新規海外拠点の立ち上げにおける治安上のリスクの見つけ方と対策 |HR NOTE

新規海外拠点の立ち上げにおける治安上のリスクの見つけ方と対策 |HR NOTE

新規海外拠点の立ち上げにおける治安上のリスクの見つけ方と対策

  • 労務
  • リスクマネジメント

※本記事は、インターナショナルSOSの酒井 亮治さんより寄稿いただいた記事を掲載しております。

新規ビジネスの獲得や新しい拠点の立ち上げのため、今まで訪問したことが無い国・地域に従業員の出張や駐在が必要となった場合、組織としてどのような安全対策が必要でしょうか。

本記事では、治安や安全に影響を与えるリスクの要因や対応方法について解説します。

執筆者酒井 亮治(Ryoji Sakai)インターナショナルSOS セキュリティマネージャー/インフォメーション&アナリシス/アシスタンス、ジャパン

キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)にて国際関係論修士号を取得後、外資系コンサルティング会社にて勤務。2016年より、インターナショナルSOSジャパンにおいて、日本企業からの渡航リスク管理に関わる相談対応、海外安全に関わるマニュアルの策定支援、机上訓練の実施等に携わる。

【社労士監修】HR関連法改正トレンドBOOK 2024年版

2023年は一部企業を対象に人的資本開示が義務化されたほか、HR関連での法改正に動きが見られました。
2024年では新たな制度の適用や既存のルールの変更・拡大がおこなわれます。
人事担当者として知っておきたいHR関連の法改正に関する情報ですが、その範囲は幅広く、忙しい業務の中でなかなか網羅的に把握することは難しいのではないでしょうか。

  • 忙しい中でも要点をまとめて情報収集をしたい
  • 社労士が監修した正確な情報を知りたい
  • HR関連の法改正を把握しておきたい

という方はぜひご確認ください!

1.どのようなリスクがあるのか

一般的に、国や地域の治安や安全にかかわる環境を理解するためには、以下のようなリスク要因がどの程度影響しているのかを評価する必要があります。

犯罪、テロ、抗議運動、紛争

日本は世界でも最も安全な国の一つとして知られていますが、裏を返せば、諸外国では、常日頃から犯罪やテロに対する警戒を強く保つことが求められます。

例えば、政治的、経済的問題等に関連して、労働組合等によるストライキやデモが行われ、交通に支障が出ることがあるほか、デモが暴動に発展したり、警察等の治安部隊が頻繁に催涙ガスや実弾の発射等の強硬的な手段を用いる国では、巻き込まれて負傷する可能性もあります。

また、可能性は低いものの、特に長期滞在を行う場合、突然、紛争やクーデター等の政変が起きる可能性も否定できません。これらがいつ起きるかを予測することは困難ではあるものの、政府・政権の安定性や、周辺国との外交関係等について予め調査しておくことで、どのような対応が必要になるかの検討の糧になるでしょう。

自然災害

世界的に見ても、日本は自然災害が非常に多く起きる国ではあるものの、それに対する備えもまた進んでいる国であると言えます。

一方、自然災害が頻繁に発生するにも関わらず、対策が限定的である国も多くあります。また、詳細は前回記事に詳述しましたが、気候変動による影響ももはや無視することはできません。

交通事故

日本では「交通戦争」と呼ばれる時代を経て、交通安全運動が奏功し、交通事故による死者数は継続して減少傾向にあります。警察庁によれば、交通事故死者数は1970年(第一次交通戦争)及び1990年(第二次交通戦争)のピークを境に減少の傾向にあり、2023年の日本における10万人当たりの交通事故死者数は2.09人でした。(参照:「統計表|警視庁Webサイト」

しかしながら、海外では、路面状態の悪さ、照明設備の不足、交通ルールの非順守、飲酒運転等により、交通事故による死傷者が多く報告されている国もあります。世界保健機関(WHO:World Health Organization)の報告書(The Global status report on road safety 2023)によれば、2021年の全世界の交通事故による10万人当たりの死者数はおよそ15人と、日本と比較すると非常に多くの死者が出ていることが見て取れます。

