新卒採用代行(RPO)サービス比較10選|業務内容、メリット・デメリット、費用、おすすめ代行会社をご紹介!

企業が成長していく上で欠かせない採用活動。求める人材を採用できるかどうかが、企業の未来を左右すると言っても過言ではありません。

しかし、採用手法の多様化などにより、採用担当者の負担は増加するばかり。「人手が足りない」「採用のノウハウがない」など悩みを抱えている企業も多いのではないでしょうか。本記事では、そのような方におすすめしたい「採用代行サービス」について解説します。

今回は特に多様化が進む新卒採用における採用代行についてです。新卒採用代行でできること、メリット・デメリット、費用相場、どの代行会社を選べばいいかなどをまとめました。ぜひ比較検討する際の参考にしてみてください。

1分でわかる新卒採用代行サービス|導入前のチェックリスト付
新卒採用代行ついてまとめた資料になります。
これを読めば新卒採用代行について簡単にわかる1冊となっています。
どのような業務がどのくらいの期間でいくらで任せられるのかなど
詳細も細かく記載しております。ぜひ参考にしてください。

1. 新卒採用代行サービス(RPO)とは

新卒の就職市場は現在「売り手市場」。募集を出して応募を待つだけでは、求める人材を採用できない時代に突入しつつあります。新しい採用手法が求められるだけでなく、採用活動の期間も長期化しています。そうした課題を解決するためにおすすめなのが、採用代行(RPO)サービスです。

新卒採用代行とは新卒採用の中で発生する採用業務を代行会社に委託することを言います。新卒採用も多様化やオンライン化など複雑且つ長期化する中で、採用担当者がコア業務に集中できるよう昨今注目されています。

2. 新卒採用で代行できる主な業務

採用代行といえども、どの範囲まで外部の会社に委託できるのか?まずは委託可能な業務を、プロセスごとに見ていきましょう。

2-1.採用計画立案

  • 課題の把握
  • 採用戦略の検討
  • 採用競合や市場の分析
  • 採用ターゲットの設定

多くの時間もノウハウも必要なのが採用計画の立案。採用代行(RPO)サービスではこの業務も委託することが可能です。採用成功のプロである代行会社を活用することで、効率化を図ることができます。

2-2.母集団形成

  • 求人掲載の媒体選定や掲載手配
  • 求人原稿制作
  • 媒体管理・運用
  • 採用管理システム運用
  • DMやスカウト代行
  • 説明会会場の手配

応募を増やすためのさまざまな業務を委託可能です。昨今、増えつつある「ダイレクトリクルーティング」で欠かせないスカウトメールやDMの作成・配信も委託でき、これまで出会えなかった学生との出会いを増やすことができます。

2-3.応募受付・選考

  • スクリーニング
  • 会社説明会案内
  • 会社説明会代行
  • 適性検査案内
  • 面接日時設定
  • 欠席者フォロー
  • 評価シート作成
  • 面接官代行

採用人数が多い企業では、応募書類の管理や選定、通過者との面接の日程調整などの業務はかなりの工数になります。こうした業務ももちろん委託可能。代行会社によっては面接官の代行も依頼することができるため、内定承諾率向上を図ることもできます。

2-4.内定・入社

  • 内定者への連絡
  • 入社案内や入社書類の作成
  • 入社日調整
  • 内定者フォロー

入社案内や書類作成など、内定者の管理も委託できます。さらには、内定出し後のフォローまで委託することができます。内定辞退の多い企業様は是非、委託を検討してみてはいかがでしょうか。

このように採用代行(RPO)サービスは、すべての採用活動のフェーズで導入できるのが大きな魅力と言えるでしょう。

3. 新卒採用代行の費用相場

次に、気になる費用相場を見ていきましょう。代行会社や委託する内容によって変動するため、あくまで目安として参考にしてみてください。

3-1.料金体系

まずは料金体系についてご紹介します。期間、採用人数、業務量などに応じて料金体系を設定している代行会社が多いです。

・定額制

パッケージプランや3ヶ月・6ヶ月・1年など期間を決めて契約するタイプ。オプションを付けない限り追加費用は発生しません。あらかじめ予算が決められている企業におすすめの料金体系です。

成果報酬制

採用決定時や面接実施時に報酬が発生するタイプ。採用が決定するまで費用は発生せず、無駄なコストを最小限に抑えることが可能です。他の料金体系と比べると費用は高くなりますが、採用決定数や採用学生の質にこだわりたい企業様におすすめです。

