「健康経営」の第一歩!企業で運動を習慣化するためにやるべき3つのこと|MEDI-TRAIN伊藤 |HR NOTE

「健康経営」の第一歩!企業で運動を習慣化するためにやるべき3つのこと|MEDI-TRAIN伊藤 |HR NOTE

「健康経営」の第一歩!企業で運動を習慣化するためにやるべき3つのこと|MEDI-TRAIN伊藤

はじめまして。株式会社MEDI-TRAIN(メディトレイン)の伊藤彰浩(いとうあきひろ)と申します。

株式会社MEDI-TRAINは、各種リハビリやプロフェッショナル向けのトレーニングの提供とともに、企業の「健康経営」におけるサポートを行っております。

近年、働き方改革や新型コロナウイルスの流行で、健康に対する社会の捉え方も大きく変わりつつある中、「健康経営」はどうあるべきでしょうか?

この記事では、健康経営がもたらす効果や、従業員の皆さんに提供できる運動機会と継続のポイントについて解説します。

【執筆者】伊藤彰浩|株式会社MEDI-TRAIN代表取締役

株式会社MEDI-TRAIN代表取締役。健康経営エキスパートアドバイザー、理学療法士、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。福岡県出身。久留米大学経済学部、北九州リハビリテーション学院卒業。子どもからアスリートまで幅広い世代のリハビリテーションをはじめ、ダイエット指導や産前産後のコンディショニングサポートを提供。現在は首都圏にて企業の健康経営サポートを中心に、五輪強化指定選手のコンディショニング指導、トレーナーや医療従事者などの専門職向けセミナーの講師としても活躍。企業の健康経営サポートとしては、ウォーキングや腰痛予防体操の運動アドバイス、女性の産休・育休明けの職場復帰サポートなど幅広い領域から、実践しやすい取り組みを提案している。

https://medi-train.co.jp/

\【人事担当者様必見!】豪華ゲスト多数登壇、大規模HRイベント /
大好評につき、今だけ見逃し配信受付中!

近年、急速に進むDXに対応するため、各企業でIT人材不足を解決することが不可欠となっています。しかし、IT人材を採用することは年々難しくなっているため、自社社員にIT教育をおこなう「リスキリング」に注目が集まっています。

中には、

  • リスキリングの重要性は理解しているが、具体的な取り組み方が分からない
  • 実業務が忙しく、リスキリングは後回しになっている

というような方も多いのではないでしょうか?

本セッションでは、「リスキリング」の基本的な考え方から、各企業の先進的な事例まで、専門家・行政・企業のそれぞれの視点から具体的なノウハウをご紹介します。

セッション視聴後、すぐに実践できる内容となっているので是非お申し込みください!

1. みんな、健康に自信がない

昨今、注目が集まる「健康経営」ですが、背景には国民の健康への漠然とした不安があるようです。

2014年に厚生労働省が行った20〜65歳の男女5000人に向けた健康意識調査によると、健康に何らかの不安を抱える人は、全体の61%。健康不安の内容は、年代別にみると、20〜39歳は精神的な不安が多く、それ以上の年代では、体力が衰えてきたことや、持病などの身体的な不安が増していることがわかりました。

出典:厚生労働省政策統括官付政策評価官室委託「健康意識に関する調査」(2014年)

また、新型コロナウイルスの流行によるワークスタイルの変化に伴った健康不安も聞かれます。

多いのは腰痛や頸部痛(けいぶつう)などの「痛み」に対する悩み。また、感染症の流行による行動変容が引き起こすメンタルヘルスへの影響も無視することはできません。

そういった中で関心を集める「健康経営」というキーワードには、そもそもどのような狙いがあるのでしょうか?