選挙等のイベント、祝日

出張や長期の駐在の際は、滞在中に大規模なイベントが計画されていないかにも注意を払う必要があります。例えば、選挙期間中には、与野党の支持者が集結し、対立に発展する可能性や、関連の抗議活動が暴動に発展する可能性も否定できません。

文化、風習、法律

渡航先の文化や風習、また特に写真撮影に関する規制に留意が必要です。日本とは異なる文化・宗教圏では、相手への敬意を損なわないためにも、タブーとなり得る行動等が無いことを事前に確認しておくことは有用でしょう。

また、国によっては、軍事施設や政府庁舎等の撮影が禁止されていることがあり、空港や地下鉄等、日本においては問題のない場合であっても、当局により拘束される可能性もあることから、注意が必要です。

2.どのように対処すればよいのか

これらのリスク要因の中には、世界でも最も安全な国の一つに挙げられる日本で生活する際には、普段はあまり注意を払っていないものも含まれるかもしれません。では、これらのリスクから従業員を守るには、どのような対応が求められるのでしょうか。

一般的に、

①リスクを認識する

②リスクが顕在化する確率を下げるための対策を講じる

③被害に遭った際の影響を最小限にとどめる

といった三段階での安全対策を検討することが有益です。

①リスクを認識する

渡航先によって、治安上のリスクには大きな違いがあります。犯罪が特に懸念される国や、抗議運動やテロの脅威が高い国、また多くの国では上記のリスクが組み合わさって複雑な治安環境を構成しています。加えて、特定の地域でより高いリスクが存在する国も多くあります。渡航先にどのようなリスクが存在し、それに対してどのような対策を取ることができるのか、またそれによって組織として許容できるリスクにまで低減できるのかを検討します。

具体的には、外務省の海外安全ホームページ等をベースに、在外公館のウェブサイトに掲載されている安全の手引き等を参照すると、渡航先に関する治安の概要や安全対策を網羅できるでしょう。加えて、突発的な出来事や選挙等、随時必要な情報を入手するため、「たびレジ」への登録も行うとよいと言えます。

加えて、現地の新聞等の主要なメディアを通じて日々情報を入手し、情勢への理解を深めることが理想的ですが、日常業務がある中で、外国語で発信される情報を頻繁に確認することは難しい場合もあると思います。そのような場合、危機管理会社等を利用し、治安に関わる情報を随時受け取れるようにすることも一考です。インターナショナルSOSは、全世界の治安に関わる情報を配信するサービスを提供しています。

②リスクを下げる

出張等の業務渡航のリスクマネジメントに関するガイドラインであるISO31030によれば、リスクを低減するには、回避、制限、分担及び低減の4つの対策があるとされています。渡航先のリスクを確認した上で、リスクが許容できる範囲を超えているため、出張を行わない、またはオンラインミーティング等で代替したり、滞在日数を最小限にとどめることで、リスクの回避や制限ができると言えます。

また、特に金銭的なリスクを分担するため、海外旅行保険等の保険を活用することも求められるでしょう。そして、渡航中のリスクを低減するため、随時安全に関わる情報を入手できるようにし、滞在中に事案が起きた際は、迅速に安全確保をできるようにしておくことが重要でしょう。

さらに、宿泊先や移動手段について、コストのみにとらわれず、安全面からも検討を行うことが肝要でしょう。宿泊先は、犯罪等が多く起きるエリアに位置していないか、また、現地の治安に見合った安全対策が取られているか等について確認する必要があります。

一般的には、国際ブランドのホテルチェーン等は一定の安全対策が取られていることが期待されますが、渡航先の都市の規模等により宿泊施設の選択肢は大きく異なることから、柔軟な検討が求められます。また、移動中はリスクが高まる状況になる得ることから、渡航先の治安環境や交通事情に鑑みて、公共交通機関やタクシー、またUber等のライドシェアサービスの利用は適切か、あるいは運転手と車両を事前に確保すべきかなどを検討することが重要です。

