採用代行(RPO)は導入すべき?実際の事例や利用者の声をご紹介 | 人事部から企業成長を応援するメディアHR NOTE

採用代行(RPO)は導入すべき?実際の事例や利用者の声をご紹介 | 人事部から企業成長を応援するメディアHR NOTE

採用代行(RPO)は導入すべき?実際の事例や利用者の声をご紹介

説明会の運営やES(エントリーシート)の確認、そして候補者との面接など、新卒採用の採用担当者はとても多くのことをやらなければなりません。

「業務が多すぎて、やらなければならないことに手が回らない」といった、猫の手も借りたい採用担当者におすすめしたいのが『採用代行サービス』です。

採用代行サービスは、単に採用業務を代行してくれるというメリットだけではなく。選考辞退率の低下第三者目線での企業の魅力がわかるなどのメリットがあります。

今回は、そんな採用代行サービスを活用して何が実現できるのか、『ネオキャリアの採用代行(RPO)サービス』を例にご紹介します。

\【人事担当者様必見!】豪華ゲスト多数登壇、大規模HRイベント /
大好評につき、今だけ見逃し配信受付中!

近年、採用市場は厳しさを増しており、当初の計画通りの人数を採用できなかった企業が増え続けています。特にスタートアップ企業においては、即戦力人材を求める傾向が強いため、より一層採用が難化する傾向にあります。

本セッションでは、

  • NewsPicksで有名な株式会社ユーザベースが「分かりにくい企業」としての認識を覆した、採用イベントの実施ノウハウ
  • スタートアップにもかかわらず、1年半で社員数を約5倍まで引き上げたキャディ株式会社の取り組み事例

を基に、スタートアップ企業がどのように採用を成功させていくのかについてご紹介いたします。

スタートアップ企業だけでなく、全ての採用担当者様にお役立ち出来る内容となっておりますので、是非お申込みください!

1. 採用代行(RPO)サービスとは

「採用代行」とは、RPO(Recruitment Process Outsourcing)とも呼ばれています。

ネオキャリアの採用代行サービスでできることは、【母集団形成に関わる業務】【選考に関わる業務】【内定に関わる業務】【コンサルティング業務】の4つです。

母集団形成に関わる業務

  • 採用計画
    今の会社の状態でどんな人物像を採用するのか、どの媒体に掲載するのか、どういう選考フローにするのかを一緒に決めていきます。
  • エントリー対応
    エントリー応募がきた学生にすばやく対応を実施していきます。すぐに返信をおこなうことで、選考離脱の可能性を下げることができます。
  • 説明会の企画・運営
    母集団形成で重要な説明会を、人材会社のノウハウを活用して企画・運営をサポートします。

選考に関わる業務

  • 書類選考
    ESのスクリーニングをお手伝いします。
  • 面接代行
    評価基準を十分にすりあわせ、理解した上で、プロの目で客観的に候補者を判断します。
  • 合否連絡
    合否連絡が遅いと、学生は他社に流れてしまうかもしれません。合否が決まった時点で、すぐにメールを送ります。

内定に関わる業務

  • 内定辞退者との個別面談
    内定辞退が出たときに、気になるのは辞退理由ですよね。その辞退理由を代行して面談でヒアリングを実施します。
  • 内定者研修の企画・運営
    内定者の教育と内定辞退防止の側面をもつ内定者研修を、より効果的なものにできるよう、サポートしていきます。

コンサルティング業務

  • 現状の課題分析
    採用課題がどこにあるのかをヒアリングし、その改善策を提案します。
  • 面接官トレーニング
    選考の面接官に評価基準や見るところをレクチャーします。

2. 採用代行の費用相場は?

