昇進とは?昇格との違いやメリットを詳しく解説 |HR NOTE

昇進とは?昇格との違いやメリットを詳しく解説 |HR NOTE

昇進とは?昇格との違いやメリットを詳しく解説

  • 組織
  • 人事評価

笑顔の女性

昇進とは、職位が上がることです。企業としては、より優秀な社員を昇進させ、積極的に活躍してほしいと考えます。

しかし現在活躍している社員が、昇進後にも変わらず活躍できるとは限りません。昇進させるべき人物を選定するのは、意外に難しいものです。

具体的には、どのような社員を昇進させるべきなのでしょう。また、昇進させない方がよい社員はどのような特徴を持っているのでしょうか。

この記事では、昇進の基礎知識や昇進させる社員の決め方、適切な社員を昇進させた場合の企業側のメリット、昇進させるべき社員、させないほうが良い社員の特徴を紹介します。

企業経営者・管理職・人事担当者の方は、ぜひ参考にしてください。

【従業員の評価、適切におこなえていますか?】

人事評価制度は、健全な組織体制を作り上げるうえで必要不可欠なものです。
制度を適切に運用することで、従業員のモチベーションや生産性が向上するため、最終的には企業全体の成長にもつながります。

しかし、「しっかりとした人事評価制度を作りたいが、やり方が分からない…」という方もいらっしゃるでしょう。そのような企業のご担当者にご覧いただきたいのが、「人事評価の手引き」です。

本資料では、制度の種類や導入手順、注意点まで詳しくご紹介しています。
組織マネジメントに課題感をお持ちの方は、ぜひこちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

1. 昇進とは職位が上がること

笑顔の男性

それぞれの企業には定められた職位があり、「昇進」とは職位が上がることです。

例えば、一般社員から主任、係長から課長に変わる場合などがあります。職位が上がるほど、職務における権限が広くなり、責任も重くなるケースが多いです。

また、役職によってベース給与を設定している企業が多く、だいたいの場合昇進したタイミングで給与が上がります。昇進を目指す社員がいる一方で、最近では管理職を希望せず、昇進を拒否する社員も増えているようです。

2. 昇進と昇格の違い

外を眺めるビジネスマン

昇進と昇格は、意味が異なります。昇進は「職位」が上がることで、昇格は「等級」が上がることです。

「昇格」が使われるのは、「職能資格制度」を採用している企業に限られます。職能資格制度とは、それぞれの社員に能力に適した等級を与える制度です。1等級から始まり、1、2、3〜と次第に上がっていくのが一般的で、等級は給与などの待遇面に反映します。

等級と役職は別のものですが、一般社員は1~3等級、主任・係長は4~6等級などと、だいたい決まっている場合が多いです。しかし、昇進したが等級はそのままの場合もあり、昇進せずに等級だけが上がる場合もあります。

3. 昇進の決め方

会議をするビジネスマンたち

昇進を決める際の具体的な方法は以下になります。

  • 人事評価の結果で昇進を決める
  • 勤務年数で昇進を決める
  • 昇進テストで昇進を決める
  • 小論文の内容によって昇進を決める
  • 面接で昇進を決める

企業は昇進の明確な基準を定め、社員と共有することが大切です。正当な理由のない昇進は、社員のなかに不信感、不公平感を生み出すため注意しましょう。

勤務年数で昇進を決める方法は、年功序列を維持したい企業でよく採用されています。社員の安心感にもつながりそうですが、役職に適していない人材が昇進するのがデメリットです。

最近では実力主義の企業が増え、勤務年数で昇進を決める企業は減少傾向にあります。昇進を成功させるためには、社員が納得でき、企業自体もメリットが得られる昇進基準を採用するべきです。

自社にはどのような方法が適しているかを、よく検討してみましょう。

4. 昇進のメリット

笑顔で仕事をする男女

社員を昇進させることで企業側が得られるメリットは、以下の3つです。

  • 社員のモチベーションが向上する
  • 適切な人材を昇進させることでチームのスキル・生産性がアップする
  • 新しい考え方やアイデアが導入されやすくなる

「成果や結果、人事評価を得れば昇進できる」とわかっていれば、やる気のある社員は昇進に向けて努力するでしょう。

昇進すれば待遇も良くなり、以前の役職にはなかった権限を得られます。よりスケールの大きい仕事を任されるようになり、仕事から得られる達成感や充実感も感じやすくなるでしょう。

