HRテックサービスとは?導入から活用までの完全ガイド |HR NOTE

HRテックサービスとは?導入から活用までの完全ガイド |HR NOTE

HRテックサービスとは?導入から活用までの完全ガイド

  • 組織
  • 組織・その他

人事業務の効率化と生産性向上を目指すためのHRテックサービスの基本から導入メリット、活用領域を解説します。HRテックの最新の動向やサービスを知り、生産性を高めましょう。

1.HRテックサービスとは

HRテックサービスとは、人事部門の業務をデジタル化し、効率化するための技術やツールを指します。これらのサービスは、従業員の管理、採用プロセス、パフォーマンス評価など、人事業務のあらゆる側面に革新をもたらします。
ここでは、HRテックサービスが普及した背景や、HRテックサービスに活用されている最新技術について詳しく紹介します。

1-1.HRテックサービスが普及した背景

HRテックサービスが普及した背景として、まず働き方の多様化が挙げられます。政府の働き方改革の推進により、フレックスタイム制度やリモートワークといった多様な働き方が推進されています。

このような従業員のニーズに応え、企業を継続的に成長させるためにも、HRテックサービスが注目されています。HRテックサービスを活用すれば、従業員満足度を高め、企業の目標を達成するための戦略人事を実現することが可能です。

また、IT技術の進歩もHRテック普及の理由の一つです。クラウド技術が発展したことにより、コスト削減や生産性向上、セキュリティ強化といった目的のためにクラウド型のサービスを利用する企業は増えています。これにより、あらゆるクラウド型のHRテックサービスが登場しています。

1-2.最新のHRテックサービスに活用されている技術

最新のHRテックサービスには、下記のような先進技術が活用されています。

  • 人工知能(AI)
  • ビッグデータ
  • クラウドコンピューティング
  • 光学式文字認識技術 (OCR)
  • ブロックチェーン
  • IoT
  • 拡張現実(AR)・仮想現実(VR)
  • 5G

これらの技術は、人事業務の自動化やデータ駆動型の意思決定、従業員体験の向上に寄与しています。そのため、人事業務はより迅速かつ正確になり、戦略的な意思決定が可能になります。

また、今後も先端技術が進歩していくことで、新しい機能を搭載したHRテックサービスが次々に登場すると推測されます。

2.HRテックサービスの活用領域

HRテックサービスは、人事部門の多くの領域で活用されています。ここでは、HRテックサービスがどのように活用されているのかについて詳しく紹介します。

2-1.人事情報の一元管理

HRテックサービスを利用すれば、従業員の個人情報や勤務履歴、スキルセットなどを一元管理することができます。これにより、情報の整合性を保ちながら、迅速なデータアクセスと分析が可能になります。

また、蓄積されたデータを活用することで、適材適所の人材配置を実現し、組織のパフォーマンスを高めることができます。

2-2.労務管理の効率化

HRテックサービスを活用することで、勤怠管理や給与計算、休暇管理、社会保険手続きなどの労務関連業務を自動化することができます。定型業務に割く時間とコストが削減されることで、人事・労務担当者はコア業務に集中することができるようになります。

2-3.人事評価制度の構築

HRテックサービスを活用すれば、目標の設定から評価までのプロセスを最適化し、透明性と公平性の高い人事評価制度を構築することができます。納得のいく人事評価が実現されることで、従業員の帰属意識やモチベーションが高まります。結果として、組織全体のパフォーマンス向上につなげることが可能です。

2-4.社内コミュニケーションの活性化

HRテックサービスを使用すれば、チャットやオンライン会議、掲示板など、さまざまな手段でコミュニケーションを取ることができるようになります。これにより、従業員間の連携を円滑にし、スピーディーに情報共有をおこなうことが可能です。

また、組織内のコミュニケーション活発化は、風通しの良い環境を作り出し、従業員のエンゲージメント向上にもつながります。

2-5.スキル管理と研修管理

HRテックサービスでは、従業員の氏名・所属などの基本情報だけでなく、技術や能力といったスキル情報も管理することができます。また、受講した研修についても適切に管理することが可能です。

