【研修サービスまとめ】人気の理由や特徴、メリットなどを徹底比較! | HR NOTE

【研修サービスまとめ】人気の理由や特徴、メリットなどを徹底比較! | HR NOTE

【研修サービスまとめ】人気の理由や特徴、メリットなどを徹底比較!

  • 組織
  • 人材育成・研修

※本記事で紹介しているサービスの一部は、サービス提供企業様の広告として掲載しております。

4月になると新しく新卒が入社してきて、会社の雰囲気が変わります。彼らの教育のために新人研修・新入社員研修のプログラムを検討し始めている企業も多いのではないでしょうか。

また、研修プログラムを階層別に実施することも多いかもしれません。新たに中堅社員や管理職になる社員に対して、改めて企業カルチャー浸透のために研修を実施した方が良い場合もあるでしょう。

このような研修プログラムは、「自社で作っている」という企業もあれば、「外部委託している」という企業もあります。ただ自社でつくる場合は多くの労力を必要とし、外部に委託する場合でも、さまざまな種類の研修があって特徴や違いがわからないという企業も多いのではないでしょうか。

今回は、そのような企業の人事担当者のために、さまざまな研修サービスをまとめてご紹介します。

そもそも研修を実施する意味・目的とは?

そもそも研修とは、一定期間職場から離れておこなわれる教育訓練のことを言います。研修を実施するにあたり、目的や種類、メリットなどをおさらいしておきましょう。

研修の目的

研修によって実施される目的はさまざまですが、「新しく職場に入った従業員が、業務を円滑に進めるためにおこなわれる」ことが多いと思います。

研修を実施することで、社員がスキルアップできれば生産性向上につながるとともに、社員自身が専門的な知識を身に付けてキャリアアップすることも可能です。

そのため、研修内容は受講者や企業の実施目的に合わせて考えていく必要があります。

▼人材育成について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

人材育成で大切なこととは?考え方や課題、目標や具体例などを詳しく紹介!

研修の種類

研修には、対面研修とオンライン研修の2つがあります。

コロナウイルス感染症の影響などによりテレワークの従業員が増え、オンライン型の研修を採用する企業が増えています。

オンライン研修は、会議室など特定の場所に複数人が集まって研修を受ける「他拠点参加型」と、自宅やコワーキングスペースなどで個別に研修を受ける「個別参加型」がありますが、どちらを選択するかは企業次第です。

また、オンライン研修にはオンデマンド型・ライブ配信型の2種類があります。オンデマンド型は、社員のペースで何度も研修を受けられ、ライブ配信型は臨場感があり集中力がアップするなどのメリットがあります。

研修の目的や緊急度によって最適な研修スタイルが異なるため、その時々に合わせて最適な研修を実施することが重要です。

研修サービスとは

研修をおこなう際、外部の研修サービスを利用する企業が増えています。多くの企業は、以下のような理由で研修サービスの導入を決定しているようです。

  • 自社で研修する場合に比べ、企画や運営の負担を軽減できる
  • 個別参加型なら、会場を押さえる手間やコストがかからない
  • 緊急時でも、時間や場所を選ばず充実した研修が実施できる
  • テレワーク従業員など、多様な働き方に対応できる
  • 最新の法令や社会情勢に基づいた質の高い研修を実施できる

研修サービスの最大の魅力は、豊富なコンテンツ量です。

ビジネススキル教育やコンプライアンス教育、階層別教育など、数百・数千ものコンテンツが用意されています。中には、複数の研修がセットになって利用できるサービスもあるので、自社に必要な教育・スキルに合うコースを選べるでしょう。

また、自社オリジナルの教材を作成・追加することも可能です。PDFや動画などの資料をアップロードするだけで簡単に研修内容をカスタマイズできるので、受講者のレベルや受講のタイミングなどによって最適な研修を実施できます。

