テレワークの労働時間を管理する3つのポイントと勤怠管理の改善方法を解説 |HR NOTE

テレワークの労働時間を管理する3つのポイントと勤怠管理の改善方法を解説 |HR NOTE

テレワークの労働時間を管理する3つのポイントと勤怠管理の改善方法を解説

テレワーク中にオンライン会議をしている 働き方改革や新型コロナウイルスの影響もあり、テレワークや在宅勤務を推進する企業も増えてきました。ただ、テレワークを実施するなら、社員の労働時間を正確に把握したうえで働き方を管理しなければなりません。

この記事では、テレワークにおける勤怠管理の課題や解決策、効率的に労働時間を管理する方法について解説します。

【テレワークの勤怠管理でお悩みの方へ】

コロナの蔓延によって急激に普及したテレワーク。 今後も続けていこうと考えていても、「本当に労働しているか分からず、勤怠管理が難しい」「サービス残業が発生しているのではないか」など困りの場合もあることでしょう。

そのようなお悩みをお持ちの人事担当者様に向け、労働時間管理や残業管理の課題をどのように解決すべきかをまとめた資料を無料で配布しております。 テレワーク時の労働時間管理でお困りの方は、ぜひ資料ををダウンロードしてご覧ください。

テレワークのebook

\【人事担当者様必見】豪華ゲストが多数登壇、大規模HRイベント開催/

1. テレワークや在宅勤務における勤怠管理の課題と改善策

家でテレワークをしているテレワークや在宅勤務を実施する場合、実際に働いている時間を把握しにくい、働きすぎてしまう、といった課題が発生しがちです。ここではそれぞれの課題と改善策を紹介しますので、チェックしておきましょう。

1-1.実際に働いている時間を把握しにくい

実際の労働時間を把握しにくいことは、テレワークや在宅勤務における大きな課題です。会社に出勤して働く場合は、タイムカードなどで打刻するため、出社時刻や退社時刻を正確に管理できます。テレワークの場合は、社員の自己申告になってしまうため、申告の間違いが発生したり、本当に働いているのかと上司が不安を感じたりするケースもあるでしょう。

テレワークや在宅勤務を推進するなら、実際の労働時間を正確に把握したうえで、問題がある場合は働き方を改善していかなければなりません。具体的には、仕事開始と終了のタイミングでメールを送る、オンラインで朝礼を実施するなどの方法が考えられます。

ただし、手間のかかる作業であるため、自宅や外出先から利用できる勤怠管理システムの導入を検討するのもよいでしょう。

1-2.働きすぎてしまう可能性もある

社員がしっかりと働いていないのではないかという不安がある一方で、働きすぎてしまう可能性もあります。会社に出勤する場合は、退社することで仕事から物理的に距離を置くことができます。

しかし、自宅で働いていると仕事とプライベートの境界があいまいになり、ついつい深夜や休日まで働いてしまう人もいるのです。

テレワークや在宅勤務においては社員の残業状況が見えにくいため、しっかりと対策をして過剰な労働を制限しなければなりません。たとえば、深夜や休日に働く場合は事前に申請してもらう、テレワークの場合は基本的に残業を禁止する、といった対策が挙げられます。会社のシステムへのアクセスを時間によって制限することも方法のひとつです。

1-3.休憩時間の管理が難しい

テレワークには、仕事と家事の両立がしやすい、育児や介護をしながら働けるというメリットがあります。一方で管理側としては、いわゆる中抜け時間をどのように把握するか悩むケースも多いでしょう。

テレワークや在宅勤務を推進する場合は、休憩時間や中抜け時間の扱いについてルールを定めておくことが大切です。口頭で説明するだけではなく、就業規則に明確に記載しておくとよいでしょう。

一定時間以上の中抜けは休憩時間としてカウントする、休憩を取った時間分は就業時間を繰り下げるなど、会社の状況に応じてルールを設定することが重要です。勤怠管理システムを導入して、休憩時間などを正確に管理するのもよいでしょう。

2. テレワークで勤怠・労務管理を行うときの3つのチェックポイント

3つのポイントを示しているテレワークや在宅勤務を実施するときは、労働時間の管理だけではなく、各種費用の負担、労災認定、教育制度などについても考えておかなければなりません。

ここでは3つのチェックポイントを紹介しますので、確認しておきましょう。

2-1.各種費用の負担について明確にしておく

自宅で仕事をする場合、電気代やインターネット代、印刷代などの一部を社員が負担する必要があります。細かな備品などを社員が準備するケースも多いため、費用の負担が大きくならないよう注意しなければなりません。

会社から支給する物を準備する、費用の一部は請求してもらうなど、ルールを設定しておくとよいでしょう。

テレワークが進むと今まで通勤を想定して作成していた就業規則では対応しきれない問題が発生しがちです。「就業規則を変更したり必要な対応を取っておきたいけれど、どんなリスクがあるのか分からない」という方に向けて、当サイトでは「テレワーク課題解決方法ガイドBOOK」をお配りしています。

テレワークでよくあるお悩みと解決手段を具体例を用いてわかりやすく解説しています。テレワークに関する課題を解消したいとお考えの方は、こちらから「テレワーク課題解決方法ガイドBOOK」をダウンロードしてご活用ください。

