人事評価システム10社を徹底比較!機能や価格、選び方のポイントを解説 |HR NOTE

人事評価システム10社を徹底比較!機能や価格、選び方のポイントを解説 |HR NOTE

人事評価システム10社を徹底比較!機能や価格、選び方のポイントを解説

  • 組織
  • 人事評価

HRMを取り囲む人たち

人事評価システムとは、これまで人事担当者が行っていた人事評価に関するさまざまな業務を効率化できるシステムのことをいいます。

人事評価は適切に行わなければ社員のモチベーションを低下させたり、人間関係を悪化させたりするなどのリスクがあり、企業にとっては非常に大切な業務です。しかし、適切な人事評価をするためには、多大な時間や手間もかかります。

そこでおすすめしたいのが、今回ご紹介する人事評価システムです。本記事では、人事評価システムの具体的な機能やメリット、人事評価システムの選び方やおすすめのサービスなどをわかりやすく解説します。

【従業員の評価、適切におこなえていますか?】

クラウド型人事システムでできることについてなんとなくのイメージはできたが、どんな操作画面でどんな情報が登録できるのかなど、より具体的な情報をお求めの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで当サイトでは、jinjer株式会社が提供する「ジンジャー人事労務」を用いて具体的にどのような情報が登録できるのか、実際の製品画面を用いて説明した資料を無料でお配りしています。

クラウド型人事システムをまだ操作したことがなく、どのような情報を登録でき、どのように活用できるのか具体的なイメージをつけたい方は、ぜひこちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

1. 人事評価システムの機能

システム機能のメニューが出る

一口に人事評価システムといっても、その種類はさまざまであり、利用できる機能も製品によって異なります。

ここでは、そんなさまざまな人事評価システムの中でも、とくに多くの製品に見られる代表的な機能をご紹介します。

1-1. 人事評価システムとは

人事評価システムとは、これまで人事担当者がおこなっていた人事評価に関するさまざまな業務を効率化できるシステムのことです。評価シートの作成から人事の最適化までを一元管理できるため、人事評価にかかる手間や労力を大幅に削減することが可能です。

しかし、一口に人事評価システムと言っても機能は異なります。評価に特化したタイプを「人事考課システム」、多機能タイプを「タレントマネジメントシステム」「人材管理システム」などと呼ぶこともあります。

後ほど、人事評価に対応したシステムやサービスも紹介します。

1-2. 人事評価に関する機能

従来の人事評価業務では、エクセルで管理をしたり評価シートを紙に印刷したりするようなケースが少なくありませんでした。しかし、人事評価システムを使えば、クラウド上やソフトを使って評価の管理ができるため、複数の社員の間でスピーディーに情報共有ができます。

人事評価に関する情報が電子化されるため、評価シートをペーパーレスで共有することも可能です。

人事評価制度自体がまだ整っていないという場合には、制度の構築から行えるサービスもあります。

1-3. 人事情報の管理機能

人事評価システムの多くは、人事評価に関するツールだけでなく、社員の住所やプロフィール、マイナンバーの申請などの基本的な人事情報の管理も可能です。

たとえば複数の拠点で社員の情報を管理している状態でも、人事評価システムを使えば人事情報を一元管理できるため、人事情報を素早く検索・共有できます。特に人事情報は秘匿性の高いので、ツールを使った管理がおすすめです。

1-4. 人材管理に関する機能

人事評価システムの中には、社員のスキルや実績などを把握し、キャリアアップに活かせるための研修を自動的に管理できるサービスもあります。

このような機能を活用することで、採用管理だけではなく、その後の各社員のスキル開発をおこなうことができ、人材の戦略的な管理が可能になります。そうすれば、社員を無理なくそれぞれの適正やスキルに応じた部署に配属することができ、必要に応じてセミナーを実施したり、個別に指導をおこなったりすることもできるでしょう。

さらに、適切な人員に配置ができることで、過剰に社員を確保することが抑えられるため、人件費の削減にも繋がります。

クラウド型人事システムの機能についてなんとなくイメージはできたが、どんな操作画面でどんな情報が登録できるのかなど、より具体的な情報をお求めの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで当サイトでは、jinjer株式会社が提供する「ジンジャー人事労務」を用いて具体的にどのような情報が登録できるのか、実際の製品画面を用いて説明した資料を無料でお配りしています。クラウド型人事システムをまだ操作したことがなく、どのような情報を登録でき、どのように活用できるのか具体的なイメージをつけたい方はぜひこちらからダウンロードしてご活用ください。実際に製品をご利用したお客様の声も掲載しておりますので、ぜひご参考ください。