各社のサービスによって異なりますが、研修サービスに備わっている機能の一部を紹介します。

機能 概要・メリットなど
受講スタイル スマホ、PC、タブレットなどさまざまなデバイスからの受講が可能
受講者管理 受講者と非受講者を一覧で判別できる
理解度確認 テキスト理解度を確認するためのテストを実施、結果を一覧で確認できる
受講促進 SNSのように研修の教材などに社員が「いいね」を押したり、コメントを残したりできるサービスもある
情報漏洩防止 IPアドレスを制限することで、教材ごとにアクセスを管理できる

研修サービスは豊富にあるため、自社に合うものを選ぶためには以下のポイントに注意しましょう。

  • コンテンツ数は豊富か
  • コンテンツの情報が新しく、質が高いか
  • 自社の業種に合うか
  • 運用が容易か
  • コストに見合う効果を得られるか

まずは、自社に必要なコンテンツが揃っていることを確認しましょう。

また、自社オリジナルの教材を作成・追加する場合は、操作しやすく運用が容易なことも見落とせないポイントです。

研修サービスを利用する際、コスト面を重視する企業も少なくありません。研修サービスは一般的に従量課金制で、「1人あたり」「何名まで」で金額が決まるので、事前にコストの概算を出すことが可能です。つまり、利用者数が決まればコストがわかるので、コスト対効果を比較すれば利用の判断がつきやすいでしょう。

このように、研修サービスにはさまざまなメリットがあります。しかし、サービスが豊富なため選び方が難しいというのも確かです。研修サービスを利用する際は、自社の状況とサービスの価値を徹底的に比較し、メリットが大きいことを確認しましょう。

企業向け研修サービスを利用する前に押さえておくべきポイント

ここで、社員に研修サービスを実施する前に覚えておきたいポイント(注意点)を2点、ご紹介します。

①研修サービス実施の意味・目的、受講スタンスをしっかり伝える

研修プログラムは整っている。しかし、研修はなかなか効果が見えづらい。そして参加をしてもらってもあんまり反応がよくない。

こういったことは、なぜ起こってしまうのでしょうか。

理由の1つに、受講者が研修の目的や意味を理解していないということが考えられます。

せっかく研修サービスを利用しても、研修の目的や意味、自分の仕事への活かし方を理解していないと、受講者は受身の姿勢で取り組んでしまい、研修による受講者の成長実感はなかなか得られない可能性があります。

そのため、研修サービスを実施する前には、研修実施の目的や意味、受講スタンスを人事部(教育研修部)から伝えておく必要があります。

特に受講者の上司や組織長にもしっかりと研修実施の意図を伝え、上司から伝えてもらうことも効果的です。

②研修後のフォローアップ、効果検証の仕組みを考えておく

研修は効果が目に見えづらいため、実施後の効果検証が非常に重要です。

研修サービスには、研修後にテストを実施して理解度を確認したり、再受講や再試験のリマインドをリマインドしたりする機能を備えているタイプもあります。しかし、研修の成果が実際の業務に発揮されなければ意味がありません。

研修後に受講アンケートを実施するだけでは不十分なので、明確にネクストアクションを決めさせたり、研修内容にそったアクションプランを構築させたりして、研修で得られるノウハウや考え方を受講者の日々の仕事と連結させることが大切です。

研修サービスを利用する場合は、事前に研修を提供する会社へその後のフォローアップを相談してみることも有効です。前回の研修内容をより深く理解し、ディスカッションなどによって実務に寄り添った研修となるでしょう。また、新たな課題が見え、さらなるスキルアップへの意欲が増すことも期待できます。

研修サービスの特徴を徹底比較

Schoo for Business

【特徴】
  • 6,200本以上の研修動画が受け放題の国内最大級のオンライン研修サービス
  • 新入社員研修・階層別研修・職種別研修、ビジネススキルからITスキルまで、多様な研修に対応可能
  • 業界の第一線で活躍するプロフェッショナルたちが講師だから、受講者からの評判が高い
  • 導入社数は2,000社を突破しており、1ID:1,500円からのトライアルしやすい料金体系
  • 社員の受講状況はリアルタイムで可視化でき、結果のCSVダウンロードなども可能
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:株式会社Schoo
URL:https://schoo.jp/biz/theme/newcomer/