③影響を最小限にとどめる

上記のような対策を講じたとしても、出張や駐在の際に、不運にも事件や事故に巻き込まれてしまう可能性は残ります。万が一の際に、組織として最も重要なことの一つは、被害を受けた従業員とコミュニケーションを緊密に取り、状況を把握し、適切な措置を講じるなどして、その影響を最小限にとどめることです。

そのためには、常に、いつ、誰が、どこに出張・駐在しているのかを把握し、また最新の連絡先を把握しておくことが必須となります。その上で、組織内の担当者や対応方法を事前に検討しておき、緊急時に迅速な対応が取れる体制を整えておくことが重要でしょう。

加えて、渡航先の国内情勢や外交関係が不安定であり、突如として治安が悪化し、国外への退避等が求められる可能性がある国や地域も存在します。特に、駐在員等、従業員が長期滞在する場合には、どのような事案が起き得、それらがどのような影響をもたらすのか、また、それに対して、国外退避も含め、どのような安全対策を取ることができるか、事前に計画を策定することも一考です。そのためには平素から組織内外の関連の部署と連携し、シナリオを活用した机上訓練等を行い、課題を洗い出しておくことも有用でしょう。

3.専門会社との連携

以上のとおり、本記事では、新規渡航先における治安リスクの見つけ方に関する概要を解説しました。

しかし、上記のリスクの要因や対応方法の詳細を独自に検討・実行するためには、リソースに限界がある場合も多いのではないでしょうか。

よって、渡航先で出張者や駐在員が本来のビジネスに専念できる環境を与えるため、安全対策については、弊社のようなセキュリティ専門会社からの専門的な知見や広範なネットワークを踏まえて対応することも効果的と考えます。

--------------------

\【2024年最新版】HR関連法改正トレンドBOOK/

▼無料ダウンロードはこちら▼
https://hrnote.jp/document/?did=148030

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

近年では、ワークフローシステムが注目されています。システムを導入することで、紙の申請書を使うデメリットが解消できるため、業務負担の軽減が期待できます。ワークフローシステムには、さまざまな機能があります。当記事では、ワークフローシステムの機能について詳しく紹介します。ワークフローシステムの機能について興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.04.08
HR NOTE 編集部
法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間とは1日8時間、週40時間であり、これを超える労働時間数に対しては割増賃金の支給が必要です。ただし、近年導入が進むフレックス制度をはじめとする複数の労働制度では、上記の条件とは少し異なる場合もあります。本記事 […]

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.03.29
HR NOTE 編集部
通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

稟議書が通りやすい人と、通りにくい人では書き方に大きな違いがあります。 どうしても通したい稟議がある場合は、読み手のことを考えた構成や文章にすることが大切です。本記事では通らない稟議書に共通する原因や、稟議書が通すコツな […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.28
HR NOTE 編集部
雇用契約とは?雇用契約書作成時の注意点・業務委託との違いも解説!

雇用契約とは?雇用契約書作成時の注意点・業務委託との違いも解説!

雇用契約とは、労働の対価として賃金を与えることを約束した契約のことです。本記事では、雇用契約の定義から、雇用契約書と労働条件通知書との違い、違反やトラブルを防いで雇用契約を締結するための注意点について解説します。労使トラ […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.27
HR NOTE 編集部
ワークフローを効率化するには?システム導入やフロー改善のポイントも!

ワークフローを効率化するには?システム導入やフロー改善のポイントも!

ワークフローに無駄がなければ、業務を効率的かつスムーズにおこなうことが可能です。本記事では、ワークフロー改善のポイントから、ワークフローシステムを見直すことによって効率化が図れる理由、ワークフローシステム導入のメリットま […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.26
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