また、リーダーシップを発揮できる適切な人材を昇進させることで、チーム全体のレベルアップも期待できます。

職位が上になるほど、アイデアや考え方を社内に広めやすくなるのもポイントです。常に新しい風が社内に入るよう、新しい考えをもった人材を昇進させるのも、企業にとってのメリットにつながります。

しかし、これらのメリットを享受するには、明確な基準をもとに定められた人事評価制度が必要です。

本サイトでは、現在体系だった人事評価制度がなく導入を検討されている方向けへ「人事評価の手引き」を無料で配布しています。一般的にどのような人事評価制度があるのかご紹介や、実際に導入する際の手順をまとめています。ぜひこちらからダウンロードして、スムーズな人事制度の導入にお役立てください。

5. 昇進させるべき社員の4つの特徴

会議をするビジネスマンたち

昇進させるべき社員の4つの特徴は以下になります。

  1. 成果を出している
  2. コミュニケーション能力が高い
  3. 自発的に動ける
  4. リーダーシップがある

それぞれの特徴について、詳しく解説していきます。

5-1. 成果を出している

企業が求めていることに対し一定の成果を出しているかは、昇進をさせるか判断するポイントとして非常に重要です。

「真面目で几帳面」「上司への気配りができる」など表面上の印象はよくても、成果が上がっていない社員を昇進の対象とすべきではありません。

部署によっては、成果の定義を定めるのが難しい場合もあります。その場合でも、部署独自の評価基準を設けるなどして、社員が企業に対しどの程度貢献できているのかを明確にしましょう。

5-2. コミュニケーション能力が高い

管理職となると、部下との良好なコミュニケーションが求められます。重要な取引先との関係性を築くためにも、コミュニケーション能力は欠かせません。

いくら成果が出せる人材だったとしても、コミュニケーション能力が低いと、部署の雰囲気や取引先との関係が悪くなりやすいです。それだけでなく、本人の働く意欲が下がる可能性もあります。

コミュニケーション能力がネックとならないよう、あらかじめコミュニケーション研修を取り入れることもおすすめです。

5-3. 自発的に動ける

自発性とは、やるべきことを進んでやる力ではなく、自分でやるべきことを考えて行動できる力です。

昇進して職位が上がるほど、自分の考えで動かなければならない場面が増えます。部下に対しても、自発的に指示を出さなければなりません。上司の指示がないと動けない人物がリーダーとなれば、チーム全体の仕事の効率が下がる可能性もあります。

「自分の考えをもっている」「自分から行動を起こせる」「自分の行動に責任をもてる」この点に注目して人材選びをすると、良い結果が生まれるでしょう。

5-4. リーダーシップがある

管理職になる人材は、チーム全体を引っ張っていくリーダーシップが必要不可欠でしょう。リーダーシップとは、具体的にいうと「チームのメンバーを導く能力」です。

「チームにいる自分以外の人材のモチベーションをアップさせる、思考や能力に良い変化を与える」能力とも言われています。チーム全体でプロジェクトを最後までやり遂げる責任感もリーダーが持つべき重要な要素といえます。

また就く職位によっても、必要なリーダーシップは変わります。上位の役職になるほど、企業全体や企業のもつ役割について考えられるグローバルな視点が必要となるでしょう。

一方で、一般社員に近い役職ならば、現場の社員への指示の仕方やモチベーションの管理、的確なサポートができる能力が重視されます。

昇進させる先のポジションでどのようなリーダーシップが必要なのかを見極め、人材選びをするのも大事なポイントです。

6. 昇進させないほうがよい社員の特徴

頭をかかえる男性

昇進に向かない社員には、以下のような特徴があります。

  • 人に仕事を任せるのが苦手な人
  • 視野が狭い人
  • 人に対して平等に接することができない人
  • 感情の起伏が激しい人
  • 部下の教育に関心がない人

人事では、昇進させるべきでない社員を見極めることも重要です。

管理職に向かない社員を昇進させると、チーム全体のモチベーション、雰囲気、効率の低下が起こると考えられます。昇進した本人にも大きなストレスがかかり、離職する可能性もあるでしょう。

昇進して管理職となると自分の担当業務以外にも、気を配らなければならないことが増えます。部下への仕事の振り分けや、それぞれが担当するプロジェクトの管理も管理職の業務の一部です。そこには、広い視野や適切な人材に仕事を振り分ける能力が必要となります。

