2018年度新卒採用|リクナビ・マイナビ・キャリタスのグランドオープン時の比較 | 人事部から企業成長を応援するメディアHR NOTE

2018年度新卒採用|リクナビ・マイナビ・キャリタスのグランドオープン時の比較 | 人事部から企業成長を応援するメディアHR NOTE

2018年度新卒採用サイト徹底比較|リクナビ・マイナビ・キャリタスのグランドオープン時の状況まとめ

2017年3月1日。2018年度の新卒採用サイトがグランドオープンしました。

そこで今回、採用コンサルタント/アナリストの谷出 正直さんにリクナビマイナビキャリタスのグランドオープン時の状況をお伺いしました。3月1日グランドオープン時点での速報値をご紹介します。

図1

谷出 正直(たにで まさなお)| 採用コンサルタント/アナリスト 

筑波大学大学院体育研究科修了後にエン・ジャパン株式会社に入社。新卒採用支援事業部に配属。その後、企画職、新規事業として立ち上げを経て、戦略子会社のINNOBASEへ出向し、スカウト事業の立ち上げにも参画。2015年12月末に独立し、フリーの立場から、新卒採用に関わる。新卒採用に関連する企業・学生の動向、採用ノウハウ、知見、データ、などの情報を持っており、多くのメディアに取り上げられている。

【谷出さんの新卒採用に関する記事はこちら】
「あなたが就活生なら、自社に入社しますか?」変化著しい新卒採用市場で、人事に今求められるものとは

\【人事担当者様必見!】豪華ゲスト多数登壇、大規模HRイベント /
大好評につき、今だけ見逃し配信受付中!

近年、急速に進むDXに対応するため、各企業でIT人材不足を解決することが不可欠となっています。しかし、IT人材を採用することは年々難しくなっているため、自社社員にIT教育をおこなう「リスキリング」に注目が集まっています。

中には、

  • リスキリングの重要性は理解しているが、具体的な取り組み方が分からない
  • 実業務が忙しく、リスキリングは後回しになっている

というような方も多いのではないでしょうか?

本セッションでは、「リスキリング」の基本的な考え方から、各企業の先進的な事例まで、専門家・行政・企業のそれぞれの視点から具体的なノウハウをご紹介します。

セッション視聴後、すぐに実践できる内容となっているので是非お申し込みください!

新卒採用サイト2018|グランドオープン比較

800

【1】就職サイト掲載企業数

  • リクナビ:27,558社(17年:22,604社)
  • マイナビ:19,904社(17年:17,148社)
  • キャリタス:15,053社(17年:13,126社)

リクナビが昨年に続き、掲載企業数No.1でスタート。主要3サイトともに掲載社数は伸長しており、特にリクナビが5,000社近く増加しています。掲載社数の増加により、各企業への学生のエントリーが分散することが予想され、特に学生の認知度が低い企業や不人気企業は母集団形成に苦戦する可能性があります。

【2】エントリー受付企業数

  • リクナビ:25,106社(掲載企業の91%がエントリー受付)
  • マイナビ:17,585社(掲載企業の88%がエントリー受付)
  • キャリタス:2,640社(掲載企業の18%がエントリー受付)

掲載社数に引き続き、リクナビが大幅にエントリー受付企業数を増やしています。一方でキャリタスはエントリー受付企業数を減らす結果となっています。リクナビ・マイナビを見ると、グランドオープン時点で掲載社数の約90%の企業がエントリーを受付をしています。

【3】説明会情報の公開企業数

  • リクナビ:7,559社(掲載企業の27%が公開)
  • マイナビ:8,709社(掲載企業の44%が公開)
  • キャリタス:1,309社(掲載企業の9%が公開)

各サイトとも、グランドオープン時に説明会情報を公開している企業数も昨年対比で増加傾向となっています。その中でも、マイナビが一番多く説明会情報を公開しています。掲載企業の対しての割合は、昨年同様となっています。

