目標達成のための指標設定とは?効果的な方法や手順を解説 |HR NOTE

目標達成のための指標設定とは?効果的な方法や手順を解説 |HR NOTE

目標達成のための指標設定とは?効果的な方法や手順を解説

  • 組織
  • 人事評価

評価の指標を入力する人

企業や個人の業績を見るうえで頻繁に登場する「指標」という言葉。指標とは、物事の目安となる目印や基準を指し、達成度や推移を測る上では欠かせない要素の一つです。組織の成長はもちろん、従業員のパフォーマンス向上を促すこともできるため、企業であれば効果的に取り入れたいところ。

ここでは、目標達成のための指標の役割と重要性、効果的な設定方法やポイントを解説します。

【従業員の評価、適切におこなえていますか?】

人事評価制度は、健全な組織体制を作り上げるうえで必要不可欠なものです。
制度を適切に運用することで、従業員のモチベーションや生産性が向上するため、最終的には企業全体の成長にもつながります。

しかし、「しっかりとした人事評価制度を作りたいが、やり方が分からない…」という方もいらっしゃるでしょう。そのような企業のご担当者にご覧いただきたいのが、「人事評価の手引き」です。

本資料では、制度の種類や導入手順、注意点まで詳しくご紹介しています。
組織マネジメントに課題感をお持ちの方は、ぜひこちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

1. 目標設定における指標とは

目標 指標

組織の目標を「ゴール地点」とした時、指標はその過程で「達成度を測るものさし」として機能します。物事の判断・採点基準として段階的に設定し、金額、時間、点数、頻度など客観的な計測データを用いて、物事の程度を見定めるために使用します。

指標を設けることで、目標達成までの道のりが明確になり、従業員もモチベーションを保ちやすくなるため、スムーズな目標達成が可能です。目標を高く設定する場合には、達成すべき要素も増えるため、目標の内容に応じて複数の指標を設定するのがよいでしょう。

2. 目標設定に関連する指標の種類

星マークがついた積み木を重ねる

従業員個人の目標を設定する前には、人事担当や管理職は企業や組織の目標を正しく把握し、周知することが重要です。

企業の目標管理においては、主に以下の3つの指標を用います。

2-1. 経営目標達成指標(KGI)

経営目標達成指標とは、「総売上」「顧客数」「コスト」など、達成すべき要素の大枠を指した、大目標にあたる指標です。英語では「Key Global Indicator」と呼び、「KGI」と示します。

「売上○億円を目指す」「顧客数○万人を達成」「販売コストを○%下げる」など、数値を含めた具体的な目標設定が重要です。

2-2. 重要業績評価指標(KPI)

経営目標達成指標(KGI)に準じて、より具体的な指標を定めたのが重要業績評価指標です。英語では「Key Performance Indicators」と呼びます。

大目標となるKGIに対して、KPIは目標達成のプロセスにおいて達成度を把握し評価するための中目標です。例えば、KGIで「営業利益を○%あげる」という目標を設定した場合、「商談数」や「受注率」といった、KGI達成のための具体的要素がKPIにあたります。

2-3. 成果指標(OKR)

GoogleやFacebookなどの有名企業が取り入れていることで、近年注目されている「成果指標」。英語では「Objectives and Key Results」であり、日本語に訳すと「目標と主要な結果」となります。

OKRの大きな特徴として挙げられるのが、目標とそれに付随する具体的な施策を、高い頻度で設定・追跡・再評価するという点です。目標に対する進捗を短いスパンで評価するため、すべての従業員が同じ方向を向きやすく、明確な優先順位を定めて前進していくことができます。

細かい目標を設定する点ではKPIと似ていますが、KPIでは実現可能な目標を設定して100%以上の達成を目指すのに対し、OKRでは達成率が60%~70%に留まるような高い目標を掲げ、長期的なチャレンジを促す点で違いがあります。

OKR を指標とする際は、1カ月から3カ月(四半期)で達成できるような一つの定性目標に対して、2~5個程度の定量指標を設定します。この時、定量指標には「難しいけどベストを尽くせば達成できそう」というストレッチのある水準を設けることがポイントです。