また、チームでより大きな成果を出すためには、部下の育成や良好なコミュニケーションが必要です。したがって、感情の起伏が激しい人や部下を平等に扱えない人、部下の育成に注力できない人も管理職に向きません。

【従業員の評価、適切におこなえていますか?】

人事評価制度は、健全な組織体制を作り上げるうえで必要不可欠なものです。
制度を適切に運用することで、従業員のモチベーションや生産性が向上するため、最終的には企業全体の成長にもつながります。

しかし、「しっかりとした人事評価制度を作りたいが、やり方が分からない…」という方もいらっしゃるでしょう。そのような企業のご担当者にご覧いただきたいのが、「人事評価の手引き」です。

本資料では、制度の種類や導入手順、注意点まで詳しくご紹介しています。
組織マネジメントに課題感をお持ちの方は、ぜひこちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

--------------------

\4月24日限定開催!/
人事×ChatGPTの具体的な活用術術を紹介!

ChatGPTをはじめとする生成AIを業務に取り入れることで、業務時間の圧縮や業務量の削減が期待されます。

今回は、人事担当者の方が今日から使えるChatGPT活用術として、

組織開発に関するChatGPT活用を株式会社リーディングマークのプロダクト企画室副室長/AIエバンジェリストの今村健一郎氏に、

労務領域の業務に関するChatGPT活用を社会保険労務士の加藤秀幸先生にお話いただきます。

実際に使えるプロンプトを交えた実践的なノウハウもご紹介しますのでこちらから視聴予約をして、是非ご参加ください。

 

▷こんな方におすすめ!
・人事業務の担当者の人手が足りず困っていて業務効率を上げた

・ChatGPTに興味はあるけれど、どんなことに使えばよいか分からない

・業務にChatGPTを取り入れたいが、イメージしているような回答が出てこない

 

▼当日の視聴予約はこちらから!▼
https://seminar.hrnote.jp/post/95

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

次世代の人材育成とは〜発信と共有の場がもたらす組織変革とモチベーション向上〜

次世代の人材育成とは〜発信と共有の場がもたらす組織変革とモチベーション向上〜

ビジネス環境の変化も早く、人口減少、多様化する価値観など、人事部の方にとってこれほど人材育成が複雑で高度化している時代は今まで類をみないのではないでしょうか? たとえば、これまでのような画一的な研修、強制的な異動や転勤を […]

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.04.17
松野天音
「キャリアの壁(女性社員本人の壁)」を乗り越えるための意識変革|本人・上司・全社で実現する女性活躍推進

「キャリアの壁(女性社員本人の壁)」を乗り越えるための意識変革|本人・上司・全社で実現する女性活躍推進

2023年3月期の有価証券報告書から女性管理職比率の開示が義務付けられるなど、女性活躍を推進する気運が一層高まっています。一方で、「なかなか女性の管理職が増えない」とお悩みの企業は少なくありません。 本連載では「本人・管 […]

  • 組織
  • キャリア開発
2024.04.17
根本 慎吾
「チーム愛媛」のデジタル人材育成「高度デジタル人材シェアリング事業」に密着!

「チーム愛媛」のデジタル人材育成「高度デジタル人材シェアリング事業」に密着!

愛媛県では、県・市町による協働事業「チーム愛媛」高度デジタル人材シェアリング事業の一環として、職員を対象とした各種研修・勉強会が開催されています。 今回編集部はその中の「BIツール勉強会」に参加させていただき、実際の勉強 […]

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.04.15
HR NOTE 編集部
「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【後編】

「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【後編】

上場企業における人的資本の情報開示が義務化されたことを背景に、自社の人事データを正しく管理し活用することの重要性が高まっています。 しかし、人事データをとりあえず集めたが、その後の効果的な分析ができずにいる企業がとても多 […]

  • 組織
  • 組織・その他
2024.04.15
金井一真
「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【前編】

「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【前編】

上場企業における人的資本の情報開示が義務化されたことを背景に、自社の人事データを正しく管理し活用することの重要性が高まっています。 しかし、人事データをとりあえず集めたが、その後の効果的な分析ができずにいる企業がとても多 […]

  • 組織
  • 組織・その他
2024.04.15
金井一真

人事注目のタグ