ジンジャーeラーニング

【特徴】
  • 教育・研修の専門部隊によって制作された、トレンドや法改正に対応した最新教材が毎月追加・更新
  • マルチデバイス対応型でインターネット環境があれば、いつでもどこでも学習できる
  • 70以上の言語の字幕機能が標準搭載されており、グローバル人材の採用・育成にも効果的
  • 受講ステータスのリアルタイム管理、確認テストなど、受講効果を高める仕組みが満載
  • 受講履歴をジンジャーのデータベースに連携可能。従業員のあらゆる受講情報を蓄積できる
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:jinjer株式会社
URL:https://hcm-jinjer.com/e-learning/

etudes

etudesの公式ページ

【特徴】
  • 20年余りのノウハウが蓄積された国産eラーニングシステム
  • コンテンツ(教材)アップロード無制限!その他多くの機能を搭載
  • 初期費用・追加開発不要!大手企業や省庁への導入多数
  • 学習成果にこだわった「eラーニング教材」を多数ご用意
  • Microsoft Azureを採用。強固なセキュリティで安心して使える
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:アルー株式会社
URL:https://etudes.jp/

株式会社チェンジ|人材育成・研修サービス

【特徴】
  • DX時代の育成効果を可視化するデータに基づいた新入社員研修を実現
  • アウトプット・実践型を重視した研修設計により現場で活きる力が身につく
  • 各社様の状況の全体像に基づき新入社員に必要な学習要素を設計
  • 20年にわたる実践知をもとにフィードバックを行い、パフォーマンス、エンゲージメントの向上と離職率の低下にも貢献
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:株式会社チェンジ
URL:https://biz.change-jp.com/LX/newhire-training.html

アルー株式会社|人材育成・研修サービス

【特徴】
  • プロフェッショナル人材を育てるオーダーメイド型の研修を提供
  • 若手から経営層までを網羅した階層別カリキュラムに加え、課題解決と成果にこだわった育成プログラムを用意
  • オンライン・オフライン併用のハイブリッド型研修も実施可能
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:アルー株式会社
URL: https://service.alue.co.jp/service/level-specific/newworker

playse. ラーニング

【特徴】
  • 職種別研修、コンプライアンス研修、ハラスメント研修、情報セキュリティ研修、IPO研修まで、5,000以上の教材が見放題
  • 管理職向けの応用コンテンツもあり、階層別の研修も実施できる

  • アップロード機能を活用して自社教材の配信やスピーディなノウハウ共有も可能

  • コースマップを搭載しており、学習のゴールとステップを可視化できる

  • 登録されているアカウント数ではなく、その月に使ったアカウント分だけの従量課金なので、無駄なコストがかからない
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供企業:株式会社manebi
URL:https://playse.jp/e-learning/contact/

株式会社富士通ラーニングメディア

【特徴】
  • 目指す自分像に応じて細かくコースや内容が異なり、一人ひとりに合った研修
  • ステップを細かくすることによって、確実に新人社員のレベルアップする
  • 社会人の基礎から、各部門の専門分野の初歩までをカバー
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:株式会社富士通ラーニングメディア
URL:https://www.fujitsu.com/jp/group/flm/

株式会社マイナビ

【特徴】
  • 高品質の研修を実施するために、研修で使用するテキスト・教材のクオリティにも徹底的にこだわっている
  • 『均一な質』で研修を提供できるようにするため、講師にはマイナビからお渡しする「講師の手引き」をもとに勉強会を3~5回実施している
  • 研修効果の定着・習慣化をはかるため、マイナビの『新入社員研修』では、研修後のフォローアップに力を入れている
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:株式会社マイナビ
URL:https://hrd.mynavi.jp/special/

