エクセルで行う給与計算について方法や関数をわかりやすく紹介

エクセルはさまざまな計算や管理を行うのに役立ちます。企業が必ず行わなければならない給与計算も、エクセルを使えば比較的簡単です。
給与計算をエクセルで行う方法や覚えておきたい関数、さらにエクセルを使って給与計算を行うメリットや注意点について解説します。

システム・Excel・アウトソーシング、どれがいいの?
給与計算の効率化方法を徹底比較!

給与計算は間違いが許されない、確認作業が何回も必要な業務です。

また、給与明細の発行や、封入作業、郵送作業など従業員一人ひとりに対しての対応に手間がかかっている方も多いのではないでしょうか。

今回は「給与計算の手間を削減したいけど、この課題ってどの解決策が一番いいの?」とお考えの

給与担当者様向けに、「給与計算効率化BOOK」をご用意しました。

資料は無料ですので、ぜひご覧ください。

1. エクセルで給与計算を行う方法

エクセルで給与計算をする画面エクセルで給与計算を行う方法を紹介します。
エクセルではさまざまな計算が可能です。給与計算のため、効率的な方法を押さえておきましょう。

1-1. 給与情報や従業員の情報を記入

まずは給与の情報、従業員の情報を記入します。
給与の情報は、給与の支払日、締め日などです。従業員の情報は、氏名や入社日などの他、社会保険や雇用保険に加入しているかなども記入しておきましょう。

1-2. 各従業員の給与のデータを記入

各従業員によって違う給与の情報を記入します。給与の金額だけでなく、交通費や扶養控除対象の家族の人数なども記入しましょう。

1-3. 時間外労働などのデータを記入

さらに基本給の他、時間外労働や深夜労働、休日労働など、さまざまな手当のデータを記入します。
手当は法律で定められているものと、企業が独自に定められるものがあります。どちらもこの段階で記入しておくと、基本給以外の給与が発生した際に簡単に計算しやすくなります。

1-4. 各従業員の勤怠状況を記入

最後に各従業員の勤怠状況を記入します。
欠勤、遅刻、早退、残業などがあると給与の金額が変動します。エクセルで給与計算だけでなく勤怠管理も行えば、より業務の効率化ができます。

2. 給与を計算する際に覚えておきたい関数

給与計算の際に知っておくべき関数エクセルで給与計算を行う際に覚えておきたい関数を3つ紹介します。
給与計算の効率をより高めるためにも、エクセルで利用できる関数を有効活用しましょう。

2-1. 賃金の端数を四捨五入する関数

賃金の端数を四捨五入したいときに便利なのがMROUND関数です。
勤務時間を四捨五入して計算したい際に利用します。
入力方法は、「=MROUND (数値, 倍数)」です。
何分単位で四捨五入するかを倍数の部分に入力すれば、簡単に算出することができます。
端数を切り上げたい場合は「MROUND」の部分を「CEILING」とし、端数を切り捨てたい場合は「FLOOR」と入力することで対応が可能です。

2-2. 時間外労働や遅刻などの判定

時間外労働があったか、遅刻や欠勤があったかなどを判定する際に便利なのがIF関数です。
入力方法は、「=IF(条件,処理1,処理2)」となり、「○○だった場合は処理1、そうでない場合は処理2」として扱います。
時間外労働があった場合、欠勤や遅刻、早退があった場合など、給与計算のさまざまなシーンで利用できます。
法律が定める上限を超える時間労働をさせると、割増賃金が発生します。深夜帯の労働にも追加で割増賃金が発生します。
これらのイレギュラーな給与が発生する可能性がある場合は、IF関数を有効活用しましょう。

3. 給与計算でエクセルを使う3つのメリット

給与計算の画面と計算機給与計算にエクセルを使うメリットを3つ紹介します。
パソコンにエクセルが入っている、エクセルの操作に慣れた従業員が多い場合などはとくにエクセルでの給与計算はメリットが多いです。

3-1. 給与計算ソフトの費用が不要

パソコンにすでにエクセルが入っているのであれば、給与計算ソフトを購入せずに無料で毎月の給与計算ができます。
給与計算ソフトは便利な反面、どうしてもコストが発生するものです。もともとパソコンに入っているエクセルを使えば、コストを最低限に抑えることができるでしょう。

