雇用保険被保険者資格喪失届はどこでもらう?入手方法を紹介 |HR NOTE

雇用保険被保険者資格喪失届はどこでもらう?入手方法を紹介 |HR NOTE

雇用保険被保険者資格喪失届はどこでもらう?入手方法を紹介

  • 労務
  • 社会保険

申請書を確認する男性

雇用保険は、労働者を保護するために非常に重要な保険です。
しかし、雇用保険の被保険者資格を失った場合、雇用保険被保険者資格喪失届の提出が必要となります。
当記事では、雇用保険被保険者資格喪失届とは何か、さらに雇用保険被保険者資格喪失届の提出方法について詳しく解説します。

【社労士監修】HR関連法改正トレンドBOOK 2024年版

2023年は一部企業を対象に人的資本開示が義務化されたほか、HR関連での法改正に動きが見られました。
2024年では新たな制度の適用や既存のルールの変更・拡大がおこなわれます。
人事担当者として知っておきたいHR関連の法改正に関する情報ですが、その範囲は幅広く、忙しい業務の中でなかなか網羅的に把握することは難しいのではないでしょうか。

  • 忙しい中でも要点をまとめて情報収集をしたい
  • 社労士が監修した正確な情報を知りたい
  • HR関連の法改正を把握しておきたい

という方はぜひご確認ください!

1. 雇用保険被保険者資格喪失届とは?

考える女性

雇用保険被保険者資格喪失届とは、労働者が雇用保険の被保険者資格を失った場合に、会社が作成して提出すべき書類です。
たとえば、会社から退職した労働者がいた場合、雇用保険被保険者資格喪失届を提出すれば、その労働者は雇用保険の基本手当を受給できます。

1-1. 雇用保険被保険者資格喪失届はどんな人に必要?

雇用保険被保険者資格喪失届は、雇用保険の対象となっている労働者が被保険者でなくなった時に必要になる書類です。
したがって、正社員でなくても、雇用保険の対象であれば届け出なければなりません。
たとえば、契約社員やパート・アルバイトなどの形態で働いている労働者であっても、雇用保険に加入しているのであれば、退職時に雇用保険被保険者資格喪失届の提出が必要です。
雇用保険への加入条件は、原則として31日以上雇用される見込みがあり、所定労働時間が週20時間以上であることです。
雇用形態に関わらず、この条件を満たした場合には雇用保険に加入させなければならず、脱退した場合には雇用保険被保険者資格喪失届の提出が求められます。

関連記事:雇用保険被保険者資格喪失届の必要性や手続きの流れをまとめて解説 

1-2. 退職以外に雇用保険被保険者資格喪失届が必要になるケース

雇用保険被保険者資格喪失届が必要となるケースとしてもっとも想定しやすいのは、被保険者の退職でしょう。
しかし、退職以外にも雇用保険被保険者資格喪失届を提出しなければならないケースがいくつか存在します。
たとえば、以下のようなケースが考えられます。

  • 週の所定労働時間が、一時的な場合を除き20時間未満となった場合
  • 被保険者が死亡した場合
  • 被保険者が法人の役員になった場合
  • 被保険者であった兼務役員が従業員としての身分を失った場合
  • 被保険者が出向し、出向先との雇用関係が発生している場合

こうしたケースが生じた場合には、会社側が速やかに雇用保険被保険者資格喪失届を提出しなければなりません。
また、会社側は雇用保険被保険者資格喪失届とともに、雇用保険被保険者離職証明書も提出する必要があります。
これは雇用保険の基本手当の給付額の決定に用いられる重要な書類です。
被保険者が交付を希望しないケースを除いては、提出が必須といえるでしょう。

1-3. 雇用保険被保険者資格喪失届を提出しないと罰則がある

雇用保険被保険者資格喪失届は労働者にとって非常に重要な届け出なので、会社がこれを怠ると罰則が適用されます。
雇用保険法第83条によれば、雇用保険被保険者資格喪失届や雇用保険被保険者離職証明書を提出しなかった場合、事業主に対して6ヶ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金が科せられます。
会社の評判にも関わることなので、雇用保険被保険者資格喪失届は必ず提出するようにしましょう。

2. 雇用保険被保険者資格喪失届の入手方法

書類を選択する女性

雇用保険被保険者資格喪失届を入手する方法はとても簡単です。
「ハローワーク インターネットサービス」にアクセスし、「申請等をご利用の方へ」から「帳簿一覧」に入ります。
「帳簿一覧」には、「被保険者に関する手続き」という項目があり、ここに雇用保険被保険者資格喪失届があります。
「利用上の注意」の個人情報の取り扱い及び利用上の注意を確認してチェックを入れれば、書式を印刷できます。

2-1. 雇用保険被保険者資格喪失届を印刷する際の注意点

雇用保険被保険者資格喪失届は「ハローワーク インターネットサービス」で印刷できますが、いくつか注意点があります。
まず、雇用保険被保険者資格喪失届はA4用紙に、倍率100%で印刷しなければなりません。
等倍以外の印刷設定では受理してもらえないので注意しましょう。
さらに、雇用保険被保険者資格喪失届はOCRで読み取りを行うため、読み取り時の基準となる上部と右下の「■」に欠損やかすれ等がないように注意すべきです。
かすれや二重に印刷されているケースでは、受理してもらえない恐れがあります。
十分に注意して、きれいに印刷するようにしましょう。

