スカウト代行サービスの料金比較│メールの書き方から効率的な活用方法までご紹介

昨今人材不足が深刻化し、優秀な人材の確保が企業にとって急務となっています。また、採用手法もここ数年で多様化しています。新卒・中途採用問わず、主流といわれる就職ナビや求人広告に加え、最近ではダイレクトリクルーティングが手法として注目を集めています。

ダイレクトリクルーティングは企業の採用担当者様が、データベースを使い求職者に直接スカウトを送る手法です。本記事では、ダイレクト・リクルーティングに興味をお持ちの人事の方へ向けて、ダイレクトリクルーティングで重要なスカウトの活用方法と、代行サービス会社6社をご紹介します。

1.スカウトメールとは?

近年注目されているスカウト代行サービスとは、ダイレクトリクルーティングを代行でおこなうサービスを指します。ダイレクトリクルーティング向けのサービス(スカウト型の新卒・転職サイト)の登録会員の中から、自社の求める人材を絞り込み、メッセージ送付などの業務を代行します。

スカウト代行を活用することで、どのような効果が得られるのか説明します。ぜひ参考にしてください。

1-1.そもそもスカウトメールとは?

スカウト代行サービスでは、応募者に送るスカウトメールを代行することがメインです。既にご存知の方も多いかと思いますが、スカウトメールとは、ターゲットの応募者へ会社の情報や募集内容を送信し、会社の魅力や仕事内容などを伝えることを指します。

通常は掲載されている求人広告を見て応募する通常応募と、企業側がターゲットを絞り込みスカウトメールやDMを配信してより自社にあった人物から応募を募るための1つの手段です。

スカウトメールが注目される理由

なぜ企業はスカウトメールを送る必要があるのでしょうか?よく聞く理由の一つとしては、大手企業に対し中小企業は、人材を集めるのが求人広告の掲載だけでは難しい状況にあります。企業の知名度の低さなどが原因と考えられます。広告文だけでは、企業の情報や魅力が伝わらず、応募数が集まらないという状況が多発しています。

そこで活用できるオプションがスカウトメールです。応募してほしい相手に絞ってスカウトメールを配信することで応募者数を増やし、より積極的に企業側の熱意を伝えることが可能になります。

2.スカウトメールの種類

スカウトメールの送信の目的は、ターゲットとなる応募者にアプローチすることですが、スカウトメールにもいくつか種類があるため、さらに細分化された目的に分けることが可能です。

2-1.一斉送信型

利用目的:母集団(自社の求人に関心のある応募者を集めること)形成

具体的には、就活サイトを利用し、そのプラットフォームに登録している学生の履歴書情報を閲覧して、スキルや希望条件が自社にマッチする人材に対しスカウトメールを一世送信します。少ない送信回数でより多くの応募者を集めることが可能となります。スカウト通数はプランによっても配信できる数が異なります。

学生のターゲットは決まっているが、採用人数が多い企業や工数がかけられない企業におすすめです。

2-2.応募促進型

目的:応募の可能性を高める

WEB上の履歴書に登録されている情報が自社の募集要項と完全に一致してはいないが、魅力的な人材に対してスカウトメールを送信します。例えば、希望年収や勤務地に多少相違がある場合でも、自社の魅力をアピールすることで、自社への応募の可能性を高めることを狙います。

応募数は一定数獲得できるが、自社に合うターゲットからの割合を増やしたいという企業におすすめです。

2-3.ヘッドハンティング型

目的:ピンポイントで精度の高い採用をおこなう

ヘッドハンティング型では、書類選考が免除され、最短で面接となる場合がほとんどで、直接対面して口説きたいと考えてる人材にメールを送信します。非常に獲得が難しい人材に対して実施すると効果的です。しかし、人材の市場価値が高いことが予想されるため、提示する待遇面の条件が高くなります。安易に面接確約などにしてしまうと、面接に工数がかかりすぎることもあるため、スカウトを送る際は、慎重に相手を絞りこみましょう。

3.返信率を上げるためのスカウト作成のコツ

お伝えしている通り、スカウトメールには工数がかかります。とはいえせっかく手間をかけて送るので、できる限り多くの候補者から返信が欲しいものです。ここでは実際にスカウトメールの返信率が高いスカウトメール作成のコツを紹介します。