業務量に応じた従量単価請求制

業務量に応じて費用が発生するタイプ。負担の大きい業務だけを依頼して費用をできるだけ抑えたいという企業におすすめです。

このようにさまざまな料金体系がありますので、自社にとってどれが最適なのかを見極めた上で委託するようにしましょう。

3-2.新卒採用代行の費用例

それでは委託する業務ごとにどのくらい費用がかかるのか、一般的な費用相場を見ていきましょう。

業務ごとの例

業務内容料金
DM・スカウト配信月3万円~
面接日時設定月5万円~
面接実施1回1万円~
評価シート作成1回3千円~
欠席者フォロー・別日程案内月2万~
次回面接日時連絡月2万円~
合否連絡月2万円~
内定通知書発送月2万円~

母集団形成だけを委託する、一次選考動員までを委託する、内定後のフォローまで委託する、など企業の課題や予算によってさまざまなケースがあります。

4. 新卒採用代行(RPO)を利用するメリット

次に、採用代行(RPO)サービスを導入することでどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

4-1.コア業務に専念できる

採用担当者が本来やるべきコア業務に専念できます。生産性が上がれば企業の利益向上にもつながるため、「コア業務に人員を割ける」というのは大きなメリットと言えます。

4-2.採用業務の質を高めて歩留まりUP

コア業務である「面接」に専念できるようになれば、自社にマッチする人材をより見極められるようになります。また、委託した業務もプロのノウハウで効率化できるため、採用業務全体の質も高まり、歩留まりUPに繋がります。

4-3.多くの学生に出会えるチャンスが高まる

求人原稿作成やDM・スカウトメール配信、会社説明会の運営など、母集団形成を採用のプロに委託することで、より多くの学生に出会えるチャンスが高まります。

4-4.採用効果の定期的な検証と対応

現在の採用手法でいいか、競合の対策など、採用代行会社は効果検証も行ってくれます。PDCAを回し、採用計画の見直しにもつながります。

4-5.採用コストを削減できる

採用担当者を新たに採用するよりも代行した方がコストを抑えられるケースが高いです。採用した場合、採用から育成、毎月発生する給与や社会保険料も発生しますが、採用代行であれば繁忙期だけ、一部の業務だけ、という風に業務量を調整できるため、無駄なコストを抑えることができます。

5. 新卒採用代行(RPO)を利用するデメリット

メリットが多い分、デメリットも当然あります。ここではデメリットについて見ていきましょう。

5-1.応募者との接点が減る

採用代行を利用することで必然的に応募者との接点が減るため、信頼関係を構築しづらくなります。代行会社に任せっきりにせず、選考が進んできたら積極的にコミュニケーションを図るようにしましょう。

5-2.認識のズレが起こりやすい

委託する範囲や求める人物像など、ズレが発生しやすくなります。業務のミスや入社後のミスマッチに繋がる恐れがあるため、日頃から依頼通りに業務ができているかをチェックするようにしましょう。

5-3.自社内で採用ノウハウが蓄積されない

代行会社にすべて丸投げしていると、自社に採用ノウハウが溜まりません。採用活動のアドバイスをもらうなど、あくまでサポートとして採用代行(RPO)サービスを活用し、自社のノウハウも蓄積していきましょう。

6. 新卒採用代行(RPO)を導入したほうがいい企業とは

便利な採用代行(RPO)サービスですが、すべての企業に有効とは限りません。闇雲に導入しても効果的な結果が得られないことも考えられます。ここでは導入した方が良い企業の特徴を見ていきましょう。

6-1.認知度が低い企業

採用成功の第一歩は、とにかく応募を集めること。認知度が低い企業は、母集団形成の段階で採用代行を導入しましょう。認知度が高まれば、求める人材に出会うチャンスも高まります。

6-2.人手やノウハウが不足している企業

人材不足や採用のノウハウがない企業は、採用計画立案〜応募者管理の段階での導入がおすすめです。候補者の絞り込みや応募者対応は工数がかかる上にミスも発生しやすいため、代行会社を活用して効率化を図りましょう。

6-3.応募が集まりにくい企業

応募が集まりにくい業界や職種は導入を検討しましょう。採用計画立案~母集団形成の段階で導入し、求める人材にアプローチできているか、どうアプローチすれば興味を持ってもらえるか、求人原稿やDM配信を見直すことで、志望度UPに繋がります。

