ワークフローシステムとは?人事管理機能や導入方法を紹介 |HR NOTE

ワークフローシステムとは?人事管理機能や導入方法を紹介 |HR NOTE

ワークフローシステムとは?人事管理機能や導入方法を紹介

  • 労務
  • 労務・その他

ワークフローシステムは、人事部門や経理部門などで使われるシステムです。例えば、入社申請を処理する場合、申請者がワークフローシステムで承認依頼を出し、管理者が承認・差し戻し・否認します。全ての手続きがオンラインで完結するため、手間のかかる申請承認業務を効率化することが可能です。本記事では、ワークフローシステムの特徴や主な機能、導入するときの流れを分かりやすく解説します。

稟議の承認をもっとスムーズにしたいと感じていませんか?

「承認までの流れが遅い」「今誰が稟議を持っているのかがわからない」「承認のためだけに出社しなければいけない」
などのお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ワークフローをシステム化することで、以下のようなメリットがあります。
①リアルタイムでの承認・進捗状況が把握できる
②リモートワークなどどこにいても稟議対応ができる
③稟議の紛失リスクがない

ワークフローシステムが自社の課題解決につながるかどうかを知るためには、まずワークフローシステムが何かを知っておく必要があります。ワークフローシステムにご興味のある方は、こちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

【社労士監修】HR関連法改正トレンドBOOK 2024年版

2023年は一部企業を対象に人的資本開示が義務化されたほか、HR関連での法改正に動きが見られました。
2024年では新たな制度の適用や既存のルールの変更・拡大がおこなわれます。
人事担当者として知っておきたいHR関連の法改正に関する情報ですが、その範囲は幅広く、忙しい業務の中でなかなか網羅的に把握することは難しいのではないでしょうか。

  • 忙しい中でも要点をまとめて情報収集をしたい
  • 社労士が監修した正確な情報を知りたい
  • HR関連の法改正を把握しておきたい

という方はぜひご確認ください!

1. ワークフローシステムとは?

パソコンにサインする

ワークフローシステムは、社内のさまざまな申請承認業務を効率化できるツールです。申請承認業務には、例えば以下のような業務があります。

入社申請

新しく入社する従業員を承認するための手続き

異動申請

従業員の希望を受け、異動を承認するための手続き

退社申請

退社が決まった従業員の情報を登録し、人事データベースを更新する手続き

稟議申請

稟議書を回覧し、管理者などから承認を得るための手続き

有給申請

有給休暇の事前申請を受け、承認するための手続き

残業申請

残業を事前に申請してもらい、承認する手続き

経費精算

経費申請書を確認し、従業員が立て替えた経費を払い戻す手続き

ワークフローシステムなら、こうした申請承認業務を一つのシステムで行うことが可能です。例えば、入社申請を処理する場合、以下の流れで手続きが進んでいきます。

  1. 申請者が入社申請を作成し、入社する社員の情報を申請フォームに登録する
  2. 申請ボタンをクリックし、入社申請を送信する
  3. 承認者が承認待ちの入社申請を確認し、申請フォームの内容を確認する
  4. 申請内容に問題がなければ、記入欄に承認者の情報を登録する
  5. 承認ボタンをクリック(差し戻し/否認も可)し、入社申請を承認する

こうした手続きを紙の申請書類で行う場合、入社申請を回覧したり、承認者が記名押印を行ったりする手間がかかります。ワークフローシステムは、手間のかかる申請承認業務を効率化し、人事担当者や管理者の負担を軽減するためのツールです。

本サイトでは、世の中に数多くあるワークフローシステムの中でもjinjer株式会社が提供する「ジンジャーワークフロー」をご紹介します。ジンジャーワークフローは、人事情報を集約したデータベース(ジンジャーデータベース)と連携させて使用するクラウドシステムとなっています。人事データベース上の情報を修正するだけで他のシステムにも最新情報が連動される仕組みとなっているのが特徴です。

ジンジャーワークフローを導入するメリットをまとめた資料「1分でわかる!ジンジャーワークフロー」を無料で配布しております。気になる方はぜひこちらからダウンロードしてください。

2. ワークフローシステムに搭載された機能

申請作業を行う女性

ワークフローシステムに搭載された機能は、大きく分けて7つあります。

  • 各種申請
  • 公開設定
  • 承認ルート設定
  • アラート機能
  • 申請フォームのカスタマイズ
  • レポート出力
  • スマホ対応

2-1. 各種申請

入社申請や有給申請、残業申請など、各種申請を行う機能です。ワークフローシステムによっては、始めから申請フォームの項目が用意されているものもあります。用意されていない場合は、自分で申請フォームを作成する必要があります。