3. 目標設定における指標の役割と重要性

オフィスで会議をおこなう

目標設定において指標を設定することは、個人ないし組織全体のパフォーマンスやエンゲージメントの向上にとって非常に重要です。指標を設けることで、次のような効果が期待できます。

3-1. 組織力の強化

KGIおよびKPIを設定し組織内に共有することで、従業員にも明確な目標を周知でき、方向性のブレを防ぐことができます。従業員同士のコミュニケーションやチームワークの強化にもつながるため、組織力強化が期待できるでしょう。

3-2. 業務の明確化

目標達成における優先事項が明確化され、無駄な作業にかける時間を短縮できることで、仕事能率の向上につながります。KPIの設定⇒実行⇒検証を繰り返す、PDCAサイクルを回していくことで、より業務が効率化し生産性も向上します。

3-3. 従業員一人ひとりの成長

指標を設けてやるべきことが明確化されると、自分の能力の程度や、現時点での目標達成割合を可視化できます。効率化のためにこれまでの方法を刷新するなど、指標に達するにはどうすべきかを従業員自身で模索するようになるため、能動的かつ自立的な人材育成が可能になります。

3-4. モチベーションのキープ

「何を」「どこまで」という頑張るべき水準が分かると、従業員もモチベーションを保ちやすくなります。「6か月以内に売上20%アップを目指そう」など指標が具体的であれば、ゴールが示され、やるべきことにも悩まないため、業務に対するモチベーション向上が期待できるでしょう。

また、具体的な目標をかかげるだけでなく、目標に対して定期的に評価を行うことも従業員のモチベーション維持や向上のために欠かせない点です。目標や行動計画の立案と同時に、体系だった人事評価制度の運用は切っても切り離せないものです。しかし、そもそも現状、体系だった人事評価制度がなく導入を検討されている方もいらっしゃるかもしれません。

人事評価制度を整えると言っても何から手をつければ良いか分からずお困りの方へ向けて、本サイトでは「人事評価の手引き」を無料で配布しています。自社にとって適切な人事評価制度を検討するために、まずは人事評価制度について網羅的に理解したいという方は、こちらから資料をダウンロードしてご活用ください。

4. 指標の設定方法

流れ プロセス

目標達成に向けて指標を設定する際は、次の4ステップで行うとスムーズに進行できます。

4-1. 業務プロセスの見直し

まずは、自社の業務内容や業務プロセスについて分析を行いましょう。企業の組織体制、業務フロー、業種や職種を踏まえた指標を設定することが大切です。どんな業務があって、どのようなプロセスで推進しているかを見直せば、適切な指標を見定めやすくなります。

4-2. KGIを設定

KPIを設定する前には、必ずKGIを明確にしておきましょう。業務プロセスの分析結果をもとに、最適なKGIを設定します。「最終的に達成したいことはなにか」について数値とともに定めておくことで、定量的かつ客観的な指標(KPI)の設定につながります。

4-3. KPIを設定

KGIの達成に向けて、「どんなプロセスが必要か」を精査し、細分化しながらKPIを定めます。例えば、「前年度比で営業利益を25%アップさせる」というKGIであれば、「営業一人あたりの受注金額5%増やす」「製造コストを15%減らす」など、企業の状況に基づいて観点の異なるKPIを設定することができます。

4-4. KPIツリーの活用

KPIツリーとは、組織の大目標であるKGIを頂点におき、その達成に必要な要素となるKPIをツリー状に示したフレームワークことです。KGIとKPIの関係性を可視化しやすく、従業員もそれぞれの役割を認識しやすくなるため、スムーズな目標達成へと導きます。

5. 指標を設定する際のポイント

ポイントを指さす男性

最後は、目的達成における指標を設定する際に意識しておくべきポイントを紹介します。

5-1. KPIは5個程度が理想

従業員のモチベーションをキープするためにも、KPIは5個程度に絞り込むのが良いでしょう。最低限の指標数で、最終目標までの道のりが分かりやすく示されることで、一つひとつの指標における達成感も得やすくなります。

5-2. 数値化した指標を設定する

指標を数値で設定することで、達成度が可視化され、進捗状況を把握しやすくなります。従業員の取り組み度合いを正確に管理するためにも、指標は数値で示しましょう。

5-3. 期限を設ける

順調な目標達成のためには期限を設けることも大切です。無期限だと、いつまでも目標を達成できないという状況が続きやすくなるため、期限を設けて随時進捗状況を確認しましょう。