6-4.応募者が多い人気企業

応募者多数になる人気企業も、応募者管理の段階での導入がおすすめです。書類選考の段階でできるだけスクリーニングすることで、優秀な人材や求める人材をより効率よく見つけられるようになります。

6-5.大量採用をおこなう企業

一度に大人数の採用を行う企業は、応募者管理や内定者フォローの段階での導入がおすすめ。特に、内定通知後の辞退を防ぐことは重要です。内定者との連携を確実におこない、人材をしっかりと確保しましょう。

7. 新卒採用代行(RPO)に強いおすすめ代行会社10選

7-1.株式会社ネオキャリア

【おすすめポイント】

・業界トップクラス10,000社以上の採用支援実績。

・新卒、中途、アルバイト問わず、豊富なノウハウで採用全般を委託可能。

・自社の大型コールセンターがあり、高品質でスピーディーな対応力。

・月額10万円からの利用も可能で安く利用したい企業にもおすすめ。

7-2.株式会社トライアンフ

【おすすめポイント】

・3,000社以上の導入実績。採用業務全般を委託可能。

・現状把握から来期に向けた提案まで、長期的な視点で採用代行サービスが受けられる。

・常駐型アウトソーシングも実施しており、採用経験の豊富なスタッフ派遣も可能。

7-3.株式会社ONE

【おすすめポイント】

・約3,000案件を誇る導入実績。

・会社の人材戦略に合わせたオーダーメイドプランで、費用対効果の良い採用を実現。

・中小企業から大企業まで数多くの企業をサポート。

7-4.ランスタッド株式会社

【おすすめポイント】

・アジアに4箇所の採用センターを保有し、国内のグローバル企業にも対応。

・企業に常駐してサポート運営も実施。

・バイリンガルのリクルーターが複数名在籍。

7-5.アデコ株式会社

【おすすめポイント】

・世界一の売上高を誇る総合人材サービス会社。

・新卒、中途、契約社員、パート・アルバイト問わず、トータルでサポート。

・的確な応募者の見極めなど、きめ細かな対応でミスマッチのない採用を実現。

7-6.パーソルテンプスタッフ株式会社

【おすすめポイント】

・部分的なアウトソーシングから採用計画~入社対応までのフルアウトソーシングが可能。

・企業の課題に合わせて採用センターと企業に常駐型、どちらも対応可能。

・採用規模の大きい、大型採用プロジェクトの対応が可能。

7-7.マンパワーグループ株式会社

【おすすめポイント】

・世界第3位の総合人材サービス会社。

・新卒採用・中途採用において豊富な支援実績。

・費用対効果の高い採用方法を提案し、内定・入社後の定着まで支援。

7-8.株式会社HRアソシエ

【おすすめポイント】

・リピート率90%以上。豊富な採用支援実績で、継続的な付き合いを実現。

・最適なプランを適正価格で提供し、費用対効果を最大限に高める。

・企業の採用状況に柔軟に対応し、採用業務のほぼすべて代行可能。

7-9.株式会社ツナグ・ソリューションズ

【おすすめポイント】

・アルバイト・パート採用に特化し、約330社、90,000店舗の採用支援実績。

・インターンシップやアルバイトから社員登用の採用コンサルティングも手がける

・365日稼働の応募受付専門コールセンターにて、スピーディー且つ高品質な対応。

7-10.株式会社キャリアマート

【おすすめポイント】

・年間約500社以上の採用支援実績。

・採用数に応じたアウトソーシングプランで、月5万円~対応が可能。

・約600体の採用ロボットが大量の業務を超短時間で処理し、ミスの無い正確な対応を実現。

8. まとめ

今回は、新卒採用で採用代行(RPO)サービスを取り入れる際のさまざまなポイントを詳しくご紹介しました。是非、本記事を参考にしていただき、自社で導入するべきか、どのように活用していくか、検討してもらえればと思います。

あわせて読みたい採用代行に関するまとめ記事はこちら
採用代行27サービス徹底比較|各社特徴まとめ
https://hrnote.jp/contents/b-contents-rpo-matome25-180518/
採用代行(RPO)の料金|アウトソーシング会社10社の特徴を比較
https://www.neo-career.co.jp/humanresource/knowhow/a-contents-rpo-saiyodaiko_ryokinhikaku_190828/
採用アウトソーシング・採用代行(RPO)サービス徹底比較【最新版】
https://hrnote.jp/contents/contents-1607/

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

関連記事