稟議書をメールで送る方法や依頼するときの文例を詳しく紹介 |HR NOTE

稟議書をメールで送る方法や依頼するときの文例を詳しく紹介 |HR NOTE

稟議書をメールで送る方法や依頼するときの文例を詳しく紹介

  • 労務
  • 労務・その他

稟議書をメールで送るときは、「必要な項目を抜け漏れなく記載する」「数値やデータを用いる」など、承認者が理解しやすいように簡潔に書くことがポイントです。なお、承認が滞っているときの催促メールは、簡潔であるよりもクッション言葉を用いるなどして丁寧さを心がけましょう。
本記事では、稟議書をメールで送る方法や依頼時の例文、メール以外で稟議を効率化する方法を解説します。

【社労士監修】HR関連法改正トレンドBOOK 2024年版

2023年は一部企業を対象に人的資本開示が義務化されたほか、HR関連での法改正に動きが見られました。
2024年では新たな制度の適用や既存のルールの変更・拡大がおこなわれます。
人事担当者として知っておきたいHR関連の法改正に関する情報ですが、その範囲は幅広く、忙しい業務の中でなかなか網羅的に把握することは難しいのではないでしょうか。

  • 忙しい中でも要点をまとめて情報収集をしたい
  • 社労士が監修した正確な情報を知りたい
  • HR関連の法改正を把握しておきたい

という方はぜひご確認ください!

\4月24日限定開催!/
人事×ChatGPTの具体的な活用術術を紹介!

ChatGPTをはじめとする生成AIを業務に取り入れることで、業務時間の圧縮や業務量の削減が期待されます。今回は、人事の方が今日から使えるChatGPT活用術として、実際に使えるプロンプトを交えた実践的なノウハウもご紹介します。

▷こんな方におすすめ!

  • 人事業務の担当者の人手が足りず困っていて業務効率を上げたい
  • ChatGPTに興味はあるけれど、どんなことに使えばよいか分からない
  • 業務にChatGPTを取り入れたいが、イメージしているような回答が出てこない
  • ▼当日の視聴予約はこちらから!▼
    https://seminar.hrnote.jp/post/95

1. 稟議をメールでおこなう方法

稟議とは、申請者の権限のみでは決定できない事柄について、その内容をまとめ、上長や責任者に回覧し承認を得る手続きのことです。会議を開いて決定する手間を省けるなどのメリットがあり、会社や官公庁で一般的に用いられる方法です。

具体的には、新規取引契約の締結、高額備品の購入時などに稟議をおこないますが、会社により必要な場面は異なります。 稟議の際に使われる書類を「稟議書」といいます。

従来は紙で稟議書を作成するのが一般的でしたが、ワークフローシステムやメールで稟議をする方法もあります。 ここからは、稟議をメールでおこなう場合の方法やポイントについて解説していきます。

1-1. 稟議メールに必要な項目を網羅する

稟議を通すためには、承認者に依頼の背景、目的、必要な費用、承認するメリットなどを理解してもらう必要があります。稟議メールを作成するときは、以下の内容を確認し、漏れなく記載しましょう。

  • 件名
  • 概要
  • 依頼内容
  • 目的
  • 申請理由
  • 費用や金額
  • メリット
  • デメリット

1-2. 数字やデータを用いて説明する

稟議は数字やデータを用いることで、具体性のある説明になります。稟議の内容が曖昧だと、承認者がその稟議の可否について客観的に判断することが困難になってしまいます。

1-3. メリットを記載する

取引や購買の稟議の場合、メリットを明確に記載するとよいでしょう。費用対効果について、「週○時間の時間外労働削減」のように数字を用いて具体的に記載することがポイントです。

1-4. デメリットに対する対策を記載する

案件によっては、デメリットや懸念点などが想定される場合もあるでしょう。その場合は、デメリットとそれに対する解決策を記載しておくことが必要です。 とくに、稟議は、承認により、申請者だけでなく承認者も責任を負うため、問題点に対する詳細な説明が求められます。

1-5. 事前に根回しをする

懸念点など、解消していおくべき事項があれば、メールを送る前に相談をしておくとスムーズに稟議を進行することができるでしょう。 承認者に事前に相談ができるのであれば、稟議を上げる内容を伝えるようにしましょう。事前に相談することで、不要なやりとりを削減できる場合もあります。

2. 紙の稟議書とメールの違い

紙の稟議書では、紙の稟議書を次の承認者に手渡しする必要があり、手間がかかります。また、稟議書が今どこで止まっているのかがわかりにくいという難点があります。 さらに、稟議書を作成するための用紙代、インク代、本社に稟議書を回覧するための郵送代なども必要です。

承認後の稟議書を保管する際も、管理の手間やコストがかかってしまいます。 一方、メールやワークフローシステムを使って稟議を進めれば、稟議を手渡しする手間や時間がかかりません。

また、稟議の進捗状況も把握しやすいという利点があります。さらに、作成から保管まで全てデータ上で管理できるため、多くのコストを削減できます。

3. 稟議メールの注意点

ここまで、メールで稟議をおこなう方法や、紙の稟議書との違いについて説明してきました。次に、稟議メールを作成する際の注意点について解説します。

3-1. 不要な内容は書かない

承認者は日々多くのメールを確認しています。そのため、要点が不明確な稟議は、承認を却下されたり、後回しになったりする恐れがあります。 そのため、文章は簡潔に記載し、箇条書きなどを用いて視覚的にわかりやすくなるよう心がけましょう。 また、稟議を提出する前に上長などに内容を確認してもらい、添削を依頼するとよいでしょう。

