健康経営のための福利厚生は?両者の違いやメリットと具体例を紹介 |HR NOTE

健康経営のための福利厚生は?両者の違いやメリットと具体例を紹介 |HR NOTE

健康経営のための福利厚生は?両者の違いやメリットと具体例を紹介

  • 労務
  • 福利厚生

最近では、健康経営を取り入れようとしている企業が増えています。しかし、以下のような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか?

「具体的に健康経営とはどのようなものなのか?」

「福利厚生とどのような違いがあるのか?」

この記事では、健康経営と福利厚生の違いや取り入れる企業が増えている理由、メリットや具体例などを紹介しています。

どのように健康経営を取り入れたら良いのか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1. 健康経営と福利厚生の違い

健康経営と福利厚生では、言葉の意味や目的が異なります。以下を参考に、双方の言葉の意味を比較してみましょう。

健康経営

福利厚生

意味

企業が従業員の健康維持・健康促進・健康改善をサポートする

従業員とその家族を対象とした、金銭以外の報酬

目的

・生産性アップ

・企業のイメージアップ

・社員の労働環境を整える

・法人税の節約

福利厚生は社員の労働環境を整えるために実施するものです。福利厚生費は全額経費に計上できるので、節税として取り入れる企業も少なくありません。

健康経営は、従業員の健康づくりをサポートすることで、企業のイメージアップや生産性アップを狙います。

従業員の健康づくりは、労働環境改善にもつながるでしょう。福利厚生に健康経営を取り入れる企業が増えているのもポイントです。

2. 健康経営のため福利厚生を取り入れる企業が増えている3つの理由

健康経営のための福利厚生を取り入れる企業が増えている理由は、以下の3つです。

  1. 労働人口が減少している
  2. 職場の高齢化が進んでいる
  3. ワークライフバランスが重視されている

2-1. 労働人口が減少している

少子高齢化の影響で、日本の労働人口は減少しており、人手不足に悩んでいる企業は多いです。従業員一人ひとりに課せられる業務量は、増加する傾向にあります。

業務量の増加により労働環境が悪化すれば、生産性の低下や離職につながるでしょう。そこで企業は、従業員の健康を維持・促進・改善することで、無理なく従業員の持つポテンシャルを引き出そうと努めています。

2-2. 職場の高齢化が進んでいる

企業が若い社員を採用するのが難しいことに加え、定年の引き上げにより職場の高齢化が進んでいます。高齢の従業員は、ケガや病気によって業務に支障をきたす可能性が高いです。

しかし、健康経営により、高齢の従業員の健康リスクを下げれば、企業で長く活躍し続けられるでしょう。

参照:高年齢者雇用安定法改正の概要|厚生労働省

2-3. ワークライフバランスが重視されている

働き方改革により、「ワークライフバランス」の考え方が定着してきました。ワークライフバランスとは、仕事・プライベートのどちらを削ったり優先させたりすることではありません。仕事とプライベートの双方を充実させ、好循環を生むことが理想とされています。

健康経営により従業員の健康面が良好になると、ワークライフバランスが実現しやすくなるでしょう。

3. 健康経営につながる福利厚生を備える4つのメリット

健康経営につながる福利厚生を備えるメリットは以下になります。

  1. 生産性がアップする
  2. 企業イメージがアップする
  3. 離職率が下がる
  4. 採用活動に有利に働く

それぞれのメリットを詳しく解説します。

3-1. 生産性がアップする

従業員の健康状態が良いと、業務効率が上がり全体の生産性がアップします。反対に、従業員の体調が悪い状態ではパフォーマンスが低下するでしょう。

集中力がない状態で業務をおこなえば、ケガをする可能性も高くなります。ケガや病気が原因で長期休暇や離職となれば、企業にとっても大きな損害となるでしょう。

3-2. 企業イメージがアップする

健康経営に成功すれば、企業イメージがアップするでしょう。顧客や取引先、株主などのステークホルダーは、企業の業績だけでなく社会貢献や環境への配慮、働きやすさなどに注目しています。