従業員のスキルと研修の受講履歴から、必要な研修やトレーニングを提供すれば、企業と従業員の目標にあわせて最適な能力開発をおこなうことができます。

3.HRテックサービスの導入メリット

HRテックサービスの導入には、多くのメリットがあります。ここでは、HRテックサービスの導入により得られるメリットを詳しく紹介します。

3-1.事務作業のミス防止とスピード改善

人の手で人事・労務業務をおこなっていると、計算・集計ミスが発生し、修正・訂正をしなければならず、時間や手間がかかるケースもあります。

HRテックサービスを導入すれば、定型的な人事関連業務を自動化できるので、ミスを減らして業務を効率化することができます。

3-2.労務管理の質向上

企業の労務管理の課題として「雇用形態の複雑化」「労働時間の正確な把握」「オンラインへの対応」が挙げられます。人の手やExcelで管理していると、これらの課題に対応することが難しいです。

HRテックサービスを導入すれば、業務の一部を自動化して、リアルタイムでデータを管理することができます。

そのため、雇用形態にあわせて適切な書類を作成したり、法律に遵守した労働時間の管理をおこなったりすることが可能です。

また、クラウド型のHRテックサービスを活用すれば、端末とネット環境があれば、場所に関係なくシステムを利用できるので、テレワークなどの多様な働き方に対応することができます。

このように、HRテックサービスを導入することで、労務管理の課題を解消し、質を高めることができます。

3-3.情報管理の安全性確保

紙の書類を利用している場合、紛失・盗難により情報が漏洩するリスクがあります。HRテックサービスを利用すれば、データの暗号化やアクセス管理を通じて、従業員情報のセキュリティとプライバシー保護を強化することが可能です。

情報漏洩のリスクを軽減し、安全なデータ保存と適切なアクセス管理が提供されることで、企業のコンプライアンスも強化することができます。

4.HRテックサービスの種類一覧

HRテックサービスにはさまざまな種類があります。ここでは、代表的なHRテックサービスを一覧で紹介します。

4-1.採用管理システム

採用管理システムとは、採用活動に必要な業務をデジタル化し、効率性を高めることができるHRテックサービスです。採用管理システムを活用すれば、求人広告の掲載から応募者のスクリーニング、面接のスケジューリング、採用決定までのプロセスを効率化することができます。また、新卒採用や中途採用、経験者採用など、さまざまな採用方法を取り入れている場合でも柔軟に対応することが可能です。

4-2.パフォーマンス評価システム

パフォーマンス評価システムとは、測定可能な手法で従業員の目標・モチベーションを管理し、組織の生産性を高めるためのHRテックサービスです。

パフォーマンス評価システムを導入すれば、従業員の目標設定、進捗管理、評価プロセスを一元管理し、公平かつ透明な評価を実現することが可能です。適切なパフォーマンス評価により、従業員満足度が向上し、組織の結束をより強化することができます。

4-3.従業員エンゲージメントツール

従業員エンゲージメントツールとは、従業員の仕事や会社へのエンゲージメントを測定・改善するためのHRテックサービスです。

従業員エンゲージメントツールを活用すれば、従業員の満足度・モチベーションを測定し、適切なアプローチで改善させることができます。従業員のエンゲージメント向上により、離職率の低下が期待できます。

4-4.勤怠管理システム

勤怠管理システムとは、従業員の出勤、退勤、休暇などの記録を自動化し、労働時間の管理を効率化するためのHRテックサービスです。勤怠管理システムを導入すれば、PC・スマホ・ICカード・生体認証など、さまざまな方法で打刻ができるようになります。

また、労働時間をリアルタイムで把握できるので、残業時間が基準を超えていないか随時確認することが可能です。これにより、労働法規をきちんと遵守することができるようになります。

4-5.学習管理システム

学習管理システム(LMS)とは、eラーニングにおける学習教材の配信や受講状況、成績などを統合して管理できるHRテックサービスです。

学習管理システムを導入すれば、従業員のスキル開発と研修プログラムの管理をデジタル化して管理することが可能です。従業員一人ひとりのスキルにあわせて、学習管理システムでオンライン研修を配信すれば、効率よく人材育成をおこなうことができます。

5.HRテックサービスの選定ポイント

HRテックサービスを選定する際には、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。ここでは、HRテックサービスの選び方について詳しく紹介します。

5-1.自社の目的に合ったサービス選び

自社の人事戦略と目標に合わせて、適切なHRテックサービスを選定することが重要です。サービスの機能や特性を詳細に検討し、組織のニーズに最も合致するものを選ぶ必要があります。