3-2. 専門用語は使わない

稟議の承認者は、部署や業務などが異なる場合も多いと考えられます。その際、専門用語など、承認者に伝わりにくい用語を使っていないか留意しましょう。 たとえば、新たな業務ツールを導入するとしても、クラウド型、オンプレミス型のような専門用語は、言い換えるか注釈をつけるなどして記載しましょう。 相手にとって理解しやすい文章を心掛けることが重要です。

3-3. 不必要なデータは添付しない

稟議には、説明を根拠づける追加資料を添付する場合があるでしょう。 また、メールの添付ファイルに容量の大きい資料を添付して提出すると、受信側の環境によってメールが受信できない場合もあります。容量の大きいデータは圧縮して添付するなど、承認者がファイルを確認できるように配慮することが大切。

4. 承認を依頼するときのメールの文例

メールで稟議を進めていると、承認が進まず、担当者へ承認催促メールの送付が必要なケースもあります。ここでは、例文を記載事項に分けて解説します。

4-1. 件名

件名は承認の依頼であることを一目でわかるように記載します。件名が不明確では読まれない原因になります。 また、稟議の案件名や取引先名、申請者の部署など、どの稟議の承認依頼なのかが記載されていると、より丁寧でしょう。

4-2. 本文

本文では、稟議メールが届いているか確認するとともに、稟議内容に問題がなければいつまでに承認してほしいか明記しましょう。また、期日を設けている理由を記載し、送信した稟議メールも添付しておくとわかりやすいでしょう。

例: ○○課長 お疲れ様です。○○課の○○です。

○日にお送りしました稟議メールですが、届いておりますでしょうか。次回商談までに先方に報告が必要なため、承認をお願いしたくご連絡いたしました。

念のため、稟議内容を以下に記載いたします。大変恐縮ですが、問題がなければ○月○日までに承認をお願いいたします。

稟議内容 不明点などあれば、○○までご連絡いただけますと幸いです。 お忙しいところお手数をおかけいたしますが、ご確認をよろしくお願いいたします。

4-3. 署名

メールの最後には氏名、部署、役職、メールアドレス、住所、電話番号などを記載した署名を設定しましょう。稟議に疑問があり承認が滞っている可能性もあるため、電話などの連絡先がわかると確認しやすくなります。

5. メール以外で稟議を効率化する方法

メール以外で稟議を効率化する方法としては、ワークフローシステムの導入が有効です。ワークフローシステムでは、稟議の申請から回覧、承認までをシステム上でおこなえます。 自社の稟議の承認ルールに合わせて設定を柔軟に変更できるため、稟議のテンプレート化により記載の抜け漏れを防止したり、承認状況をデータ上で管理し滞留を防止したりすることも可能です。

PCだけでなく、スマートフォンからでも利用できるシステムもあるため、外勤中や在宅勤務時など、多様な働き方にも対応でき、業務の効率化に役立ちます。

6. ポイントを押さえてメール稟議を効率化しよう

稟議書をメールで提出するときは、要点を明確に、数値を用いて記載しましょう。また、承認依頼のメールは簡潔すぎるとぶしつけな印象になりかねないため、メールが届いているか確認する、すぐに承認が必要な理由を明記するなどして、ワンクッションおくとよいでしょう。 もし、申請時の抜け漏れや、承認の滞留などを防いで稟議を効率化したいなら、ワークフローシステムの導入も検討してみましょう。

--------------------

\【2024年最新版】HR関連法改正トレンドBOOK/

▼無料ダウンロードはこちら▼
https://hrnote.jp/document/?did=148030

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

ボーナスは年末調整の対象になる?税金や還付金について解説

ボーナスは年末調整の対象になる?税金や還付金について解説

年末調整は、1年間の給与総額に基づいて所得税額を再計算し、毎月の源泉徴収税額との過不足分を再計算する手続きです。年末調整の対象は毎月の給料だけではありません。賞与やボーナスも年末調整の対象となるため、正しい手続き方法を知 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
年末調整に交通費や通勤手当は含まれる?注意点を徹底解説

年末調整に交通費や通勤手当は含まれる?注意点を徹底解説

企業は毎年度末、従業員から源泉徴収した所得税額に過不足がないかどうか確認する年末調整をおこないます。 所得税は給与収入をベースに算出した課税所得額に基づいて計算されるため、毎月従業員に支払っている交通費や通勤手当を給与収 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
年末調整のひとり親控除を徹底解説!対象者や書き方、寡婦控除との違いも解説

年末調整のひとり親控除を徹底解説!対象者や書き方、寡婦控除との違いも解説

会社勤めをしているひとり親の人は、年末調整でひとり親控除を受けることができます。ひとり親控除には、所定の手続きが必要なため、要件や書類の書き方などをしっかりチェックしておきましょう。今回は、年末調整のひとり親控除の対象者 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
退職金は年末調整の対象に含まれる?退職所得の計算方法や確定申告が必要なケースを解説

退職金は年末調整の対象に含まれる?退職所得の計算方法や確定申告が必要なケースを解説

退職金は年末調整の対象となる所得には含まれませんが、所得税の課税対象ではあります。当記事では、なぜ退職金が年末調整の対象にならないのか、退職金に対する所得税の課税金額の計算方法、そして、退職金に対して確定申告が必要になる […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
年末調整の続柄の書き方一覧!世帯主との関係や確定申告の場合の書き方も解説

年末調整の続柄の書き方一覧!世帯主との関係や確定申告の場合の書き方も解説

年末調整の書類には「あなたとの続柄」を記載する箇所がいくつかあります。続柄の意味や書き方を正しく理解していないと、間違った申告をおこなってしまう可能性があります。また、確定申告での続柄の記載方法は少々異なるため注意が必要 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