社員管理とは?目的や効率よく実施するためのポイントを紹介 |HR NOTE

社員管理とは?目的や効率よく実施するためのポイントを紹介 |HR NOTE

社員管理とは?目的や効率よく実施するためのポイントを紹介

  • 組織
  • タレントマネジメント

一人カメラ目線の女性

社員管理は、企業における重要な業務のひとつです。社員管理を実施することで、社員のモチベーションアップや業務の効率化などを実現できます。この記事では、社員管理の意味や目的、効率よく実施するためのポイントを紹介しますので、ぜひチェックしてください。

人的資本経営に関して、大企業人事のホンネは?

企業の成長に「ヒト」という資本が重要なことを理解しつつ、実際に他社はどの程度社員管理および人的資本の活用に着目し行動しているか気になっている方も多いのではないでしょうか。

当サイトでは、人的資本経営の業務を担当している、大企業(従業員数1000名以上)人事106名のアンケートをもとに作成した「【調査レポート】人的資本経営に関して、大企業人事のホンネは?」を無料でお配りしています。

こちらからダウンロードできますので、ぜひご一読いただき、自社の社員管理の方針検討にお役立てください。

ダウンロード

1. 社員管理とは?

社員をデータ化して管理

社員管理とは、企業で働いている社員の能力や給与を管理することです。社員管理を行うことで、適正な人材配置や経営目標の達成を実現できます。

社員管理を通して、一人ひとりの働く環境を改善したり、モチベーションを高めたりすれば、能力を発揮しやすくなります。能力を発揮しやすい環境を構築すれば、企業全体として成長でき、経営目標を達成することもできるでしょう。

1-1. 社員一人ひとりのモチベーションを高める人事管理

社員管理のひとつである人事管理は、人材の確保や採用、教育や適切な配置などを行う業務です。社員一人ひとりをしっかりと教育し、仕事の知識を習得させることで責任感が生まれ、モチベーションも高まります。また、適切な人事配置をすれば仕事の能力を活かすことができ、大きな成果を得られるでしょう。企業の利益アップにもつながります。

1-2. 社員の働きやすい環境を整える労務管理

労務管理は、社員の働く環境を整える業務です。社員の勤怠、給与や福利厚生、労働環境の管理をします。労働時間や残業状況を管理することで、長時間労働の抑制になり社員の健康管理にもなるでしょう。

毎月安定した給与があると、安心して働くことができます。安心できる環境を構築することで、働く意欲を保つことができるでしょう。

2. 社員管理の目的

皆で達成を目指す

社員管理を実施する目的は、経営目標を達成することです。より効率よく、コストを抑えつつ目標を達成することも社員管理の目的といえるでしょう。

効率よく、少ないコストで経営目標を達成すれば、利益を多く得ることができます。企業が働く環境を整え、社員のモチベーションがアップすれば、仕事の効率もよくなるでしょう。

とはいえ、企業の成長に「ヒト」という資本が重要なことを理解しつつ、実際に他社はどの程度社員管理および人的資本の活用に着目し行動しているか気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで当サイトでは、人的資本経営の業務を担当している、大企業(従業員数1000名以上)人事106名のアンケートをもとに作成した「【調査レポート】人的資本経営に関して、大企業人事のホンネは?」を無料でお配りしています。こちらからダウンロードできますので、ぜひご一読いただき、自社の社員管理の方針検討にお役立てください。

3. 社員管理を行う3つのメリット

社員のハートをケア

社員管理を行うメリットとしては、適材適所の人材配置ができること、社員評価の透明性と公平性を確保できること、社員を細かくサポートできることなどが挙げられます。それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

3-1. 適材適所の人材配置ができる

適材適所の人材配置ができることは、社員管理の大きなメリットです。各社員の能力や経験に合った部署へ配置すれば、モチベーションアップや業務の効率化を期待できるでしょう。

3-2. 社員評価の透明性と公平性を確保できる

社員評価における透明性と公平性を確保できることも、社員管理のメリットのひとつです。面談などを通して、社員の目標や達成できている部分・できていない部分を把握すれば、フォローや指導を行いやすくなります。今後の育成方針も明確になるでしょう。

