【令和6年度版】社会保険改正の影響は?加入条件や企業がとるべき対策を解説 | HR NOTE

【令和6年度版】社会保険改正の影響は?加入条件や企業がとるべき対策を解説 | HR NOTE

【令和6年度版】社会保険改正の影響は?加入条件や企業がとるべき対策を解説

  • 労務
  • 社会保険

新たに従業員を雇う際には社会保険への加入が必要であり、ケガや病気など、いざという時の助けとなります。それゆえ、社会保険は私たちにとって非常に身近な制度であると言えます。

また、社会保険は令和6年10月より適用範囲が現行よりもさらに拡大されることも決まっており、とても重要かつタイムリーな制度でもあります。

しかし、条件やしくみ、保険料の計算方法、手続きなどについて詳しく説明するとなると難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。法改正に伴う適用範囲拡大後の加入条件についても、今一度確認したいという方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、2024年の社会保険制度の改正がいったいどのようなものなのか、基礎的な知識をわかりやすく解説いたします。

「社会保険の手続きガイドを無料配布中!」

社会保険料の支払いは従業員の給与から控除するため、従業員が入退社した際の社会保険の手続きはミスなく対応しなければなりませんが、対象者や申請期限、必要書類など大変複雑で漏れやミスが発生しやすい業務です。

当サイトでは社会保険の手続きをミスや遅滞なく完了させたい方に向け、「社会保険の手続きガイド」を無料配布しております。

ガイドブックでは社会保険の対象者から資格取得・喪失時の手続き方法までを網羅的にわかりやすくまとめているため、「社会保険の手続きに関していつでも確認できるガイドブックが欲しい」という方は、こちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

社会保険ebook

ダウンロード

【社労士監修】HR関連法改正トレンドBOOK 2024年版

2023年は一部企業を対象に人的資本開示が義務化されたほか、HR関連での法改正に動きが見られました。
2024年では新たな制度の適用や既存のルールの変更・拡大がおこなわれます。
人事担当者として知っておきたいHR関連の法改正に関する情報ですが、その範囲は幅広く、忙しい業務の中でなかなか網羅的に把握することは難しいのではないでしょうか。

  • 忙しい中でも要点をまとめて情報収集をしたい
  • 社労士が監修した正確な情報を知りたい
  • HR関連の法改正を把握しておきたい

という方はぜひご確認ください!

\4月24日限定開催!/
人事×ChatGPTの具体的な活用術術を紹介!

ChatGPTをはじめとする生成AIを業務に取り入れることで、業務時間の圧縮や業務量の削減が期待されます。今回は、人事の方が今日から使えるChatGPT活用術として、実際に使えるプロンプトを交えた実践的なノウハウもご紹介します。

▷こんな方におすすめ!

  • 人事業務の担当者の人手が足りず困っていて業務効率を上げたい
  • ChatGPTに興味はあるけれど、どんなことに使えばよいか分からない
  • 業務にChatGPTを取り入れたいが、イメージしているような回答が出てこない
  • ▼当日の視聴予約はこちらから!▼
    https://seminar.hrnote.jp/post/95

1. 社会保険とは

社会保険は、「健康保険」「厚生年金保険」「介護保険」「労災保険」「雇用保険」の5つからなっており、私たちを守る大切な制度です。

具体的には、ケガや病気、障害を負ったときや妊娠、育児、介護に注力したい時、失業した際や死亡してしまった時などに、必要な給付金を保障するものとなっています。

この章では、社会保険の種類や仕組みなどの基礎について説明いたします。

1-1. 社会保険は社会保障の1つ

社会保険は社会保障制度の1つであり、国民の生活をあらゆるリスクから守るために設けられています。公的制度として提供される社会保障制度には4つの行政サービスがあります。

  • 社会保険:人々が生活が困難になる様々な事故に遭遇した際に、必要とされる一定の給付をおこなうことで、人々の生活の安定を図る強制加入の保険
  • 社会福祉:障がい者、母子家庭など社会生活を送る上でハンディキャップを負っている人々が、ハンディキャップの克服と安心の社会生活を営めることを目標に、公的な支援をおこなう制度。
  • 公的扶助:生活に困窮する人々に最低限度の生活を保障し、自立を助けようとする制度。
  • 保険医療・公衆衛生:人々が健康に生活できるよう、様々な事項について予防・衛生をおこなうための制度。