採用代行の費用相場は、提供する企業や業務の依頼内容によって異なります。そのため、正確な費用を知りたい場合は、別途見積もりを取る必要があるでしょう。

算出方法は、大きく分けて「月額一律料金型」「業務量に応じた従量課金型」の2パターンがありますが、ネオキャリアの採用代行サービスでは「月額一律料金型」の料金プランを採用しています。

①月額一律料金型

業務内容に応じて、月額で費用が発生する料金体系です。

業務量が多い場合はお得になりますが、業務量が少ない場合は費用対効果が低くなってしまう可能性もあります。

②業務量に応じた従量課金型

業務量に応じて費用が発生する料金体系です。

業務量に応じて、事前に見積もりを出してもらう必要があります。

3. 実際に採用代行サービスで何が実現できるのか?

実際の導入事例をみながら、採用代行について理解していきましょう。

ケース01|メールの返信速度を早めることによって選考辞退率が下がった

ストーリー

面接が忙しすぎて瞑想(迷走)してしまった

最近、採用ブランディングがうまくいき、エントリー数が増えてきました。嬉しいことに母集団が増えた分、毎日学生と面接ができています。ですが、以前より選考辞退率が上がっているので、昨年と比べて採用できている人数があまり変わっていません。

選考辞退は避けたいところですが、面接で手一杯なので、メール対応や電話対応が遅れている状態でした。そこで採用代行サービスを活用しました。

採用代行サービスで活用したのは、メールと電話対応です。業務工数が大きいこの2つが代行できれば、私たちは面接などの学生に会う時間に専念できると思いました。

すると、予想どおり選考辞退率が減りました。採用代行によって、学生に時間を割くことができましたし、選考辞退率も減ってすごく満足です!

解説

この企業はメール・電話対応を依頼しました。その結果、「学生に時間を割くことができ、選考辞退率が減った」とのこと。ですが、実はもう一つ選考辞退が減った理由があります。

それは、学生へのメール・電話対応を素早く連絡したことが挙げられます。学生はたくさんの企業を受けていて、一企業はあくまで一つの選択肢でしかありません。その中で連絡が遅い企業は、選考辞退率が高いというデータがあります。

つまり、以下の2点で選考辞退率が減ったと考えられます。

  • 学生に時間を割くことによって、選考後の辞退率が減る
  • 電話・メールをすばやく返すことによって、選考前の辞退率が減る

このように採用代行を利用すると、業務が減るだけではなく、選考辞退率も低下することがわかりました。

ケース02|説明会代行により、選考移行率が向上した

ストーリー

しっかりと学生一人ひとりと時間をかけて向き合いたい

採用担当者、就職サイトがグランドオープンする3月以降、学生の面接や面談が多くなってくるので、その他の業務が回らなくなるぐらい忙しくなります。面接や面談で忙しい中、社外で説明会を開くとなると、その移動時間すらもったいないと感じてしまいます。

ですが、今たくさんの面接が入り忙しいのも、地道に説明会で学生と会って話してきたからこそです。ですので、説明会をおろそかにしてしまうと、学生との接点を減らしてしまうことになり、面接や面談に参加していただく学生の数が減っていきます。そのため、説明会はどうにか開催したい。ただ、面接もおろそかにせずに時間をかけて向き合いたい。

どうしようか迷っていたとき、以前から採用代行としてメール・電話対応をお願いしていたネオキャリアに説明会の代行もお願いすることにしました。

その結果、説明会から選考会への移行率が上がりました。説明会のノウハウがある採用支援会社にお願いしてよかったです!

解説

この企業は説明会の代行を依頼し、その結果、選考への移行率が上がりました。ここでのポイントは、第三者である採用代行会社が説明会をおこなうことによって、客観的な目線で企業の魅力を伝えることができたからです。

また、学生が求めている魅力やポイントを理解できていないと、どれだけこちらが頑張っても学生は興味を持ちません。しっかりと学生のニーズを把握して魅力を伝えることが重要です。

  • 学生のニーズが人材会社のノウハウによってわかる
  • 第三者目線での企業の魅力がわかる
  • 上記をすり合わせることによって、学生に”伝わる”説明会を実施することができる

このように採用代行を利用すると、説明会の業務が減るというだけではなく、選考移行率も上がることがわかりました。

4. サービス利用者の声をピックアップ!