取引先や株主から評価されれば、株価の安定や新たな投資が期待できるでしょう。

3-3. 離職率が下がる

健康経営は、離職率の低下につながります。まず健康経営により、心身の体調を理由に離職する従業員が減少するでしょう。

また、職場への不満を理由に離職する従業員も減るかもしれません。健康な人ほどポジティブになる傾向があり、職場の雰囲気に良い影響を与えます。従業員が健康的であるほど、職場に不満を持つ可能性が低くなるでしょう。

3-4. 採用活動に有利に働く

健康経営は、採用活動に有利に働きます。従業員を大切にしていることをアピールできれば、求職者にとって魅力的な企業と位置づけられるでしょう。

求職者はブラック企業を避けるための情報収集をおこなっています。健康経営の実施はホワイト企業と判断される一つの材料となるのです。

4. 健康経営につながる福利厚生の種類・具体例

健康経営につながる福利厚生の種類は以下になります。

  1. 運動の促進をする
  2. 予防医療に取り組む
  3. メンタルケアを実施する

それぞれの種類の具体例を紹介します。

4-1. 運動の促進をする

運動の促進につながる福利厚生サービスは、以下になります。

具体例

詳細

スポーツジムの利用補助

スポーツジムと法人契約し、会費を全額または一部補助する

オフィスにジムを設置する

オフィスにジムスペースを作り、気軽に運動できる環境を整える

運動アプリを導入する

運動アプリによってモチベーションの維持を狙う

従業員の運動量を増やすためには、きっかけづくりが大切です。費用面をサポートしつつ、気軽に運動できる環境を整えると良いでしょう。

運動アプリにて「目標を立てる」「記録する」「仲間とコミュニケーションをとる」などできるようにすると、モチベーションアップが期待できます。

4-2. 予防医療に取り組む

予防医療につながる福利厚生サービスは以下になります。

具体例

詳細

人間ドック費用の補助

人間ドックにかかる費用を全額または一部補助する

食事補助

社員食堂や置き型社食を導入し、従業員に栄養バランスの良い食事をとってもらう

予防接種費用の補助

インフルエンザ予防接種にかかる費用を全額または一部補助する

健康経営のための福利厚生を充実させたいなら、健康診断よりも予防効果の高い人間ドック費用の補助を実施すると良いでしょう。

また、食事補助や予防接種費用の補助も、従業員の体調不良を防ぐ良い方法です。

4-3. メンタルケアを実施する

メンタルケアにつながる福利厚生サービスは以下になります。

具体例

詳細

ストレスチェックの実施

定期的に全従業員のストレスチェックをおこない、問題がある場合にはカウンセリングや医療機関の受診をすすめる

ストレスマネジメントに関する教育の実施

従業員がうまくストレスと向き合えるよう、ストレスマネジメント研修を実施する

職場カウンセリングの導入

従業員がメンタルの不調を感じたとき、すぐにカウンセラーに相談できる環境を整える

健康経営では、身体だけでなく心の健康にも目を向けなければなりません。メンタルの不調に対し「気づく」「防ぐ」「治す」の3つが重要であるため、それぞれに応じた福利厚生サービスを取り入れましょう。

カウンセラーを雇用するのが難しい場合には、オンラインでカウンセラーに相談できるサービスを取り入れるのがおすすめです。

5. 健康経営につながる福利厚生を導入するポイント

健康経営につながる福利厚生を導入する際には、次のポイントを押さえると良いでしょう。

  • 現在の従業員の状況を把握する
  • 長期的な取り組みを意識する
  • 個人に意思を尊重する

福利厚生サービスの導入を検討する際には、まず従業員の健康状態やストレスの程度、原因を知る必要があります。また、アンケートをおこない、従業員の意思を確認するのも大切です。

また、健康経営は短期間で結果が出るものではありません。単発で実施するのではなく、長期にわたって継続できるサービスを選びましょう。

健康に関する取り組みは、個人的なものでもあります。強制するとかえって従業員のストレスになることも考えられるので、あくまで任意で参加できるようにしましょう。

6. 健康経営を福利厚生に取り入れて生産性をアップしよう

労働人口の減少・ワークライフバランスの重視により、一人ひとりの従業員が十分なパフォーマンスを発揮することが重要となっています。また職場の高齢化に対応するため、高齢の従業員が健康に長く働ける環境を整えることも必要です。