2-2. 公開設定

申請フォームの公開範囲や公開期間を設定します。公開範囲を個人、役職、部署などの単位で制限することで、情報漏えいを防止できます。また、申請フォームごとに公開範囲を設定することで、対応が必要な申請フォームのみが表示されるため、管理画面がすっきりと見やすくなります。

2-3. 承認ルート設定

申請フォームごとに承認ルートを作成します。承認対象者の氏名や役職を指定し、承認が必要な順番にルートを設定することが可能です。また、「全員の承認が必要」など、承認条件を設定することもできます。一度承認ルートを作成すれば、次回以降も同じルートで申請承認業務を進められます。

2-4. アラート機能

アラート機能は、ユーザーに通知やアラートを送信する機能です。例えば、申請漏れや承認漏れがある場合、該当者の管理画面にアラートを送ることができます。また、承認が必要な申請の件数をリアルタイムに表示することも可能です。

2-5. 申請フォームのカスタマイズ

ワークフローシステムの中には、申請フォームのレイアウトを自由にカスタマイズできる製品があります。例えば、申請フォームにカレンダーを挿入したり、ラジオボタンやチェックボックスを使って見やすいレイアウトにしたりすることが可能です。

2-6. レポート出力

承認が完了した申請書のデータは、PDFファイルやCSVファイルなどの形式で出力することができます。また、データではなく紙の書類で保管したい場合は、申請フォームをそのまま印刷することも可能です。自社の管理ルールに合わせて、データの出力方法を選べます。

2-7. スマホ対応

ほとんどのワークフローシステムは、スマートフォンでの作業に対応しています。スマホ対応のツールなら、外出先での空き時間などを利用し、いつでもどこでも申請承認業務を行うことが可能です。テレワークやリモートワークで働く方や、営業社員など直行直帰が多い方は、スマホ対応のワークフローシステムを導入しましょう。

3. ワークフローシステム導入のメリット

前述したように、ワークフローをアナログでおこなう場合、デメリットが多くあります。そのため、ワークフローシステムの需要が増加しています。ここでは、ワークフローシステムを導入するメリットについて詳しく紹介します。

3-1. 意思決定を迅速にできる

ワークフローシステムによって、申請者・承認者・管理者は、申請の進捗状況が簡単に把握できるようになります。また、通知を送ることで、申請書の滞留を解消することも可能です。さらに、スマートデバイスに対応しているものであれば、どこでも承認や決裁ができるため、外出時でも処理の対応が可能です。

そして、代理承認機能のあるワークフローシステムを利用すれば、急を要する申請でも、臨機応変な対応ができるようになります。したがって、これまで以上に意思決定をスピーディーにおこなうことが可能です。

3-2. コスト削減

申請業務を紙媒体からシステムに変えることで、印刷代にかかるコストが削減できます。もちろんシステム上で手続きを完結させることができるとはいえ、社内規定や事務手続きの観点から、書類を印刷しなければならないこともあるでしょう。しかし、ワークフローシステムの場合、必要な書類のみ印刷すればよいため、大幅なコストダウンが期待できます。

また、紙媒体の場合、書類を保管する場所が必要となりますが、ワークフローシステムでは、システム上に保存されるため、保管場所は不要です。余分なスペースを確保する必要はないので、オフィスを有効活用することができるようになります。よって、ワークフローシステムを導入することによって、場所にかかるコストも削減できます。

3-3. 業務の見える化・内部統制の強化

ワークフローシステムを開発する場合、運用に関する仕様を徹底していないと、システム化することはできません。そのため、ワークフローの導入は運用方法を整備することにもつながります。

また、紙管理では見えにくかった業務の流れを見える化し、業務改善を図ることもできます。業務が整理されることによって、属人化を防ぐことができ、内部統制を強化することができます。

3-4. テレワークの推進

ワークフローシステムを利用することで、社外でも申請・承認・決裁の処理をおこなうことができます。これまでは、書類を処理するために、オフィスに出社しなければなりませんでしたが、ワークフローによって、場所を問わず手続きができるようになります。

したがって、ワークフローシステムを導入することで、テレワークの推進にもつながり、さまざまな働き方に対応が可能です。

4. ワークフローシステムの導入方法

申請フォームを作る人

ワークフローシステムを導入するときの流れは以下のとおりです。

  1. ワークフロー化する業務を取捨選択する
  2. ワークフローシステムを導入する
  3. 申請フォームを作成する

まずは人事部門の申請承認業務を洗い出し、ワークフロー化すべきものを取捨選択しましょう。その後、ワークフローシステムを導入し、ワークフロー化したい業務の申請フォームを作成していきます。