参照:Ⅰ.社会保障制度|知るぽると(金融広報中央委員会)

以上4つの行政サービスからなる社会保障制度により、私たちは支えられているのです。

1-2. 社会保険の種類

社会保険は先述の通り5つの保険から構成されています。

それぞれの保険について、どのような役割が果たされているのか、また対象となる人や事業所の条件はどのようなものかについて、以下で確認してみましょう。

1-2-1. 健康保険

ケガや病気により病院等で診察や処置を受ける際に、医療費の自己負担が3割、事業所の負担が7割となる制度です。個人事業主や学生における、年齢や性別などに関わらず加入義務がある国民健康保険と同じ役割です。

国民健康保険と健康保険で大きく異なる点は、事業所と従業員(加入者)で保険料を折半するということです。

加入条件

  • 地方公共団体または法人の事業所
  • 一定の業種(※)であり、常時5人以上を雇用する個人事業所

以上2つの条件に当てはまる事業所は強制加入となります。

※一定の業種・・・製造業、土木建築業、鉱業、電気ガス事業、運送業、清掃業、物品販売業、金融保険業、保管賃貸業、媒介周旋業、集金案内広告工業、教育研究調査業、医療保険業、通信法同業など

参照:人を雇うときのルール|厚生労働省

適用事業所で働く労働者は、健康保険の加入者となり、パート・アルバイトでも1日又は1週間の労働時間及び、1か月の所定労働日数が通常の労働者の3/4以上であれば、加入義務が発生します(令和4年1月現在)。

1-2-2. 厚生年金保険

厚生年金保険とは、高齢となって働くことが厳しい場合や何らかのケガや病気により障害を負ってしまった場合、保険給付がおこなわれる制度です。

加入条件は、健康保険と同様です。

1-2-3. 介護保険

介護保険とは、以下の場合に必要な給付がおこなわれる制度です。

  • 従業員が65歳以上になって要支援・要介護状態となった場合
  • 40歳以上で末期がんや関節リウマチ等が原因で要支援・要介護状態となった場合

また、介護保険の加入条件は以下の通り定められています。

☆加入条件

  • 65歳以上の者(第1号被保険者)
  • 40~64歳の医療保険加入者(第2被保険者)

参照:介護保険制度の概要|厚生労働省老健局

1-2-4. 労災保険

労災保険は、従業員が仕事中や通勤中にケガや病気、障害を負ったり、死亡してしまったりした場合に必要な給付がおこなわれる制度です。パート・アルバイトなどの雇用形態に関わらず、全員加入することが義務付けられている保険になります。

1-2-5. 雇用保険

雇用保険は、従業員が失業した場合や育児・介護をおこなう場合、教育訓練を受ける場合などに必要な給付がおこなわれる制度です。一般的に失業保険と呼ばれるものは雇用保険の給付を指しています。

☆加入条件

  • 1週間の所定労働時間が20h以上
  • 31日以上の雇用見込みがある

雇用形態や会社・従業員の希望の有無に関わらず加入義務がある。

1-3. 社会保険改正により令和6年10月から適用範囲が拡大される

法改正に伴い、令和6年10月より社会保険の適用範囲が拡大されます。よって、今まで社会保険に加入していなかった一部のパート・アルバイトにも加入義務が発生します。

変更後の加入条件については、以下の通りです。

☆従業員における条件

  • 週の所定労働時間が20h以上
  • 月額賃金が8.8万円以上
  • 2か月を超える雇用の見込みがある
  • 学生でないこと

なお、2022年の法改正以降、社会保険の適用となる雇用期間は「2ヶ月超」に変更されました。それまでは雇用期間が1年以上見込まれる従業員が雇用保険の対象となっていたため、この要件変更は企業にとって大きな影響を与えるでしょう。

☆事業所における条件

  • 従業員数51名以上の事業所

※令和6年10月以前は、101名以上となります。

社会保険の適用拡大は2016年4月から突然始まるわけではなく、以下のように2016年から段階的に始まっています。

  • 2016年10月〜従業員数500人超(501人以上)規模
  • 2017年4月〜従業員数500人以下の企業(労使合意により、適用拡大が可能)
  • 2022年10月〜従業員数100人超(101人以上)規模

