妊婦の休業に10万円 母性健康管理で奨励金 東京都 |HR NOTE

妊婦の休業に10万円 母性健康管理で奨励金 東京都| HRNOTE

妊婦の休業に10万円 母性健康管理で奨励金 東京都

東京都は、新型コロナウイルスへの感染症対策として妊娠中の女性労働者を休業させた中小企業に対する奨励金を創設した。

新型コロナに感染する恐れに関する心理的なストレスが母体・胎児の健康保持に影響があるとして医師などから指導を受けた女性労働者の申し出に基づき、母性健康管理措置として有給で休業を取得させた場合に、10万円を支給する。

対象は都内で事業を営む中小企業。受給するには、①休業させるための計画(職場環境の整備、休業取得時の処遇など)、②妊娠中の女性労働者の有給休業の取得、③労働基準法第26条で定める手当額(平均賃金の6割以上)の支給――を満たす必要がある。

奨励対象期間は今年6月29日~来年1月31日。

--------------------

\【2024年最新版】HR関連法改正トレンドBOOK/

▼無料ダウンロードはこちら▼
https://hrnote.jp/document/?did=148030

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!