2-2. 内容を入力して印刷も可能

雇用保険被保険者資格喪失届は、内容を入力して印刷することもできます。
印刷して手書きするのは面倒くさいと感じるのであれば、「内容を入力して印刷」をクリックすると、必要な情報を入力する画面に遷移します。
個人番号だけは手書きしなければなりませんが、その他の項目はパソコンで入力し印刷可能です。
こちらの方が簡単に雇用保険被保険者資格喪失届を作成できるでしょう。

3. 雇用保険被保険者資格喪失届の提出方法

ポイントを指さす男性

雇用保険被保険者資格喪失届の提出が必要になったなら、できるだけ早く手続きを完了する必要があります。
というのも、雇用保険被保険者資格喪失届には提出期限があるからです。
労働者が雇用保険の被保険者でなくなった翌日から数えて10日以内に提出しなければなりません。
では、雇用保険被保険者資格喪失届の提出方法について見ていきましょう。

3-1. 雇用保険被保険者資格喪失届の記入

雇用保険被保険者資格喪失届を印刷したなら、必要事項を入力しましょう。
被保険者の氏名や住所、会社名などの他に、以下のような情報が必要です。

  • 被保険者番号
  • 事業所番号
  • 資格取得年月日
  • 一週間の所定労働時間
  • 被保険者でなくなったことの原因

漏れなく記入し、間違いがないか確認しましょう。

関連記事:雇用保険被保険者資格喪失届の書き方を項目ごとに詳しく解説

3-2. 添付書類の準備

雇用保険被保険者資格喪失届は、単体で提出すればよいものではなく、いくつかの添付書類とともに提出しなければなりません。
添付書類に不備があると、提出期限を過ぎてしまう恐れもあるので注意しましょう。
雇用保険被保険者資格喪失届には以下のような添付書類が必要です。

  • 労働者名簿
  • 賃金台帳
  • 出勤簿
  • 退職辞令発令書類
  • 離職証明書
  • 離職理由が確認できる書類(就業規則、役員会議事録など)

関連記事:雇用保険被保険者離職証明書の書き方や注意点を紹介

3-3. 雇用保険被保険者資格喪失届の提出

雇用保険被保険者資格喪失届に記入し、添付書類を揃えたなら、ハローワークに書類を提出します。
実際にハローワークの窓口に行って書類を提出することもできますが、感染症の影響を受けてオンライン申請や郵送による申請が推奨されています。
オンライン申請を希望する場合、電子政府の総合窓口e-Govを使って申請可能です。
郵送の場合、ハローワークが閉まっている時間帯でも申請できるのが大きなメリットといえます。
ただし、郵送で書類を送るのであれば、郵便事故防止のため簡易書留などを利用しましょう。
さらに、雇用保険被保険者資格喪失届を郵送で提出する場合、返信用封筒を同封する必要もあります。
返信用封筒にも、書留郵便などに十分が額面の切手を貼っておくと安心です。
もし、ハローワークに直接持っていって書類を提出するのであれば担当者の印鑑を持っていくと、軽微な修正が簡単に行えるのでとても便利です。

4. 雇用保険被保険者資格喪失届は速やかな手続きを

退職手続きの対応

雇用保険被保険者資格喪失届は、労働者が雇用保険の基本手当を受給し、次の就職先を見つけるためにとても重要な手続きです。
労働者の福祉のためにも、速やかに手続きを行うようにしましょう。
雇用保険被保険者資格喪失届について不明な点があったなら、ハローワークや専門家に尋ねるとよいでしょう。

--------------------

\【2024年最新版】HR関連法改正トレンドBOOK/

▼無料ダウンロードはこちら▼
https://hrnote.jp/document/?did=148030

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

近年では、ワークフローシステムが注目されています。システムを導入することで、紙の申請書を使うデメリットが解消できるため、業務負担の軽減が期待できます。ワークフローシステムには、さまざまな機能があります。当記事では、ワークフローシステムの機能について詳しく紹介します。ワークフローシステムの機能について興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.04.08
HR NOTE 編集部
法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間とは1日8時間、週40時間であり、これを超える労働時間数に対しては割増賃金の支給が必要です。ただし、近年導入が進むフレックス制度をはじめとする複数の労働制度では、上記の条件とは少し異なる場合もあります。本記事 […]

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.03.29
HR NOTE 編集部
通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

稟議書が通りやすい人と、通りにくい人では書き方に大きな違いがあります。 どうしても通したい稟議がある場合は、読み手のことを考えた構成や文章にすることが大切です。本記事では通らない稟議書に共通する原因や、稟議書が通すコツな […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.28
HR NOTE 編集部
雇用契約とは?雇用契約書作成時の注意点・業務委託との違いも解説!

雇用契約とは?雇用契約書作成時の注意点・業務委託との違いも解説!

雇用契約とは、労働の対価として賃金を与えることを約束した契約のことです。本記事では、雇用契約の定義から、雇用契約書と労働条件通知書との違い、違反やトラブルを防いで雇用契約を締結するための注意点について解説します。労使トラ […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.27
HR NOTE 編集部
ワークフローを効率化するには?システム導入やフロー改善のポイントも!

ワークフローを効率化するには?システム導入やフロー改善のポイントも!

ワークフローに無駄がなければ、業務を効率的かつスムーズにおこなうことが可能です。本記事では、ワークフロー改善のポイントから、ワークフローシステムを見直すことによって効率化が図れる理由、ワークフローシステム導入のメリットま […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.26
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