タイムカードと連動できる給与計算ソフトとは?メリットとデメリットの両方を解説! |HR NOTE

タイムカードと連動できる給与計算ソフトとは?メリットとデメリットの両方を解説! |HR NOTE

タイムカードと連動できる給与計算ソフトとは?メリットとデメリットの両方を解説!

  • 労務
  • 給与計算

給与計算業務を紙やエクセルでおこなっていると、手入力が多く、作業に時間がかかってしまっている人も多いのではないでしょうか。 そこで、給与計算ソフトとタイムカードを連動させることで、手入力でおこなう作業が減り、業務の効率化を図ることができます。 今回は、タイムカードと給与計算ソフトとの連動について詳しく説明します。

1.「タイムカードと給与計算ソフトが連動する」とは?

「タイムカードと給与計算ソフトが連動する」とは、タイムレコーダーで記録された勤怠データが、自動的に給与計算ソフトに反映されることを指します。 それぞれを連動させることで、データ入力にかかる時間やミスを減らし、正確な情報をソフトに取り込むことが可能です。

また、それぞれを連動させていない状態だと、社員がタイムカードを押し忘れてしまった場合、正確な勤怠データを残すことができません。 そこで、タイムカードと給与計算ソフトを連動させることで、タイムカードへの入力漏れをリアルタイムで発見可能になり、いち早く勤怠データを修正することができます。

2.給与計算ソフトとは

給与計算ソフトとは、日々の給与計算や社会保険・年末調整などの処理を自動でおこなうソフトです。なかには、マイナンバー管理や給与明細を自動発行する機能などが搭載されているものもあります。 また、上記で紹介した通り、給与計算ソフトとタイムカードを連動させることで、前述した勤怠情報の自動入力・リアルタイムの勤怠状況確認が可能です。

給与計算ソフトには、Web上のサーバーで全ての情報を管理するクラウド型と、ソフトを自社サーバーにインストールするインストール型があります。それぞれ搭載されている機能や連携できるシステム、価格が異なるため、自社に最適な給与管理ソフトを選択することが重要です。

3.従来の紙のタイムカードと手作業による給与計算のデメリット

続いては、紙媒体で管理していた従来のタイムカードと、手作業で給与管理をおこなうデメリットを3つ紹介していきます。

3-1.作業に手間がかかる

従来の紙のタイムカードで社員の勤怠を管理する場合、手作業で勤怠情報を給与計算ソフトに入力していくため、非常に手間がかかります。その結果、業務効率が下がり、別の業務に支障が出る可能性があります。

給与計算ソフトとタイムカードを連動させることで、社員の勤怠情報は自動でシステムに記録されるため、手作業で勤怠情報を入力する必要がなくなります。そのため、業務効率が改善され、別の業務に時間を割くこともできるでしょう。

3-2.ミスが発生しやすい

手作業で社員の勤怠データを入力する場合、ミスが発生する可能性が高くなります。入力を間違えてしまうと、誤った金額の給与が社員に支払われてしまいます。

給与計算ソフトとタイムカードを連動させれば、タイムカードで打刻した時刻が自動的に給与計算ソフトへと反映されるので、入力ミスが発生することはありません。また、ミスが起こった際のイレギュラー対応も発生しないので、計画通りに業務を遂行することができます。

3-3.保管にコストがかかる

従来の紙のタイムカードを利用している場合、これまでの社員のタイムカードを保管しておく必要があります。企業によって定められた期間、タイムカードを保存しなければなりませんが、保管場所の確保などのコストが発生します。

なお、過去のタイムカードの情報を参照することは非常に少なく、保管する必要性は低いです。 給与計算ソフトとタイムカードを連動させることで、スムーズに勤怠データを給与に反映でき、タイムカードを保管する必要も無くなります。

4.給与計算ソフトとタイムカードを連動させて業務を効率化しよう!

今回は、タイムカードと連動できる給与計算ソフトの紹介に加えて、従来の紙のタイムカードと手作業による給与計算のデメリットを解説していきました。 給与計算ソフトとタイムカードを連動させることで、人為的なミスや作業時間・保管コストの削減ができます。自社に適した給与管理ソフトを導入して、作業効率化を進めてみてはいかがでしょうか。

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

長時間労働者の産業医面談とは?対象になる残業時間や活用方法を解説

長時間労働者の産業医面談とは?対象になる残業時間や活用方法を解説

残業が多い職場は長時間労働があたり前になっていることが多く、知らないうちに心身の健康を害してしまう危険性があります。従業員が健康・安全な職場で働くために配置されているのが「産業医」です。今回は産業医による面談指導制度の詳細と、面談を受けるメリットや活用するポイントについて解説します。

  • 労務
  • 労働安全衛生
2024.07.12
HR NOTE 編集部
雇用保険料の会社負担割合は?2022年10月以降の具体例も解説

雇用保険料の会社負担割合は?2022年10月以降の具体例も解説

雇用保険料の会社負担割合や、会社負担額の計算方法について詳しく解説します。雇用保険は一定の条件を満たした従業員が加入しなければならず、その保険料は会社と従業員双方が負担することになっています。この記事を参考に、正しい負担割合について把握しておきましょう。

  • 労務
  • 社会保険
2024.07.11
HR NOTE 編集部
稟議書と決裁書の違いとは?スムーズに申請するコツも紹介

稟議書と決裁書の違いとは?スムーズに申請するコツも紹介

稟議書と決裁書はどちらも業務を遂行するうえで欠かせない書類ですが、その違いがわからないという方は少なくありません。
業務を円滑に進めるためにも、稟議書と決裁書の違いをしっかり理解しておきましょう。
今回は、稟議と決裁それぞれの概要と、稟議書と決裁書の違い、決裁をスムーズにする稟議書のポイントについて解説します。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.07.10
HR NOTE 編集部
所得税の基礎控除とは?住民税との控除額の違い・手続き方法も解説!

所得税の基礎控除とは?住民税との控除額の違い・手続き方法も解説!

所得税の基礎控除は、一定の所得以下の納税者が控除の対象となるものです。給与所得者の場合には、年末調整時に基礎控除申告書を提出することで、控除の対象となります。今回は、所得税の基礎控除の概要や基礎控除額、住民税との控除額の違い、基礎控除を受けるための具体的な手続き方法について解説します。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.07.10
HR NOTE 編集部
電子稟議・ワークフローシステムの選び方!クラウド、無料版など比較方法を解説

電子稟議・ワークフローシステムの選び方!クラウド、無料版など比較方法を解説

稟議・稟議書の業務課題を解決し、生産性を向上させるためには、ワークフローシステムの導入を検討するのがおすすめです。しかし、ワークフローシステムにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴が異なるため、導入する前に知識を深めておくことは大切です。
当記事では、稟議・稟議書の意味を説明したうえで、ワークフローシステムの仕組みやメリット・デメリット、選び方についてわかりやすく解説します。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.07.09
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