職業能力評価基準とは?導入のメリットや導入手順を紹介 |HR NOTE

職業能力評価基準とは?導入のメリットや導入手順を紹介 |HR NOTE

職業能力評価基準とは?導入のメリットや導入手順を紹介

  • 組織
  • 人事評価

近代的な頭脳のイラスト

適正な人事評価を下すうえで活用できるのが、職業能力評価基準です。職業能力評価基準は厚生労働省が発表している業務における基準です。職業能力評価基準を導入することで人事評価に基準ができるため、評価者が評価にかける時間の短縮も期待できます。

この記事では職業能力評価基準について、導入のメリットや導入手順を交えて紹介します。

1. 職業能力評価基準とは?

チェックポイントと男性

職業能力評価基準とは厚生労働省が、業種別・職種別・職務別に、必要とされる知識や技術、成果につながる行動例をまとめた基準です。2023年4月時点では経営戦略、情報システムといった9つの職種、建設業、製造業といった56の業種の評価基準が設けられています。[注1]

[注1]職業能力評価基準の策定業種一覧|厚生労働省

1-1. 職業能力評価基準を構成する4つの項目

職業能力評価基準は職種、職務、能力ユニット、能力細目といった4つの項目で構成されています。4つの項目の詳細は次のとおりです。[注2]

項目

詳細

職種

業務の内容や種類が似た業種をまとめた項目

職務

従業員が責任をもって取り組むべき範囲の業務

能力ユニット

業務を効率的に進める能力をまとめた項目

能力細目

能力ユニットの項目を細分化した項目

職業能力評価基準では、企業で従業員が期待される責任や役割の範囲、難易度によって4段階のレベルに分かれています。数字が大きいほうが業務の範囲や責任が増していきます。[注2]

レベル

詳細

レベル1

上司の指示や助言によって、定例的な業務を確実に遂行できる能力を有している

レベル2

チームの中心メンバーとして、自主的に判断、提案して業務の改善や遂行ができる能力を有している。

係長や主任などが該当

レベル3

中小規模の責任者もしくは専門職の立場から、管理運営や計画の作成、問題解決などによって、企業に利益をもたらす能力を有している。

課長やマネージャーなどが該当

レベル4

大規模組織の責任者やレベル3よりも上位の専門職の立場から、総合的な判断によって、企業の利益を率先して生み出す能力を有している。

部長や本部長などが該当

[注2]職業能力評価基準の構成 P1,2|厚生労働省

2. 職業能力評価基準を導入するメリット

プラスを持つ男性

職業能力評価基準を導入するメリットとして以下が挙げられます。

  • 人事評価の基準となる
  • 採用の基準となる
  • 従業員の教育に効果的

2-1. 人事評価の基準となる

職業能力評価基準はレベル区分が設定されているため、人事評価の基準として活用できます。人事評価が曖昧では従業員のモチベーション低下につながりかねません。従業員のモチベーション低下や評価に対する不満は離職率の増加と関係してきます。そのため、職業能力評価基準に基づいて、透明性のある人事評価を下すことで従業員の離職防止が期待できます。

2-2. 採用の基準となる

職業能力評価基準は人事評価以外にも人材採用の基準にもなります。職業能力評価基準を採用することで、自社にどのような人材が必要なのかを把握可能です。そのため、採用のミスマッチを防ぎ、自社が求める人材の獲得がしやすくなります。

2-3. 従業員の教育に効果的

従業員の教育にも職業能力評価基準は活用できます。従業員の能力やスキルに応じて教育をすることで、効率的なスキルアップが図れます。また、従業員自身もなにが自分に足りないのかを把握しやすいため、自主的な行動も促せます。

3. 職業能力評価基準の導入手順

パソコンで作業をする人

職業能力評価基準を導入する際は、なぜ導入するかの目的を明確にしておきます。目的が明確になったら次のステップで導入を進めていきましょう。

  • 自社に適した職業能力評価基準を設定する
  • レベルを設定する
  • 現場の声も反映する

3-1. 自社に適した職業能力評価基準を設定する

職業能力評価基準は自社に応じた内容にカスタマイズ可能です。そのため、職業能力評価基準を導入する際は、自社に応じた基準を設定しましょう。項目をチェックしていき、自社に不要なもの、付け加えるべきものを確認してカスタマイズしていきます。

3-2. レベルを設定する

項目に対してレベルを設定していきます。レベルを設定する際は、経験年数のように従業員が納得かつわかりやすい指標を設定するのがおすすめです。レベル設定が曖昧になってしまうと、公平な人事評価につながらなくなってしまうので注意が必要です。

3-3. 現場の声も反映する

職業能力評価基準を導入、運営していくうえでは現場の声にも耳を傾けましょう。導入前のヒアリングや、導入後の試験的な運用時にフィードバックを受けるといった方法で基準を確立していきます。

4. 職業能力評価基準をカスタマイズするコツ

電球のアイコン

職業能力評価基準は自社に応じた基準にカスタマイズ可能です。職業能力評価基準をカスタマイズする際は次のコツを押さえておきましょう。

  • 項目の粒度が自社に適しているかを確認
  • 能力に設定した名称はイメージしやすいか
  • 現場が使いやすいか

4-1. 項目の粒度が自社に適しているかを確認

職業能力評価基準の項目はすべての企業が対象となっているわけではありません。通常の基準では、企業によってはレベルや分類が細かすぎる可能性があります。一方で細かく設定しなければならない企業もあります。そのため、自社の業務や職業能力評価基準導入の目的と照らし合わせて粒度を揃えましょう。

