オンライン研修サービスとは?導入するメリットや選ぶ際のポイントを解説 |HR NOTE

オンライン研修サービスとは?導入するメリットや選ぶ際のポイントを解説 |HR NOTE

オンライン研修サービスとは?導入するメリットや選ぶ際のポイントを解説

時間と場所を選ばずに研修を実施できるオンライン研修サービスは、従来の集合研修よりも効率的に研修を実施できます。

しかし「導入するとどのようなメリットがあるのだろうか」「選び方がよくわからない」と、お悩みの方もいるはずです。

そこで本記事では、オンライン研修サービスを導入するメリットと選ぶ際のポイントについて解説します。

研修の効率化を図り、社員の成長を促進させたい方は、ぜひ最後までお読みください。

1. オンライン研修サービスとは

オンライン研修サービスとは、インターネットを使った教育システムを配信するサービスのことです。

インターネット環境とパソコンやスマートフォンがあれば、どこにいても受講できる効率的な教育サービスとして注目されています。また研修会場に足を運ぶ必要がないため、研修の準備や会場費などのコストを削減可能です。

時間と場所を選ばずに研修を実施できるオンライン研修サービスは、テレワークに対応した社員の働き方改革にもつながります。

2. オンライン研修サービスとeラーニングの違い

オンラインを用いた研修の中には、eラーニングといわれる手法もあります。オンライン研修サービスと混同されるケースが多いですが、仕組みが少し異なるため注意しましょう。

オンライン研修サービスとeラーニングの違いは以下の通りです。

オンライン研修サービス

eラーニング

・リアルタイムで配信される動画を見ながら学ぶ

・わからないことをすぐに質問できる

・グループディスカッションなど社員同士の交流も可能

・録画された動画を見ながら学ぶ

・時間を問わず視聴できる

・何度も研修内容の復習が可能

オンライン研修サービスでは、リアルタイムの配信になるため、日程の調整が必要です。

一方でeラーニングは録画された動画を見ながら学ぶため、自分が好きなタイミングで学習できます。しかし進め方が完全に個人に委ねられるため、モチベーションの維持が難しいです。研修をまったく進めていない社員が出てくる可能性があります。

効果的な研修を実施するために、自社ではどちらの手法を用いるべきか慎重に検討しましょう。

3. オンライン研修サービスの主な機能5選

ここでは、オンライン研修サービスの5つの主な機能について解説します。

  1. グループディスカッション機能
  2. チャット機能
  3. 録画機能
  4. 受講管理機能
  5. セキュリティ機能

どのような機能が搭載されているか把握してから、導入を検討しましょう。

4-1. グループディスカッション機能

オンライン研修サービスには、グループに分けて研修を進められる「グループディスカッション機能」が備わっています。

受講者全員に向けた研修を実施した後に、グループに分かれて議論させるなどの展開が可能です。グループごとの議論に講師が参加することもできるので、進捗を確認しながら研修を進められます。

4-2. チャット機能

オンライン研修サービスに搭載されている「チャット機能」を活用すれば、リアルタイムで講師に質問が可能です。

オンライン研修は講師が一方的に講義内容を話しているイメージが強いのではないでしょうか。

しかしチャット機能を用いれば、研修中にわからないことがあったときに、その場で質問できます。わからないことに対しての歯がゆさが解消され、研修の満足度も向上するでしょう。

4-3. 録画機能

オンライン研修サービスには、基本的に「録画機能」が搭載されています。録画機能を活用すれば、研修を何度も繰り返し視聴可能です。

研修の内容を理解するスピードは人それぞれ違います。録画機能を活用すれば、参加者全員が内容を理解できるまで見直しが可能です。

また研修中に理解できなかったことや、聞き逃したところを確認できるので、より深く内容を理解できるでしょう。

4-4. 受講管理機能

オンライン研修サービスに備わっている「受講管理機能」では、研修の理解度や受講状況を一覧で確認できます。

社員が増えれば増えるほど、受講者への適切な管理が難しくなるため、研修担当者to

とっては便利な機能です。

研修を受講していなかったり、理解度が一定の水準に満たなかったりする社員を迅速に発見できます。

4-5. セキュリティ機能

オンライン研修サービスには、セキュリティ機能がついています。セキュリティ機能は、自社特有の技術や経営情報を研修の教材に使用する場合に有効です。

例えば、教材によって閲覧制限をかけたり、動画をストリーミング配信することでダウンロードを防止できたりします。

研修内容の中に機密情報が含まれているときは、必須の機能です。

5. オンライン研修サービスを導入する3つのメリット

ここではオンライン研修サービスを導入する3つのメリットについて解説します。

  1. 研修の受講率が上がる
  2. 研修のコスト削減につながる
  3. 研修の質を一定の水準に揃えられる

研修の効率化やコスト削減を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

5-1. 研修の受講率が上がる

オンライン研修サービスを導入することで、研修の受講率がアップするでしょう。パソコンやスマートフォンから研修を受講できるため、時間や場所に制限がかからないためです。

会社や会場に足を運んで研修を受講する必要がないので、地方にいる社員も研修に参加できます。

参加へのハードルが下がり、受講率がアップするでしょう。参加できなかった受講生に対して、後日個別の研修が可能になるところも、オンラインで実施するメリットです。

5-2. 研修コストの削減につながる

オンライン研修サービスを活用すれば、研修コストの削減につながるでしょう。集合研修を実施する場合、以下のようなコストがかかります。

  • 会場費
  • 人件費
  • 交通費
  • 宿泊費

遠方からも参加者を募る場合は、交通費や宿泊費が大きなコストになります。一方オンライン研修サービスを導入すれば、自宅や遠方からでも参加可能です。

集合研修と同様の内容を、コストを抑えて開催できます。

5-3. 研修の質を一定の水準に揃えられる

オンライン研修サービスを活用することで、社員に受講させる研修の質を一定の水準に揃えられます。

以下のような社員は、対面での研修で質を揃えるのが難しいです。

  • 勤務時間が不規則
  • 遠方で働いている
  • 中途採用者

オンライン研修サービスなら、自宅から参加できたり、録画されている研修を後から視聴したりなど、研修機会を平等にできます。また同様の教材で学べるため、教育格差がなくなり、研修の質を一定の水準に揃えられるでしょう。

