評価制度の作り方は?具体的な手順や注意点を詳しく解説 |HR NOTE

評価制度の作り方は?具体的な手順や注意点を詳しく解説 |HR NOTE

評価制度の作り方は?具体的な手順や注意点を詳しく解説

  • 組織
  • 人事評価

アイコンを手に浮かべる

評価制度は、企業の成長や社員のモチベーションアップのために欠かせない存在です。自社に適した評価制度を作ることで、企業の理念が社員に浸透する、生産性が向上するなどの効果も期待できます。

この記事では、評価制度の作り方を具体的に解説します。評価制度を導入するときの注意点についても紹介しますので、ぜひチェックしてください。

1. 評価制度を作る重要性

重要性のマーク

評価制度は、単に社員を評価するだけの仕組みではありません。導入することでさまざまな効果を得られるため、目的や重要性をしっかりと理解しておきましょう。

1-1. 社員を正しく評価して適切な処遇を与える

評価制度を導入する一番の目的は、社員のスキルや成果を正しく評価して、適切な処遇を与えることです。たとえば、売上目標を達成したことを評価して昇給させる、業務に役立つ資格を取得したことを評価して上の役職を与えるなど、一定の基準をクリアした社員にリターンを与えることで、企業と社員がともに成長できます。

評価制度を導入せずに社員の処遇を決めることも可能ですが、評価するポイントや基準が曖昧になってしまい、社員の納得感を得られないケースもあるでしょう。評価者としても何を基準に判断してよいのかわからず、評価に手間がかかる場合もあります。評価制度を作ることで、評価する際の視点や基準が明確になり、正しい判断が可能となるでしょう。

1-2. 社員のモチベーションアップにつながる

社員のモチベーションアップを期待できることも、評価制度が重要な理由のひとつです。自分の能力や成果をしっかりと評価してもらえることで、継続して頑張ろうという気持ちが生まれます。

逆に評価制度がなく、頑張っても報われないような組織では、働く意欲が失われてしまうでしょう。企業全体が成長していくためにも、評価制度を導入して社員のモチベーションを高め、生産性を向上させることが大切です。

1-3. 企業の理念や価値観が社員に浸透する

評価制度を作っておけば、企業の理念や価値観が自然な形で社員へ浸透していきます。評価項目や評価基準には、企業の理念や価値観が反映されているからです。重視されている項目や行動を意識しながら働いてもらうことで、企業の価値観をすべての社員と共有できるでしょう。

企業が成長していくためには、価値観を共有して足並みを揃える必要がありますが、すべての社員の気持ちを統一することは簡単ではありません。無理に押し付けても形式だけになってしまい、成果につながらないケースもあるでしょう。評価制度をうまく活用すれば、具体的な行動を通して理念を共有できるため、無理のない形で足並みを揃えることが可能です。

1-4. 上司と部下のコミュニケーションのきっかけになる

評価制度は、上司と部下のコミュニケーションの場を作るうえでも役立ちます。評価をするために部下から直接話を聞いたり、フィードバックの時間を設けたりすることで、普段とは異なるコミュニケーションが生まれるケースもあるでしょう。コミュニケーションが円滑になれば、仕事の指示や相談をしやすくなり、生産性の向上やミスの防止にもつながります。

2. 評価制度の作り方を4ステップで詳しく解説

ステップを踏む

評価制度を作るときは、自社の状況を正確に把握する、評価制度を作る目的を明確にする、導入する評価制度や評価項目を決める、というステップで進めましょう。ここでは、評価制度の作り方を詳しく解説します。

2-1. 自社の状況を正確に把握する

新しく評価制度を作る際は、自社の状況を正確に把握しておくことが大切です。事業規模や社員数、社員の年齢層はもちろん、必要に応じて経営理念や抱えている課題についても再確認しておきましょう。

すでに評価制度を導入している場合は、社員の不満が発生しているか、発生している場合はどのような不満があるのか、制度を新設する前に詳しく調べておくことが大切です。現状をしっかりと把握しておくことで、自社に最適な評価制度や評価項目を設定することができます。

2-2. 評価制度を作る目的を明確にする

評価制度を作る目的としては、社員のモチベーションを高めることや、企業の理念を共有して団結力を強化することなどが挙げられます。目的を明確にせず、単に評価制度だけを導入すると、形式だけの存在になりかねません。評価の手間ばかりが増え、社員が不満を感じるケースもあるため注意が必要です。

2-3. 導入する評価制度を決める

企業の現状と目的を把握したら、導入する評価制度を決めましょう。評価制度のなかには、コンピテンシー評価や360度評価など、さまざまな種類があります。手法ごとに特徴は異なり、それぞれにメリット・デメリットがあるため、現状と目的に合わせて自社に合った評価制度を導入することが重要です。