【4】登録学生数

  • リクナビ:約65万人(17年:約50万人)
  • マイナビ:約72万人(17年:約57万人)
  • キャリタス:約32万人(17年:約27万人)

登録学生数も増加傾向にあり、掲載社数はリクナビが1番でしたが、登録学生数は昨年に引き続きマイナビが1番多くなっています。掲載社数が多いため、学生としてはまずは認知度の高い企業からエントリーするものと思われます。いかに学生にエントリーしてもらえるかがポイントになりそうです。

まとめ|想定されること

  • 主要就職サイトの利用企業数が大幅に増加。エントリー受付企業が増え、エントリーが分散する。
  • 企業は、「学生と出会える企業」「学生と出会えない企業」の二極化がより起きることが想定される
  • 学生は、自分の興味のある業界、募集職種の企業数が多くなるので、選択肢が広がる
  • 中小企業、認知度が低い企業、不人気業界のなど企業は、母集団形成に苦戦するのではないか
※すべてサイトオープン時点(3月1日)の値になります。
\メールマガジン登録無料/
人事/HR業界の最新情報を毎週チェック!

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRに関する事例やサービスリリース情報など、最新Newsから今すぐ使える他社実践ノウハウまでが簡単にわかるインタビュー記事やセミナー情報をコンテンツとして配信しています。

「他社が実施している施策を自社でも活かしたい」「人事/HR業界の最新動向やトレンドを知りたい」とお考えの方は、ぜひHRNOTEメールマガジンをご活用ください。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

関連記事

23卒採用の中間報告|採用活動の最新動向から24卒採用の戦略を考える|HR-Study#18

23卒採用の中間報告|採用活動の最新動向から24卒採用の戦略を考える|HR-Study#18

2022.09.29
横内 さつき|HRドクター
解像度の高い社内情報を学生に提供。新卒採用で「人的資本経営」を考慮すべき理由|株式会社PR Table【セミナーレポート】

解像度の高い社内情報を学生に提供。新卒採用で「人的資本経営」を考慮すべき理由|株式会社PR Table【セミナーレポート】

2022.09.27
八島美音
自社の課題把握から始める、採用ブランディング実行における3つのポイント|PR Table楠

自社の課題把握から始める、採用ブランディング実行における3つのポイント|PR Table楠

2022.09.09
松野天音
「1か月で22件の応募獲得!?」ハイフライヤーズが進めるTikTokを使った“お化粧しない”保育士採用

「1か月で22件の応募獲得!?」ハイフライヤーズが進めるTikTokを使った“お化粧しない”保育士採用

2022.09.06
八島美音
【6つの型で運用】noteを採用広報で活用するための仕組み作り | ベーシック 角田 剛史

【6つの型で運用】noteを採用広報で活用するための仕組み作り | ベーシック 角田 剛史

2022.08.30
角田剛史
従業員数はこの1年で20→100名を突破!一人目人事が語る“本質的なスクラム採用”とは

従業員数はこの1年で20→100名を突破!一人目人事が語る“本質的なスクラム採用”とは

2022.08.09
根本 慎吾
【特徴・評判徹底比較】社外取締役を採用できるおすすめマッチングサイト8選

【特徴・評判徹底比較】社外取締役を採用できるおすすめマッチングサイト8選

2022.07.21
八島美音
新卒採用は「早期化、長期化、多様化」へ|キャリアマートに聞く、24卒新卒採用に向けた対策とポイント

新卒採用は「早期化、長期化、多様化」へ|キャリアマートに聞く、24卒新卒採用に向けた対策とポイント

2022.07.13
横内 さつき|HRドクター
本当は難しい面接。Googleも実践する「構造化面接」を明日からはじめられる方法|株式会社リブセンス

本当は難しい面接。Googleも実践する「構造化面接」を明日からはじめられる方法|株式会社リブセンス

2022.06.29
八島美音