スキル管理とは?導入するメリットや管理方法を詳しく解説 |HR NOTE

スキル管理とは?導入するメリットや管理方法を詳しく解説 |HR NOTE

スキル管理とは?導入するメリットや管理方法を詳しく解説

  • 組織
  • 人事評価

ノートに書く女性

スキル管理とは、従業員がもつスキルを可視化してデータ管理する手法です。個々の特性をデータとして把握することで、適切な人材配置や評価、研修などの対処ができます。

専用システムを導入するなどの方法で効率よくスキルを洗い出し、企業運営に役立てていきましょう。

本記事では、企業がスキル管理を行う目的やその効果について説明していきます。

 

 

1. スキル管理とは従業員のスキル情報を一元管理すること

パソコンに浮かぶ情報

スキル管理とは、従業員のスキルに関するデータベースを作成し管理することをいいます。

データベースを作成し共有すれば、社内の人材がどんなスキルを持っているのかが可視化されます。適切なスキル管理を行えば、人材の配置や従業員のスキルアップなどさまざまな場面で活用できます。

スキル管理の項目には従業員がもつさまざまなスキルを反映させておきましょう。

とくに重要なのはいわゆるテクニカルスキルと呼ばれる項目です。テクニカルスキルとは、業務に関する専門技術や専門知識を指します。コンピュータ操作能力や資料作成能力のほか、情報収集力や接客能力、商品知識などが該当します。

スキル管理の際には、ヒューマンスキルやコンセプチュアルスキルといった項目も設けたいものです。ヒューマンスキルは、人間関係の構築や維持の際に求められる能力のことです。コミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキル、チームワーク、リーダーシップなどのスキルはあらゆる場面で必要となります。

コンセプチュアルスキルは管理者に求められるスキルです。論理的思考力や臨機応変に対応できる柔軟性、チーム全体を見る能力などがコンセプチュアルスキルに該当します。

スキル管理を行う際には、これらのスキルを項目ごとにデータ化しておきましょう。

2. スキル管理を導入するメリット

色紙の人型

スキル管理を行えば人材の情報が可視化されるため、戦略的な施策を推し進める際に有利となります。ここからは、スキル管理を行うことで得られるメリットを具体的に紹介します。

 

2-1. 従業員の特性を把握できる

スキル管理では、従業員がもつスキルを細かく洗い出すことになります。これによって、個々の従業員がどのような特性を持っているのか、何を得意としているのかを明らかにできます。逆に、それぞれの人材に足りない能力や苦手とする分野についても把握することが可能となります。

秀でたスキルをもつ従業員がいるときには、そのスキルを活かす方法を戦略的に考えましょう。また、足りないスキルがあるときには補強するための施策を打ち出すのが効果的です。

2-2. 資格の維持管理ができる

資格やキャリア、経験などを一目で把握し維持管理に役立てられるのも、スキル管理のメリットです。

資格に関する情報を管理する際には、資格の有効期限や更新日についても確認しておきましょう。また、知識の更新が必要なスキルがあるときには、適宜研修を実施するなどの対処を行いたいものです。

2-3. 情報を社内共有できる

スキル管理のデータベースは社内で共有することも可能です。共有するすべての人員が一目でスキルを把握できるよう、従業員のスキルレベルをスキルマップなどにまとめておきましょう。

システム上に情報を集約しておけば、検索機能などを使って従業員を探すことも可能となります。スキル管理の利便性を高めるためにも、使いやすいシステムを選んで導入してみましょう。

2-4. 適材適所の配置ができる

スキル管理の内容をもとにして従業員の配置を実施する企業は少なくありません。適材適所に従業員を配置することは生産性の向上やモチベーション向上につながります。

とくに、企業が新事業を打ち出すときや新たに部署を立ち上げるときには、適切な人選を行うことが重要です。こういったケースで新たに人材を採用すると、大きなコストがかかってしまいます。社内の人材が持っているスキルを適用できればコストを最小限に抑えられます。

2-5. スキルアップや教育に活用できる

スキル管理を行えば、スキルが足りている従業員とそうでない従業員を把握できます。必要なスキルが足りていない従業員がいるときには、研修や勉強会を行うなどの工夫をしましょう。業務に関連する資格が必要なケースでは、資格取得をサポートするのもいい方法です。

一部の従業員が高いスキルを持っているときには、スキルの継承についても意識したいものです。従業員の退職などでスキルが失われる可能性があるときには、研修や教育などの計画を立てて確実に継承させていきましょう。