2. 人事評価システムのメリット

システムに星5つ

社員を評価するためには、必ず人の目や人の手が加わるものです。しかし、人が人を評価する以上、完全に客観性を持って評価をすることはなかなか容易ではありません。

しかし、人事評価システムを導入することで、個人の主観ではなくデータに基づいた評価が可能になるため、公平性の高い評価が実現できます。

そこで、以下では人事評価システムを導入するメリットを解説します。

2-1. 人事評価業務の効率化

人事評価は日々の勤務態度や業務の進め方、成果などを反映しなくてはならないため、かなりの時間や手間がかかります。

人事担当者や上司による評価シートの作成はもちろんのこと、面談の実施や面談内容のまとめなど、業務は多岐にわたります。さらに、これらをエクセルのような基本的な事務用ソフトで処理をしようとすると、フォーマットの作成だけではなく入力にも時間がかかってしまいます。

しかし、人事評価システムがあれば評価に必要なフォーマットがあらかじめ作成されているため、作業時間だけではなく人的コストも削減できます。さらに、集計や分析がスピーディーに行えるため、社員へのフィードバックも早くなるでしょう。

2-2. 人材配置の最適化

人事評価システムでは、評価基準が明確になるため、「どのような理由からこのような評価になったのか」「何を改善すれば評価が上がるのか」といったことも可視化できます。

人事評価の中に、企業として取り組むべき課題を取り入れることで社員の方向性が定まり、社員が一丸となってよりスムーズに経営課題に取り組むことができるでしょう。

さらに、抽出した社員のスキルや実績データを活用し、人員配置に利用すれば、より最適なメンバーでプロジェクトを進めることも可能になります。

2-3. 納得感のある評価が得られる

従来の人事評価は社員それぞれの成績や就業態度に加え、上司の主観に大きく左右されることも珍しくありませんでした。

なぜそのような評価になったのかを上司がきちんと社員に説明し、社員が納得できるものであれば問題はないでしょう。しかし、どれだけ上司が説明しても、評価の内容によっては不満を抱かれたり、納得感が得られなかったりして、結果として離職に繋がることもあります。

人事評価システムであれば、評価基準や結果が明確になり、評価自体もより客観的なものになります。上司だけの判断ではなく、きちんとシステムによって判断されているという意識を社員が持つことで、社員も納得感のある評価を得られるでしょう。

3. 人事評価システムのデメリット

上記のように、人事評価システムには多くのメリットがあります。しかし、以下のようなデメリットがあることも確認しておきましょう。

  • 上司や管理職など評価する立場の人には人事評価の知識が必要であり、スムーズな運用には一定の時間がかかる
  • 現行の評価シートをそのまま移行できない可能性がある
  • 既存の人事システムや給与システムと連携できない可能性がある
  • 自社に合う人事評価システムの見極めが必要になる

人事評価システムを導入したからといって、手放しで人事評価がおこなえるわけではありません。優れたシステムを導入しても、評価者の知識や分析力が十分でなければ適切な人事評価は実現できないでしょう。

そのため、評価者に対して定期的に研修を実施するなどして、人事評価の知識や理解を促すことが大切です。

また、人事評価システムの導入に伴い、現行の評価システム・体制を引き継げない可能性があります。そのため、多数の人事評価システムの中から自社に合うサービスを選ぶことも重要なポイントです。

4. 人事評価システムの選び方と比較ポイント

複数のシステムから選ぶ

人事評価システムにはさまざまな種類があり、いずれも従来煩雑化していた人事評価システムをスムーズに進められるような工夫がされています。

しかし、人事評価システムであればどれもが同じ内容というわけではなく、人事評価システムにもそれぞれ得意分野とそうでない分野があります。導入コストやランニングコストだけがかかってしまい、満足の得られない結果にならないためにも、人事評価システムの選び方にはいくつかの注意が必要です。

そこで、ここからは人事評価システムの選び方をご紹介します。

4-1. 目的の明確化

まずは、なぜ人事評価システムを導入したいのか、目的を明確にしましょう。

たとえば人事評価の効率化ができればいいという場合もあれば、人材育成や管理コストの削減も行いたいという場合もあるでしょう。

機能が充実していればいるほど、人事評価システムのコストも高くなってしまう傾向があるため、目的に応じたシステムを選びましょう。

4-2. 企業規模に合わせる

人事評価システムの中には、大企業、中小企業、ベンチャー企業など、企業のタイプによって搭載されている機能が異なる場合もあります。

たとえば、中小企業が大企業向けの人事評価システムを使うことで、余計な機能が多く、使いづらく感じてしまう可能性があります。人事評価システムを選ぶ際には企業規模や企業の状況に合ったものであるかも確認しましょう。

