以上33万8,000円未満 31万2,000円以上36万9,000円未満 34万5,000円以上39万8,000円未満
8.168% 30万円以上33万4,000円未満 33万8,000円以上36万5,000円未満 36万9,000円以上39万3,000円未満 39万8,000円以上41万7,000円未満

このように、社会保険料を差し引いた賞与額や扶養人数によって、所得税率が変動します。

[注4]賞与に対する源泉徴収額の算出率の表|国税庁

3. 賞与に対する所得税の計算方法

電卓 ボーナスが表示されている

賞与に対する所得税額を計算する手順は、次のとおりです。

  1. 前月の給与総支給額から社会保険料を差し引いて課税所得額を求める
  2. 課税所得額と扶養人数から所得税率を求める
  3. 課税所得額と所得税率を乗じて所得税を求める

以下より、計算例を挙げながら解説します。

3-1. 前月の給与総支給額から社会保険料を差し引いて課税所得額を求める

課税所得額は、給与総額から社会保険料等控除を差し引いて求められます。賞与の計算に利用するのは、前月の給与総支給額です。前月の給与支給額が40万円、社会保険料が8万円の場合は、課税所得額は32万円です。

3-2. 課税所得額と扶養人数から所得税率を確認する

次に、課税所得額と扶養人数をもとに所得税率を確認します。「賞与に対する源泉徴収税額の算出率表」を見ながら、当てはまる場所をチェックしてください。課税所得額が32万円、扶養人数が2人と仮定した場合だと、所得税率は「6.126%」です。[注4]

所得税率は従業員ごとに異なるので、計算の都度「賞与に対する源泉徴収税額の算出率表」を確認しましょう。

[注4]賞与に対する源泉徴収額の算出率の表|国税庁

3-3. 課税所得額と所得税率を乗じて所得税を求める

最後に1と2で求めた課税所得額と所得税率を乗じます。今回は課税所得額が32万円、所得税率が6.126%のため「32万円×6.126%=1万9,603円(小数点以下切り捨て)」と計算されます。賞与支給額から源泉徴収する所得税額は、1万9,603円です。

3-4. 前月に給与支給がなかった従業員の所得税額の求め方

1の手順で前月の給与総支給額から所得税率・所得税額を求めると説明しました。しかし、なかには前月の給与支給がない方もいるでしょう。この場合は「給与所得の源泉徴収税額表(月額表)」をもとに所得税を計算します。

まず、賞与支給額から社会保険料を差し引き、賞与の計算期間の月分を割ります。半年に1回の賞与支給の場合は「(賞与支給額-社会保険料)÷6」です。もし半年を超える場合は12で割ります。[注5]
賞与額が100万円、社会保険料20万円だとすると、以下の計算になります。

(100万円-20万円)÷6=13万3,333円(小数点以下は切り捨て)

次に「給与所得の源泉徴収税額表(月額表)」の中から算出された金額に当てはまる税額を探します。13万3,333円で扶養人数が1人の場合は、840円です。[注6]
これは1カ月分の税額なので、×6をすると賞与の所得税額を求められます。

840円×6=5,040円

賞与支給額100万円、社会保険料20万円で扶養人数が1人の場合の賞与にかかる所得税額は、5,040円だとわかります。

[注5]No.2523 賞与に対する源泉徴収|国税庁

[注6]給与所得の源泉徴収税額表(令和 5 年分)|国税庁

4. 賞与に対する所得税率はその都度正確に算出することが大切

電卓で計算する女性

賞与に対する所得税率を求める場合は、最初に賞与から社会保険料を差し引き、課税対象額を求めましょう。計算後は「賞与に対する源泉徴収税額の算出率表」の中から課税対象額と扶養人数が重なる箇所の所得税率を確認します。
従業員によって賞与額や扶養人数が異なるため、所得税率も差があるのが通常です。ミスを防ぐためにも、処理の都度「賞与に対する源泉徴収税額の算出率表」から所得税率を確認し、計算を行いましょう。

【税金計算のミスという不安から解放されたい方へ】

給与計算業務は税務リスクや労務リスクと隣り合わせであるため、

・税額が合っているか不安
・税率を正しく計上できているか不安
・自社に合った税金計算方法(システム導入?代行依頼?)がわからない

というような悩みをお持ちのご担当者様は多いと思います。

そのような方に向け、当サイトでは所得税と住民税の正しい計算方法、税金計算時によく起きるミスとその対策をまとめた資料を無料で配布しております。

本資料にて、税金計算のミスを減らしたり、効率化が図れる給与計算システムの解説もあるので、税金計算をミスなく効率的に行いたいという方は、「所得・住民税 給与計算マニュアル」をダウンロードしてご覧ください。

税金計算ebook

ダウンロード

--------------------

\【2024年最新版】HR関連法改正トレンドBOOK/

▼無料ダウンロードはこちら▼
https://hrnote.jp/document/?did=148030

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

ボーナスは年末調整の対象になる?税金や還付金について解説

ボーナスは年末調整の対象になる?税金や還付金について解説

年末調整は、1年間の給与総額に基づいて所得税額を再計算し、毎月の源泉徴収税額との過不足分を再計算する手続きです。年末調整の対象は毎月の給料だけではありません。賞与やボーナスも年末調整の対象となるため、正しい手続き方法を知 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
年末調整に交通費や通勤手当は含まれる?注意点を徹底解説

年末調整に交通費や通勤手当は含まれる?注意点を徹底解説

企業は毎年度末、従業員から源泉徴収した所得税額に過不足がないかどうか確認する年末調整をおこないます。 所得税は給与収入をベースに算出した課税所得額に基づいて計算されるため、毎月従業員に支払っている交通費や通勤手当を給与収 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
年末調整のひとり親控除を徹底解説!対象者や書き方、寡婦控除との違いも解説

年末調整のひとり親控除を徹底解説!対象者や書き方、寡婦控除との違いも解説

会社勤めをしているひとり親の人は、年末調整でひとり親控除を受けることができます。ひとり親控除には、所定の手続きが必要なため、要件や書類の書き方などをしっかりチェックしておきましょう。今回は、年末調整のひとり親控除の対象者 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
退職金は年末調整の対象に含まれる?退職所得の計算方法や確定申告が必要なケースを解説

退職金は年末調整の対象に含まれる?退職所得の計算方法や確定申告が必要なケースを解説

退職金は年末調整の対象となる所得には含まれませんが、所得税の課税対象ではあります。当記事では、なぜ退職金が年末調整の対象にならないのか、退職金に対する所得税の課税金額の計算方法、そして、退職金に対して確定申告が必要になる […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
年末調整の続柄の書き方一覧!世帯主との関係や確定申告の場合の書き方も解説

年末調整の続柄の書き方一覧!世帯主との関係や確定申告の場合の書き方も解説

年末調整の書類には「あなたとの続柄」を記載する箇所がいくつかあります。続柄の意味や書き方を正しく理解していないと、間違った申告をおこなってしまう可能性があります。また、確定申告での続柄の記載方法は少々異なるため注意が必要 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