4-1. ワークフロー化する業務を取捨選択する

人事部門の全ての業務をワークフロー化するのは現実的ではありません。まずはワークフロー化したい業務を洗い出し、業務で利用する申請書類を収集しましょう。その後、現状の承認ルートを再検討し、ワークフローシステム上で実現可能かどうか確認します。この際に申請フォームの大まかな項目やレイアウトも決めておきます。

4-2. ワークフローシステムを導入する

ワークフロー化する業務の取捨選択を行ったら、ワークフローシステムを選定します。入社申請、異動申請、退社申請、稟議申請など、あらかじめ申請フォームが用意されたツールを選べば、導入後すぐに運用開始できます。申請フォームがない場合も、申請フォームの作成機能やカスタマイズ機能を利用し、申請画面を自分で作成することが可能です。

4-3. 申請フォームを作成する

ワークフローシステムを導入したら、人事担当者で分担して申請フォームを作成していきます。ワークフローシステムによっては、エクセルで作成したフォーマットをシステムに取り込むことも可能です。使い慣れた申請画面をそのまま使うことができます。申請フォームを作成したら、承認者を指定し、承認ルートを設定します。

承認ルートの設定は手間がかかる作業です。承認ルートは追加や修正が可能なため、導入当初は役職や部署単位で承認者を指定しておき、後で細かく変更する方法もあります。

5. ワークフローシステムを導入し、申請承認業務を効率化しよう

移動しながら仕事する男性

ワークフローシステムとは、入社申請や有給申請、残業申請などの申請承認業務を効率化するツールです。申請・確認・承認の全てのプロセスがシステム上で完結するため、承認までの時間を短縮できます。スマホ対応のワークフローシステムなら、外出先の空き時間などを利用して申請承認業務を行うことも可能です。

ワークフローシステムは導入したら終わりではなく、申請承認業務のワークフローを決め、申請フォームを一つずつ作成する必要があります。ワークフローシステムの主な機能を知り、自社に合ったツールを選ぶことが大切です。

稟議の承認をもっとスムーズにしたいと感じていませんか?

「承認までの流れが遅い」「今誰が稟議を持っているのかがわからない」「承認のためだけに出社しなければいけない」
などのお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ワークフローをシステム化することで、以下のようなメリットがあります。
①リアルタイムでの承認・進捗状況が把握できる
②リモートワークなどどこにいても稟議対応ができる
③稟議の紛失リスクがない

ワークフローシステムが自社の課題解決につながるかどうかを知るためには、まずワークフローシステムが何かを知っておく必要があります。ワークフローシステムにご興味のある方は、こちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

--------------------

\【2024年最新版】HR関連法改正トレンドBOOK/

▼無料ダウンロードはこちら▼
https://hrnote.jp/document/?did=148030

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

近年では、ワークフローシステムが注目されています。システムを導入することで、紙の申請書を使うデメリットが解消できるため、業務負担の軽減が期待できます。ワークフローシステムには、さまざまな機能があります。当記事では、ワークフローシステムの機能について詳しく紹介します。ワークフローシステムの機能について興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.04.08
HR NOTE 編集部
法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間とは1日8時間、週40時間であり、これを超える労働時間数に対しては割増賃金の支給が必要です。ただし、近年導入が進むフレックス制度をはじめとする複数の労働制度では、上記の条件とは少し異なる場合もあります。本記事 […]

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.03.29
HR NOTE 編集部
通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

稟議書が通りやすい人と、通りにくい人では書き方に大きな違いがあります。 どうしても通したい稟議がある場合は、読み手のことを考えた構成や文章にすることが大切です。本記事では通らない稟議書に共通する原因や、稟議書が通すコツな […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.28
HR NOTE 編集部
雇用契約とは?雇用契約書作成時の注意点・業務委託との違いも解説!

雇用契約とは?雇用契約書作成時の注意点・業務委託との違いも解説!

雇用契約とは、労働の対価として賃金を与えることを約束した契約のことです。本記事では、雇用契約の定義から、雇用契約書と労働条件通知書との違い、違反やトラブルを防いで雇用契約を締結するための注意点について解説します。労使トラ […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.27
HR NOTE 編集部
ワークフローを効率化するには?システム導入やフロー改善のポイントも!

ワークフローを効率化するには?システム導入やフロー改善のポイントも!

ワークフローに無駄がなければ、業務を効率的かつスムーズにおこなうことが可能です。本記事では、ワークフロー改善のポイントから、ワークフローシステムを見直すことによって効率化が図れる理由、ワークフローシステム導入のメリットま […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.26
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