1-4. 社会保険の改正後に加入条件を満たす従業員数のカウント方法とタイミング

従業員数51人以上の企業は、2024年10月以降、社会保険が適用されます。しかし、従業員の変動が多い企業は、どのタイミングで従業員数をカウントすべきか判断に迷うこともあるかもしれません。

カウントのタイミングには基準があり、「直近12か月のうち6か月で基準を上回った段階」で適用の対象となります。なお、適用対象となった後に従業員数が51人を下回っても、原則として引き続き適用対象となるので注意が必要です。

また、従業員数をカウントする方法も間違えやすいので気をつけましょう。通常、従業員数をカウントする場合、正社員や非正規社員など全従業員をカウントするのが一般的です。しかし、社会保険の適用要件を判断する場合は、全労働者数ではなく「社会保険の被保険者」をカウントします。

なお、事業場単位ではなく法人番号単位でカウントするので注意しましょう。

このように、2024年10月に向けて条件に当てはまる従業員数を把握し、社内周知や新たに加入対象となる従業員とのコミュニケーションを取り、準備を進めておく必要があります。

なお、社会保険の資格取得手続きは提出期限が決められており、超えてしまうと罰則が生じることがあるため注意が必要です。

当サイトでは、本章で紹介した法改正の内容や社会保険手続きの内容、気を付けるポイントなどをまとめた資料を無料で配布しております。

社会保険手続きに関して不安な点があるご担当者様は、こちらから「社会保険手続きの教科書」をダウンロードしてご確認ください。

2. 社会保険改正が企業に与える影響ととるべき対策

社会保険の適用範囲が拡大することにより、企業にはどのような影響が出るのでしょうか。

2-1. 社会保険料の負担が増える

社会保険料は企業と従業員で折半して支払います。そのため、社会保険の改正により加入者が増えれば、その分企業の社会保険料の負担が大きくなるのは当然のことです。

2024年10月以降、全国で新たに65万人に社会保険が適用されることが見込まれています。厚労省の試算では、短時間労働者が社会保険に加入した場合、1人につき1年あたり約24.5万円の保険料が追加されると言われています。対象者が40〜65歳の場合は、さらに1.5万円の保険料を追加負担することになるようです。

そのため、企業によっては、現在雇用している従業員の保険料負担が重くのしかかり、経営に影響を与える可能性があります。また、中長期的に見た場合、新たな人材の採用を断念せざるを得ない状況に追い込まれる恐れもあるため、労働条件や待遇の見直しなどが必要になるかもしれません。

2-2. 社会保険改正で企業に必要な対策

2024年10月からの社会保険の適用範囲拡大に向け、企業はどのような対策が必要になるのでしょうか。以下の参考に、早期に対策を検討することで、改正後の影響を最小限に抑えることができるでしょう。

対策 概要や注意点など
会社としての方針を決定する
  • 社会保険料の負担を意識して、従業員の労働日数・労働時間を調整する
  • 単に従業員の週の所定労働時間を20時間未満にして、雇用人数を増やすというやり方には限界がある
  • 主力戦力となる従業員の労働時間が短くなれば、業績悪化の可能性もある
  • 社会保険料の負担を意識しつつも、採用・労務管理にかかるコスト、業績への影響なども十分に考慮する
社会保険適用対象者を確認する
  • パートやアルバイト従業員の労働条件・状況を確認し、適用対象者を正確に把握する
適用後の社会保険料負担額を計算する
  • 社会保険適用対象者が把握できれば、社会保険料のおおよその負担額がわかる
  • 社会保険料の負担額を計算し、どの程度影響が出そうか検討する
  • 社会保険料の増額分を回収する方法としては、価格転嫁、賃下げや賞与の削減、昇給の見送りなどがある
  • 上記の方法で社会保険料の増額分を回収できても、社員のモチベーションが低下したり、売上が伸び悩むなどの影響も出ると考えられるので慎重な対応が必要
社内に周知する
  • 社会保険の適用者となる従業員に対し、社会保険改正の概要や適用後の変更点について周知する
  • 現時点では適用外となる従業員に対しても説明しておくと安心感につながる
適用者となる従業員の意向を確認する
  • 通常は社会保険の要件を満たした時点で加入が必要
  • 社会保険の加入に難色を示す従業員も出てくるので、改正の概要などについて丁寧な説明が求められる
  • 加入しないと判断した従業員には、週の所定労働時間を20時間未満に変更するなどの対応が必要
  • 社会保険に加入しない従業員の労働時間削減に伴い、新たな人材の採用が必要になることもある
  • 社会保険への加入は「家族に相談してから」というケースもあるので、早めに周知して判断するための時間を設ける配慮も必要
行政機関へ届け出をおこなう
  • 適用対象となった事業所は「特定適用事業所該当通知書」もしくは「特定適用事業所に該当する可能性がある旨のお知らせ」が届く
  • 「特定適用事業所該当通知書」の場合は、新しく加入対象となる人の「被保険者資格取得届」を提出する
  • 「特定適用事業所に該当する可能性がある旨のお知らせ」の場合は、直近1か月に6か月以上社会保険の加入基準を満たす従業員数が51名以上となった月があれば、「特定適用事業所該当届」と「被保険者資格取得届」を提出する
雇用管理を徹底する
  • 社会保険の改正に伴い、パート・アルバイト従業員の労働日数や労働時間など、これまで以上に雇用管理を徹底する
  • 社会保険加入の適用外となる従業員が適用条件を超えて働くことがないように管理する