2-2.労働災害の考え方を理解しておく

外出先や自宅で仕事をしている際の怪我や事故も、労働災害として認定されます。たとえば、リモートワークをしている事務所で階段から落ちた、自宅で作業しているストレスが原因で精神的な病気になった、という場合は労働災害として認定される可能性が高いでしょう。

会社内での事故だけではなく、通勤途中の事故も労働災害に該当するのと同様のイメージです。テレワークや在宅勤務中の事故も労働災害に当たることを覚えておきましょう。

2-3.教育制度を整えておく

社員の教育が難しいことも、テレワークにおける課題のひとつです。離れているため気軽に質問できない、部下の状況を見ながら指導しにくい、といった問題が発生するケースも多いでしょう。

テレワークをうまく進めるためには、必要に応じて出社日を決めておく、Web会議システムを導入するなど、教育体制を整えておくことも重要です。

3. テレワークで社員の労働時間を管理する3つの方法

家でテレワークの従業員を管理しているテレワークにおいて社員の労働時間を効率的に管理するためには、電話やメールの活用、勤怠管理システムの導入などを検討しましょう。

以下、それぞれのポイントについて簡単に解説します。

3-1.メールや電話で報告する

業務の開始と終了のタイミングで、メールや電話で上司へ報告するという方法を採用している企業もあります。チャットツールなどを活用して連絡するという企業も多いでしょう。

簡単に導入できる方法ではありますが、社員の人数が増えると管理の手間がかかるというデメリットもあります。

3-2.システムへのログイン記録をもとに労働時間を把握する

会社のシステムへログインした時刻とログアウトした時刻をもとに、労働時間を把握するという方法もあります。システム上の記録を活用すれば、わざわざメールや電話で報告する手間が省けるため、労働時間を効率よく管理できるでしょう。

ただし、ログイン記録を抽出して労働時間を計算する、といった手間は発生します。

3-3.勤怠管理システムを導入する

勤怠管理システムの活用は、最も効率的な労働時間の管理方法といえるでしょう。クラウド型の勤怠管理システムも多く、通信環境さえ整っていれば、自宅のパソコンやスマートフォンから簡単に勤怠情報を入力できます。わざわざ自宅のパソコンにインストールする必要もありません。

入力されたデータをもとに、労働時間や休憩時間を自動的に集計してくれることも大きなメリットです。社員の労働状況をリアルタイムで把握して、働き方の改善を指示したり業務を再配分したりすることもできます。

給与計算ソフトと連携できるシステムも多いため、人事や労務関連の業務を大きく効率化できるでしょう。

4. 勤怠管理システムを活用してテレワークの労働時間を管理しよう!

笑顔でグッドサインをしている今回は、テレワークにおける勤怠管理の課題や改善策、労働時間の効率的な管理方法について解説しました。社員の実際の労働時間を把握しにくいことは、テレワークや在宅勤務を推進するときの大きな課題です。

勤怠管理システムを活用すれば、手間をかけることなく労働時間を正確に把握できるため、ぜひ導入を検討しましょう。

【テレワークの勤怠管理でお悩みの方へ】

コロナの蔓延によって急激に普及したテレワーク。 今後も続けていこうと考えていても、「本当に労働しているか分からず、勤怠管理が難しい」「サービス残業が発生しているのではないか」など困りの場合もあることでしょう。

そのようなお悩みをお持ちの人事担当者様に向け、労働時間管理や残業管理の課題をどのように解決すべきかをまとめた資料を無料で配布しております。 テレワーク時の労働時間管理でお困りの方は、ぜひ資料ををダウンロードしてご覧ください。

テレワークのebook

テレワークでオンライン会議をしている

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

関連記事

雇用主が女性のメンタルヘルスをサポートすべき5つの理由|Mental-Fit

雇用主が女性のメンタルヘルスをサポートすべき5つの理由|Mental-Fit

2022.07.22
八島美音
法定内残業と法定外残業の違いを具体例から詳しく解説

法定内残業と法定外残業の違いを具体例から詳しく解説

2022.06.21
HR NOTE編集部
残業代の相殺について代休やボーナスとあわせて詳しく紹介

残業代の相殺について代休やボーナスとあわせて詳しく紹介

2022.06.21
HR NOTE編集部
残業時間の適切な管理方法を企業が抱える課題と併せて解説

残業時間の適切な管理方法を企業が抱える課題と併せて解説

2022.06.21
HR NOTE編集部
残業の割増賃金とは?割増率の一覧を用いて割増計算方法も詳しく解説

残業の割増賃金とは?割増率の一覧を用いて割増計算方法も詳しく解説

2022.06.21
HR NOTE編集部
変形労働時間制における残業の扱いについて計算方法や注意点を解説

変形労働時間制における残業の扱いについて計算方法や注意点を解説

2022.06.20
HR NOTE編集部
1年単位の変形労働時間制についてメリット・デメリットを徹底解説

1年単位の変形労働時間制についてメリット・デメリットを徹底解説

2022.06.20
HR NOTE編集部
変形労働時間制を採用するデメリット・メリットをわかりやすく解説

変形労働時間制を採用するデメリット・メリットをわかりやすく解説

2022.06.20
HR NOTE編集部
1ヶ月単位の変形労働時間制を採用事例で具体的に詳しく紹介

1ヶ月単位の変形労働時間制を採用事例で具体的に詳しく紹介

2022.06.20
HR NOTE編集部