一般社団法人 情報サービス産業協会

【特徴】
  • 「目指す人材像に必要なスキルは何か?」、「どのような受講スタイルで学びたいか」、「いつ受講したいか」といった条件から最適なコースを選択できる
  • “わかる”から“できる”へと習得レベルを引き上げるため、KPTによる振り返りなど、さまざまな施策がある
  • 新入社員が主体性を発揮できるよう、万全の体制で見守り、日々のコミュニケーションをとおして的確な指導・アドバイスをおこなう
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:一般社団法人 情報サービス産業協会
URL:https://www.jisa.or.jp/portals/0/resource/seminar/ictpro/shinjin/course.html

NECマネジメントパートナー株式会社

【特徴】
  • 次代を担うビジネスリーダーに必要な基礎スキルを新入社員のうちから意識的に身につけさせることができる
  • 新入社員の方々に自らの才能を磨きあげていくことの大切さを伝え、将来起こりうるさまざまな問題は自ら解決していけるという自信と積極的な姿勢を身につける
  • 研修では設定した目標に対して何がどこまでできたのか、また何が足りなかったのかを振り返り、次の行動目標に繋げるという習慣を身につけることができる
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:NECマネジメントパートナー株式会社
URL:https://www.neclearning.jp/training/newcomer.html

トレノケート株式会社

【特徴】
  • 社会人へのマインドシフトを促すビジネス研修からITエンジニアの素地を作るIT研修まで幅広く提供
  • 研修効果を高めるために、理論→訓練→振り返り→実践という流れで進める
  • 内定者研修、新入社員研修、フォローアップ研修、OJT担当者向け研修まで、若手社員の成長を継続的に支援
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:トレノケート株式会社
URL:https://www.trainocate.co.jp/newtrain/index.html

KENスクール法人研修サービス

【特徴】
  • ビジネス系からIT技術系まで、一貫して教育できる
  • 受講形式のバリエーションが豊富なので、企業のニーズに合った受講形式を選択することができる
  • たくさんの講座からカスタマイズして、その企業だけの研修を実施することができる
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:KENスクール法人研修サービス
URL:https://education.kenschool.jp/new_graduates/

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ

【特徴】
  • 社会人において大事な行動の中で、8つの行動に重きを置いた研修内容
  • 見本の動画を見て、ロープレをし、比較することで自分の足りないところを見つめることができる
  • 「相手の期待を考える」といった相手を思う心を大事にする研修内容
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
URL:https://www.recruit-ms.co.jp/open-course/freshman/

ANAビジネスソリューション株式会社

【特徴】
  • 「安心を育てる仕組みと行動」や「接遇=おもてなしの心の表現」を大事にした研修
  • 150社(2016年度)を超える実績とANAの接客ノウハウを織り交ぜた内容
  • 「なぜそうなのか」背景から理解させることで、「人間力を備えた信頼される人財」となる成長の道筋へ繋げる
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:ANAビジネスソリューション株式会社
URL:https://www.abc.jp/service/anakenshu/new/

株式会社グロービス

【特徴】
  • 年間1,200社の実績に加え、そこから得るデータによって常に科目開発がおこなわれている
  • 指示待ちで行動するのではなく、「自律型」の社員育成
  • 「経営」の教鞭を執るに相応しいアカデミック・バックグラウンドを有しているのみならず、アカデミックに閉じない実務家講師
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:株式会社グロービス
URL:https://gce.globis.co.jp/solution/a-4

株式会社アイ・ラーニング

【特徴】
  • 入社前や配属後の職場と連携した中長期プランで研修を構成
  • 「自ら学び・考え・行動する」人財の育成
  • 会社からの期待値を知り、それをベースに一人前の社会人像を若手自らがしっかりと描き、配属後も学習を継続できる、成長し続ける人財の育成を支援
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:株式会社アイ・ラーニング
URL:http://www.i-learning.jp/newcomer/