4-2. 能力に設定した名称はイメージしやすいか

職業能力評価基準に設けられた能力の名称がイメージしやすいかも確認します。イメージしづらい名称だと従業員によって齟齬が生まれてしまう可能性があります。そのため、名称がイメージしづらいのであれば、補足情報を付記しておきましょう。

4-3. 現場が使いやすいか

職業能力評価基準のカスタマイズ後は、現場で問題なく使用できるかの確認が必要です。管理職や部署のリーダーといった評価者が戸惑うことなく使えるかを確認しましょう。その際は粒度、名称のイメージに齟齬がないかも確認しておきます。

5. 自社に応じた職業能力評価基準を設定して人事評価に活用しよう

パズルのピースを持った手

職業能力評価基準は、業種別・職種別・職務別に、必要な知識や技術などを厚生労働省によってまとめられたものです。

職業能力評価基準は導入することで、公平な人事評価につながるだけでなく、採用活動や従業員の教育の効率化が期待できます。職業能力評価基準のメリットを得るには、自社に応じた職業能力評価基準を設定することが大切です。項目の粒度や能力の名称に注意して、自社に適した職業能力評価基準にカスタマイズしましょう。

--------------------

\4月24日限定開催!/
人事×ChatGPTの具体的な活用術術を紹介!

ChatGPTをはじめとする生成AIを業務に取り入れることで、業務時間の圧縮や業務量の削減が期待されます。

今回は、人事担当者の方が今日から使えるChatGPT活用術として、

組織開発に関するChatGPT活用を株式会社リーディングマークのプロダクト企画室副室長/AIエバンジェリストの今村健一郎氏に、

労務領域の業務に関するChatGPT活用を社会保険労務士の加藤秀幸先生にお話いただきます。

実際に使えるプロンプトを交えた実践的なノウハウもご紹介しますのでこちらから視聴予約をして、是非ご参加ください。

 

▷こんな方におすすめ!
・人事業務の担当者の人手が足りず困っていて業務効率を上げたい

・ChatGPTに興味はあるけれど、どんなことに使えばよいか分からない

・業務にChatGPTを取り入れたいが、イメージしているような回答が出てこない

 

▼当日の視聴予約はこちらから!▼
https://seminar.hrnote.jp/post/95

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

テレワークの規程や就業規則、ルールはどう作る?

テレワークの規程や就業規則、ルールはどう作る?

近年では、新型コロナウイルス感染症の流行や、働き方改革の影響を受け、テレワークを推進する企業は増加しています。テレワークの導入の準備を進めていくなかで、テレワークの規定や就業規則を新たに作らねばならないという企業も多いのではないでしょうか。当記事では、テレワークの規定や就業規則、ルールの作り方について徹底解説します。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.20
HR NOTE 編集部
テレワークの在宅勤務手当は必要?費用負担の相場を解説

テレワークの在宅勤務手当は必要?費用負担の相場を解説

テレワークを導入するにあたって、交通費や通信費、光熱費などの費用負担をどのようにするかという悩みを抱えている方は多いのではないのでしょうか。なお、従業員に費用負担させる代わりに、テレワーク手当を支給している企業もあります。

当記事では、テレワーク手当の相場や必要性、注意点、支給方法について解説します。テレワーク手当のルール作りに関する知識を深めたい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.20
HR NOTE 編集部
テレワークガイドラインまとめ!厚労省・総務省のガイドラインを解説

テレワークガイドラインまとめ!厚労省・総務省のガイドラインを解説

この記事では、テレワークガイドラインの概要や、テレワーク導入のポイントについて解説しています。テレワークの実現に向けて取り組むべき項目を明確にするため、本記事を参考にしてください。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.19
HR NOTE 編集部
テレワークで気を付けたいセキュリティ!対策やツールを解説!

テレワークで気を付けたいセキュリティ!対策やツールを解説!

近年では、働き方改革や生産性向上、コスト削減、BCP対策など、さまざまな目的でテレワークを導入する企業が増加しています。テレワークを導入するメリットは数多くありますが、セキュリティに脆弱性があると、不正アクセスによる社外秘の情報の漏洩や改ざんなど、トラブルにつながることもあります。当記事では、テレワークにおけるセキュリティリスクやセキュリティ対策について徹底解説します。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.18
HR NOTE 編集部
テレワーク助成金・補助金の最新情報!個人事業主も申請できる補助金とは?

テレワーク助成金・補助金の最新情報!個人事業主も申請できる補助金とは?

近年、DX推進の一環としてテレワーク導入に関する助成金や補助金の制度が取り入れられています。申請しなければ助成金を受け取れないため、どのような制度があるのか知っておくことは費用の軽減につながるでしょう。
この記事では、2022年に受給できるテレワーク関連の助成金および補助金をまとめています。助成金を受け取るための取り組みを検討するためにも、ぜひ本記事を読んでみてください。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.18
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