5-4. 達成が困難な内容は避ける

従業員のモチベーションを保つためには、内容の難易度も精査する必要があります。従業員個人の努力では目標達成が難しかったり、現在の能力に対してハードルが高すぎたりすると、取り組む前から従業員のモチベーションを低下させることになりかねません。従業員の成長度合いに応じて前期のノルマより少し高めに設定するなど、最適な水準で設けるようにしましょう。

6. 指標設定を効果的に行って目標達成につなげよう

笑顔の女性

目標達成に向け、達成度を測るものさしとして機能する「指標」。効果的に設定することで、組織的成長や従業員のモチベーション向上につながりますが、設定すること自体が目標とならないように注意しましょう。自社の業務体制や業務内容、また従業員のスキルをしっかりと把握したうえで、達成が見込める具体的目標を立てることが大切です。

【従業員の評価、適切におこなえていますか?】

人事評価制度は、健全な組織体制を作り上げるうえで必要不可欠なものです。
制度を適切に運用することで、従業員のモチベーションや生産性が向上するため、最終的には企業全体の成長にもつながります。

しかし、「しっかりとした人事評価制度を作りたいが、やり方が分からない…」という方もいらっしゃるでしょう。そのような企業のご担当者にご覧いただきたいのが、「人事評価の手引き」です。

本資料では、制度の種類や導入手順、注意点まで詳しくご紹介しています。
組織マネジメントに課題感をお持ちの方は、ぜひこちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

テレワークに必要なものとは?快適な環境を準備しよう!

テレワークに必要なものとは?快適な環境を準備しよう!

近年では、働き方改革の影響も受け、従業員の柔軟な働き方を推進するために、テレワークの普及が拡大しています。これからテレワークを初めて実施しようと考えているけれど、必要なものについて具体的に把握しておきたい方は多いのではないでしょうか。当記事では、テレワークをおこなううえで必要なものについて徹底解説します。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.25
HR NOTE 編集部
テレワークでVPNは必要?リモートデスクトップとの違いやメリットを解説

テレワークでVPNは必要?リモートデスクトップとの違いやメリットを解説

テレワークを推進するにあたって、セキュリティリスクの観点から導入を躊躇している方は多いのではないでしょうか。VPNはセキュリティ強度を高められるソリューションの一つです。

当記事では、VPNの具体的な意味や導入するメリット、注意点について紹介します。また、テレワークにおけるVPNの構築方法についても解説します

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.25
HR NOTE 編集部
リスキリングの第一歩「違和感・危機感」が挑戦のスタートとなる|仕事旅行社 田中 翼

リスキリングの第一歩「違和感・危機感」が挑戦のスタートとなる|仕事旅行社 田中 翼

HR NOTE読者のみなさん、こんにちは。仕事旅行社 代表取締役の田中です。 私は、リスキリングには4つのフェーズがあると考えており、別記事で『リスキリング4つのフェーズと、従業員成長のための4段階』についてお話させてい […]

  • 組織
  • キャリア開発
2024.04.25
HR NOTE 編集部
テレワークとは?意味やリモートワークとの違い、目的などを解説!

テレワークとは?意味やリモートワークとの違い、目的などを解説!

近年では、働き方改革や労働生産性の向上、コストの削減など、さまざまな目的でテレワークを導入する企業が増加しています。自社でもテレワークの導入を検討しており、知識を深めたいと考えている方は多いのではないのでしょうか。当記事では、テレワークの意味や目的、導入方法について解説します。テレワークに関する深い知識を身に付けたいと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.24
HR NOTE 編集部
テレワーク導入のステップとは?

テレワーク導入のステップとは?

近年では、新型コロナウイルス感染症の対応や、働き方改革の影響を受け、テレワークという働き方が身近なものとなりつつあります。自社でもテレワークを導入したいけれど、事前に準備すべきことを明確にしておきたいと考えている方は多いのではないでしょうか。当記事では、テレワークの目的や導入率を紹介し、導入方法についてステップを踏んでわかりやすく解説します。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.24
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