健康経営につながる福利厚生を導入すれば、従業員が十分に能力を発揮でき、活躍できる可能性が高まるでしょう。

健康経営につながる福利厚生は「運動の促進」「予防医療」「メンタルケア」に分けられます。自社の従業員の状況を把握し、必要な福利厚生サービスを取り入れて、生産性をアップしましょう。

--------------------

\7月26日(金)開催!豪華ゲスト登壇!/
今こそ知っておきたい「人事データ活用」の具体的なノウハウをご紹介!

組織改善に必要な人事データを収集・活用して組織変革を促す「HRDX(人事DX)」。しかし、多くの企業が「具体的にどうやって人事データを活用していけば良いかわからない」といった悩みを抱えているのではないでしょうか?

今回のHRDX CAMPでは、人事データ活用に関する有識者3名をお招きし、人事データ活用の具体的な方法や実践事例を解説します。無料で視聴できますので、この機会にぜひご参加ください。

【こんな方におすすめ!】

  • 人事データ活用が重要だとは思っているが、具体的な進め方のイメージができない
  • 既に人事システムを導入はしているが、使いこなせていないように感じている
  • 「戦略人事」や「ピープルアナリティクス」といった内容に興味がある

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

長時間労働者の産業医面談とは?対象になる残業時間や活用方法を解説

長時間労働者の産業医面談とは?対象になる残業時間や活用方法を解説

残業が多い職場は長時間労働があたり前になっていることが多く、知らないうちに心身の健康を害してしまう危険性があります。従業員が健康・安全な職場で働くために配置されているのが「産業医」です。今回は産業医による面談指導制度の詳細と、面談を受けるメリットや活用するポイントについて解説します。

  • 労務
  • 労働安全衛生
2024.07.12
HR NOTE 編集部
雇用保険料の会社負担割合は?2022年10月以降の具体例も解説

雇用保険料の会社負担割合は?2022年10月以降の具体例も解説

雇用保険料の会社負担割合や、会社負担額の計算方法について詳しく解説します。雇用保険は一定の条件を満たした従業員が加入しなければならず、その保険料は会社と従業員双方が負担することになっています。この記事を参考に、正しい負担割合について把握しておきましょう。

  • 労務
  • 社会保険
2024.07.11
HR NOTE 編集部
稟議書と決裁書の違いとは?スムーズに申請するコツも紹介

稟議書と決裁書の違いとは?スムーズに申請するコツも紹介

稟議書と決裁書はどちらも業務を遂行するうえで欠かせない書類ですが、その違いがわからないという方は少なくありません。
業務を円滑に進めるためにも、稟議書と決裁書の違いをしっかり理解しておきましょう。
今回は、稟議と決裁それぞれの概要と、稟議書と決裁書の違い、決裁をスムーズにする稟議書のポイントについて解説します。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.07.10
HR NOTE 編集部
所得税の基礎控除とは?住民税との控除額の違い・手続き方法も解説!

所得税の基礎控除とは?住民税との控除額の違い・手続き方法も解説!

所得税の基礎控除は、一定の所得以下の納税者が控除の対象となるものです。給与所得者の場合には、年末調整時に基礎控除申告書を提出することで、控除の対象となります。今回は、所得税の基礎控除の概要や基礎控除額、住民税との控除額の違い、基礎控除を受けるための具体的な手続き方法について解説します。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.07.10
HR NOTE 編集部
電子稟議・ワークフローシステムの選び方!クラウド、無料版など比較方法を解説

電子稟議・ワークフローシステムの選び方!クラウド、無料版など比較方法を解説

稟議・稟議書の業務課題を解決し、生産性を向上させるためには、ワークフローシステムの導入を検討するのがおすすめです。しかし、ワークフローシステムにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴が異なるため、導入する前に知識を深めておくことは大切です。
当記事では、稟議・稟議書の意味を説明したうえで、ワークフローシステムの仕組みやメリット・デメリット、選び方についてわかりやすく解説します。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.07.09
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