3-1.個人名や経営者の名前を件名に入れる

突然学生宛に送るメールなので、まず会社名と担当者であることは皆さん伝えていると思います。しかし、学生も複数の会社からスカウトメールを受け取っています。スカウトメール自体が埋もれないように、件名や文面の冒頭に会社名と名前を入れることで埋もれにくくなります。

また経営者からのメールとなるとさらに特別感が出るため、社内で確認した上で問題なければおすすめします。

3-2.オンリーワンのメールを作る

こちらも同様に、学生は多くの企業からスカウトメールが何通も送られています。テンプレート文を修正するだけでは応募に至らないケースが多いです。しかし、文面に自分を理解したことが感じられる内容が含まれていた場合、他のメールと比べ気になることは想像できます。

スカウトメールを作成する際は、必ず候補者の名前を含めたり、経歴を絡めた内容などを盛り込むことで他社との差別化を図ることができます。

3-3.面接確約を実施

学生も時間が限られている中で、希望の会社や見込みのある会社の面接を受けたいと思っています。優秀な学生であればあるほど、競合も多いのです。そこで本当に会いたい学生に対しては、必ず面接を実施するという「面接確約」が有効です。しかし、面接確約するからには面接実施が必須となるため注意しなければなりません。

3-4.最後まで読んでもらうために

スカウト文面で返信率をあげるために、工夫するポイントをいくつか記載しました。では逆に学生から見てもらえない、最後まで読まれない文面の共通点をご紹介します。

  • 文章量が多く、見ただけで長いと感じさせてしまう文面
  • テンプレとわかりきったような文面(堅苦しい表記)
  • 専門用語が多く、ポイントがまとまっていない文面

文章が長々と書かれている文面などは、受け取った側もスルーしてしまいます。また学生はPCだけでなく、スマホで見ている割合も高いため、スクロールしてみた時に下まで進めそうになければ、読むのを後回しにしてしまったり、諦めてしまう可能性もあるでしょう。ぜひ意識してみてください。

スカウトメール返信率はどのくらい??

個別にカスタマイズして送信をしたスカウトメールの返信率は平均10~20%程度。一斉送信をしたスカウトメールは1~2%程度の返信率です。あくまでも目安であり、業種や企業によって異なります。しかしいくつかのポイントを改善していけば返信率は高まる可能性があります。

スカウトメールの配信は一通一通内容を変え、学生にあったカスタマイズすることが重要です。しかしながら、通常の採用業務に加えスカウトメールの配信にまで手が回らず、手間と時間をかけられていない担当者様も多いのが現実です。

4.スカウト代行サービスとは?

自社でスカウトメールを作成して配信することもできますが、スカウトメールの作成を代行することもできます。効果を出すためにか、カスタマイズに工数がかかってしまいます。専任の担当が配置できない場合、採用代行に特化してそのノウハウ・経験を蓄積してきた代行業者なら、より効率よく効果的にスカウトメール施策を成功させてくれます。作成を依頼する際の注意点、その後の手順などを説明します。

4-1.スカウト代行の業務内容

では具体的にスカウト代行業務とはどのようなこと依頼できるのでしょうか?

候補者のピックアップ

就職サイトから、企業の求める条件に合う人材を代行業者が選定します。募集企業は希望条件を提示するだけになり、手間と時間が省くことができます。良い代行業者であれば、候補者のピックアップ方法を提案してくれたりと新しい発見があります。

スカウトの文面を作成する

スカウトの文面に次のような内容を記載します。企業側の希望に応じた内容を盛り込みます。

  • メールの件名
  • 企業紹介
  • スカウトの理由
  • 企業に関するURL
  • 採用フロー など

基本的には企業紹介やスカウト理由などを記載したメール配信が依頼できます。

送信作業とその後のフォロー

採用条件にマッチした学生には、随時代行業者がスカウトメールを送信します。学生から応募があった際の連絡や面接日程の調整はもちろん、採用に至るまでの入社条件や意思決定に関わる事務作業なども、すべて委託が可能です。採用業務に精通した業者を選ぶと安心して入社までのフォローを任せることができます。