2-4. 評価基準や評価項目を設定する

評価基準や評価項目は、具体的に設定しておきましょう。基準や項目が曖昧すぎると、評価を受ける社員の納得感を得られないケースもあります。評価者としても、どのような基準で判断すればよいのかわからず、手間がかかってしまう場合もあります。

スキルや能力、成果や行動、勤務態度など、何に注目して評価するのかも明確にしておきましょう。結果ばかりに注目すると、勤務態度や過程が軽視されてしまいます。逆に、過程や行動を重視すると、成果を出しても報われないという状況が発生するため、うまくバランスを取ることが重要です。

3. 評価制度を作るときの注意点

天秤をもつ銅像

評価制度を作るときは、公平さを意識する、フィードバックを実施する、という点に注意しましょう。

3-1. 公平さを意識する

評価制度を作るときは、公平さを意識しましょう。特定の社員ばかりが評価されるような制度では、不満を感じる人が増えてしまいます。頑張っても報われないような制度では、社員のモチベーション低下にもつながります。せっかく評価制度を導入するなら、意欲や生産性の向上など、組織としてのメリットを得られるようにしましょう。

3-2. フィードバックを実施する

単に評価をするだけではなく、しっかりとフィードバックすることも重要です。そのような評価になった理由、今後の課題や改善点などを具体的に伝えることで、社員の納得感は高まります。

フィードバックは、上司と部下のコミュニケーションの場としても大切です。定期的に会話をすることで関係性が構築され、仕事の相談や指示などもしやすくなるでしょう。

4. 目的に合った評価制度を作ってモチベーションを高めよう!

梯子を上る

今回は、評価制度の作り方や導入するときの注意点について解説しました。評価制度を導入することで、社員のモチベーションアップや生産性の向上を期待できます。自社の現状や課題を把握したうえで、最適な評価制度や評価項目を設定しましょう。

評価制度を作るときは、公平さを意識することが大切です。不公平な制度を導入すると、社員が不満を感じて離職してしまう可能性もあります。企業全体としてメリットを得られるよう、うまくマネジメントしていきましょう。

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

リスキリングの第3段階〜経験を言語化し、仕事に紐づける〜|仕事旅行社 田中 翼

リスキリングの第3段階〜経験を言語化し、仕事に紐づける〜|仕事旅行社 田中 翼

HR NOTE読者のみなさん、こんにちは。仕事旅行社 代表取締役の田中です。 前回は、リスキリングの第2段階として、「自分探しと拡散のフェーズ」の重要性についてお話ししました。多様な価値観に触れることで視野を広げ、自分軸 […]

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.06.13
根本 慎吾
テレワークでのコミュニケーション活性化に!オンライン懇親会おすすめ10企画

テレワークでのコミュニケーション活性化に!オンライン懇親会おすすめ10企画

テレワークを実施していると、社員同士のコミュニケーションが少なくなりがちです。テレワークでも社員同士がコミュニケーションをとりやすくするための施策として、オンラインでの懇親会を開催する企業もあります。この記事では、オンライン懇親会で盛り上がる企画とその方法について紹介します。

  • 組織
  • エンゲージメント
2024.06.12
HR NOTE 編集部
「明治維新のような感覚だった」CARTA HD経営統合から5年、イチから再構築した人事制度のウラ側

「明治維新のような感覚だった」CARTA HD経営統合から5年、イチから再構築した人事制度のウラ側

2019年にアドテクノロジーやメディア事業等を運営するVOYAGE GROUPと、電通100%子会社でデジタルマーケティング支援を手掛けるサイバー・コミュニケーションズが経営統合し、CARTA HOLDINGSが誕生。 […]

  • 組織
  • 人事評価
2024.06.11
根本 慎吾
在宅勤務でも交通費支給は必要?経費削減をする方法について解説

在宅勤務でも交通費支給は必要?経費削減をする方法について解説

在宅勤務を導入する企業が増えてきましたが、導入する際は交通費の扱いを決める必要があります。在宅勤務でも交通費が発生する可能性はありますが、従来の支給を続けるか実費支給にするかを決めなければなりません。就業規則の変更や社会保険料の変更など法的な問題もあるので、慎重に交通費の支給方法を考慮しましょう。

  • 組織
2024.06.07
HR NOTE 編集部
在宅勤務を就業規則でどう定めるべき?具体例を紹介

在宅勤務を就業規則でどう定めるべき?具体例を紹介

在宅勤務を導入する場合、必要に応じて就業規則の変更をしなければなりません。どのようなケースで就業規則の変更が必要なのか確認しましょう。本記事では、在宅勤務に関する就業規則の内容や具体例、在宅勤務を導入するにあたって就業規則に記載すべき項目と記載例を解説します。

  • 組織
2024.06.07
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