無料で試せる給与計算ソフトを導入するメリット!給与計算がおこなえる3つのツールを紹介 |HR NOTE

無料で試せる給与計算ソフトを導入するメリット!給与計算がおこなえる3つのツールを紹介 |HR NOTE

無料で試せる給与計算ソフトを導入するメリット!給与計算がおこなえる3つのツールを紹介

  • 労務
  • 給与計算

給与計算ソフトは、煩雑な給与計算業務を効率化するために役立ちます。一方で、有料の新たなシステムを導入するとなると、少しハードルが高く感じる担当者の方も多いのではないでしょうか。 今回は、給与計算が行える3つのツールと導入のメリットを紹介します。

1.給与計算ソフトとは?

給与計算ソフトとは、給与の計算や給与明細の作成の自動化など、給与計算に関する業務を効率化してくれるシステムです。ソフトによっては時給計算ができるものもあり、正社員だけではなくパートやアルバイトの給与計算も自動化することができます。給与計算ソフトができる具体的な内容は以下の通りです。

  • 給与計算方式の設定
  • 給与自動計算機能
  • 勤怠データ管理
  • 給与明細の閲覧、印刷

また、勤怠管理システムと連動させることによって、自動的に勤怠実績から給与計算をおこなうことができます。また、勤務している時間帯が深夜時間なのか残業時間なのかで、計算すべき給与も変わってくることもありますが、その場合でも時間ごとの給与を振り分けて計算することができます。

したがって、給与計算ソフトと勤務管理システムを連想させることで、従業員の勤怠実績を正確かつスピーディに給与計算に反映することが可能です。ほかにも「労務システム」や「会計ソフト」などと連動させることで、幅広く人事業務や経理業務を効率化することができます。

関連記事:勤怠管理システムを導入するうえでのメリットやデメリットとは

2.給与計算がおこなえる3つのツール

給与計算がおこなえるツールは、大きく分けて3つあります。ここでは、それぞれのツールの特徴やメリット、デメリットを紹介します。自社の給与計算業務に合ったものを選ぶようにしましょう。

2-1.Excelなどの表計算ソフト

給与計算をおこなうツールとして、ExcelやGoogleスプレッドシートなどの表計算ソフトがあげられます。Excelは多くのWindowsPCにインストールされていたり、GoogleスプレッドシートはGoogleアカウントがあれば無料で利用することができたりするため、ここで挙げる3つの方法のうち、一番手軽に活用することができる方法です。

しかし、表計算ソフトを活用する場合、人の手で更新しなければならないため、入力ミスや更新ミスが起きる可能性もあります。

また、計算式が入力されている部分を消してしまったり、変更してしまったりする可能性があるため、正確性を担保するためにダブルチェックをするなどの工数がかかってしまうでしょう。さらに、給与に関する法改正などがあったときには、手動で計算式を更新しなければならないといデメリットもあります。

2-2.インストール型の給与計算ソフト

給与計算ソフトをインストールして給与計算業務を効率化するという方法もあります。インストール型の給与計算ソフトは、ベンダーから提供されている更新プログラムをインストールすることで、給与計算や法改正などの更新を自動でおこなうことができます。知識がない素人でも簡単に操作できるため、担当者が代わっても引き継ぎしやすいなどのメリットがあります。

一方、インストール型の給与計算ソフトをローカル環境で運用している場合、PCのローカルディスクなどにデータが保存されているため、PCが壊れた場合にデータも失う危険性があります。インストール型の給与計算ソフトを使用する場合には、データをバックアップして管理することをおすすめします。

2-3.クラウド型の給与計算ソフト

クラウド型の給与計算ソフトを活用して給与計算業務を効率化するという方法もあります。 インストール型の給与計算ソフトに比べて導入のための工数が少ない点が特徴として挙げられます。

また、法改定の際などのバージョンアップをベンダーが無料でおこなってくれることが多いと同時にサポート体制が整っている場合が多く、運用のための工数もそれほどかからないこともメリットであるといえます。

ただし、通信障害やサーバーの状態によって操作スピードが遅くなることがあります。これは、オンラインで操作をおこなうすべてのシステムに関して同じことがいえますが、クラウド型の給与計算ソフトを導入する前にはあらかじめ操作感を確かめておくと良いでしょう。

3.給与計算ソフトを導入するメリット

給与計算ソフトを活用することで、企業はさまざまなメリットを得ることができます。ここでは、給与計算ソフトのメリットを3つ紹介します。導入を検討する際の参考にしてみてください。