なお、一から給与計算のシートを作る手間がかかる、ミスの心配があるという場合であれば、インターネット上で配布されている給与計算シートが便利です。
無料で配布されているものも多いため、使いやすいシートを選びましょう。

3-2. 人為的ミスを防ぎやすい

手書きで給与計算を行うと、どうしても計算ミスが起こりやすくなります。
とくに経理担当者が少ない中小企業の場合、複雑な時間外労働の割増賃金や税金、各種控除などが担当者の負担になる可能性もあります。
エクセルに数値を入力するだけで簡単に給与計算ができるようになれば、人為的ミスを大幅に減らすことが可能です。
経理担当者の負担も軽減され、その分別の業務を任せられ、業務効率化に役立ちます。

3-3. 誰でも操作しやすい

エクセルは多くの人にとって馴染み深いソフトです。そのため、エクセルで給与計算ができるようにしておけば、新人に教育する手間も省けます。
一から給与計算のシートを作成するためには専門的な知識も必要です。しかし、あらかじめシートを用意しておくことができれば、初心者でも扱いやすいでしょう。

このように、エクセルを使った給与計算にはいくつかのメリットがあり、手計算に比べて大幅に業務効率化することができます。当サイトでは、アウトソーシング・Excel・システムの費用対効果とメリット・デメリットがわかる資料を無料で配布しております。給与計算をアウトソーシングしていたが内製化を検討しているという方は、こちらからダウンロードして比較検討にご活用ください。

4. 給与計算でエクセルを使う3つの注意点

注意を呼び掛ける様子給与計算でエクセルを使う際に意識したい3つの注意点を紹介します。
エクセルでの給与計算は手軽にできて誰でも操作しやすいなどのメリットがあります。しかし、一方で、法律の改正を意識しなければならない、データのバックアップを取っておかなければならないなど、いくつか注意すべきポイントもあります。
エクセルでの給与計算を行う前に、下記のポイントを意識しておきましょう。

4-1. 保険料や税金の改正に注意する

給与計算を行う際は雇用保険料、社会保険料、所得税や住民税など各種保険料や税金も差し引かなければなりません。
給与計算シートにこれらの項目を設けておくことはもちろん必要です。しかし、保険料や税金は法律の改定によって率が変更されることがあります。
この割合、数値を変えないまま計算をしていると正しい金額を従業員に支払えなくなり、後々トラブルになってしまう可能性があります。
賃金が不足したり払いすぎたりするだけでなく、納めるべき保険料や税金を納めていないことになるかもしれません。そうならないよう、保険料や税金に関するトピックは常に意識し、正しい数値で計算できるようにしておきましょう。

4-2. データのバックアップを取る

給与計算ソフトの多くは複数のパソコンで共有できたり、どのパソコンからでも管理できたりするものが多いです。
しかし、エクセルのデータは一つひとつのパソコンにそれぞれ保存されています。したがって、パソコンが故障してしまったり、そのパソコンを所有している担当者が休んでいたりすると給与計算ができません。データを間違えたまま書き換えてしまう可能性もあります。
一から給与計算シートを作成しなおさなければならないという手間を防ぐためにも、データはUSBなどにバックアップを取りましょう。
給与計算シートをクラウドで共有すれば、他の従業員も給与計算が簡単にできます。

5. エクセルで給与計算をもっと手軽に

給与計算を手軽にできて喜ぶ人エクセルで給与計算を行う方法や給与計算にエクセルを利用するメリット、注意点について解説しました。
給与計算をエクセルで行うことでコストカットができるだけでなく、経理担当者の負担を軽減することも可能です。
給与計算の業務を効率化したいけどいきなり高額なソフトを導入するのは不安という方は、まず無償で配布されているエクセルの給与計算シートをチェックしてみましょう。

 

システム・Excel・アウトソーシング、どれがいいの?
給与計算の効率化方法を徹底比較!

給与計算は間違いが許されない、確認作業が何回も必要な業務です。

また、給与明細の発行や、封入作業、郵送作業など従業員一人ひとりに対しての対応に手間がかかっている方も多いのではないでしょうか。

今回は「給与計算の手間を削減したいけど、この課題ってどの解決策が一番いいの?」とお考えの

給与担当者様向けに、「給与計算効率化BOOK」をご用意しました。

資料は無料ですので、ぜひご覧ください。

 

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

関連記事