研修効果に差が出にくくなるため、社員一人ひとりが同様のスキルや知識が身につけられます。

6. オンライン研修サービスを選ぶ際の3つのポイント

ここでは、オンライン研修サービスを選ぶ際の3つのポイントについて解説します。

  1. 導入する目的を明確にする
  2. 操作が簡単なサービスを選ぶ
  3. お試しで動画を視聴してから選ぶ

オンライン研修サービスの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

6-1. 導入する目的を明確にする

オンライン研修サービスを選ぶ際は、導入目的を明確にしましょう。目的がないまま選んでしまうと、効果を得られずに導入にかかった費用が無駄になる可能性があります。

目的の具体例は以下のとおりです。

  • 幹部育成のために研修を実施したい
  • これまで会社で実施していた基礎研修をオンライン化したい
  • 組織全体のスキルアップを図りたい

目的が明確であれば、高い効果を期待できるサービスを選択できるため、会社にとってメリットが大きくなるでしょう。

6-2. 操作が簡単なサービスを選ぶ

操作が簡単なオンライン研修サービスを選択することも大切です。操作が簡単なサービスでないと、受講者のやる気がなくなる可能性があります。

例えば立ち上げまでの操作が複雑だったり、受講する研修にたどり着けなかったりすると、研修に対するモチベーションが下がるでしょう。

シンプルな操作方法で完結するサービスを選び、受講者に負担をかけないことが大切です。

6-3. お試しで動画を視聴してから選ぶ

オンライン研修サービスを導入する前に、無料の範囲内でお試し動画を視聴して、コンテンツの方向性を判断しましょう。

多くのオンライン研修サービスでは、個人向けの学習も提供しているため、お試しで動画の視聴が可能です。

お試し動画を視聴しておけば「イメージと違った」「自社には合っていない」などの導入時のミスを未然に防げます。

導入してから後悔しないように、実際のコンテンツを視聴してから、オンライン研修サービスを選びましょう。

7. オンライン研修サービスで研修を効率化

いかがでしたでしょうか。従来の集合型研修と比較し、オンライン研修はコストが比較的低く、また従業員も気軽に取り組むことができるようになります。

この機会に、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

--------------------

\期間限定でアーカイブ配信中!/
今、知っておきたいテーマについて豪華ゲストが詳しく解説!

▼アーカイブ配信視聴はこちらの特設サイトから▼
https://hrnote.jp/dx-action-summit-2023-archive/

--------------------

\メールマガジン登録無料/
人事/HR業界の最新情報を毎週チェック!

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRに関する事例やサービスリリース情報など、最新Newsから今すぐ使える他社実践ノウハウまでが簡単にわかるインタビュー記事やセミナー情報をコンテンツとして配信しています。

「他社が実施している施策を自社でも活かしたい」「人事/HR業界の最新動向やトレンドを知りたい」とお考えの方は、ぜひHRNOTEメールマガジンをご活用ください。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

関連記事

『デジタルは感性の数値化』組織をマネジメントするためのデジタル思考とは|Conference X in 東京2023 イベントレポート

『デジタルは感性の数値化』組織をマネジメントするためのデジタル思考とは|Conference X in 東京2023 イベントレポート

2024.02.09
HR NOTE 編集部
人事はどこへ向かうのか?平成の人事に令和の人事が聞いた“変化の潮流”

人事はどこへ向かうのか?平成の人事に令和の人事が聞いた“変化の潮流”

2024.02.07
宮崎萌奈
DX推進の落とし穴~DXの主役はデジタルではなく人である~|DX Action Summit 2023 講演④イベントレポート

DX推進の落とし穴~DXの主役はデジタルではなく人である~|DX Action Summit 2023 講演④イベントレポート

2024.02.05
HR NOTE 編集部
【Beatrust×SP総研】重要なのは「スキルの可視化」欧米HRトレンドから考える人的資本経営

【Beatrust×SP総研】重要なのは「スキルの可視化」欧米HRトレンドから考える人的資本経営

2024.01.31
根本 慎吾
従業員のキャリア開発|人事担当者がおこなうべきことは何なのか?|WE戸田

従業員のキャリア開発|人事担当者がおこなうべきことは何なのか?|WE戸田

2024.01.24
松野天音
人的資本の開示元年、先行企業のユニークな取り組みや課題を紐解く#人的資本経営サミット2023

人的資本の開示元年、先行企業のユニークな取り組みや課題を紐解く#人的資本経営サミット2023

2024.01.23
根本 慎吾
eラーニングとは?必要性やメリットとデメリットをわかりやすく解説

eラーニングとは?必要性やメリットとデメリットをわかりやすく解説

2024.01.19
HR NOTE 編集部
リスキリングで陥りがちな失敗とは?/「まずデジタル」でなく〝Be〟を大事に

リスキリングで陥りがちな失敗とは?/「まずデジタル」でなく〝Be〟を大事に

2024.01.19
松野天音
シニアと若手の対談から見えた“力のベクトル”の違いは?|23歳はシニアのバイタリティと労働環境に震撼

シニアと若手の対談から見えた“力のベクトル”の違いは?|23歳はシニアのバイタリティと労働環境に震撼

2024.01.12
宮崎萌奈