所得税の控除種類・扶養控除についてわかりやすく解説! |HR NOTE

所得税の控除種類・扶養控除についてわかりやすく解説! |HR NOTE

所得税の控除種類・扶養控除についてわかりやすく解説!

  • 労務
  • 給与計算

所得税控除の種類や手続き方法について徹底解説

年末調整をおこなう際に非常に重要なポイントとなるのが「控除」です。

所得税の控除にはさまざまな種類があり、税額に大きく関係してきます。

当記事では、所得税の控除の種類や手続きの方法について詳しく解説します。

\年末調整業務をわかりやすく図解/
「年末調整のガイドブック」を無料配布中!

「年末調整が複雑で、いまいちよく理解できていない」「対応しているが、抜け漏れがないか不安」というお悩みをおもちではありませんか?

当サイトでは、そのような方に向け、年末調整に必要な書類から記載例、計算のやり方・提出方法まで、年末調整業務を図解でわかりやすくまとめた資料を無料で配布しております。

年末調整業務に不安のある方や、抜け漏れなく対応したい方は、こちらから資料をダウンロードしてご活用ください。

ダウンロード

【社労士監修】HR関連法改正トレンドBOOK 2024年版

2023年は一部企業を対象に人的資本開示が義務化されたほか、HR関連での法改正に動きが見られました。
2024年では新たな制度の適用や既存のルールの変更・拡大がおこなわれます。
人事担当者として知っておきたいHR関連の法改正に関する情報ですが、その範囲は幅広く、忙しい業務の中でなかなか網羅的に把握することは難しいのではないでしょうか。

  • 忙しい中でも要点をまとめて情報収集をしたい
  • 社労士が監修した正確な情報を知りたい
  • HR関連の法改正を把握しておきたい

という方はぜひご確認ください!

1. 所得税の控除とは?

はてなマークのブロックが積んである

所得税の控除とは、所得税が課税される所得の計算において、収入額から差し引く金額のことです。

控除にはさまざまなものがありますが、特定の条件を満たした場合には控除が適用され、所得税額が下がります。

所得税額が下がれば、従業員の給料や企業が納めるべき税金が少なくなるということです。

1-1. なぜ税金を控除する必要があるのか

世帯収入が同じであっても、扶養家族や配偶者の有無によって生活に必要な金額は異なります。

そのため、年収で一律の税金を課すのではなく、各世帯の支出金額によって税金の金額を変えているのです。

これにより、特定の人や世帯に大きな負担がかかることなく、社会全体で支えあえるように調整されています。

1-2. 収入と所得は異なる

「所得税」ときくと、収入や年収が関係してくると考える方も多いでしょう。

しかし、実際には収入や年収から必要経費と控除を差し引いた所得が課税対象となります。

したがって、収入が多くても控除が多くあれば、所得税額は少なくなる仕組みです。

課税所得金額は「年収-必要経費-控除」で計算されます。

また所得税の控除を適用するには、年末調整が必要になることを覚えておきましょう。

1-3. 所得税と住民税の控除方法の違い

所得税と住民税とで所得控除される対象の項目は、同じとされています。ただし全ての項目において、金額は異なります。これらの控除金額は間違いのないよう、注意が必要です。

関連記事:給与計算で控除する住民税はいつの給与から計算する?納付の流れも解説

関連記事:所得税と住民税の違いは?税率や仕組みの違いをわかりやすく解説!

2. 所得税控除の15種類を解説

緑背景に数字の15が置かれている

所得税額に関係する控除には多くの種類があります。
では、所得を計算する際に適用される可能性のある控除を15個見ていきましょう。

所得税額に関係する控除には多くの種類があります。

ここからは、所得を計算する際に適用される可能性のある控除を15個確認していきましょう。

2-1. 医療費控除

医療費控除は、納税者や扶養家族が手術を受けたり治療を受けたりして多額の医療費がかかった場合に、その費用を所得から控除できるものです。

同居している配偶者や子供のほか、別居していても仕送りをしている両親なども控除の対象となります。

実際に支払った医療費から医療保険などで補填された分を引き、残金が10万円を超える場合には医療費控除を申請できます。

2-2. 社会保険料控除

社会保険料を支払った場合には、その金額も所得から控除されます。

給与所得者の場合には、源泉徴収によって所得税を納めていますが、個人事業主やフリーランスの方の場合、国民健康保険料や国民年金保険料への掛け金を所得から控除できます。