社員管理の項目を明確にしておけば、社員の納得感も得られます。管理項目や評価方法に透明性があれば、納得して次の目標へ向かっていけるでしょう。

3-3. メンタルなどを細かくサポートできる

社員のメンタルサポートを行えることも社員管理のメリットです。能力や経歴だけではなく、身体や心の健康状態を把握しておけば、状況によって労働時間を抑えたり、配置転換したりできます。社員の状況に合わせて休暇や労働時間などを調整すれば、仕事に対するモチベーションを維持することができ、人材を失うことはありません。

4. 社員管理を効率化するためのポイント

会社のシステムを活用する

社員管理を効率化するには、ペーパーレス化を図ることや、便利なシステムを導入することが重要です。以下、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

4-1. ペーパーレス化を図る

社員管理を紙ベースで行っている企業も多いかもしれませんが、効率的に進めたい場合は、ペーパーレス化を図る必要があります。書類を減らすことで、印刷の手間を削減したり、保管スペースを減らしたりできるからです。データで管理すれば、目的の情報を簡単に検索することもできるため、ぜひペーパーレス化を進めましょう。

4-2. 便利なシステムを導入する

社員管理に役立つシステムを導入することも重要です。システムを活用すれば、膨大なデータを一元管理して、会社全体で共有できます。離れた支社からでもデータにアクセスできるため、情報共有の手間もかかりません。

5. 社員管理に役立つシステム

全ての社員情報を一括管理

社員管理に役立つシステムとしては、人材管理システム、労務管理システム、給与管理システムなどが挙げられます。以下、それぞれのシステムについて詳しく見ていきましょう

5-1. 人材管理システム

人材管理システムには、社員の個人情報、給与・労働時間、パフォーマンス評価などのデータが保存されます。保存されたデータをもとに人材配置を行えば、それぞれの社員に合った部署へ配属できるでしょう。登録したデータを利用して、人事戦略の策定やパフォーマンス管理、能力開発や組織管理なども実施できます。

5-2. 労務管理システム

労務管理システムとは、社会保険手続きや福利厚生への加入など、労務に関する業務を効率化するためのシステムです。クラウド型の労務管理システムであれば、パソコンやスマートフォンから社員が直接情報を入力でき、自動的に必要な書類を作成します。郵送や印刷の手間も省けるため、労務管理システムを活用すれば書類作成を大幅に効率化できるでしょう。

5-3. 給与管理システム

給与管理システムとは、勤怠情報や雇用情報から自動で給与計算を行うシステムです。残業代や深夜手当、休日出勤などの処理も行えるため、毎月の給与計算を効率化できます。人為的なミスが生じやすい業務における抜け漏れのリスクを削減でき、精度の高い給与計算が可能です。

5-4. 勤怠管理システム

勤怠管理システムは、社員の出勤・退勤時刻を記録し、自動的に集計するシステムです。システムを導入することで、不要な事務作業が減少します。社員の勤怠データを管理することは、過重労働の防止にもつながります。不正なタイムカードの打刻も減少して、無駄なコストを削減できるでしょう。

5-5. 評価管理システム

評価管理システムは、社員の評価に関する業務負担を減らすシステムです。社員の目標や進捗状況の管理はもちろん、蓄積されたデータをもとにした分析もできます。企業で高い評価を受けている人材を項目別に振り分けることも可能です。

6. 適切な社員管理を実施することで企業の経営目標を達成しよう!

目標達成に喜ぶ人たち

今回は、社員管理をする目的や効率よく実施するポイント、社員管理に役に立つシステムについて解説しました。社員管理の目的は、企業の経営目標を達成することです。企業が働く環境を整え、個人のモチベーションをアップすることができれば仕事の成果も大きくなり、効率よく経営目標を達成できるでしょう。うまく管理できていない部分を分析し、必要であれば社員管理システムの導入を検討するのもおすすめです。

人的資本経営に関して、大企業人事のホンネは?