株式会社ザ・アカデミージャパン

【特徴】
  • ゆとり世代の特徴に合わして、徹底的に模倣させるプログラム
  • 上手に教え、育てていくことで、職場で急速に成長させる
  • 「なぜそのように行動するのか?」を教えることで、他者視点を持たせる
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:株式会社ザ・アカデミージャパン
URL:https://www.academy-japan.com/

株式会社セゾンパーソナルプラス

【特徴】
  • 担当者のみなさまにヒアリングをさせていただいたり、ディスカッションをしたりしながら、要望に即したオリジナルの研修プログラムを提供している
  • ロールプレイング演習やケーススタディを多く取り入れることで、、「頭でわかる」だけではなく「現場で再現できる」状態を目指す
  • 研修終了後にアクションプランシートを作成したり、事後課題として活用することで、研修終了後の実践に繋げる
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:株式会社セゾンパーソナルプラス
URL:http://jbmhrd.co.jp/service/class/class_new-employee

株式会社社員教育研究所

【特徴】
  • 自分の考えや意見を積極的に発言しなければならない環境をつくるため、自然と自主性と伝える力が身につく
  • フォローアップで再度触れることにより、参加したときとは違う学びを得ることができる
  • 社会人の基礎である礼儀を完璧サポート
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:株式会社社員教育研究所
URL:https://www.shain-kyouiku.jp/search/ctcls6/

株式会社ジェック

【特徴】
  • 企業人プロとして成長するためのプロセスと基準が明確になるので、努力する方向が明確になる
  • 自分の成長を阻む原因と、それを打開し克服するための考え方と行動のとり方がわかるようになる
  • 正しい仕事観・職場観に気づき、自己責任意識・お役立ち意識が強化され、向上心・目標必達精神が高まる
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:株式会社ジェック
URL:https://www.jecc-net.co.jp/

アーティエンス株式会社

【特徴】
  • アーティエンスの新入社員研修は、​新入社員のセルフマネジメント力を高めるアプローチを実施
  • 新入社員の主体性・当事者意識を促進し、現場での成果・成長にも結び付ける研修内容を提供​
  • 新入社員の状態を定期的に可視化し、適切なフォローとフィードバックを​おこなうサーベイGrowthを実施
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:アーティエンス株式会社
URL:https://artiencecorp.com/service/service_freshman/

株式会社パーソル総合研究所

【特徴】
  • 研修後、受講者一人ひとりへの講師からのフィードバックコメントが送られる
  • VTR撮影により、自分自身の第一印象とその重要性を気づかせる
  • 電話練習機を活用して、その場で自分の応対を聞かせる
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:株式会社パーソル総合研究所 URL:https://rc.persol-group.co.jp/learning/newcomer/

株式会社ダイヤモンド社

【特徴】
  • ダイヤモンド社診断ツールで課題を見つけ、その課題解決の場として研修を実施することができる
  • 経験学習の定着化ツール『経験学習ノート』の活用をはじめ、受講者が自らの経験を振り返る経験学習のエッセンスが組みこまれている
  • 研修終了後、受講者間の「対話」による相互作用を促すワークショップ形式の「知識創造型」研修を提供
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:株式会社ダイヤモンド社
URL:https://jinzai.diamond.ne.jp/items/k00HD0007/

株式会社子育て支援

【特徴】
  • アドラー心理学に基づく「勇気づけのコミュニケーション」を組織内に 浸透させることで、さまざまな課題を本質的に改善させる基盤を構築することができる
  • 「勇気づけのコミュニケーション」によって、従業員のプライベートでのトラブルやストレスを最小化する
  • 「勇気づけのコミュニケーション」はグローバルにも適用可能なコミュニケーション・スキルである
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:株式会社子育て支援
URL:http://www.happy-kosodate.jp/service/adler_training.html

【株式会社アソウ・ヒューマニーセンター】

【特徴】
  • 少人数から参加が可能なため、1社1名からご参加の方も安心して受講できる
  • 一方的におこなう講義ではなく、参画型・体感型の研修のため、より理解が深まる
  • 人材ビジネス32年の経験豊富なベテラン講師が指導
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:株式会社アソウ・ヒューマニーセンター
URL:https://kenshu.ahc-net.co.jp/

