8割出社なら一時金3万円 住友生命 |HR NOTE

8割出社なら一時金3万円 住友生命| HRNOTE

8割出社なら一時金3万円 住友生命

住友生命保険相互会社(大阪府大阪市、橋本雅博取締役代表執行役社長)は、全社的に在宅勤務を推奨するなか、業務上の必要から出社する人材に1.5万~3万円の一時金を支給することを決めた。

コールセンター業務や決算対応のため一部の人材に出社を求めており、その労に報いる。

具体的には5月11日~末日までの間に、営業日のうち5割以上出社した場合に1.5万円、8割以上の場合は3万円を賞与に上乗せして支払う。

同社では、緊急事態宣言の発令に伴って営業拠点を閉鎖、訪問活動を自粛しており、営業職員は自宅で研修や顧客からの要望に応じてメール・電話での対応などに従事している。

--------------------

\【2024年最新版】HR関連法改正トレンドBOOK/

▼無料ダウンロードはこちら▼
https://hrnote.jp/document/?did=148030

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!