関連記事:社会保険料控除の対象となるものや必要な手続きを紹介

2-3. 雑損控除

もし自然災害や盗難などの被害を受けた場合には、雑損控除が適用されます。

地震や台風などの自然災害によって被災し、家が倒壊してしまったり、車を失ってしまったりした場合には、その損失を所得から控除できます。

空き巣被害や、従業員の横領なども雑損控除に含まれることを覚えておきましょう。

実際の雑損控除の金額は、差引損失額と総所得金額の差額の10%、もしくは差引損失額のうち災害関連支出の金額から5万円を引いたもののうち金額が大きい方が採用されます。

2-4. 生命保険料控除

社会保険だけでなく、生命保険などに加入して支払った保険料も控除が適用されます。

生命保険、介護医療保険、個人年金なども生命保険料控除が適用される支出です。

2-5. 小規模企業共済等掛金控除

小規模企業共済等掛金控除は、小規模企業共済への掛金などに適用される控除です。

小規模企業共済のみならず、個人型年金であるiDeCoに加入している方もこの控除が適用されます。

2-6. 寄附金控除

ふるさと納税をおこなったり、国や地方公共団体に寄付をしたりした場合には、寄附金控除が受けられます。

該当する年に寄付した特定寄附金の合計額から2,000円を引いたもの、もしくは該当する年の総所得金額等の40%相当額から2,000円を引いたものの金額が低い方が控除額となります。

確定申告の際には、寄付した先の団体から送られてくる領収書や受領証が必要です。

必ず領収書などは、保管しておきましょう。

2-7. 地震保険料控除

地震保険に加入した場合には、その保険料が所得から控除されます。

もし複数年分の地震保険料をまとめて支払った場合には、総額を契約年数で割って該当する年の分だけを計上しなければなりません。

また、地震保険料控除の上限は5万円となります。

2-8. 寡婦控除

寡婦控除とは、配偶者と離婚もしくは死別している人に対して適用される控除です。

後述のひとり親控除と似ている部分がありますが、夫と死別した方で合計所得金額が500万円以下の方に適用されます。

控除額は一律27万円です。

2-9. ひとり親控除

納税者がひとり親である場合、ひとり親控除が適用されます。

寡婦控除が女性に対してのみ適用されるのに対し、ひとり親控除は男女問わず適用されます。

12月31日の時点で結婚しておらず、生計を一にする子供がおり、合計所得金額が500万円以下の場合には、一律35万円の控除が受けられます。

2-10. 勤労学生控除

勤労学生控除はその名の通り学生に適用される控除です。

適用には条件があり、合計所得金額が75万円以下、勤労以外の所得が10万円以下、特定の学校の学生もしくは生徒であることとなっています。

勤労学生控除は一律27万円となっています。学生アルバイトの従業員を雇う企業の人事労務をご担当の方は、よく確認しておきましょう。

2-11. 配偶者控除

配偶者控除は、年間合計所得金額が48万円以下の配偶者がいる場合に適用される控除です。

法律上の配偶者であること、納税者と生計を一にしていることなども条件となっています。

個人事業主の方は、配偶者が青色申告や白色申告の事業専従者でないことも確認しましょう。

納税者の所得が1,000万円を超えている場合には、配偶者控除は適用されません。

関連記事:所得税の配偶者控除とは?条件や金額を詳しく解説

2-12. 配偶者特別控除

配偶者特別控除は、合計所得金額が48万円超133万円以下の場合に適用される控除です。

配偶者の合計所得金額によって適用される配偶者特別控除の金額が変わります。

例えば配偶者の合計所得金額が48万円超95万円以下の場合、配偶者特別控除の金額は最大の38万円です。

一方、合計所得金額が130万円超133万円以下になると、配偶者特別控除の金額が最小の3万円となります。

133万円を超える所得がある場合には、配偶者特別控除は適用されません。

2-13. 障害者控除

障害者控除は、納税者や配偶者、扶養家族のいずれかが障害者である場合に適用される控除です。

どのような区分かによって控除額が異なりますが、最大で75万円の控除が受けられます。

2-14. 扶養控除

扶養控除は、16歳以上の子どもや納税者の両親などを扶養している場合に適用されます。

扶養家族の年齢や同居の有無、仕送り状況などによって控除額が異なりますが、最大で63万円が控除されます。

関連記事:所得税の扶養控除をわかりやすく解説!扶養要件・申告書の書き方とは

2-15. 基礎控除

合計所得金額が2,400万円以下の方すべてに適用される控除です。

基礎控除の金額は一律48万円です。

このように控除の種類はさまざまであるため、間違いのないように計算する必要があります。特に年末調整のタイミングでは、源泉徴収との清算をおこない、発生する業務も多岐にわたります。

年末調整の業務内容や手順に不安がある方向けに、当サイトでは年末調整の必要書類や計算方法を確認できる資料を無料で配布しています。

年末調整における正確な知識をつけ、漏れやミスなく手続きをおこないたい方は、こちらから「年末調整ガイドブック|複雑な手続きをわかりやすく図解!」をダウンロードしてご活用ください。

関連記事:所得税の基礎控除の金額・計算方法は?改正後の変化についても解説!