3-1.煩雑な給与計算を自動化できる

給与計算をする際には、税率の計算や各種保険料の控除といった計算が必要になります。また、従業員の職種や役職、労働時間に応じて給与の計算方法が変わります。そのため、給与計算業務は煩雑になりがちです。

 給与計算ソフトはこのような計算をほとんど自動化することができ、給与計算の負担を軽減してくれます。また、入力や計算のミスをチェックしてくれる機能が備わっているものもあり、正確に素早い給与計算をおこなえるようになります。

3-2.法整備へ素早く対応できる

Excelの給与計算では、法改正が生じるたびに手作業で税率や保険料に変更を加える必要があります。しかし、手作業では時間がかかります。給与計算ソフトは、税率や保険料などの法整備がおこなわれた際に自動で変更を反映してくれるため、手間がかからないだけでなく、法改正に素早く対応することができます。

3-3.ほかのシステムと連携できる

給与計算ソフトは、勤怠管理システムなどのシステムと連携することができます。給与計算をおこなう際に出退勤データを集計するのは大変手間のかかる作業です。しかし、勤怠管理システムと連携できることで自動で勤怠データを集計し、給与計算に反映してくれます。このように、ほかのシステムと連携して業務をより効率化させることができます。

4.無料の給与計算ソフトで正確な業務をおこなおう

今回は、給与計算ソフトの重要性や導入メリットなどをご紹介してきました。給与計算は煩雑な業務ですが、間違えると従業員からの信頼を失いかねません。給与計算ソフトを活用することで、正確な給与計算をおこなうことができるようになるだけでなく、給与計算業務を効率化することができます。 ただ、大切な給与計算のやり方を変更し、システムに移行することに抵抗がある方もいるかもしれません。お金をかけて導入しても、使いづらいと導入コストが無駄になってしまいます。

そのため、まずはセキュリティ体制や使いやすさを確認するためにも、無料のものを活用してみてはいかがでしょうか。

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

長時間労働者の産業医面談とは?対象になる残業時間や活用方法を解説

長時間労働者の産業医面談とは?対象になる残業時間や活用方法を解説

残業が多い職場は長時間労働があたり前になっていることが多く、知らないうちに心身の健康を害してしまう危険性があります。従業員が健康・安全な職場で働くために配置されているのが「産業医」です。今回は産業医による面談指導制度の詳細と、面談を受けるメリットや活用するポイントについて解説します。

  • 労務
  • 労働安全衛生
2024.07.12
HR NOTE 編集部
雇用保険料の会社負担割合は?2022年10月以降の具体例も解説

雇用保険料の会社負担割合は?2022年10月以降の具体例も解説

雇用保険料の会社負担割合や、会社負担額の計算方法について詳しく解説します。雇用保険は一定の条件を満たした従業員が加入しなければならず、その保険料は会社と従業員双方が負担することになっています。この記事を参考に、正しい負担割合について把握しておきましょう。

  • 労務
  • 社会保険
2024.07.11
HR NOTE 編集部
稟議書と決裁書の違いとは?スムーズに申請するコツも紹介

稟議書と決裁書の違いとは?スムーズに申請するコツも紹介

稟議書と決裁書はどちらも業務を遂行するうえで欠かせない書類ですが、その違いがわからないという方は少なくありません。
業務を円滑に進めるためにも、稟議書と決裁書の違いをしっかり理解しておきましょう。
今回は、稟議と決裁それぞれの概要と、稟議書と決裁書の違い、決裁をスムーズにする稟議書のポイントについて解説します。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.07.10
HR NOTE 編集部
所得税の基礎控除とは?住民税との控除額の違い・手続き方法も解説!

所得税の基礎控除とは?住民税との控除額の違い・手続き方法も解説!

所得税の基礎控除は、一定の所得以下の納税者が控除の対象となるものです。給与所得者の場合には、年末調整時に基礎控除申告書を提出することで、控除の対象となります。今回は、所得税の基礎控除の概要や基礎控除額、住民税との控除額の違い、基礎控除を受けるための具体的な手続き方法について解説します。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.07.10
HR NOTE 編集部
電子稟議・ワークフローシステムの選び方!クラウド、無料版など比較方法を解説

電子稟議・ワークフローシステムの選び方!クラウド、無料版など比較方法を解説

稟議・稟議書の業務課題を解決し、生産性を向上させるためには、ワークフローシステムの導入を検討するのがおすすめです。しかし、ワークフローシステムにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴が異なるため、導入する前に知識を深めておくことは大切です。
当記事では、稟議・稟議書の意味を説明したうえで、ワークフローシステムの仕組みやメリット・デメリット、選び方についてわかりやすく解説します。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.07.09
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