2. 「健康経営」とは?取り入れるメリット

「健康経営」とは、“従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する経営手法”をいいます。平たくいうと、働き手の心身の健康を増進させることにより、働き手の活力や生産性を向上し、組織の活性化や業績向上につなげていく取り組みです。

もとは、米国の心理学者であり経営学者でもあるロバート・H・ローゼンが1992年に著した「The Healthy COMPANY」で提唱した概念で、従来区別されていた「経営」と「健康」という概念を統合し、企業の利益追求と働く人の心身の健康増進の両立が、結果的に企業の活力を高めるという考え方です。

既に経済産業省も健康経営の必要性に着目し、「健康経営優良法人」(後述)などの社会的評価の高い認定制度の活用を推進しています。

次に、健康経営の具体的メリットを見ていきましょう。

2-1 健康経営は、コストではなく未来への投資!

健康経営のメリットは、企業と従業員双方にありますが、まず押さえるべきことは、健康経営は“コストではなく投資”だということ。特に企業にとって最も重要な人的資源に働きかける「投資」だと考えられています。

以下が、健康経営の具体的メリットです。

【従業員のメリット】 【企業のメリット】
  • 従業員のパフォーマンスアップ
  • 従業員のやりがい向上
  • 離職率の低下
  • 従業員同士のコミュニケーション促進 ・働き方改革
  • 愛社精神を育む
  • 企業イメージの向上
  • 残業時間短縮
  • リクルート促進
  • 業績向上
  • 企業価値向上 など

健康経営に取り組むメリットは多く、挙げ始めればきりがありません。そして、従業員の健康増進に乗り出すことで、従業員と企業の間で良いサイクルが生まれていきます。まさに従業員と企業がともに元気になっていく取り組みです。

健康経営を単に労務管理や、福利厚生の一環として捉えてしまうと、本来の目的を達成せず、実りを得ることができません。健康経営の本質は、わたしたちが永続的に発展するための未来への切符であるという点を、念頭に置いておきましょう。

2-2 「健康経営優良法人」とは?

経済産業省が定める健康経営に対する調査項目をクリアした企業は、「健康経営優良法人」として認定されます。

健康経営優良法人と認定された企業は、従業員の健康増進に戦略的に取り組んでいるとし、企業イメージだけでなく社会的な信頼や評価が得られます。

健康経営優良法人認定制度には「大規模法人部門」と「中小規模法人部門」がありますが、健康経営に取り組む企業は、最終的にこの認定を目指して活動されることが多いです。

3. 「いかに楽しく、生き生きと働くか?」健康経営に必要な視点

それでは、健康経営を取り入れる場合、まず何から手をつければよいのでしょうか?

健康的なからだをつくるには、適度な運動、栄養バランスのとれた食事、十分な休養・睡眠をとり、調和のとれた生活を続けていくことが必要です。

健康増進には、以下の3つへのアプローチが不可欠です。

1. 運動 2. 食生活 3. 休養(睡眠)

個々の働き手の状態や環境に合わせ、上記3つの視点から必要な手段をプランニングしていきましょう。 

これらは、誰もが知る常識ですが、重要なのは毎日継続していくこと。実はこの継続が最も難関でもあります。

継続のためには、高望みせず、スモールステップで取り組むこと。そして楽しむこと。

必要な運動や食生活が仕事や生活の中に自然と組み込まれ、ルーティン化していき、まるで生活インフラのように機能するところまでくれば、しめたものです。

4. 「習慣化」のための3つのポイント-運動編

さらに、楽しみながら健康習慣を取り入れるには、どうすればよいのでしょうか?

企業が懸命に健康経営を推進しようとも、継続的な活動ができなければそれは成果には結びつきません。 今回は運動に絞って、継続するためのポイントを3つ、お教えします。

Point1:仕事の合間(休憩中など)に運動できる職場環境をつくる

仕事の区切りがついたら、椅子から立ち上がり、オフィス内を歩き回るようにしましょう。狙いは、できるだけ座る時間を短くすること。適度に歩きまわることで、下半身の血流も改善され、むくみなども軽減されます。

さらに、ミーティングフロアをスタンディングデスクに変更するのもおすすめ。腰痛改善だけでなく、立位のワークステーションは、いつでも簡単に姿勢を変えることができるのがメリット。スクワットや手足を動かすなど、すきま時間に身体を動かしやすい環境づくりが大切です。