4-3. 操作性を確認する

どれだけ便利な機能が搭載されていても、使い方が複雑だったり、手順が多かったりするものだと日々の業務のストレスに繋がりかねません。また、使用する人数が多い場合は最初に説明をする必要があるため、操作性はよりシンプルなものが求められます。

人事評価システムを提供している企業の中には、無料で試用できる期間を設けていたり、体験を実施したりしているケースもあるため、積極的に利用してみましょう。

4-4. 連携性

既存のシステムがほかにある場合は、既存のシステムと連携できるかも大きなポイントです。

既存のシステムとスムーズに連携がとれ、データ移行などに時間がかからないものが理想です。導入までにあまりにも時間や労力がかかるものについては、再検討する余地があるといえるでしょう。

5. 【厳選10社】価格や機能を比較!自治体でも利用されるクラウド人事評価システム

人事評価システムは、大き分けて2種類あります。1つは人事管理全般に対応しているタイプ、もう1つは人事評価に特化したタイプです

ここでは、それぞれのタイプの人事評価システムサービスを紹介します。

5-1. 人事管理全般に対応している人事評価システム

サービス名 特徴やメリット 料金

HRBrain

(株式会社HRBrain)

 

  • 人事評価に加え、タレントマネジメント機能も搭載
  • 人事評価は自動集計
  • 評価に対する納得度を上げる効果が期待できる
  • スムーズな人員配置にも役立つ
要問い合わせ

カオナビ

(株式会社カオナビ)

  • 導入実績は3,300社以上
  • 顔写真が並ぶシンプルな画面で、組織の可視化や従業員データを一元化
  • 人事評価は、360度評価やOKR・MBOなどにも対応
  • 蓄積したデータに基づき、さまざまな情報を集計・分析できる
要問い合わせ

HRMOSタレントマネジメント

(株式会社ビズリーチ)

  • ビズリーチが提供する人材システムサービス
  • 評価シートをクラウド上で配布・回収したりと、業務効率向上が期待できる
  • 評価プロセスの透明化・名閣下を実現できる
要問い合わせ

タレントパレット

(株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

  • データに基づく科学的人事を可能に
  • 人事評価に加え、人材育成・配置、採用・離職防止までも実現
  • 評価シートを自社に柔軟に作成できる
要問い合わせ

One人事[タレントマネジメント]

(One人事株式会社)

  • 人材戦略をサポートするシステム
  • 評価シートのテンプレートが豊富
  • 1on1のテンプレートを活用て面談を実施すれば、コミュニケーションが深まり適切な評価につながる
要問い合わせ

5-2. 人事評価に特化した人事評価システム

サービス名 特徴やメリット 料金

WiMS/SaaS人事考課システム

(株式会社ソリューション・アンド・テクノロジー)

  • 上場企業や大規模企業での導入が進んでいるシステム
  • 評価シートの配布や管理を自動化できるので効率的
  • 評価シートの柔軟性が高い
  • 同シリーズのシステムとの連携性が高い
要問い合わせ

GooooN

(株式会社ビジネスネットコーポレーション)

  • シンプルでありながら機能的なシステム
  • 評価に必要な情報をワンストップで提供可能
  • 柔軟性が高いので、自社に合う人事評価を実現できる
1ライセンス当たり、月額15,000円

あしたのクラウド

(株式会社あしたのチーム)

  • 導入実績4,000社以上
  • 目標設定から給与確定までを一元管理
  • 入力した目標に対し、AIが自動添削する機能も搭載
月額45,000円~

SmartHR

(株式会社SmartHR)

  • 導入実績5,000社以上の労務管理システム
  • 人事評価機能はオプションで追加可能
  • 評価の納得度を調査する「従業員サーベイ」機能も搭載
要問い合わせ

ヒョーカクラウド

(株式会社シーグリーン)

  • 紙ベース・Excelで管理してる評価制度をそのままクラウド化できる
  • 従業員のモチベーションを可視化できるAIサービスを搭載
  • MBOやコンピテンシー評価にも対応でき、クラウド上での管理も可能
月額30,000円~