3. 社会保険に加入するメリット

適用拡大が確定している社会保険ですが、受けられる保障も今まで以上に手厚くなります。

厚生年金については、老後、障害、死亡の3点についての保障がさらに充実します。これまでは、国民年金(基礎年金)のみでの保障でしたが、厚生年金でも保障されることになり、2階建ての手厚い保障を受けることができます。

また、医療保険については以下2点のメリットがあります。

  • 傷病手当金:病休期間中、給与の2/3相当を支給
  • 出産手当金:産休期間中、給与の2/3相当を支給

社会保険に入るメリットをパート・アルバイトなどの加入対象者に伝えることで、スムーズな社内準備が期待できます。

4. 社会保険料の計算方法

従業員から天引きする社会保険料は、企業側が「保険料額表」や「保険料率」を用いて計算しなければなりません。

計算方法については、「健康保険・介護保険・厚生年金保険」と「雇用保険・労災保険」で異なります。

どのように計算すればよいのか、事例を基に図を用いてわかりやすく解説いたします。

4-1. 健康保険・介護保険・厚生年金保険の保険料の計算方法

健康保険・介護保険が協会けんぽで事業所が東京都の場合を考えてみましょう。

【参照】令和5年年度協会けんぽ保険料額表|東京都版

4月~6月の平均報酬月額を基に、その年の9月~翌年8月の等級が決まり、それぞれの保険料が決まります。

万が一、7月以降に3カ月の平均報酬月額が2等級以上変わる場合は、月額変更届を提出し、その3カ月経過後に等級を変えることになります

4-2. 労働保険(雇用保険・労災保険)の計算事例

労働保険料の計算の仕組みは、以下の図の通りです。

一般拠出金とは、アスベストによる被災労働者救済のための保険料です。業種を問わず0.02/1000と定められています。

◆請負額をもとにした計算方法

建設業においては、請負額に労務率をかけて出したみなし給与額に、労災保険料率や一般拠出金率をかける考え方があります。

社会保険料の計算方法についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

5. 社会保険の手続きとは

新たに雇用する従業員や、退職・解雇・死亡などにより会社を去る従業員が出たとき、社会保険の手続きが必要です。

特に、健康保険・厚生年金保険と雇用保険については、重要な手続きがありますので、ご紹介いたします。

5-1.加入手続きについて

新たに従業員を雇用する場合は、社会保険の加入手続きが必要です。

必要な手続きは、以下の通りです。

  • 健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届
  • 雇用保険被保険者資格取得届

健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届はについては、管轄の年金事務所へ雇入れ日から5日以内に提出しなければなりません。

雇用保険被保険者資格取得届は、管轄のハローワークへ雇入れの翌月10日までに提出を完了させる必要があります。

5-2.資格喪失届

転職、解雇、死亡などが発生した場合には、該当従業員について資格喪失の手続きをしましょう。

必要な手続きは以下の通りです。

  • 健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届
  • 雇用保険被保険者資格喪失届
  • 雇用保険被保険者離職証明書

健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届は、当該従業員の退職日の翌日から5日以内に年金事務所へ提出しましょう。

全国健康保険協会の場合は、従業員本人から健康保険証を回収して添付します。扶養家族がいる場合は、その分も回収しましょう。

雇用保険被保険者資格喪失届は、当該従業員の退職日の翌日から10日以内にハローワークへ提出します。退職者が実業手当を受給するのに必要です。

雇用保険被保険者離職証明書は、失業手当の金額を決めるために必要で、被保険者資格喪失届と共に提出します。転職先が確定しているなど、離職票が必要でない場合には提出不要です。

社会保険の手続きについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

6. 社会保険改正を理解し、適用となる従業員の保険料を正しく計算しよう!