5-2.既存システムとの連携可能性

選定するHRテックサービスが既存のシステムやプロセスとスムーズに連携できるかどうかも重要なポイントです。

既存のツールと連携できれば、データ入力やシステム設計の手間を削減し、業務を効率化することができます。そのため、HRテックサービスを選ぶ際は、システム間の互換性や統合のしやすさを確認するようにしましょう。

6.HRテックサービスを活用して人事DXを実現しよう

HRテックサービスは、人事部門がより戦略的な役割を果たすための強力なツールとなり得ます。また、HRテックサービスの導入は、人事部門のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させる重要なステップです。

自社のニーズにあったHRテックサービスを活用することで、人事業務の効率化、従業員のエンゲージメント向上、組織全体のパフォーマンスの向上を実現することができます。

--------------------

\4月24日限定開催!/
人事×ChatGPTの具体的な活用術術を紹介!

ChatGPTをはじめとする生成AIを業務に取り入れることで、業務時間の圧縮や業務量の削減が期待されます。

今回は、人事担当者の方が今日から使えるChatGPT活用術として、

組織開発に関するChatGPT活用を株式会社リーディングマークのプロダクト企画室副室長/AIエバンジェリストの今村健一郎氏に、

労務領域の業務に関するChatGPT活用を社会保険労務士の加藤秀幸先生にお話いただきます。

実際に使えるプロンプトを交えた実践的なノウハウもご紹介しますのでこちらから視聴予約をして、是非ご参加ください。

 

▷こんな方におすすめ!
・人事業務の担当者の人手が足りず困っていて業務効率を上げたい

・ChatGPTに興味はあるけれど、どんなことに使えばよいか分からない

・業務にChatGPTを取り入れたいが、イメージしているような回答が出てこない

 

▼当日の視聴予約はこちらから!▼
https://seminar.hrnote.jp/post/95

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

テレワークの規程や就業規則、ルールはどう作る?

テレワークの規程や就業規則、ルールはどう作る?

近年では、新型コロナウイルス感染症の流行や、働き方改革の影響を受け、テレワークを推進する企業は増加しています。テレワークの導入の準備を進めていくなかで、テレワークの規定や就業規則を新たに作らねばならないという企業も多いのではないでしょうか。当記事では、テレワークの規定や就業規則、ルールの作り方について徹底解説します。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.20
HR NOTE 編集部
テレワークの在宅勤務手当は必要?費用負担の相場を解説

テレワークの在宅勤務手当は必要?費用負担の相場を解説

テレワークを導入するにあたって、交通費や通信費、光熱費などの費用負担をどのようにするかという悩みを抱えている方は多いのではないのでしょうか。なお、従業員に費用負担させる代わりに、テレワーク手当を支給している企業もあります。

当記事では、テレワーク手当の相場や必要性、注意点、支給方法について解説します。テレワーク手当のルール作りに関する知識を深めたい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.20
HR NOTE 編集部
テレワークガイドラインまとめ!厚労省・総務省のガイドラインを解説

テレワークガイドラインまとめ!厚労省・総務省のガイドラインを解説

この記事では、テレワークガイドラインの概要や、テレワーク導入のポイントについて解説しています。テレワークの実現に向けて取り組むべき項目を明確にするため、本記事を参考にしてください。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.19
HR NOTE 編集部
テレワークで気を付けたいセキュリティ!対策やツールを解説!

テレワークで気を付けたいセキュリティ!対策やツールを解説!

近年では、働き方改革や生産性向上、コスト削減、BCP対策など、さまざまな目的でテレワークを導入する企業が増加しています。テレワークを導入するメリットは数多くありますが、セキュリティに脆弱性があると、不正アクセスによる社外秘の情報の漏洩や改ざんなど、トラブルにつながることもあります。当記事では、テレワークにおけるセキュリティリスクやセキュリティ対策について徹底解説します。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.18
HR NOTE 編集部
テレワーク助成金・補助金の最新情報!個人事業主も申請できる補助金とは?

テレワーク助成金・補助金の最新情報!個人事業主も申請できる補助金とは?

近年、DX推進の一環としてテレワーク導入に関する助成金や補助金の制度が取り入れられています。申請しなければ助成金を受け取れないため、どのような制度があるのか知っておくことは費用の軽減につながるでしょう。
この記事では、2022年に受給できるテレワーク関連の助成金および補助金をまとめています。助成金を受け取るための取り組みを検討するためにも、ぜひ本記事を読んでみてください。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.18
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