2-6. 人事評価に役立てられる

人事評価を行う際にも、スキル管理のデータを上手に活用してみましょう。

人事評価には評価者の主観や直感が入ってしまうことがあります。評価のエラーは従業員の不信感や不安につながるので気をつけたいものです。

データベースをチェックしてスキルの到達度を評価すれば、公平性を担保できます。スキルが高まるほど評価も高まるため、従業員のモチベーションも高まりやすくなります。

2-7. チームのスキル総量を把握できる

スキル管理のデータベースは、チームのスキル総量を把握したいときにも役立ちます。データの内容を分析し、チームがもつスキル総量が足りているかを検討しましょう。チーム内に特定のスキルが足りていないと感じるときには、研修を実施したりスキルの高い人材を異動させたりといった対処でバランスを保つとよいでしょう。

3. スキル管理の方法

人事のデータ管理

スキル管理の際には専用システムを活用し、スキルマップを作成しましょう。スキルマップとは従業員のスキルを一覧の表にしたもののことです。

まずはシステム上にスキル項目を設定していきます。スキル項目には資格や経歴、語学力などさまざまな項目があります。続いて、それぞれの項目について評価段階を設定しましょう。評価段階は3段階から5段階くらいに設定し、スキルを持たない場合には0、単独での対応が可能なレベルなら2、指導できるレベルなら5といったように評価します。

スキルの評価は専任の評価者や直属の上司などが行うとよいでしょう。また、従業員の自己申告をもとに上司が修正ながらスキルマップを仕上げていく手法もあります。

スキルマップは紙媒体やExcelなどのソフトで作成できます。より効率よくスキルマップを作成したいのなら、専用のスキル管理システムを使うのもいい方法です。

専用システムにはスキルの集計機能に加え、グラフ作成などデータ分析に役立つ機能も搭載されています。システム上にスキルデータを一元化して分析すれば、人材配置や評価などに活用でき便利です。

4. 効率のよいスキル管理を実施し、従業員のフォローや人事配置に役立てよう

スキルの階段を上る

 

従業員が保有するスキルをデータベースにまとめ一元管理することをスキル管理と呼びます。スキル管理を実施すれば、個々の従業員のフォローや戦略的な人事配置に役立ちます。また、スキル管理のデータベースをもとに研修や勉強会を開催するなどの施策も有効です。

スキル管理の方法はいくつか考えられますが、おすすめなのは専用システムを使った管理手法です。スピーディーにデータベースを作成できるシステムを選び、効率のよいスキル管理を行いましょう。

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

リスキリングの第3段階〜経験を言語化し、仕事に紐づける〜|仕事旅行社 田中 翼

リスキリングの第3段階〜経験を言語化し、仕事に紐づける〜|仕事旅行社 田中 翼

HR NOTE読者のみなさん、こんにちは。仕事旅行社 代表取締役の田中です。 前回は、リスキリングの第2段階として、「自分探しと拡散のフェーズ」の重要性についてお話ししました。多様な価値観に触れることで視野を広げ、自分軸 […]

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.06.13
根本 慎吾
テレワークでのコミュニケーション活性化に!オンライン懇親会おすすめ10企画

テレワークでのコミュニケーション活性化に!オンライン懇親会おすすめ10企画

テレワークを実施していると、社員同士のコミュニケーションが少なくなりがちです。テレワークでも社員同士がコミュニケーションをとりやすくするための施策として、オンラインでの懇親会を開催する企業もあります。この記事では、オンライン懇親会で盛り上がる企画とその方法について紹介します。

  • 組織
  • エンゲージメント
2024.06.12
HR NOTE 編集部
「明治維新のような感覚だった」CARTA HD経営統合から5年、イチから再構築した人事制度のウラ側

「明治維新のような感覚だった」CARTA HD経営統合から5年、イチから再構築した人事制度のウラ側

2019年にアドテクノロジーやメディア事業等を運営するVOYAGE GROUPと、電通100%子会社でデジタルマーケティング支援を手掛けるサイバー・コミュニケーションズが経営統合し、CARTA HOLDINGSが誕生。 […]

  • 組織
  • 人事評価
2024.06.11
根本 慎吾
在宅勤務でも交通費支給は必要?経費削減をする方法について解説

在宅勤務でも交通費支給は必要?経費削減をする方法について解説

在宅勤務を導入する企業が増えてきましたが、導入する際は交通費の扱いを決める必要があります。在宅勤務でも交通費が発生する可能性はありますが、従来の支給を続けるか実費支給にするかを決めなければなりません。就業規則の変更や社会保険料の変更など法的な問題もあるので、慎重に交通費の支給方法を考慮しましょう。

  • 組織
2024.06.07
HR NOTE 編集部
在宅勤務を就業規則でどう定めるべき?具体例を紹介

在宅勤務を就業規則でどう定めるべき?具体例を紹介

在宅勤務を導入する場合、必要に応じて就業規則の変更をしなければなりません。どのようなケースで就業規則の変更が必要なのか確認しましょう。本記事では、在宅勤務に関する就業規則の内容や具体例、在宅勤務を導入するにあたって就業規則に記載すべき項目と記載例を解説します。

  • 組織
2024.06.07
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