社会保険とはどのような制度、仕組みなのか、計算方法や手続きについての話も交えて解説しました。

社会保険は従業員が働く上での安心材料の1つです。しかし、企業にとっては保険料の負担が増えるため、十分な対策を講じなくてはなりません。

そのためには、社会保険の基礎を知り、改正内容を都度確認することが大切です。また、従業員の勤怠管理を徹底し、適用者の判断や保険料の計算を正確におこなうことが求められます。

社会保険は今後も改正がおこなわれるでしょう。企業として健全な経営を続けるために、しっかりと準備を進めていきましょう。

この記事を参考に、適用拡大が進む社会保険についての理解を深めていただき、従業員の方とのコミュニケーションや手続き準備を進めていただければ幸いです。

「社会保険の手続きガイドを無料配布中!」

社会保険料の支払いは従業員の給与から控除するため、従業員が入退社した際の社会保険の手続きはミスなく対応しなければなりませんが、対象者や申請期限、必要書類など大変複雑で漏れやミスが発生しやすい業務です。

当サイトでは社会保険の手続きをミスや遅滞なく完了させたい方に向け、「社会保険の手続きガイド」を無料配布しております。

ガイドブックでは社会保険の対象者から資格取得・喪失時の手続き方法までを網羅的にわかりやすくまとめているため、「社会保険の手続きに関していつでも確認できるガイドブックが欲しい」という方は、こちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

社会保険ebook

ダウンロード

--------------------

\【2024年最新版】HR関連法改正トレンドBOOK/

▼無料ダウンロードはこちら▼
https://hrnote.jp/document/?did=148030

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

ボーナスは年末調整の対象になる?税金や還付金について解説

ボーナスは年末調整の対象になる?税金や還付金について解説

年末調整は、1年間の給与総額に基づいて所得税額を再計算し、毎月の源泉徴収税額との過不足分を再計算する手続きです。年末調整の対象は毎月の給料だけではありません。賞与やボーナスも年末調整の対象となるため、正しい手続き方法を知 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
年末調整に交通費や通勤手当は含まれる?注意点を徹底解説

年末調整に交通費や通勤手当は含まれる?注意点を徹底解説

企業は毎年度末、従業員から源泉徴収した所得税額に過不足がないかどうか確認する年末調整をおこないます。 所得税は給与収入をベースに算出した課税所得額に基づいて計算されるため、毎月従業員に支払っている交通費や通勤手当を給与収 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
年末調整のひとり親控除を徹底解説!対象者や書き方、寡婦控除との違いも解説

年末調整のひとり親控除を徹底解説!対象者や書き方、寡婦控除との違いも解説

会社勤めをしているひとり親の人は、年末調整でひとり親控除を受けることができます。ひとり親控除には、所定の手続きが必要なため、要件や書類の書き方などをしっかりチェックしておきましょう。今回は、年末調整のひとり親控除の対象者 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
退職金は年末調整の対象に含まれる?退職所得の計算方法や確定申告が必要なケースを解説

退職金は年末調整の対象に含まれる?退職所得の計算方法や確定申告が必要なケースを解説

退職金は年末調整の対象となる所得には含まれませんが、所得税の課税対象ではあります。当記事では、なぜ退職金が年末調整の対象にならないのか、退職金に対する所得税の課税金額の計算方法、そして、退職金に対して確定申告が必要になる […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
年末調整の続柄の書き方一覧!世帯主との関係や確定申告の場合の書き方も解説

年末調整の続柄の書き方一覧!世帯主との関係や確定申告の場合の書き方も解説

年末調整の書類には「あなたとの続柄」を記載する箇所がいくつかあります。続柄の意味や書き方を正しく理解していないと、間違った申告をおこなってしまう可能性があります。また、確定申告での続柄の記載方法は少々異なるため注意が必要 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