3. 所得税として給与から控除する金額の計算方法

申請の方法を示している

ここからは、所得税として給与から控除する金額の計算方法、手続きについて紹介します。

所得税控除の税率や、従業員がおこなうべき所得税控除の手続き方法を今一度確認してみましょう。

3-1. 所得税控除の税率一覧

所得税控除の税率一覧は、平成27年度から変更されていません。

国税庁が公開している課税所得金額に対する税率・控除額は、以下の通りです。

表

引用:No.2260 所得税の税率|国税庁

ただし、税率の見直しがおこなわれる可能性もあるため、都度最新の状態を確認するようご注意ください。

3-2. 所得税を控除する場合の計算方法

所得税を控除する場合の計算手順は以下のとおりです。

  1. 年間給与額、社会保険料、源泉徴収税を算出する
  2. 給与所得控除額を差し引いて給与所得額を算出する
  3. 給与所得−所得控除で課税所得を算出する
  4. 課税所得×所得税率で所得税額を算出する

控除額や税率は収入や給与所得額によって異なります。そのため、手順に則って計算しなければなりません。

参考:No.1410 給与所得控除|国税庁

参考:No.1199 基礎控除|国税庁

4. 確定申告は控除の種類を確認

確定申告をお金と電卓・PCでおこなっている

所得税の控除には、多様な控除種類があるためあらかじめ把握しておくことが重要です。

控除には基礎控除など誰でも受けられるものもあれば、特定の条件を満たしていないと受けられないものもあります。特に扶養控除などは、控除計算のミスが発生しやすいほか、従業員から質問されるケースも考えられるため、しっかりと理解して対応できるようにしましょう。

\年末調整業務をわかりやすく図解/
「年末調整のガイドブック」を無料配布中!

「年末調整が複雑で、いまいちよく理解できていない」「対応しているが、抜け漏れがないか不安」というお悩みをおもちではありませんか?

当サイトでは、そのような方に向け、年末調整に必要な書類から記載例、計算のやり方・提出方法まで、年末調整業務を図解でわかりやすくまとめた資料を無料で配布しております。

年末調整業務に不安のある方や、抜け漏れなく対応したい方は、こちらから資料をダウンロードしてご活用ください。

ダウンロード

--------------------

\【2024年最新版】HR関連法改正トレンドBOOK/

▼無料ダウンロードはこちら▼
https://hrnote.jp/document/?did=148030

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

退職金は年末調整の対象に含まれる?退職所得の計算方法や確定申告が必要なケースを解説

退職金は年末調整の対象に含まれる?退職所得の計算方法や確定申告が必要なケースを解説

退職金は年末調整の対象となる所得には含まれませんが、所得税の課税対象ではあります。当記事では、なぜ退職金が年末調整の対象にならないのか、退職金に対する所得税の課税金額の計算方法、そして、退職金に対して確定申告が必要になる […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
サイレント退職、なぜ起こる?仕組みと予防策を解説|Smart相談室 伊禮 武彦

サイレント退職、なぜ起こる?仕組みと予防策を解説|Smart相談室 伊禮 武彦

こんにちは。株式会社Smart相談室の伊禮武彦と申します。法人向けオンラインカウンセリングサービス「Smart相談室」の運営、ビジネス部門の統括責任者を担当しています。 今回はクライアント様よりよくご相談を頂くサイレント […]

  • 労務
  • リスクマネジメント
2024.04.19
金井一真
ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

近年では、ワークフローシステムが注目されています。システムを導入することで、紙の申請書を使うデメリットが解消できるため、業務負担の軽減が期待できます。ワークフローシステムには、さまざまな機能があります。当記事では、ワークフローシステムの機能について詳しく紹介します。ワークフローシステムの機能について興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.04.08
HR NOTE 編集部
法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間とは1日8時間、週40時間であり、これを超える労働時間数に対しては割増賃金の支給が必要です。ただし、近年導入が進むフレックス制度をはじめとする複数の労働制度では、上記の条件とは少し異なる場合もあります。本記事 […]

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.03.29
HR NOTE 編集部
通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

稟議書が通りやすい人と、通りにくい人では書き方に大きな違いがあります。 どうしても通したい稟議がある場合は、読み手のことを考えた構成や文章にすることが大切です。本記事では通らない稟議書に共通する原因や、稟議書が通すコツな […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.28
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