仕事と治療両立 中小7割が代替要員確保に課題 埼玉県調べ |HR NOTE

仕事と治療両立 中小7割が代替要員確保に課題 埼玉県調べ| HRNOTE

仕事と治療両立 中小7割が代替要員確保に課題 埼玉県調べ

埼玉県が取りまとめた就労実態調査報告書によると、仕事と病気治療の両立支援制度がある中小企業が8割を占めるなか、両立を支援する上で「代替要員を確保することが難しい」という課題を抱えている中小企業が7割に上ることが分かった。

次いで、5割が「人員配置や業務の分担が難しい」という課題を挙げている。

調査は同県内企業を対象に行い、865社から回答を得た。

「代替要員を確保することが難しい」の割合は年々増加し、前年比で0.3ポイント増、平成28年比では9ポイント増と上昇傾向にある。

中小企業における支援制度の整備状況については、「病気治療のための休暇制度」が最も多く37.5%だった。

本記事は、労働新聞社より転載したものになります。
▶労働新聞社のWEBサイトはこちら

--------------------

\7月26日(金)開催!豪華ゲスト登壇!/
今こそ知っておきたい「人事データ活用」の具体的なノウハウをご紹介!

組織改善に必要な人事データを収集・活用して組織変革を促す「HRDX(人事DX)」。しかし、多くの企業が「具体的にどうやって人事データを活用していけば良いかわからない」といった悩みを抱えているのではないでしょうか?

今回のHRDX CAMPでは、人事データ活用に関する有識者3名をお招きし、人事データ活用の具体的な方法や実践事例を解説します。無料で視聴できますので、この機会にぜひご参加ください。

【こんな方におすすめ!】

  • 人事データ活用が重要だとは思っているが、具体的な進め方のイメージができない
  • 既に人事システムを導入はしているが、使いこなせていないように感じている
  • 「戦略人事」や「ピープルアナリティクス」といった内容に興味がある