次にサービスを利用した企業の声をご紹介します。

4-1. Goodポイント

  • 採用代行に業務を任せてから、学生に割ける時間が増えたので、ほしい学生を採用できた!
  • 今まで選考辞退率などを割り出していなかったのですが、データの可視化ができるようになりました。
  • 私たちがやるより、採用代行会社に任せたほうが、結果としてかかったコストが安い!
  • 電話対応のみをサービスとしてお願いしていたのですが、空いている時間に自社に合った媒体の運用のアドバイスもしていただき、採用がうまくいきました!

4-2. Badポイント

  • 採用代行にお願いすることで、採用ノウハウが溜まりにくかった
  • 連携を上手く取ることができなくて、思った通りにフローが進まないこともあった

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はネオキャリアのRPOサービスを例に、採用代行サービスの内容をお届けいたしました。

採用担当者はどの仕事を優先的にやるべきか考えることが大事です。

優先度が高い業務に悪影響を及ぼすほどの業務量になってしまっているのであれば、採用代行サービスを使ってみても良いかもしれません。

\メールマガジン登録無料/
人事/HR業界の最新情報を毎週チェック!

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRに関する事例やサービスリリース情報など、最新Newsから今すぐ使える他社実践ノウハウまでが簡単にわかるインタビュー記事やセミナー情報をコンテンツとして配信しています。

「他社が実施している施策を自社でも活かしたい」「人事/HR業界の最新動向やトレンドを知りたい」とお考えの方は、ぜひHRNOTEメールマガジンをご活用ください。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

関連記事

「弱いつながり」にアプローチ|Eightが描くダイレクトリクルーティングの新しいやり方

「弱いつながり」にアプローチ|Eightが描くダイレクトリクルーティングの新しいやり方

2022.11.29
根本 慎吾
採用活動における「クチコミ」の活かし方|求職者の“声”から採用活動を改善する手法を事例で学ぶ|HR-Study#19

採用活動における「クチコミ」の活かし方|求職者の“声”から採用活動を改善する手法を事例で学ぶ|HR-Study#19

2022.11.28
八島美音
2022年10月施行の改正職業安定法対応のために、採用担当者がやるべきこと|LAPRAS飯田

2022年10月施行の改正職業安定法対応のために、採用担当者がやるべきこと|LAPRAS飯田

2022.10.19
江刺 竜誠
全社員約3,000名を巻き込み「ハイレイヤーエンジニア」を獲得するSkyのリファラル採用

全社員約3,000名を巻き込み「ハイレイヤーエンジニア」を獲得するSkyのリファラル採用

2022.10.11
北条 美海
23卒採用の中間報告|採用活動の最新動向から24卒採用の戦略を考える|HR-Study#18

23卒採用の中間報告|採用活動の最新動向から24卒採用の戦略を考える|HR-Study#18

2022.09.29
横内 さつき|HRドクター
解像度の高い社内情報を学生に提供。新卒採用で「人的資本経営」を考慮すべき理由|株式会社PR Table【セミナーレポート】

解像度の高い社内情報を学生に提供。新卒採用で「人的資本経営」を考慮すべき理由|株式会社PR Table【セミナーレポート】

2022.09.27
八島美音
自社の課題把握から始める、採用ブランディング実行における3つのポイント|PR Table楠

自社の課題把握から始める、採用ブランディング実行における3つのポイント|PR Table楠

2022.09.09
松野天音
「1か月で22件の応募獲得!?」ハイフライヤーズが進めるTikTokを使った“お化粧しない”保育士採用

「1か月で22件の応募獲得!?」ハイフライヤーズが進めるTikTokを使った“お化粧しない”保育士採用

2022.09.06
八島美音
【6つの型で運用】noteを採用広報で活用するための仕組み作り | ベーシック 角田 剛史

【6つの型で運用】noteを採用広報で活用するための仕組み作り | ベーシック 角田 剛史

2022.08.30
角田剛史