スカウト代行業務詳細はこちら

4-2.代行業者選定時のポイント

柔軟性

スカウト代行業者にどこまで対応してもらい、どこまで自社で対応するのか、業務範囲を明確にしておく必要があります。その上で自社のニーズに合うサービスを提供できる企業を探しましょう。

情報共有が可能

採用活動を成功させるためには、依頼後の積極的な情報共有や進捗確認が重要です。この点に関して積極的な姿勢を示す企業のサービスを選定することで、より円滑に採用活動を進行させることが可能です。

導入実績

導入実績は、「スカウト代行導入後結果を出せるか」の1つの指標になります。HPに導入実績などが掲載されてるので、確認するようにしましょう。掲載されていない場合には、直接確認を取り実績数や同業種と事例などを聞いてみるのも良いでしょう。

5.スカウト代行サービス

本記事を読んでいただき、スカウトメールの代行を視野に入れている担当者様に代行サービスを実施している企業を紹介します。

5-1.ネオキャリア

ネオキャリアのスカウト代行サービスはこちら

特徴

  • 課題やニーズに合わせ、コスト削減や最適化につながる採用代行サービスを提供
  • 採用支援実績10,000社以上。スカウト代行はもちろん、採用計画の立案から採用の可否判断まで、さまざまな業務をサポート。特にスカウト代行には自信あり
  • 24時間・土日・祝日対応可能で進捗報告などサポートも充実

5-2.キャリアマート

キャリアマートのスカウト代行サービスはこちら

特徴

  • 様々な採用管理システムのアウトソーシング対応可能
  • 採用数数名の厳選採用から100名以上の大規模採用まで対応可能
  • 採用アウトソーシング15年以上のノウハウ。年間実績500社以

5-3.HELP YOU 

HELP YOUのスカウト代行サービスはこちら

特徴

  • 業務ごとに最適な人材をアサインし、専属ディレクターが付くので、採用代行業務を一括で依頼可能
  • 採用/人材業界の経験をもつ優秀な人材が担保されているため、長期的な依頼にも安定して対応
  • 打ち合わせはWEBにて対応、面談後すぐに実施可能

5-4.株式会社ピーアール・デイリー

ピーアール・デイリーのスカウト代行サービスはこちら

特徴

  • リピート率93%を誇る採用業務における支援サービス
  • 新卒、中途、アルバイトなど幅広く対応可能。
  • 複数メディア掲載でも窓口が一つのみなので管理がしやすい点も魅力的です。

5-5.リアライブ

リアライブスカウト代行サービスはこちら

特徴

  • 採用コンサルとして、幅広い業務に対応可能
  • 広報戦略なども可能なため、学生へのアプローチ方法のノウハウがある

5-6.株式会社アスラビ

アスラビのスカウト代行サービスはこちら

特徴

  • ダイレクトリクルーティングの運用に実績多数
  • 進捗報告がしっかりしており、月次で経過報告ミーティングなども可能

 

エンジニア採用にお困りではありませんか?

近年エンジニアの採用に苦戦されている企業が増えております。採用が苦戦する一つの理由としてエンジニアのスキルを見極めることが極めて難しいという点です。本サービスでは、エンジニア経験者がエンジニアをスカウトするため、貴社のニーズにマッチした人材の獲得が可能です!

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。スカウトサービスの活用方法とその重要性をお伝えしてきました。しかしスカウト配信は細かい対応がスピーディーに必要となるため、プロに代行を依頼することをおすすめします。今回はスカウト代行会社6社をご紹介致しました。ぜひ、参考にしてみてください。

【関連記事】
採用代行(RPO)サービス比較26選!業務内容、費用、メリットデメリットまで徹底解説
エンジニア採用に強い採用代行業者の見極め方とは?
Webマーケターの採用を実現するための効果的な手法・チャネル・おすすめの転職エージェントとは?
採用に悩むスタートアップ企業必見!「スタートアップの採用戦略」について徹底解説します
面接代行サービス15選!特徴・費用を徹底比較しました!

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!