「通勤」以外には差 役職・家族・住宅など 道経連が手当調査 |HR NOTE

「通勤」以外には差 役職・家族・住宅など 道経連が手当調査| HRNOTE

「通勤」以外には差 役職・家族・住宅など 道経連が手当調査

北海道経済連合会(真弓明彦会長)は、諸手当支給状況調査結果をまとめた。通勤手当以外の諸手当について、雇用形態によって導入割合に差が付いていることが明らかになっている。

調査は161社の回答を集計したもので、昨年10月1日時点の状況を尋ねている。

社員、定年再雇用、無期雇用フルタイム、有期雇用フルタイム、パートタイム――の全形態を有する94社を抽出した回答をみると、通勤手当はすべての雇用区分で9割以上が導入している。

一方で、役職手当や家族手当、住宅手当では差が付いた。たとえば家族手当の支給率では、社員が86.2%なのに対し、定年再雇用10.6%、無期雇用フルタイム11.7%などとなっている。

本記事は、労働新聞社より転載したものになります。
▶労働新聞社のWEBサイトはこちら

--------------------

\7月26日(金)開催!豪華ゲスト登壇!/
今こそ知っておきたい「人事データ活用」の具体的なノウハウをご紹介!

組織改善に必要な人事データを収集・活用して組織変革を促す「HRDX(人事DX)」。しかし、多くの企業が「具体的にどうやって人事データを活用していけば良いかわからない」といった悩みを抱えているのではないでしょうか?

今回のHRDX CAMPでは、人事データ活用に関する有識者3名をお招きし、人事データ活用の具体的な方法や実践事例を解説します。無料で視聴できますので、この機会にぜひご参加ください。

【こんな方におすすめ!】

  • 人事データ活用が重要だとは思っているが、具体的な進め方のイメージができない
  • 既に人事システムを導入はしているが、使いこなせていないように感じている
  • 「戦略人事」や「ピープルアナリティクス」といった内容に興味がある