ほかには、歩きながら同僚と意見交換するのも効果的。特にクリエイティブな発想が必要なシーンでは、身体を動かしながら取り組むとアイデアが引き出しやすくなります。

Point2 従業員同士の健康意識を高める

たとえば健康を意識させるようなポスターや記事などを、社内の目立つ場所に掲示したりするなど、地道な啓発活動が大切です。

また、健康トピックスを社内通信などで配信するのもよいでしょう。

Point3 ゲーム性を取り入れ、“ムリなくできること”からはじめる

運動の中でも最も手軽にはじめられるのがウォーキング。ウォーキングは健康効果が立証されており、ダイエットや生活習慣病予防、血中脂質や血糖値の改善、ストレス発散など、効果は広範囲におよびます。

しかし、もともと運動習慣がない方は、ウォーキングでさえも億劫ではないでしょうか?

社内でウォーキングを習慣化するためには、動機づけが必要です。おすすめは、ゲーム要素を取り入れること。チームや支社対抗で、従業員の総歩数を競い、勝利したチームにインセンティブを支給するなど工夫するのも手です。

ゲーム性や競争を取り入れると、従業員同士のコミュニケーションも生まれるでしょう。実際にこのような形で、健康増進を目指す企業も、近年増えています。

5. まとめ

健康経営は、企業と従業員双方にメリットの大きい取り組みです。今後の経済発展に不可欠であり、企業の体力や業績維持には欠かせないファクターになっていくでしょう。

健康経営を打ち出し、浸透させていくのは、多少時間がかかると思います。ここで大切なのは、発信し続けるということ。健康経営のメリットは、日々働き続けるみなさんが享受できるものだと理解してもらわないとなりません。

そのためにもぜひ、企業のトップの方々やHR領域の皆さんには、健康経営について発信していただきたいと思います。

\メールマガジン登録無料/
人事/HR業界の最新情報を毎週チェック!

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRに関する事例やサービスリリース情報など、最新Newsから今すぐ使える他社実践ノウハウまでが簡単にわかるインタビュー記事やセミナー情報をコンテンツとして配信しています。

「他社が実施している施策を自社でも活かしたい」「人事/HR業界の最新動向やトレンドを知りたい」とお考えの方は、ぜひHRNOTEメールマガジンをご活用ください。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

関連記事

社員が退職したときの社会保険手続きについて徹底解説

社員が退職したときの社会保険手続きについて徹底解説

2022.08.02
HR NOTE編集部
社会保険料控除証明書とは?必要なケースや対象となる保険料を紹介

社会保険料控除証明書とは?必要なケースや対象となる保険料を紹介

2022.08.01
HR NOTE編集部
社会保険料の扶養とは?条件や扶養範囲について詳しく解説

社会保険料の扶養とは?条件や扶養範囲について詳しく解説

2022.08.01
HR NOTE編集部
社会保険料率は何パーセント?会社の負担割合を紹介

社会保険料率は何パーセント?会社の負担割合を紹介

2022.08.01
HR NOTE編集部
賃金支払基礎日数とは?給与形態ごとの数え方や注意点

賃金支払基礎日数とは?給与形態ごとの数え方や注意点

2022.08.01
HR NOTE編集部
70歳以上の社員に必要な社会保険について詳しく解説

70歳以上の社員に必要な社会保険について詳しく解説

2022.08.01
HR NOTE編集部
マルチジョブホルダー制度の対象や申請方法をまとめて解説

マルチジョブホルダー制度の対象や申請方法をまとめて解説

2022.08.01
HR NOTE編集部
雇用保険被保険者証が必要な場面や有効期限を詳しく紹介

雇用保険被保険者証が必要な場面や有効期限を詳しく紹介

2022.08.01
HR NOTE編集部
雇用保険の加入条件についてわかりやすく紹介

雇用保険の加入条件についてわかりやすく紹介

2022.08.01
HR NOTE編集部