6. 脱エクセルと人事評価システムの導入で業務効率化を目指そう

最短ゴールを組む

これまで、エクセルを使った独自の人事評価シートを使用していた企業は多かったですが、近年はペーパーレス化やクラウド化が進んでいることもあり、人事評価システムを導入する企業が増えています。

人事評価システムは、システムを扱う人の業務効率化だけではなく、その会社で働く社員の満足度にも繋がるものです。さまざまな種類の製品が販売されているため、比較・検討を重ねながら自社に合ったものを導入しましょう。

【従業員の評価、適切におこなえていますか?】

クラウド型人事システムでできることについてなんとなくのイメージはできたが、どんな操作画面でどんな情報が登録できるのかなど、より具体的な情報をお求めの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで当サイトでは、jinjer株式会社が提供する「ジンジャー人事労務」を用いて具体的にどのような情報が登録できるのか、実際の製品画面を用いて説明した資料を無料でお配りしています。

クラウド型人事システムをまだ操作したことがなく、どのような情報を登録でき、どのように活用できるのか具体的なイメージをつけたい方は、ぜひこちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

--------------------

\4月24日限定開催!/
人事×ChatGPTの具体的な活用術術を紹介!

ChatGPTをはじめとする生成AIを業務に取り入れることで、業務時間の圧縮や業務量の削減が期待されます。

今回は、人事担当者の方が今日から使えるChatGPT活用術として、

組織開発に関するChatGPT活用を株式会社リーディングマークのプロダクト企画室副室長/AIエバンジェリストの今村健一郎氏に、

労務領域の業務に関するChatGPT活用を社会保険労務士の加藤秀幸先生にお話いただきます。

実際に使えるプロンプトを交えた実践的なノウハウもご紹介しますのでこちらから視聴予約をして、是非ご参加ください。

 

▷こんな方におすすめ!
・人事業務の担当者の人手が足りず困っていて業務効率を上げた

・ChatGPTに興味はあるけれど、どんなことに使えばよいか分からない

・業務にChatGPTを取り入れたいが、イメージしているような回答が出てこない

 

▼当日の視聴予約はこちらから!▼
https://seminar.hrnote.jp/post/95

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

「チーム愛媛」のデジタル人材育成「高度デジタル人材シェアリング事業」に密着!

「チーム愛媛」のデジタル人材育成「高度デジタル人材シェアリング事業」に密着!

愛媛県では、県・市町による協働事業「チーム愛媛」高度デジタル人材シェアリング事業の一環として、職員を対象とした各種研修・勉強会が開催されています。 今回編集部はその中の「BIツール勉強会」に参加させていただき、実際の勉強 […]

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.04.15
HR NOTE 編集部
「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【後編】

「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【後編】

上場企業における人的資本の情報開示が義務化されたことを背景に、自社の人事データを正しく管理し活用することの重要性が高まっています。 しかし、人事データをとりあえず集めたが、その後の効果的な分析ができずにいる企業がとても多 […]

  • 組織
  • 組織・その他
2024.04.15
金井一真
「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【前編】

「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【前編】

上場企業における人的資本の情報開示が義務化されたことを背景に、自社の人事データを正しく管理し活用することの重要性が高まっています。 しかし、人事データをとりあえず集めたが、その後の効果的な分析ができずにいる企業がとても多 […]

  • 組織
  • 組織・その他
2024.04.15
金井一真
ミドルシニア層のリスキリングで大事なこと|WE戸田

ミドルシニア層のリスキリングで大事なこと|WE戸田

皆様ご無沙汰しております。株式会社WEの戸田です。 本記事が公開される頃には、桜が咲いてもう新シーズンがスタートしていると思います。良いスタートになっているといいですね! 今回は「ミドルシニア層のリスキリングで大事なこと […]

  • 組織
  • キャリア開発
2024.04.12
松野天音
ザ・プラントCHRO「社内でフラフラしています!」グローバル人材が活躍する組織作りのファーストステップ

ザ・プラントCHRO「社内でフラフラしています!」グローバル人材が活躍する組織作りのファーストステップ

社員の多くが外国籍社員で構成されているザ・プラント株式会社。2030年までに「日本一幸福な働く場所にする」という人事目標を掲げ、バックグラウンドの異なる方々が活躍できる職場環境を作るために、これまでに数多くの人事施策を推 […]

  • 組織
  • ダイバーシティ&インクルージョン
2024.04.10
金井一真

人事注目のタグ