株式会社リンクアカデミー

【特徴】
  • 研修効果を最大化させるために事前に貴社の状態や個人のモチベーションタイプなどを診断し、目標達成に最適なプランを作成
  • 研修対象者のモチベーションのタイプ別と研修プランに基づいた研修を実施し、意欲的に目標が達成できるように導く
  • 研修報告により、人事担当者様が研修結果を把握できるだけなく、蓄積されたデータをもとに次回の研修に向けてよりよい内容の提案ができる
新卒 中途 管理職
営業スキル 技術スキル グローバルスキル 自己啓発系
提供会社:株式会社リンクアカデミー
URL:http://link-academy.co.jp/training/plan/plan_01.html

研修サービスを利用して効率的かつ確実な人材教育を実現しよう

各研修サービスは同じ内容を提供しているように見えて、実は期間や目標などの細かい部分で内容が異なっています。

研修サービスを検討する前に、「従業員にどのような状態になってほしいのか?」「その状態になるにはどんなスキルが必要か?」といったことを考えておくことで、どのような研修内容がベストなのかわかり、適切な研修サービスを選ぶことができると思います。

本記事が社員研修を実施する際の参考になれば幸いです。

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

DX人材とは?経済産業省の定義や育成方法・必要資格なども解説

DX人材とは?経済産業省の定義や育成方法・必要資格なども解説

DX人材とは、デジタル技術の活用によって企業のビジネスモデルを変革させる取り組みを推進していく人材のことです。経済産業省は日本のDX化の遅れを危惧し、DX人材の育成・確保を促しています。本記事では、DX人材の定義や職種、必要とされる資格など、DX人材についてわかりやすく解説します。

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.05.17
HR NOTE 編集部
リスキリングとは?メリットや導入のポイント・事例をわかりやすく解説!

リスキリングとは?メリットや導入のポイント・事例をわかりやすく解説!

リスキリングとはどんな意味? リスキリングとは、英語では「Reskilling」と表記され、日本だけではなく、海外でも注目されています。たとえば、2020年のスイスで開かれたダボス会議では、2030年までに10億人のリス […]

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.05.17
須藤華恋
オフィス環境と人・組織成長支援について|イトーキ二之湯

オフィス環境と人・組織成長支援について|イトーキ二之湯

寄稿の機会を3回いただき今回はその最後となる。この3回を通じお伝えしたかった内容はオフィス環境を整備することが人事施策実践に貢献できること、その中でもとくに生産性・エンゲージメント・健康の向上に有効であることである。 シ […]

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.05.17
松野天音
人事DX(HRDX)とは?DX化する方法・メリットや失敗事例も紹介

人事DX(HRDX)とは?DX化する方法・メリットや失敗事例も紹介

デジタル化社会といわれる現代において、企業のDX推進が急がれていますが、なかでも人事部門のDX化は企業の成長に必要不可欠な取り組みとされています。しかし、「人事DXの効果や進め方がわからない」という悩みを抱えている企業も少なくありません。そこで今回は、人事DXの必要性やHRテックとの関係、推進する方法・コツ、失敗事例とその対策をわかりやすく紹介します。

  • 組織
  • 組織・その他
2024.05.16
HR NOTE 編集部
バックオフィスDXとは?推進の必要性やメリットと推進のポイントを解説

バックオフィスDXとは?推進の必要性やメリットと推進のポイントを解説

企業経営や現場業務を円滑に進めるためには、バックオフィス業務の効率化も重要です。IT技術の発展や働き方改革、感染症の蔓延といった影響により、バックオフィスのDXに取り組む企業も増えています。
今回は、バックオフィスのDX推進が必要な理由・背景や、DX推進によるメリットや推進方法、成功事例をわかりやすく解説します。

  • 組織
  • 組織・その他
2024.05.16
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