iYell株式会社、第6回ホワイト企業で「ホワイトベンチャー追求章」を受賞 |HR NOTE

iYell株式会社、第6回ホワイト企業で「ホワイトベンチャー追求章」を受賞| HRNOTE

iYell株式会社、第6回ホワイト企業で「ホワイトベンチャー追求章」を受賞

2月5日、離職率ゼロを掲げ、ちょうどいいベンチャー企業を目指すiYell株式会社は、第6回ホワイト企業大賞で特別賞である『ホワイトベンチャー追求賞』を受賞しました。

\HR NOTEが提供する無料ウェビナーの視聴予約を絶賛受付中!/

ホワイト企業大賞とは

ホワイト企業企画委員長は、ホワイト企業を「社員の幸せと働きがい、社会への貢献を大切にしている企業」と定義しています。

ホワイト企業大賞は、日本の社会に社員を大切にするホワイト企業が増えてほしい、という願いから企画されました。

今回、iYellが『ホワイトベンチャー追求賞』を受賞した理由として、ベンチャーキャピタルなどからの資金調達をおこない、ベンチャー企業として「事業の成長」を追求すると同時に、「社員ファースト」の理念を掲げ、それを支える文化を醸成していることがあげられます。

一見相反しがちなこの2つをコミットするために、「事業の成長」と「働きやすく働きがいのある文化」を創業当時から代表自らが発信し、実行してきました。

iYellの取り組み

iYellは「日本一ちょうどいいベンチャー企業」をコーポレートスローガンに掲げ、働きやすさや働きがいを”ちょうどよく”保ち続け、毎日を楽しく働ける環境作りをおこなっています。

文化作りに関しては、昨年に引き続き働きやすさを高めるため「月に1つ福利厚生を導入」し、働きがいのために、やりたいことにチャレンジするために異動希望をだすことができる「チャレンジ応援制度」などを導入しています。

また、社員全員がiYellらしくビジョンを達成するための共通の価値観、18個のバリューを作成し、バリューを浸透させるための取り組みをおこなうことで、1000年続く企業を目指しています。

今後の展開

iYellは、2019年に従業員数が138名を突破し、大阪にも支店を出店するなど、スピード感を持って事業の拡大をしています。

今後も、人や拠点が増え続けても「日本一ちょうどいいベンチャー企業」を目指し、人材育成および、社員の能力を最大限に発揮できる環境作りを続け、働きがいのある会社作りに引き続き取り組むと語っています。

そして、ホワイト企業大賞の表彰理由にある、ベンチャー企業においてもホワイト企業が実現しうることを証明し、様々な企業の働き方の変革の一役を担うことができるよう精進すると公表しています。

--------------------

\7月26日(金)開催!豪華ゲスト登壇!/
今こそ知っておきたい「人事データ活用」の具体的なノウハウをご紹介!

組織改善に必要な人事データを収集・活用して組織変革を促す「HRDX(人事DX)」。しかし、多くの企業が「具体的にどうやって人事データを活用していけば良いかわからない」といった悩みを抱えているのではないでしょうか?

今回のHRDX CAMPでは、人事データ活用に関する有識者3名をお招きし、人事データ活用の具体的な方法や実践事例を解説します。無料で視聴できますので、この機会にぜひご参加ください。

【こんな方におすすめ!】

  • 人事データ活用が重要だとは思っているが、具体的な進め方のイメージができない
  • 既に人事システムを導入はしているが、使いこなせていないように感じている
  • 「戦略人事」や「ピープルアナリティクス」といった内容に興味がある