企業の成長に「ヒト」という資本が重要なことを理解しつつ、実際に他社はどの程度社員管理および人的資本の活用に着目し行動しているか気になっている方も多いのではないでしょうか。

当サイトでは、人的資本経営の業務を担当している、大企業(従業員数1000名以上)人事106名のアンケートをもとに作成した「【調査レポート】人的資本経営に関して、大企業人事のホンネは?」を無料でお配りしています。

こちらからダウンロードできますので、ぜひご一読いただき、自社の社員管理の方針検討にお役立てください。

ダウンロード

--------------------

\4月24日限定開催!/
人事×ChatGPTの具体的な活用術術を紹介!

ChatGPTをはじめとする生成AIを業務に取り入れることで、業務時間の圧縮や業務量の削減が期待されます。

今回は、人事担当者の方が今日から使えるChatGPT活用術として、

組織開発に関するChatGPT活用を株式会社リーディングマークのプロダクト企画室副室長/AIエバンジェリストの今村健一郎氏に、

労務領域の業務に関するChatGPT活用を社会保険労務士の加藤秀幸先生にお話いただきます。

実際に使えるプロンプトを交えた実践的なノウハウもご紹介しますのでこちらから視聴予約をして、是非ご参加ください。

 

▷こんな方におすすめ!
・人事業務の担当者の人手が足りず困っていて業務効率を上げた

・ChatGPTに興味はあるけれど、どんなことに使えばよいか分からない

・業務にChatGPTを取り入れたいが、イメージしているような回答が出てこない

 

▼当日の視聴予約はこちらから!▼
https://seminar.hrnote.jp/post/95

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

次世代の人材育成とは〜発信と共有の場がもたらす組織変革とモチベーション向上〜

次世代の人材育成とは〜発信と共有の場がもたらす組織変革とモチベーション向上〜

ビジネス環境の変化も早く、人口減少、多様化する価値観など、人事部の方にとってこれほど人材育成が複雑で高度化している時代は今まで類をみないのではないでしょうか? たとえば、これまでのような画一的な研修、強制的な異動や転勤を […]

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.04.17
松野天音
「キャリアの壁(女性社員本人の壁)」を乗り越えるための意識変革|本人・上司・全社で実現する女性活躍推進

「キャリアの壁(女性社員本人の壁)」を乗り越えるための意識変革|本人・上司・全社で実現する女性活躍推進

2023年3月期の有価証券報告書から女性管理職比率の開示が義務付けられるなど、女性活躍を推進する気運が一層高まっています。一方で、「なかなか女性の管理職が増えない」とお悩みの企業は少なくありません。 本連載では「本人・管 […]

  • 組織
  • キャリア開発
2024.04.17
根本 慎吾
「チーム愛媛」のデジタル人材育成「高度デジタル人材シェアリング事業」に密着!

「チーム愛媛」のデジタル人材育成「高度デジタル人材シェアリング事業」に密着!

愛媛県では、県・市町による協働事業「チーム愛媛」高度デジタル人材シェアリング事業の一環として、職員を対象とした各種研修・勉強会が開催されています。 今回編集部はその中の「BIツール勉強会」に参加させていただき、実際の勉強 […]

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.04.15
HR NOTE 編集部
「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【後編】

「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【後編】

上場企業における人的資本の情報開示が義務化されたことを背景に、自社の人事データを正しく管理し活用することの重要性が高まっています。 しかし、人事データをとりあえず集めたが、その後の効果的な分析ができずにいる企業がとても多 […]

  • 組織
  • 組織・その他
2024.04.15
金井一真
「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【前編】

「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【前編】

上場企業における人的資本の情報開示が義務化されたことを背景に、自社の人事データを正しく管理し活用することの重要性が高まっています。 しかし、人事データをとりあえず集めたが、その後の効果的な分析ができずにいる企業がとても多 […]

  • 組織
  • 組織・その他
2024.04.15
金井一真

人事注目のタグ